「高高度核爆発」とは?

関連ニュース

【EMP】菅義偉官房長官、北朝鮮の電磁パルス攻撃に「備えとして影響を最小限にする努力が必要」 EMP=高高度核爆発で電子機器ダウン - 09月07日(木)19:10  seijinewsplus

【北朝鮮核実験】菅義偉官房長官、電磁パルス攻撃に「備えとして影響を最小限にする努力が必要」 - 産経ニュース http://www.sankei.com/politics/news/170907/plt1709070026-n1.html 2017.9.7 12:36  菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、核実験を強行した北朝鮮が電磁パルス(EMP)攻撃もできると主張している状況について「実際に攻撃が行われる万が一の事態への備えとして、国民生活への影響を最小限にする努力が必要だ」と述べ、対策を検討する考えを明らかにした。  EMP攻撃は、核弾頭を地上数十~数百キロの高度...
»続きを読む
カテゴリー:

【EMP】北朝鮮による「電磁パルス攻撃」の脅威 高高度核爆発により電子機器全滅、日本全土が機能不全に - 09月07日(木)18:42  bizplus

【クローズアップ科学】「電磁パルス攻撃」の脅威 上空の核爆発で日本全土が機能不全に(1/3ページ) - 産経ニュース http://www.sankei.com/premium/news/170907/prm1709070001-n1.html 2017.9.7 16:00  北朝鮮が核兵器や弾道ミサイルで挑発を続けるなか、もう一つの深刻な脅威として「電磁パルス攻撃」の可能性が指摘されている。上空で核爆発を起こし、広範囲で都市機能を破壊するものだ。北朝鮮は既に攻撃能力を持つとみられるが、日本の対策はほぼ手つかずで、専門家からは懸念の声が上がる。(小野晋史) (※8月27日にア...
»続きを読む
カテゴリー:

「高高度核爆発」の画像

もっと見る

「高高度核爆発」の動画

Wikipedia

高高度核爆発(こうこうどかくばくはつ、High Altitude Nuclear Explosion, HANE)は、高層大気圏における核爆発。強力な電磁パルスEMP)を攻撃手段として利用するものである。爆発高度によって分類されるものであり、核兵器の種類や爆発規模などは問わない。

概要

高度100km - 数100kmの高層大気圏における核爆発においては、大気が非常に希薄であり、核爆発の効果において爆風はほとんど発生しない。核爆発のエネルギーは電離放射線が多くを占めることとなる。核爆発により核分裂後10ps(10-11秒)以内に発生したガンマ線X線)が大気層の20 - 40km付近の希薄な空気分子に衝突し電子を叩き出し(コンプトン効果)、叩き出された電子が地球磁場の磁力線に沿って螺旋状に跳び、10nsほどの急峻な立ち上がりで強力な電磁パルス (EMP) を発生させることとなる。

大気が希薄であることからガンマ線は遠方まで届き、発生した電磁パルスの影響範囲は水平距離で100kmか...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる