「高良健吾」とは?

関連ニュース

高良健吾が初音映莉子にキス 「月と雷」予告編完成 - 05月30日(火)06:21 

 初音映莉子と高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の予告編が完成。あわせて、場面カットがお披露目された。初音扮する主人公・泰子はまったく笑顔を見せておらず、その複雑な心境をうかがわせている。 ・【フォトギャラリー】「月と雷」場面カットはこちら  映画は幼少期に母が家出し、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子の前に、亡き父の愛人である直子(草刈民代)の息子・智(高良)が現れ、穏やかな生活が変わっていくさまを描く。安藤尋監督が、「八日目の蝉」「紙の月」などで知られる角田氏の同名小説を映像化した。  このほど公開された映像は、過去を忘れ平凡に生きようとする泰子の前に、智が現れるシーンからスタート。無邪気に笑う智は、怪訝な表情を浮かべる泰子の頬にキスをしたり、半裸で添い寝したりと自由に振舞う。泰子は、直子や異父妹を訪ねることで現実に向き合い、苦しむが、同時に智と2人だからこそ手に入れられる“普通の生活”を模索していく。  「月と雷」は、初音、高良、草刈と藤井武美、黒田大輔、市川由衣、村上淳、木場勝己が共演している。10月7日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開。 【作品情報】 ・月と雷 【関連記事】 ・【動画】「月と雷」予告編 ・高良健吾が上半身裸で初音映莉子を抱きしめる…「月と雷」ポスター完成 ・草刈民代“汚しメイク”に挑戦!初音...more
カテゴリー:

石田えりウエストー14.5センチで23年ぶり水着姿 美ボディ武器に恋は「体ごと!」 - 05月25日(木)07:00 

 女優の石田えりが5月24日、東京・原宿クエストホールで行われた、プライベートジム「RIZAP」の新CM発表会に出席した。23年ぶりの水着姿で登場すると、同ジムで3カ月間トレーニングに励んだ結果、ウエストがマイナス14.5センチ、体脂肪率17.8%(マイナス6.1)、体重4.9キロ減のダイエットに成功したことを報告。「30近かった体脂肪率は16%台。内臓脂肪はほぼゼロになりました。皮下脂肪は微妙に残っていますが、アスリート指数はマックスです」と明かした。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  もともとRIZAPに興味があったという石田。「60歳になったらグラビアをやろう、RIZAPで体を鍛えようと思っていた。そうしたらお話をいただき、RIZAPと聞いて『えっ!?』と。60歳まで待たずに今やりなさいと天から言われていると思ってやらせていただいました」と、56歳でトレーニング挑戦を決意した経緯を明かした。またダイエット成功により、目標に掲げていたグラビア再挑戦も実現したと言い、写真の一部が公開された。  また、自分への挑戦でもあったそうで「体ってがんばればどうにでもなるのかなと。筋肉は90歳でもつくというじゃないですか。だったら大丈夫かなと漠然と。誰も頼んでいないし、誰も喜ばないんですけど(笑)。自分の可能性としてやってみたいなと強く思っていたら、向こうからチャンスを与...more
カテゴリー:

高良健吾が上半身裸で初音映莉子を抱きしめる…「月と雷」ポスター完成 - 05月22日(月)15:00 

初音映莉子と高良健吾の主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」のポスタービジュアルが、完成した。上半身裸の高良が、初音を後ろから抱きしめる様子を切り取っている。「海を感じる時...
カテゴリー:

初音映莉子と高良健吾、美男美女が寄り添うポスタービジュアル解禁 - 05月19日(金)20:48 

直木賞作家・角田光代の同名小説を、初音映莉子と高良健吾主演で映画化する『月と雷』の大人の色香漂うポスタービジュアルが解禁となった。
カテゴリー:

高良健吾が初音映莉子にキス 「月と雷」予告編完成 - 05月30日(火)06:15 

初音映莉子と高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の予告編が完成。あわせて、場面カットがお披露目された。初音扮する主人公・泰子はまったく笑顔を見せておらず、...
カテゴリー:

高良健吾、初音映莉子を後ろから抱きしめ…『月と雷』大人の色香漂うポスター解禁 - 05月23日(火)18:00 

 10月7日より全国順次公開を迎える映画『月と雷』から、ポスタービジュアルが解禁となった。大人の色香が漂うビジュアルには、不思議な空気が漂う中で、高良健吾が初音映莉子を後ろから抱きしめる姿が収められている。【関連】「高良健吾」フォトギャラリー “家族愛”を知らない主人公・泰子(初音)と、かつて父が愛人として連れてきた女・直子(草刈民代)の連れ子・智(高良)が織りなす大人の愛を描く本作は、人と出会うこと、そして人を受け入れることで、人生が予想もしない方向に転がっていく様を映し出しながら、「親と子」「家族」「生活」の意味を根源から問いかける。 直木賞作家・角田光代の同名小説を基にする本作のメガホンを取ったのは、『海を感じる時』などで知られる安藤尋監督だ。脚本は、『人のセックスを笑うな』などの脚本家として知られる本調有香が担当。本調は、安藤監督とは『blue』以来のタッグとなる。 解禁されたポスタービジュアルは、智が泰子を後ろから抱きしめる姿を収めたもの。“普通”の家族を知らぬまま大人になった二人が、“普通”とは違った関係を通して、どこに向かっていくのかが気になるデザインに仕上がった。また、鞄を持って佇む直子が投げかける視線も印象的だ。 映画『月と雷』は10月7日より全国順次公開。 ■関連記事続々進出!ハリウッドで活躍する日本人俳優たち「初音映莉子」フォトギャラリー瀧内公美主演『彼女...more
カテゴリー:

高良健吾が上半身裸で初音映莉子を抱きしめる…「月と雷」ポスター完成 - 05月22日(月)15:00 

 初音映莉子と高良健吾の主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」のポスタービジュアルが、完成した。上半身裸の高良が、初音を後ろから抱きしめる様子を切り取っている。  「海を感じる時」の安藤尋監督が、「八日目の蝉」「紙の月」などで知られる角田氏の同名小説を実写映画化。幼少期に母が家出し、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子の前に、亡き父の愛人の息子・智が現れ、穏やかな生活が変わっていくさまを描く。「ノルウェイの森」「終戦のエンペラー」で好演を見せた初音が泰子、「きみはいい子」(2015)以来の主演となる高良が智に扮し、草刈民代が智の母親・直子を演じている。  ポスタービジュアルは、体を寄せ合う智(高良)と泰子(初音)の対照的な様子をとらえている。智は泰子を抱きしめ、手を握り、目を閉じて穏やかな表情を浮かべているが、腕の中の泰子は無表情。その横に刻まれた「置き去りにされた時間が私の中で動き出す」というキャッチコピーが、“大きな喜びこそないが小さな不幸もない日常”を奪われた泰子の戸惑いを伝えている。  「月と雷」は10月7日から東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開。 【作品情報】 ・月と雷 【関連記事】 ・初音映莉子×高良健吾主演!角田光代「月と雷」を安藤尋監督が映画化 ・草刈民代“汚しメイク”に挑戦!初音映莉子&高良健吾主演「月と雷」で体当たり演技 ・【...more
カテゴリー:

初音映莉子と高良健吾、美男美女が寄り添うポスタービジュアル解禁 - 05月19日(金)18:42 

直木賞作家・角田光代の同名小説を、初音映莉子と高良健吾主演で映画化する『月と雷』の大人の色香漂うポスタービジュアルが解禁となった。 角田は、「対岸の彼女」「八日目の蝉」「紙の月」など、現代女性の“人生の選択”を描いた小説の数々が多くの女性から絶大な支持を受けている人気作家。そんな角田の「月と雷」は、“人と出会うこと、そして人を受け入れることで、人生が予想もしない方向に転がっていく様”を描き、 「親と子」「家族」「生活」の意味を根源から問いかける作品だ。 泰子は、家と職場を往復する代わり映えのない日々を送り、可もなく不可もない婚約者と結婚の準備を進めていた。そんなある日、父がかつて愛人として連れてきた女・直子の連れ子で、短い期間だが一緒に暮らしたことがある智が、大人になって泰子の前に現れるところから物語は展開していく。 家族愛を知らない主人公・泰子役を『終戦のエンペラー』の初音映莉子。人懐っこくてなんだか憎めない青年・智役を『横道世之介』の高良健吾。さらに世話をしてくれる男性を見つけては、男から男へと各地を流転する智の母・直子役を『終の信託』の草刈民代が演じ、『海を感じる時』の安藤尋監督がメガホンをとる。 解禁となったポスタービジュアルは、自然と体を重ねた2人のバックハグが印象的なビジュアル。“普通”の家族を知らぬまま大人になった2人が、“普通”とは違った関係を通してこの先ど...more
カテゴリー:

「高良健吾」の画像

もっと見る

「高良健吾」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる