「高齢化」とは?

関連ニュース

【農業】高齢化進む農家の負担軽減 小型ボート使い水田に除草剤散布 - 06月27日(火)21:23 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170627/k10011032511000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 農家の高齢化が進む中、農作業の負担軽減を図ろうと、福岡県行橋市で水田に浮かべた小型のボートを使った除草剤の新しい散布方法が実演されました。 新しい散布方法は九州ではことしから導入が始まり、27日は福岡県行橋市の金丸享司さんの水田で環境衛生会社が実演しました。 除草剤は通常、人が水田に入って散布しますが、高齢化が進む農家にとって大きな負担となっています。 新しい方法では、水深5センチと、通常...
»続きを読む
カテゴリー:

「昭和の常識」は通用しない! 今の時代に合ったお金の常識を知ろう - 06月27日(火)20:00 

かつて右肩上がりだった昭和の時代とバブル崩壊後の平成の今ではお金の常識が変わっています。当たり前だと思っていたお金のあれこれ。「昭和」の思い込みにとらわれていると、家計のやりくりが難しくなることも。「平成」の時代に合ったお金の常識を身につけましょう! 【写真を見る】「昭和生まれの親のアドバイスは要注意」と、ファイナンシャルプランナーの深田晶恵さん 【昭和生まれの親のアドバイスは要注意】 「『お金の相談を親にしてはだめ』ということを、まず覚えておいてください。もちろん、子どものためを思ってくれるアドバイスはありがたいのですが、何といっても時代が違います」と語るのはファイナンシャルプランナーの深田晶恵さん。親世代が現役だった昭和の後半は、日本が経済成長し、給料は右肩上がりで、預金金利も今よりずっと高かった時代。対して、平成はずーっと低成長。終身雇用は期待できず、給料もあまり上がっていきません。社会全体では少子高齢化が進み、国の財政もアップアップ。年金への不安も根強くあります。日本の環境がこれだけ変わっているのに、昭和のお金の常識にとらわれたままでは危険。今の時代に合った常識にリセットを。 実は親からのお金のアドバイスが貯まらない原因になっているとしたら……。正しく現状を見極め、軌道修正する必要ありです! 【関連記事】 ・目をそらしたいけど…夫にもしものことがあった時の家計を考えてみた...more
カテゴリー:

【鬼畜】厚労省「老々介護が増えてるので在宅介護ができるだけ続けられるようにする」 - 06月27日(火)13:13 

急速に高齢化が進む中、在宅介護のうち介護をする側と受ける側がいずれも75歳以上の 「老老介護」の割合が初めて30%を超えたことが厚生労働省の調査でわかりました。 厚生労働省は「高齢化と核家族化で今後も老老介護は増えていくとみられ、支援していく 必要がある」としています。 厚生労働省は去年6月、介護の実態などを調べるため「国民生活基礎調査」を行い、 熊本地震の被災地を除く全国のおよそ6800人から回答を得ました。 それによりますと、家族や親族による在宅介護のうち65歳以上の高齢者が主に介護を ...
»続きを読む
カテゴリー:

【AI】忖度しないAIが人事権を握る時代 - 06月27日(火)11:32 

従来、採用活動といえば書類選考を前提としつつ、最終的な材料となるのは面接官による面接を主とする企業がほとんどだろう。そこでは共に働く“人”としての「ヒト」と「ナリ」が合否を分ける基準として存在している。 しかし、少子高齢化などを背景として“売り手市場”とも言われる昨今、どこの業界も人手不足な状況にある。その結果、より規模の大きい企業との採用競争の激化や新卒の活動早期化などに伴い、採用活動を取り巻く環境は日に日に厳しさを増している。 また、今では当たり前となった採用支援業者が様々な情報を盛り込み、...
»続きを読む
カテゴリー:

<ロジック×ノーチラス・テクノロジーズ>超高齢化社会への貢献とICT地域包括ケアシステムに向けた、高セキュリティ基盤研究・開発における業務提携を締結 - 06月27日(火)10:00 

[株式会社ロジック] [画像: https://prtimes.jp/i/25977/3/resize/d25977-3-411541-0.jpg ]  株式会社ロジック(本社:石川県金沢市、代表取締役CEO:和田森 久志)と株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(本社:東京都品川区、...
カテゴリー:

【サヨク】池上彰「海外からの移民を受け入れの移民局をつくるべき」 - 06月27日(火)20:54 

増田:まず、日本人のマインドに、移民や難民の受け入れがなじまないという実態があります。  地続きで隣国と接していて、たくさんの植民地をアジアやアフリカに有していたヨーロッパ各国や、そもそもが移民国家であるアメリカでは、 絶えず移民がやってくるのは当たり前でした。一方、島国国家の日本の場合、文化や宗教の異なる外国人がどんどん押し寄せる、という経験をしていません。 だから、「移民政策が必要かもしれない」と頭では理解していても、全く異なる文化や宗教を持っている人たちとお隣さんになる、 ということに肌...
»続きを読む
カテゴリー:

子ども7人に1人が「貧困」〜厚労省の調査 6/27 17:22更新 - 06月27日(火)17:22 

高齢化が進むなか、介護する側もされる側も高齢者という、いわゆる「老老介護」のうち、75歳以上同士の世帯が初めて3割を超えたことが厚生労働省の調査で分かった。
カテゴリー:

75歳以上の「老老介護」初の30%超に - 06月27日(火)12:10 

急速に高齢化が進む中、在宅介護のうち介護をする側と受ける側がいずれも75歳以上の「老老介護」の割合が初めて30%を超えたことが厚生労働省の調査でわかりました。厚生労働省は「高齢化と核家族化で今後も老老介護は増えていくとみられ、支援していく必要がある」としています。
カテゴリー:

注目を浴びる「ナイトタイムエコノミー」――夜の経済活動で日本は変わるのか? - 06月27日(火)10:00 

少子高齢化、労働人口の減少などによって、先細りが危惧されている日本経済。そんな中、経済成長、地域活性化、観光振興の最終戦略として注目されている経済ジャンルがある。それが、ナイトタイムエコノミーだ。 本書『「夜遊び」の経済学』は具体的な事例を紹介しながら、なぜ最終戦略として期待されているのかをわかりやすく解説している。IR(統合型リゾート)、カジノ研究の第一人者でもある著者の木曽崇氏に話を聞いた。 * * * ―本書のサブタイトルでもある「ナイトタイムエコノミー」という言葉は、あまり聞きなじみがないんですけれど、具体的にどういったことなのでしょうか? 木曽 ナイトタイムエコノミーの定義は「夜遊びに伴う経済活動」です。ナイトタイムエコノミーという経済ジャンルの研究や振興が世界的に進められてきたのは、1990年代からのこと。そして最近、日本の政界、経済界でもナイトタイムエコノミーの振興が必要という議論が高まりつつあります。 4月に「時間市場創出推進(ナイトタイムエコノミー)議員連盟」が設立されましたし、楽天の代表取締役会長兼社長・三木谷浩史さんが代表理事を務める「新経済連盟」も2月に「観光立国推進基本計画」の改定案への意見として、ナイトタイムエコノミーの振興を...more
カテゴリー:

米づくりの担い手が減少傾向にある長野県信濃町にて 「農業体験」地域授業が地域活性化へ - 06月27日(火)10:00 

長野県は農業を支える担い手の高齢化と減少が続いており、新たな担い手の確保と 育成が急務となっています。そこで長野県の「むのうやくんファーム」(株式会社 フュービック運営)は、地域創生活動の一環として、長野県北部高等学校の 2 学年 農業班の学生さん 16 名に平成 29 年度地域授業をスタートさせました。
カテゴリー:

もっと見る

「高齢化」の画像

もっと見る

「高齢化」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT高齢化社会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる