「高齢者」とは?

関連ニュース

グラウンドゴルフ  久保田町協会月例会など - 06月28日(水)06:03 

◇久保田町GG協会月例会(6月14日・佐賀市の久保田補助グラウンド)=24ホール (1)古川和江56打(2)橋本初栄59打(3)塚原ちづ子60打(4)日高敏彦(5)吉嗣孔一 ◇浦GG好友会6月例会(6月14日・唐津市の浦児童公園)=32ホール (1)河原好喜74打(2)山村峰次78打(3)野崎都子79打(4)徳永高男(5)野崎キヌエ ◇県高齢者大学14期生GG同好会月例会(6月14日・佐賀市...
カテゴリー:

激増の高齢者孤独死は「7割が男」という現実 既婚者でも「妻が看取ってくれる」は大間違い | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン - 06月28日(水)05:00 

2017年4月、国立社会保障・人口問題研究所が、2065年までの日本の将来推計人口を公表しました。それによ…
カテゴリー:

「老老介護」 75歳以上が初めて3割超 6/27 18:11更新 - 06月27日(火)18:11 

介護する側もされる側も高齢者という「老老介護」世帯の割合は65歳以上同士で54.7%、75歳以上同士では30.2%といずれも過去最高。生活意識については「生活が苦しい」と答えた世帯は2年連続で減少しているものの、依然全体の6割近くを占めた。
カテゴリー:

もの忘れ外来スタート 和歌山・有田市立病院 認知症早期発見につなぐ - 06月27日(火)17:15 

 「加齢に伴うもの忘れではない、気になる症状がある」「高齢者の運転免許証更新の際に、認知症に関する診断書が必要と判定された」-。認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを国が推進する中、和歌山県の有田市立病院(同市宮崎町)は専門医によるもの忘れ外来を開始した。認知症かどうかを調べる診断は、まちの開業医でも簡易検査を受けられるが、同病院では認知症に特化した医師が1時間以上かけて本格的な鑑別診断を実施し、早期発見・治療につなげる方針だ。
カテゴリー:

【鬼畜】厚労省「老々介護が増えてるので在宅介護ができるだけ続けられるようにする」 - 06月27日(火)13:13 

急速に高齢化が進む中、在宅介護のうち介護をする側と受ける側がいずれも75歳以上の 「老老介護」の割合が初めて30%を超えたことが厚生労働省の調査でわかりました。 厚生労働省は「高齢化と核家族化で今後も老老介護は増えていくとみられ、支援していく 必要がある」としています。 厚生労働省は去年6月、介護の実態などを調べるため「国民生活基礎調査」を行い、 熊本地震の被災地を除く全国のおよそ6800人から回答を得ました。 それによりますと、家族や親族による在宅介護のうち65歳以上の高齢者が主に介護を ...
»続きを読む
カテゴリー:

高齢者との対話改善で実証実験開始 - 06月28日(水)05:00 

 川崎市は、音響機器ベンチャーのユニバーサル・サウンドデザイン(東京都港区)と共同で、高齢者との対話改善に関する実証実験を始めた。同社が開発した卓上型会話支援機器「comuoon mobile(コミューンモバイル」を市内の介護事務所に持ち込んで行う。この機器は無線式の接話マイクとスピーカーを組み合わせたもの。接話マイクを付けた介護スタッフなどの声が、難聴者には聞き取りやすい音域でスピーカーから流れる。個人差はあるものの、補聴器なしでも聞こえやすくなるという。実験は9月下旬まで続く。
カテゴリー:

女性に求めるのは「貢献」、 高齢者に求めるのは「○○」 - ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み - 06月28日(水)04:50 

23年連続黒字は社員のモチベーションが10割! 10年以上離職率ほぼゼロ!なぜ女性を大切にすると利益が上がるのか? 人を大切にしながら利益を上げる秘密! どん底から運をたぐり寄せるコツを初公開!
カテゴリー:

子ども7人に1人が「貧困」〜厚労省の調査 6/27 17:22更新 - 06月27日(火)17:22 

高齢化が進むなか、介護する側もされる側も高齢者という、いわゆる「老老介護」のうち、75歳以上同士の世帯が初めて3割を超えたことが厚生労働省の調査で分かった。
カテゴリー:

正常な新生児にも発症する、自然気胸 - 06月27日(火)15:19 

肺に何らかの原因で穴が開き、肺から空気が漏れ出た状態を気胸と呼びます。気胸は新生児を含めて子どもにも見られる病気です。今回は、自然気胸とはどんな病気なのか、そのメカニズムや種類について解説します。 気胸ってどんな病気? 肺の内部には太い気管支からさらに細い気管支に分岐し、その先に空気の交換を行う肺胞が葡萄の実のようにたくさんついています。これらの気管支や肺胞を肺胸膜が覆い、肺胸膜をさらに外側から壁側胸膜が覆っています。さらに壁側胸膜の外側には肋骨が並んでおり、肺は2つの大きな膜と肋骨によって頑丈に守られています。 気胸という病気は、何らかの原因によって一番内側の膜である肺胸膜が破れ、空気が肺胞から漏れ出てしまいます。壁側胸膜と肺胸膜の間に空気が溜まると壁側胸膜の外側は肋骨でガードされているため、肺は膨らむ事ができずに溜まった空気が徐々に肺を内側へと押して圧迫します。気胸が生じた肺をレントゲン撮影すると、肺が空気に押されて小さくなっていることが確認できます。 気胸の種類 気胸には、原因に応じていくつか種類が存在します。気胸の代表的なものとして、「(特発性)自然気胸」「続発性気胸」「外傷性気胸」「月経随伴性気胸」「新生児の自然気胸(=空気漏出症候群)」などがあげられます。 特発性自然気胸 明らかな原因は特定されず、急に生じた気胸を指します。10代後半から30代前半の若い男性に多...more
カテゴリー:

「多目的トイレのオムツ台は元に戻して」 その理由、分かりますか? - 06月27日(火)12:36 

公共施設に用意されている多目的トイレは、車いす使用者や、高齢者、盲導犬をつれた人、そして子ども連れなど、いろいろな人が利用できるようになっています。 しかし、多くの人が使うからこそ生まれてしまうトラブルがありました。 さ […]
カテゴリー:

もっと見る

「高齢者」の画像

もっと見る

「高齢者」の動画

Wikipedia

高齢者(こうれいしゃ)は、社会の中で他の成員に比して年齢が高い一群の成員のことである。年齢の定義はさまざまである。

含まれる範囲

高齢の線引きは曖昧且つ主観的な部分があり、判断は容易ではない。国連では60歳以上、国連の世界保健機関 (WHO) の定義では、65歳以上の人のことを高齢者としている。定年退職者もしくは老齢年金給付対象以上の人を言うことも考えられる。

高齢者の医療の確保に関する法律における規定

高齢者の医療の確保に関する法律、およびそれに付随する各種法令高齢者の医療の確保に関する法律施行令(平成19年10月19日政令第318号)、高齢者の医療の確保に関する法律施行規則(平成19年10月22日厚生労働省令第129号)、前期高齢者交付金及び後期高齢者医療の国庫負担金の算定等に関する政令(平成19年10月31日政令第325号)、高齢者の医療の確保に関する法律による保険者の前期高齢者交付金等の額の算定等に関する省令(平成19年11月22日厚生労働省令第140号)、後期高齢者医療の調整交付金の交付額の算定に関する省令(平成19年11月22日厚生労働省令第141号)では、65~74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者」と規定している。

高年齢者雇用安定法における定義 高年齢者

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる