「高血圧」とは?

関連ニュース

眉間のシワは肝臓に危険信号?顔でわかる病気のサイン - 05月23日(水)11:00 

「自覚症状が出ていなくても、病気のサインは顔に表れています」 こう話すのは『顔を見れば隠れた病気がわかる』(マキノ出版)の著者、「みうらクリニック」の三浦直樹医師だ。 「眉間と目は肝臓、目の下は腎臓、鼻は心臓、頬は肺、唇は胃と腸といった具合に、顔のパーツと内臓には相関関係があります」(三浦先生・以下同) これらの位置に血色、膨らみ、へこみ、シワ、シミ、吹き出物といった急な変化が見られたら、その関係する内臓に不調が出るという。 自分でチェックできる「顔でわかる病気のサイン」、なかでも重篤な症状につながるものを三浦先生に聞いた。女性はお化粧や外出前などに、鏡を見る習慣があるので、こうした変化に気をつけてみよう。 ■肝硬変や肝臓がんなど肝臓の疾患 年齢とともに眉間のシワが気になるが、眉間のシワは「年のせい」だけではなく、肝臓の機能と関係しているという。 現代人には、働きすぎ、ストレス、目の酷使、飲酒、食品添加物の摂取など、肝臓に負担のかかることが多い。しかし、肝臓は“沈黙の臓器”といわれるだけあって、自覚症状が出にくい。ところが、眉間にはしっかりとサインが出ているというのだ。 「肝臓が弱いと眉間の左側に縦ジワが現れます。『眉間のシワが増えた』『溝が急に深くなった』『シワの入っている部分の肌の色が変わってきた』などの変化が表れると、肝機能の著しい低下...more
カテゴリー:

妊娠中の歯科健診!「エックス線撮影」は大丈夫?放射線量は? - 05月21日(月)21:45 

source:https://www.shutterstock.com/ 妊娠中に歯医者さんを受診すると、お腹の赤ちゃんへの影響が心配になることがありますよね。 特に、よく聞かれるのが「妊娠中だけど歯科のエックス線撮影を受けても大丈夫?」という点です。なんとなく不安を抱えているプレママは多いのではないでしょうか。 今回は歯科医でママである筆者が、“マタニティ期の不安〜エックス線撮影〜”についてお伝えします。 ▼妊娠中ですが、歯科の「エックス線」撮影って大丈夫? A:歯科のエックス線撮影の放射線量は微量です。必要と判断された場合は、撮影を必要最低限にとどめた上で、防護エプロンを用いるなどして安心して受けることができます。 source:https://www.shutterstock.com/ 妊娠中は歯科のエックス線撮影で、お腹の赤ちゃんに影響がないかどうか不安に感じる方が多いです。 一年間で普通に生活して日々浴びている自然放射線量がだいたい1.4mSVと言われています。これは歯科の小さなフィルムで撮影する150枚に相当すると言われています(※1)。 つまり、歯科で使用するエックス線の放射線量は自然放射線量に比べて微量です(※2)。 歯科のエックス線撮影は撮影場所が頭部や口の中になるため、赤ちゃんのいるお腹からは離れています。さらに、鉛の防護エプロンも装着しますので、お腹へは...more
カテゴリー:

健康食品業界にブームを巻き起こす酵母は、なぜそれほど注目されるのか? - 05月19日(土)11:30 

酵母といえば、発酵食品を作る際に使用されるもの。近年、美容効果が話題にもなり、「よい酵母の日」(4月15日)、「酵母の日」(11月5日)なるものも制定されるほど注目度がアップしています。 【写真】様々な調味料にも酵母が活用されています そこで、改めて酵母とは何かから、健康にうれしい情報を、酵母を多く含む食材と合わせてご紹介します。 ■ そもそも酵母とは? 日本人には身近な存在で栄養素がたっぷり! 酵母とは、日本酒や味噌などを生成する際に用いられる発酵菌の一種です。食品に含まれる糖をアルコールと炭酸ガスに分解し「発酵」をおこなう、人間にとって有益な微生物です。 酵母は人間にとって必要なたんぱく質、ビタミン、βグルカンなどの栄養素を多く含んでいます。それらの働きにより、便秘を解消したり、血糖値の上昇を抑えたり、免疫力を向上させたりと、健康にうれしい効果を発揮してくれます。 よく混同されがちなものに「酵素」がありますが、酵素は体内でのいろいろな化学反応を助けてくれるタンパク質で、菌である酵母とは別もの。とはいえ、どちらも健康に効果的なありがたい存在です。 ■ 酵母が含まれる食品をピックアップ! 酵母を利用した代表的な食品には次のようのものがあります。 ・ 日本酒やビール・ワインなどのアルコール飲料 ・ 味噌や醤油、酢、みりんといった調味料 ・ ぬか漬け ・ キムチ ・ チーズ ・ パン ...more
カテゴリー:

“静かなる殺し屋” 高血圧の恐怖 5/18 3:09更新 - 05月18日(金)03:09 

国内の推定患者数は約4000万人…。自覚症状もないまま脳卒中や心筋梗塞など突然死を引きおこす病「高血圧」。予防のための「食」と「簡単体操」から睡眠中に潜む高血圧リスクの回避術まで、おなじみ“血管先生”がわかりやすく解説します。
カテゴリー:

「わかめ」を食べればキレイになる!? 驚くべきわかめパワーに注目 - 05月16日(水)20:00 

サラダやみそ汁、スープといったメニューで使われる「わかめ」は、食卓の定番食材。日持ちのする塩蔵タイプや乾燥タイプが1年中出回っているので、家庭に常備している人も多いですよね。今回はそんなわかめについて学んでみましょう。 【関連レシピ】いか納豆の冷やし鉢 ■ わかめには体にうれしい栄養がいっぱい! 4月19日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ)では、今が旬のわかめに注目。医学博士の小林暁子先生が、わかめの持つ驚くべきパワーについて解説してくれました。 最近の研究によると、わかめには体脂肪を減らす可能性があることが分かったそう。「理研ビタミン株式会社」は、20~50代の女性21人に乾燥カットわかめを1日4gずつ2週間食べ続けてもらうという実験を実施。実験終了後には、被験者の約80%を占める17人の腸内でビフィズス菌の割合が増加したという結果が出ています。 小林先生は「わかめの食物繊維がビフィズス菌のエサになって、腸内で増えた可能性があります」と解説。ビフィズス菌を含む善玉菌が増えると腸内環境が整い、余計なものを体外に出そうとする働きが強くなります。すると脂肪の吸収を抑えられるようになり、太りにくい体に。その結果、体脂肪を減らす効果が期待できるようです。 わかめの栄養素が体にもたらすうれしいパワーは他にも。たとえば「ヨウ素」は基礎代謝アップに関わっていて、肌や髪、爪などを健康的に保って...more
カテゴリー:

太りすぎは夜の営みにも悪影響。肥満とEDの深刻な関係とは? - 05月23日(水)05:58 

年齢を重ねるごとに気になってくる肥満の問題。糖尿病や高血圧症などの心配はもちろんだが、意外なことにEDの主要な原因にもなるという。肥満とEDの相関関係や、肥満度の計り方、効果的な対策などについて専門医に聞いた。 日本の40男、3人に1人以上が肥満。EDになるリスクが高い理由は? 2016年の厚生労働省の国民健康・栄養調査によれば、40代男性の肥満率は34.6%で、およそ3人に1人が、適正体重をオーバーしている。肥満によってEDになるリスクも高まるというが、それはいったいなぜなのか。 「40代男性が悩まされやすい肥満とEDですが、この2つの症状には相関関係があります。ただし、EDは、太っているからなりやすいのではなく、肥満なため引き起こされる、糖尿病や高血圧などの生活習慣病によって発症するのです」(水谷さん、以下同) こういった生活習慣病に共通することは、動脈硬化を進行させる恐れがあるということだ。動脈硬化になると、血液がドロドロになって、体全体にうまく流れなくなってしまう。 「血液が男性器に行き渡らなくなると、勃起時に硬さが足りなかったり、中折れしたりなど不具合が生じます。肥満は見た目が良い悪いといった問題以上に、体の健康や男性機能を損なうリスクがあるのです」 BMI値が25㎏/㎡以上なら肥満。まずは自分の値を計ってみよう EDリスクを低下させるためには、肥満を予防するこ...more
カテゴリー:

塩は体に悪いのか? - 05月21日(月)06:00 

塩分の摂りすぎは高血圧につながることが知られていますが、「それでは塩の摂りすぎは体に悪いのか?」という疑問が湧きます。この疑問に対する答えが、刑務所での調査により明らかになるかも知れません。続きを読む...
カテゴリー:

この時期、高血圧に注意が必要な理由 5/18 21:29更新 - 05月18日(金)21:29 

ニュースのポイントをコンパクトにまとめた「深層NEWS ここにフォーカス」。春から夏にかけて天候が変わりやすいこの時期、高血圧に注意が必要な理由について。
カテゴリー:

ビールにぴったり、つまみ「そら豆」の健康パワーと美味い茹で方 - 05月17日(木)00:35 

この時期ビールのお供に欠かせないそら豆ですが、たくさんの栄養素を含みさまざまな健康効果が期待できる食材なんだそう。今回の無料メルマガ『美容と健康ひとくちメモ』ではそら豆のパワーを紹介するとともに、美味しくいただける「茹で方」をレクチャーしています。 大いなる栄養 そら豆 初夏の味覚「そら豆」が出始める季節になりました。そら豆には、葉酸、銅、ビタミンK、亜鉛、リン、食物繊維、たんぱく質、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどたくさんの栄養素が含まれているそう。 カリウムが塩分を排泄し、マグネシウムは血圧を調整するため高血圧に効果があり、血管を若く保つビタミンB2と余分なコレステロールが血管壁付着することを防ぎ、善玉コレステロールを増やすレシチンの働きで、動脈硬化を防いでくれるそうです。 また、ビタミンB1や乳酸などには疲労回復効果があり、タンパク質を多く含むため、お酒のつまみにすると肝機能を守って悪酔い防止に。 さらに、食物繊維が豊富なので便秘にも効果が。そら豆は皮ごと食べるとさらに多くの食物繊維を摂れるため腸の調子を更に整え、タンパク質も多く含むのでダイエットにもぴったりの食材なのだそうです。 そら豆のおいしい茹で方 さやから出して食べるそら豆は、ぐつぐつと「沸騰させて茹でない」ことがポ...more
カテゴリー:

コレステロール管理の究極ガイド - 05月16日(水)20:00 

コレステロールと、その数値を管理する重要性は、みなさんすでにご存知ですよね。しかし、どうしたらよいかという大切なところはうやむやにしてしまっていることが多いかもしれません。ご心配なく、それはあなただけではありません。2017年4月、アメリカ心臓協会はコレステロール高めの人は、どう体調を管理するかわからず自信がないとという調査結果を発表しました。そして、心臓病または脳卒中の病歴またはその危険因子をもつ回答者の47%は、コレステロールを1年以上測っていませんでした。ニューヨークのコロンビア・プレスビテリアン病院の循環器科および内科の医師、ジェニファー・ヘイズさんはこう話しています。「コレステロールについては学会の間でデータの矛盾があり、患者にとってコレステロールのあるべきレベルとそこに到達するのに何をすべきかを正確に知るのが難しくなっています」。やや高めのコレステロール値、というだけでも、将来心疾患を引き起こす可能性はあります。コレステロール値を管理するために知るべきことのすべてを紹介しましょう。コレステロールは悪者にされがちですが...... コレステロールは、体のあらゆる細胞で見つかる、脂肪のような物質で、米国国立心臓・肺...more
カテゴリー:

もっと見る

「高血圧」の画像

もっと見る

「高血圧」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる