「高齢化」とは?

関連ニュース

人件費の高騰に悩むラウンドワンが、V字回復した「皮肉な理由」 - 05月24日(水)05:00 

「少子化」と「アルバイト・パートの人件費上昇」というダブルパンチで苦しい状況に追い込まれているアミューズメント業界ですが、なぜかここに来て「ラウンドワン」の業績がV字回復しています。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、そのあまりに「皮肉な理由」を分析・紹介しています。 ラウンドワンの業績がV字回復した意外な理由とは 屋内レジャー施設を運営するラウンドワンの業績が回復しています。2017年3月期の連結決算は、売上高が前年比5.1%増の877億円、本業のもうけを示す営業利益が4.9%増の66億円です。 売上高は2012年3月期に895億円にまで成長するも、翌2013年3月期は859億円に落ち込み、2016年3月期には835億円にまで低下しました。しかしここにきてV字を描く形で回復しています。営業利益は下げ止まりした形です。 ところで、ラウンドワンの業績で面白い現象が起きています。アルバイト・パートの時給上昇で人件費が上昇し経営を圧迫しているものの、一方で時給上昇が売上高を押し上げている面もあるからです。 ラウンドワンの施設運営における人件費の売上高に占める割合は上昇傾向を示しています。2008年3月期は16.5%でしたが、その後は上昇傾向を示し、2016年3月期には22.1%にまで上昇しています。1...more
カテゴリー:

「昭和すごろくのコンプリート率は下がっている」 経済産業省若手チームによる資料の危機感がヤバい - 05月23日(火)19:00 

2017年5月18日に開かれた経済産業省の産業構造審議会総会(第20回)の資料が公開され、その中の一つ『不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~』の内容がネット上で話題になっています。 この資料は経産省内で公募された20~30代の若手職員30人で構成された『次官・若手プロジェクト』によるもの。「液状化する社会と不安な個人」と第された項目では、「居場所のない定年後」「望んだものとは違う人生の終末」「母子家庭の貧困」「非正規雇用・教育格差と貧困の連鎖」「活躍の場がない若者」の5つが課題として挙げられています。 「漠然とした不安や不満…」というスライドでは、「受験、就活、婚活、保活…自分で決めろと言われても、そんなにうまくいかない」「お金よりも安心とつながりがほしい」といったものから、「政府の視線の先は、いつもエリートか弱者」といった痛烈なもの、「ネット社会って便利だけど孤独」「フェイクニュースこわい」といったネット情報社会への不安までが網羅され、「弱くてかわいそうな個人だけでなく、誰もが不満や不安を抱えている」と結論づけています。 その上で、「なぜ日本は、大きな発想の転換や思い切った選択ができないままなのだろうか」と問いかけ、高度成長期に形成された社会制度に関して、「結婚して、出産して、添い遂げるという生き方」について1980年生まれが58%、「正社員にな...more
カテゴリー:

結成45周年「仙台えびね会」花を愛する人よ来て - 05月23日(火)13:49 

結成45周年を迎える日本固有のラン「エビネ」の栽培愛好者グループ「仙台えびね会」(仙台市青葉区)が会員の高齢化に伴い、若手の入会を募っている。同会は「東洋の美を感じさせる素朴な花を育てる楽しさを、若者
カテゴリー:

「恐怖の家族写真」中国の将来が一目瞭然 - 05月23日(火)10:00 

最近、中国のインターネット上で論争を呼んだ、ある家族の集合写真。高齢の家族に囲まれたひとりの若者が映っている。写真は、急速に進む少子高齢化社会で、将来、年老いた家族を数人も養っていかなければならないことに対する「恐さ」を一枚に収めたものだ。画像は何度も転載され、コメント欄には共産党の「一人っ子政策」についての批判が相次いだ。 最近、中国のインターネット上で論争を呼んだ、ある家族の集合写真。高齢の家族に囲まれたひとりの若者が映っている。急速に進む少子高齢化社会で、将来、年老いた家族を数人も養っていかなけ
カテゴリー:

ワークスタイル変革に役立つ先進ツール10選とシャドーIT対策--ガートナー志賀氏 - 05月23日(火)06:40 

デジタル・テクノロジーの進化に伴い、新しいワークスタイルが求められている。特に、少子高齢化対策として在宅勤務を含むリモート・ワークには、政府も含め多くの企業が高い関心を示している。こうした状況下で、日本企業にリモート・ワークが浸透していくために必要なことは何か。ガートナー リサーチ部門 バイス プレジデントの志賀 嘉津士氏が、リモート・ワークにおけるコラボレーションに役立つ先進的なツール10選を紹介するとともに、これらのツールをシャドーIT化させずにガバナンスを保ちつつ有効活用する手法を提言する。
カテゴリー:

【大分】大分中村病院の再生支援 政府系ファンド 駅前の土地を売却 パルコ跡地への移転断念 - 05月23日(火)22:06 

政府系ファンドの地域経済活性化支援機構(REVIC)は23日、老朽化した病院の建て替え資金を調達できなかった社会医療法人恵愛会(大分市、中村太郎理事長)の再生支援を決めたと発表した。 傘下の大分中村病院(大分市)の経営を見直し、保有するJR大分駅前の土地への病院移転を断念。土地は年内をメドに売却する。病院の営業は続ける。 恵愛会と、取引先の大分銀行、西日本シティ銀行が共同で、REVICに再生支援を申し込んだ。REVICがまとめた再生計画では、両行などの金融機関に債権の一部放棄を求めた。 大分中...
»続きを読む
カテゴリー:

いじめで「バッタ」「犬の糞」食べさせる 男子高校生に怒りの声 - 05月23日(火)17:30 

(Mike Watson/iStock/Thinkstock)「いじめ」と呼ぶにはあまりに酷い事件が報じられた。逮捕された男子高校生への怒りと、被害にあった生徒たちへの同情の声が、ネット上にあふれている。■バッタや犬の糞、ミミズを無理やり食べさせる23日、警視庁少年事件課は強要容疑で都内に住む通信制私立高校1年の少年(15)を逮捕したと発表した。逮捕容疑は去年の9月から10月にかけて。当時、同じ中学校に通っていた男子生徒にバッタを食べることを強要し口の中に入れさせたり、飼い犬の糞を食べさせたりしたそうだ。少年の蛮行は他の生徒に対しても行われていたようで、学校で男子生徒を含む4~5人の生徒に対してもミミズやヤモリ、セミの死骸、植物の葉っぱなどを食べることを強要していた。被害にあった生徒の中には、不登校になった者もいたそうだ。■「いじめなんて言葉はぬるい」と怒りの声この報道に対し、ネット民の間では怒りが噴出。「れっきとした犯罪」「実名報道でもいいと思う」など厳しい声も多数確認できる。・いいぞもっとやれ (逮捕的な意味で)・れっきとした犯罪。これは警察GJだろう。よく逮捕した。・事実なら実名報道して一生「あの人……虫食べさせたひとよね……」と後ろ指さされながら生涯を送ってほしい・こういうのは持って生まれた性格だから、更正なんてできないと思う...more
カテゴリー:

大島紬、若者の手で次世代へ 「復権」狙い新商品をPR - 05月23日(火)13:32 

 1300年以上の歴史を持ちながら、担い手の高齢化や需要の落ち込みで生産が激減している鹿児島県・奄美大島の伝統工芸品「大島紬(つむぎ)」の存続をかけて、若者たちが動き出した。海外への進出や新商品開発を…
カテゴリー:

消防団員、確保に懸命 過去最少、自治体がPRなどに力 - 05月23日(火)09:48 

 秋田県内の本年度の消防団員数(4月1日時点)は1万6912人で、昨年度を265人下回り過去最少を更新した。人口減や少子高齢化が進む中、災害時に活躍が期待される消防団員の確保は大きな課題。県や市町村は…
カテゴリー:

飯島教授(平和学)「もし女性自衛官が爆撃を受けたら服が吹き飛んで裸になってしまいます」 - 05月22日(月)18:06 

「集団的自衛権を行使できるようにした安全保障関連法に基づき米艦防護を実施しましたが、 あのヘリコプター搭載型護衛艦『いずも』は海外では空母扱いされる能力があります。 海上自衛隊は同タイプを計4隻持っており、現状でも、憲法上保持できる自衛のための 必要最小限度の実力といえるかどうか。 “日本を守るため”として、さらに軍事力を増す可能性があります」  と飯島教授。 自衛隊員だけの問題ではない。 飯島教授が自衛隊関係者から聞き取ったところによると、少子高齢化の影響か、 部隊によっては隊員の充足率が低い...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「高齢化」の画像

もっと見る

「高齢化」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT高齢化社会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる