「高齢化」とは?

関連ニュース

ニッポン農業の未来図は?斎藤農水相に聞く 5/22 11:28更新 - 05月22日(火)11:28 

いま、日本の農業はどこへ向かおうしているのか?農家の高齢化が進む中、その未来とは?「攻めの農業」を掲げる安倍政権。狙い通り海外に活路を見いだすことはできるのか?強み、可能性は?
カテゴリー:

ゼネコン各社でロボット、AI活用広がる 省人化を加速 - 05月22日(火)06:15 

 ゼネコン各社が自律型ロボットや人工知能(AI)の活用による省人化の技術開発を加速させている。高齢化による離職など建設技能労働者の人手不足が深刻化する中、先進技術の導入で作業の効率化を進め、人への負担を軽減しながら生産性を維持する狙いだ。
カテゴリー:

社会保障費増大 医療福祉分野の人手不足も追い打ち 国民的議論が急務 - 05月21日(月)23:26 

 政府が21日に公表した2040(平成52)年度の社会保障費の推計は、少子高齢化が進む中、給付費の膨張が20年以上も続く実態を改めて浮き彫りにした。これらの負担と給付の問題に加え、医療福祉分野で働く現役世代の急減も追い打ちをかける。消費税増税の先送りで中長期の社会保障改革は停滞気味だが、課題は山積しており、国民的議論が急務となっている。
カテゴリー:

65歳以上の介護保険料は月額5800円余 全国平均6%上昇 - 05月21日(月)18:37 

高齢化が急速に進み介護が必要な人が増える中、先月から65歳以上が支払う介護保険料が全国の平均で6%引き上げられ、月額5800円余りとなったことがわかりました。保険料は上昇し続けていて、介護保険制度が始まった18年前と比べて2倍になっています。
カテゴリー:

【株式会社CARE PETS】取締役副社長就任のお知らせ - 05月21日(月)11:31 

[CARE PETS(ケアペッツ)] [画像1: https://prtimes.jp/i/22736/70/resize/d22736-70-729224-0.jpg ] ■就任の背景 昨今、人間の高齢化だけでなく、動物の高齢化が進み、人と動物の「老老介護」が課題となっています。当社では、「人間福...
カテゴリー:

長崎に「小さな楽園」を作りたい... 県民主導の集落活性化プロジェクト - 05月22日(火)08:00 

「楽園」と聞いて、どんな場所を思い浮かべるだろうか。ハワイ島やニューカレドニア島といったリゾート地を連想する読者も多そうだ。では、あなたの「楽園」のイメージに、「長崎県」はあるだろうか。はてな、と思った人も多かろうが、実は長崎県では「小さな楽園プロジェクト」なる取り組みが存在するのだ。生活支援などをはじめとした集落活性化の動きの支援を指すそもそも、「小さな楽園プロジェクト」とは何なのだろう。長崎県の地域づくり推進課担当者は、2018年5月18日のJタウンネット編集部の取材に対し、「『小さな楽園プロジェクト』は、市民主導の集落活性化の動きを、県として支援する一連の取り組みを指します」と語る。国として『小さな拠点づくり』という名前で集落の維持・活性化の取り組みを進めており、長崎県ではそれを『小さな楽園プロジェクト』と題しているという。名前の由来について、「正確なところは判然としませんが」と前置きしたうえで、「心のよりどころ、という意味合いで『楽園』という言葉を用いているのだと考えております」と説明してくれた。プロジェクトは15年から開始しており、「次第に組織体制や計画など、環境面での整備は行き届くようになりました」といい、「長崎県では人口の減少や少子高齢化の問題が深刻です。そういった中で集落の維持や活性化は重要ですし、住民の方にとっても後押しが必要です。そこで県として支援をし、集落の自...more
カテゴリー:

給付増に現役世代急減追い打ち 社会保障改革の課題山積、国民的議論が急務 - 05月22日(火)06:12 

 政府が21日に公表した2040年度の社会保障費の推計は、少子高齢化が進む中、給付費の膨張が20年以上も続く実態を改めて浮き彫りにした。これらの負担と給付の問題に加え、医療福祉分野で働く現役世代の急減も追い打ちをかける。消費税増税の先送りで中長期の社会保障改革は停滞気味だが、課題は山積しており、国民的議論が急務となっている。
カテゴリー:

介護保険料:月額5869円 制度導入時の2倍に - 05月21日(月)21:21 

 厚生労働省は21日、65歳以上の高齢者が支払う2018~20年度の介護保険料(月額)の全国平均が5869円になったと発表した。前期の15~17年度に比べ355円(6.4%)上昇した。急速な高齢化で介護サービスの利用が増え続けていることが主な要因で、介護保険制度の導入時から比べると2倍になった。
カテゴリー:

シェアハウスで高齢者も支え合い=自治体が運営、孤立防ぐ-福島 - 05月21日(月)12:00 

 若者向けのイメージが強いシェアハウス。高齢化が進む中、福島県伊達市は2015年から高齢者用のシェアハウスを運営している。中山間地域で1人暮らしをしていた高齢者を市街地に呼んで孤立を防ぎ、家族のように助け合う形を目指している。 「近くで買い物ができて銀行や医療機関もある。おかずの交換もできる」。伊達市の住宅地にあるシェアハウス。広さ30畳の共用スペースで、鈴木伊都美さん(70)が笑った。夫や義父母が亡くなり、中心部から離れた一軒家を維持するのが難しくなったとき、高齢者用のシェアハウスを知った。「自分のために用意されたと思った」と振り返る。 シェアハウスは平屋建てで、1DKと2DKの個室が各3部屋。他に共用のリビングとキッチンがある。一般的なシェアハウスと異なり、各部屋にもトイレや浴室、キッチンを備える。入居者は60歳以上で、家賃は1DKが月1万2600円、2DKが1万6500円。市によると、自治体が運営する高齢者用シェアハウスは珍しいという。 高橋セイ子さん(72)は夫と昨年4月に入居した。市街地に住んでいたが高齢になり、長野県松本市の息子の元に引っ越しを考えていたとき、シェアハウスの入居者に誘われた。「親戚みたいな付き合いができて楽しい。老後を過ごすには最高の場所」と喜ぶ。 入居者には好評だが、課題もある。市は高齢者が「疑似家族」として支え合う暮らしを目指すが、今はそこまで至って...more
カテゴリー:

介護職は見た! 第6回 家族間介護のデメリット - 05月21日(月)10:28 

高齢化にともない、ますます必要とされている介護のお仕事。連載「介護職は見た!」では、介護業界で働く方々に取材した"裏話"をマンガでご紹介します。
カテゴリー:

もっと見る

「高齢化」の画像

もっと見る

「高齢化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる