「鬼ヶ島」とは?

「鬼ヶ島」の画像

もっと見る

「鬼ヶ島」の動画

Wikipedia

鬼ヶ島(おにがしま)は、御伽話説話桃太郎一寸法師などに登場するが住んでいる島。

概要

説話には具体的場所、状態の説明はない。そのため一般的には岩で出来た島で、鬼の要塞としてのが築かれていると想像されるのみである。

鬼が住むとされる島の記述は、古くは13世紀前後成立の保元物語において、「鬼島(諸本によって「鬼が島」「鬼の島」)」が文献上に見られ、源為朝が鬼の子孫を称する島人と会話をし保元物語 (下)「為朝鬼島に渡る事 最後の事」において、「昔は鬼なりしか(先祖は鬼だったが)、今は末になりて(自代はその末裔である)」と説明している。、「鬼持なる隠蓑後世の民話などによって天狗が身につけているイメージがあるが、古くは鬼の宝具であり、宝物集においても隠れ蓑が説明されていることから、これらの宝物は12世紀末には伝承が生じていたことがわかる。、隠笠、打ち出の履(くつ)「うちで」は原文ママ。水面を浮いて歩くことができる履物。」といった神通力を有する宝具を所持して...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる