「高齢化」とは?

関連ニュース

タクシー高齢化対策:事業者、手書き日報で体調把握 - 04月27日(木)13:15 

 タクシー運転手の高齢化が進む中、事業者側の安全確保への取り組みが広がっている。法人タクシー運転手を巡っては昨年、65歳以上の割合が28.4%と過去最高になったことが厚生労働省の調査で判明。一方で、ベテラン運転手は常連客の信頼も厚く、事業者側の模索が続いている。
in English
カテゴリー:

高齢者の見え方・聞こえ方体感ワークつき!高齢者対応実践研修 - 04月27日(木)10:00 

高齢者対応を実践するにあたって必要な知識や高齢者との対応法を学ぶ講座です。少子高齢化がコンタクトセンターに与える影響、高齢者の特徴を理解したコミュニケーション法などを、実践を交えながら解説します。ご参加いただいた方に、『高齢者対応スキルチェックシート』プレゼント!
in English
カテゴリー:

「俺のカネを奪う気かッ!」認知症老人の暴走――1200万円を怪しい投資話につぎ込み家庭崩壊の危機 - 04月27日(木)08:53 

 埼玉県某市の自宅を出た山本さん(75歳・仮名)は、高齢者とは思えないほどの軽やかな足取りだ。私鉄とJRを乗り継ぎ東京駅に着くと、歩いて20分の場所にある雑居ビルに入っていった。そんな老人の姿を、不安げに見つめる女性。山本さんの長女であるAさん(37歳・主婦)は、目に涙を浮かべながら話す。 「このままでは家庭は崩壊です。警察に訴えても取りあってくれず、父との関係も日ごとに悪くなるばかりで……」  Aさんは三人姉妹の長女で、現在は東京都内に暮らす専業主婦だ。父である山本さんは、一部上場企業の執行役員を務めた後、定年退職して悠々自適な生活を送っていた。何不自由ない生活に陰りが見えたのは、半年ほど前に母親から寄こしてきた電話がきっかけだった。 「父が家の貯金を勝手に下ろし、訳のわからない会社に預けているというのです。その時点で約300万円ほどがおろされていて、実家には投資案内の資料が山積みになっていました。詐欺被害に遭っているのではないかと思い、夫と共に父を説得しようとしましたが……」  中村さんが預貯金を切り崩してまでハマっていたのは「ビットコイン投資」だった。ビットコインとはネット上などで使用される仮想通貨だが、価格変動が大きいために、昨今では投資目的に売買されることも少なくないというが……。 「父は、昔の同僚の息子に誘われたセミナーに行って、投資を決断したようです。最初に...more
in English
カテゴリー:

【医療】高齢がん患者 抗がん剤治療の効果調査へ 延命効果に疑問視 - 04月27日(木)07:22 

政府は、高齢がん患者に対する抗がん剤治療の効果について大規模な調査に乗り出す方針を固めた。 高齢者にとって身体的な負担の重い抗がん剤投与による延命効果を疑問視する声もあるため、大規模調査に基づく科学的分析が必要と判断した。 高齢化が進む中、がん治療のあり方に一石を投じるものになりそうだ。【秋本裕子、岡大介】 抗がん剤はがん治療に効果を発揮するものの、痛みや吐き気、肺炎などの副作用を伴う。 特に高齢者では、若年層や中年層と比べて他の病気を併発していることも多く、抗がん剤による副作用で体力や気力が...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

桜の名所で伐採騒動!?20年後には「桜」が消える恐れも… - 04月27日(木)07:00 

4月27日の『所さん!大変ですよ』(NHK総合、毎週木曜20:15)は、「桜の名所に異変!?真夜中に切り倒された謎」と題して、桜並木と菜の花で有名な都内の桜スポットでおきた伐採騒動の真相に迫る。同番組は、社会の片隅で起きている小さいけれど見過ごせない“事件”の数々。その、意外な真相をあぶり出すバラエティー。今回おきた伐採騒動は、桜の高齢化が原因だった。実はソメイヨシノは60年程で弱ることが分かっており、戦後の復興期に植えられた桜の中には、倒木の危険があるも……。さらにいま、全国の桜に危機が迫っていることも判明。ある“生物”が次々と桜を食い荒らしており、最悪の場合、20年で日本中から桜が消えてしまう恐れまであると専門家は警告する。今や、海外から「お花見」をしに来る外国人観光客もいる中、日本の春の風物詩「桜」を巡って何がおこっているのか? 関連リンク 公式サイト
in English
カテゴリー:

世界最大級のエグゼクティブ・サーチ会社 ハイドリック・アンド・ストラグルズ ジャパン 日本企業専門部署「ジャパンデスク」の組織体制を拡充 中堅オーナー企業・未上場企業の事業承継、役員採用を強化 - 04月27日(木)11:00 

[ハイドリック&ストラグルズジャパン合同会社] ■高齢化する経営者や経営能力のある人材など後継者問題に悩む中堅オーナー企業・未上場企業  現在の日本は経営者の高齢化が進み、企業を存続させるための重要な課題である事業承継について十分な対策をとれてい...
in English
カテゴリー:

【外交】安倍首相がロシアへ出発 北方領土での共同経済活動実現に意欲 - 04月27日(木)09:39 

安倍総理大臣は、ロシアのプーチン大統領との日ロ首脳会談に臨むため、27日朝、政府専用機でモスクワに向けて出発しました。 出発に先立ち安倍総理大臣は、記者団に対し、平和条約交渉を前進させるため北方領土での共同経済活動などの実現に意欲を示すとともに、北朝鮮情勢などをめぐっても率直に意見を交わしたいという考えを示しました。 安倍総理大臣は27日、ロシアを訪問し、プーチン大統領との日ロ首脳会談に臨むほか、28日はイギリスを訪れ、メイ首相と会談することにしていて、午前8時半すぎ政府専用機で羽田空港を出発...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【経済】「年金受給開始、70歳後も選択肢に」 自民PT(座長・片山さつき政調会長代理)提言へ★5 - 04月27日(木)08:13 

「年金受給開始、70歳後も選択肢に」 自民PT提言へ 朝日新聞デジタル 4/26(水) 14:53配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000055-asahi-pol  公的年金の受給開始年齢を70歳より後にも選択でき、その分受給額を増やせる仕組みの導入を、自民党のプロジェクトチーム(PT、座長・片山さつき政調会長代理)が政府への提言案に盛り込むことが分かった。PTは超高齢化社会に備える政策を議論しており、元気で働ける高齢者に長く働いてもらうよう促す狙いだ。  年金の受給が始まる年齢は原則65歳だが、今の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

高齢がん患者:抗がん剤治療の効果調査へ 延命効果検証  - 04月27日(木)07:00 

 政府は、高齢がん患者に対する抗がん剤治療の効果について大規模な調査に乗り出す方針を固めた。高齢者にとって身体的な負担の重い抗がん剤投与による延命効果を疑問視する声もあるため、大規模調査に基づく科学的分析が必要と判断した。高齢化が進む中、がん治療のあり方に一石を投じるものになりそうだ。【秋本裕子、岡大介】
in English
カテゴリー:

Amazonお坊さん便時代に、現役の僧侶が「お坊さんはつらいよ」と嘆く2つの理由 - 04月27日(木)06:10 

 ついにお坊さんも通販で手配できる時代がやって来た。2015年12月より「Amazonお坊さん便」なるサービスがスタート。一律35,000円で法事、法要でお坊さんを呼ぶことができるようだ。全国400名の僧侶と取引しているため、ユーザーがどこに住んでいても高額な交通費も発生しないという。安くて、便利で、気軽である。  このように、「花八層倍、薬九層倍、お寺の坊主は丸儲け」と言われていた時代とは、お坊さんの位置づけが変わってきているのだろう。特に地方は高齢化や過疎化などの影響で檀家も減少しているわけで、そうなれば寺院経営はもちろん逼迫、仕舞に潰れてしまうケースも少なくない。実際の厳しい懐事情が、『お寺さん崩壊』(水月昭道・著)で明かされている。(以下同著より引用) ■手取り200万円以下 「坊主丸儲け」言説に日々直面し、困惑しているお寺さんは全国的に少なくない。一例として水月氏が住職を務める寺院(※門徒戸数(檀家数)は概ね150軒程度)の財務状況が下記である。 (1)「お布施(=葬儀、法事、法要)」の年間収入はざっと「450万円」 (2)「年会費(=護持費)」の年間収入が「150万円」 (3)「オプション収入(=納骨堂加入料、墓石販売、駐車場経営など)」はやっていないので「0円」  年間総額収入が約600万円なら、普通のサラリーマンと変わらないじゃないかと思うが、ここから本堂やお庭、...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「高齢化」の画像

もっと見る

「高齢化」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT高齢化社会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる