「高齢化」とは?

関連ニュース

外国人犯罪、薬物事犯など流行りの事件を『激録・警察密着24時』で紹介 - 02月24日(土)05:00 

テレビ東京系にて、2月24日(土)19時より『激録・警察密着24時!!傑作選~事件は時代を映す鏡~』が放送される。同番組は、日本全国で活躍する警察官の姿を追う人気ドキュメントシリーズ。今回は「傑作選」と題して、これまで紹介した事件を取り上げる。世の中で起きる事件は、その時の景気、流行りによって様々。少子高齢化が進む日本だから起きる事件、旅行者&居住者とも急激に増えている印象がある外国人犯罪の変遷を紹介するほか、ここ数年で特に世間を大きく騒がせた薬物事犯や、名物警察官などを特集する。 関連リンク 真剣佑にタイムリープの秘密がバレる?『トドメの接吻』第8話 大杉漣さん出演、ドラマ『バイプレイヤーズ』最終話まで予定通り放送 ハイカライケメンの街、神戸の秘密のあんこメニュー「あん食」がこんなに地味でいいのか 藤田朋子、露天風呂で夫・桑山哲也と夫婦の面白トーク 水川あさみ、ラストの旦那は小池徹平!“完璧な妻”を目指すも…『我が家の問題』最終回
カテゴリー:

【書評】あなたはこの「医者にあるまじき発言」を冷静に読めるか - 02月23日(金)20:30 

「遠慮も忖度も一切抜き、医者だから見える真実が詰まった比類なき一冊」と謳う本が話題になっています。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが取り上げているのは、現役医師が著した新書。著者が提言する「国民皆保険」を破綻から救う方法とは? 『医者の逆説』 里見清一・著 新潮社 里見清一『医者の逆説』を読んだ。日本赤十字社医療センター化学療法科部長、新潮新書6冊目。「我々は膨大なツケをすべて先送りして、つまり我々の子や孫の世代に押し付けて、自分たちの『最新医療』の成果を謳歌している」との主張は、患者の命を第一に考えるべきという通常の医療者の立場にある者からは「医者にあるまじき発言」と非難されることが多い。 一方で「誰もが思っていることを言ってくれた」という反応も少なくない。だったら誰もが言えばいいのに、そういう状況にはない。そこには何らかの配慮、忖度が働くからだ。この本はその忖度のメカニズムを解析し、剥ぎ取り、「誰もが思っていること」を明るみに出す。端的な例が、筆者に原稿を依頼しながら、結局ボツにした読売新聞東京本社メディア局の言いわけを暴露した章だ。 まず、ヨミウリ・オンラインに送った「高額医薬品と日本の危機」というコラムの全文を掲載する(以下要約)。日本ではずっと命の問題について、コストを度外視してきた。他のことは最低限の保障で済ませて...more
カテゴリー:

【社会】働き方改革 人件費・業務増加が重荷に 1年延期でも「焼け石に水」 - 02月23日(金)11:40  bizplus

政府が今国会に提出予定の働き方改革関連法案は、昨年3月に取りまとめられた働き方改革実行計画を法制化したものだ。少子高齢化が進行する中、安倍首相が掲げる「1億総活躍社会の実現」には不可欠だが、迅速に対応できない中小企業にとっては大変な重荷。施行が延期されたところで「焼け石に水」との声も上がっている。 働き方改革関連法案は労働基準法、労働者派遣法、労働安全衛生法など8本の法律の改正案で構成。(1)罰則付きの残業時間の上限規制(2)実際の労働時間に関係なく事前に決めた時間を働いたとみなす「裁量労働制...
»続きを読む
カテゴリー:

働き方改革 人件費・業務増加が重荷に 1年延期でも「焼け石に水」 - 02月23日(金)10:22 

 政府が今国会に提出予定の働き方改革関連法案は、昨年3月に取りまとめられた働き方改革実行計画を法制化したものだ。少子高齢化が進行する中、安倍首相が掲げる「1億総活躍社会の実現」には不可欠だが、迅速に対応できない中小企業にとっては大変な重荷。施行が延期されたところで「焼け石に水」との声も上がっている。
カテゴリー:

西日本鉄道:社長がJR九州減便に一定の理解 - 02月22日(木)20:04 

 西日本鉄道の倉富純男社長は22日の定例記者会見で、JR九州が利用客減少を理由に3月のダイヤ改定で列車本数を大幅に減らすことについて「高齢化社会が進む中、赤字路線をいつまでも持続できるのか。利用客や地域も当事者意識を持つべきだ」と話し、一定の理解を示した。
カテゴリー:

外国人犯罪、薬物事犯など“流行り”の事件を『激録・警察密着24時』で紹介 - 02月23日(金)20:38 

テレビ東京系にて、2月24日(土)19時より『激録・警察密着24時!!傑作選~事件は時代を映す鏡~』が放送される。同番組は、日本全国で活躍する警察官の姿を追う人気ドキュメントシリーズ。今回は「傑作選」と題して、これまで紹介した事件を取り上げる。世の中で起きる事件は、その時の景気、流行りによって様々。少子高齢化が進む日本だから起きる事件、旅行者&居住者とも急激に増えている印象がある外国人犯罪の変遷を紹介するほか、ここ数年で特に世間を大きく騒がせた薬物事犯や、名物警察官などを特集する。 関連リンク 真剣佑にタイムリープの秘密がバレる?『トドメの接吻』第8話 大杉漣さん出演、ドラマ『バイプレイヤーズ』最終話まで予定通り放送 ハイカライケメンの街、神戸の秘密のあんこメニュー「あん食」がこんなに地味でいいのか 藤田朋子、露天風呂で夫・桑山哲也と夫婦の面白トーク 水川あさみ、ラストの旦那は小池徹平!“完璧な妻”を目指すも…『我が家の問題』最終回
カテゴリー:

「キャバ嬢=ギャルの憧れの職業」だった時代に水商売の世界に入った女性の末路 - 02月23日(金)15:54 

「女子高生のなりたい職業ランキング」にキャバクラがランクインされたのはいつの頃だろう。最近ではランクからも外れ、その理由を「将来性がない」と現実的に考える若者達が増えたからなのでは、と言われている。過去にキャバクラ嬢だった女性達は現在、どうしているのだろうか。水商売しかしてこなかった女性のその後に迫ってみた。  35歳、実家住まいのパラサイトシングル。東京からおよそ100km離れた関東地方の山間の街に住むハルカさん(仮名)は、17歳の時に水商売の世界に飛び込んだ。 「私が高校生の頃、雑誌『egg』や『Popteen』などのギャル世代全盛期。高校中退も当たり前で、偽装の身分証を作って水商売や風俗で働いているコが多くいました。私もその1人で、高校をやめてすぐに渋谷のギャル専門のキャバクラで働いていましたね。家から渋谷までは電車で2時間、仕事が終わったらクラブに行って同じ店のコや友達の家に泊めてもらい、家にはほとんど帰っていませんでした」  今よりも水商売の身分証の確認が甘かった時代、ハルカさんのような未成年のキャバ嬢が夜の街に溢れていた。同じ境遇の少女達に出会うので、多くの友達ができたという。 「地元は一応関東圏で、田舎なので私みたいなギャルは浮いていましたが、渋谷にいたらすぐに友達もできました。ギャル友の家を泊まり歩くようになり、実家にはほとんど帰りませんでした。18歳になっ...more
カテゴリー:

いよいよドローンスクールジャパンで「スマート農業コース」が開講!5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能! - 02月23日(金)11:00 

[株式会社スカイロボット] [画像1: https://prtimes.jp/i/25128/40/resize/d25128-40-798261-0.jpg ] ■約10分間の飛行一回で、最大1ヘクタール(10,000m2 )の農地に最大10リットルまで農薬散布可能。 現在、農作業従事者の高齢化から、...
カテゴリー:

代表 伊勢谷友介 株式会社リバースプロジェクトがニッポンレンタカーのユニフォームを13年ぶりにリニューアル 全国5,400人が着用開始 - 02月23日(金)10:00 

[株式会社リバースプロジェクト] [画像1: https://prtimes.jp/i/31185/2/resize/d31185-2-747312-1.jpg ] ■プロデュースの背景 近年、ドライバーの高齢化やインバウンド消費等、提供するサービスの在り方や求められるニーズの多様化、そしてグロ...
カテゴリー:

終末期に心肺停止…救命処置は?医療の選択 2/22 19:10更新 - 02月22日(木)19:10 

超高齢化が進む日本。今、終末期の高齢者が心肺停止状態となったとき、救急隊が駆けつけたものの救命処置を断られるケースが問題になっている。今回は、多くの人がいずれ直面する、人生最期の医療の選択について、諏訪中央病院の鎌田實名誉院長と考える。
カテゴリー:

もっと見る

「高齢化」の画像

もっと見る

「高齢化」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT高齢化社会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる