「高良健吾」とは?

関連ニュース

行定勲監督&高良健吾、熱いトーク展開 ニューヨークで新作を撮る構想も - 09月23日(土)12:00 

 新作映画「ナラタージュ」の公開(10月7日)を控えている行定勲監督の初のエッセイ集「きょうも映画作りはつづく」の刊行記念イベントが9月22日、東京・西武池袋本店で行われ、行定監督と俳優の高良健吾がトークを繰り広げた。  同エッセイは2001~03年、07~17年までの13年間、行定監督の故郷・熊本のタウン情報誌、通称「タンクマ」に連載されたコラムを編集したもの。「映画監督の日常というものは」というコラムにはじまり、「GO」「パレード」「ピンクとグレー」などの創作秘話、世界の映画祭の話、役者やプロデューサーたちとの出会いと別れ、舞台演出の挑戦、菊池映画祭、熊本地震の記憶など、映画への熱い想いと苦悩が綴られている。  この日は、同郷で行定監督と縁の深い高良が対談相手として招かれた。エッセイを読んだ高良は、「まだ見ていない映画を見ている感じでした。行定さんはずっと色々な種を撒き続けていて、それが僕にも届いていたと思うと、読んでいて涙が出てきました」と感想を語った。行定監督と高良は、BeeTV「女たちは二度遊ぶ」、WOWOW連続ドラマ「平成猿蟹合戦図」、映画「うつくしいひと」「うつくしいひと サバ?」でタッグを組んでいるが、実は高良は「タンクマ」の高校生スタッフとしてアルバイトをしていた経験があり、監督と俳優として出会う前から同郷だけではないつながりがあった。  行定監督がこのエッ...more
カテゴリー:

高良健吾もびっくり!行定勲監督が明かした甲子園時代の松井秀喜との撮影秘話 - 09月22日(金)23:51 

松本潤と有村架純共演のラブストーリー『ナラタージュ』(10月7日公開)で話題の行定勲監督が、初めてのエッセイ集「きょうも映画作りはつづく」を刊行。それを記念したトークショー&サイン会が、9月22日に池袋コミュニティ・カレッジで開催。行定監督と、同じ熊本県出身の俳優・高良健吾が、トークショーで書籍について語り合った。 【写真を見る】行定監督監督最新作『ナラタージュ』の劇中シーンはこちら/[c]2017「ナラタージュ」製作委員会 この本は、監督の出身地である地元・熊本のタウン誌「月刊タウン情報熊本」(通称タンクマ)に連載されたエッセイをまとめたもので、奇遇にも高良は高校生時代にその出版社でバイトをしたことがあるそうだ。高良はBeeTV『女たちは二度遊ぶ』、(10)、WOWOWのドラマ『平成猿蟹合戦図』(14)、映画『うつくしいひと』(16)と続編『うつくしいひと サバ?』(17)と、4本の映画に参加し、熊本地震の際には行定監督と共にボランティア活動も行った。 高良は、著書を読んだ感想について「まだ観てない映画を観ている感じがしました」と語る。「もう1回読み直したら涙が出ました。映画監督ってシャイな人が多いからあまり表に出ていく人は少ないけど、行定監督は言葉に出していく。熊本映画祭は実行委員長を務めているし。行定監督は種をすごく蒔いている。人と人との出会いや場所を作ってくれている。そこに...more
カテゴリー:

【映画】高良健吾、丸刈り丸めがねで登場 観客から驚きの声 - 09月14日(木)04:56  mnewsplus

[2017年9月13日20時20分] 高良健吾、丸刈り丸めがねで登場 観客から驚きの声  高良健吾(29)初音映莉子(35)が13日、都内で主演映画「月と雷」(安藤尋監督、10月7日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。  高良が、丸刈りに丸めがね姿で登場すると、観客から驚きの声も上がった。舞台上で、ヘアスタイルについては何も語らなかったが、関係者は「役作りではなく、ただの気分転換のようです」と話した。 ちなみに10日の出演イベントでは、七三分け風の髪形だった。  この日は、「念願の安藤組でした。10...
»続きを読む
カテゴリー:

高良健吾気分転換で丸刈り姿 舞台あいさつでお披露目 - 09月13日(水)20:37 

 俳優の高良健吾(29)が13日、都内で行われた映画『月と雷』(10月7日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。3日前のイベント出演時まではショートスタイルだった頭髪をバッサリと切り、“丸刈り姿”を披露した。 【写真】高良健吾が照れながらバックハグ  これまでマッシュショートやショートパーマ、そして丸刈りと役作りなどで髪型を何度も変えてきた高良。イベント中にヘアスタイルについて言及することはなかったが、関係者によると「今は撮影と撮影の間の期間。リフレッシュや気分転換も兼ねて、本人が希望して今のヘアスタイルにしたようです」という。  高良と初音映莉子がダブル主演を務める同作は、角田光代氏の小説を映画化。1ヶ所に定住しない根無し草のような女・直子とその息子・智(高良)、そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(初音)の物語を描く。  撮影秘話を問われた初音は、2人の再会シーンを挙げ「智が目の前に現れたという感動と、智に迫って来られることに対する泰子としての恐怖感が入り交じって、よくわからない興奮を覚えました。一生懸命に自転車を漕いで、ガーッと智から逃げました」と笑顔で回顧。高良も「置いていかれないように、僕もガーッと追いかけました!」と返して、笑わせた。  舞台あいさつにはそのほか、草刈民代、藤井武美、木場勝己、安藤尋監督が出席。フォトセッションでは、同作のポスターにな...more
カテゴリー:

初音映莉子&高良健吾、草刈民代の魂の演技に感嘆「とにかく格好いい」 - 09月13日(水)20:00 

 初音映莉子と高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の完成披露試写会が9月13日、東京・スペースFS汐留で行われ、初音と高良のほか、共演の草刈民代、藤井武美、木場勝己、メガホンをとった安藤尋監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  「八日目の蝉」「紙の月」などで知られる角田氏の同名小説を映画化。幼少期に母が家出し、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子(初音)の前に、亡き父の愛人である直子(草刈)の息子・智(高良)が現れ、穏やかな生活が変わっていくさまを描く。初音は本作を通じて「いかに人生は短いか」ということを実感。「季節の移ろいが、一瞬一瞬こぼれるように過ぎていきます。生命と再生、出会いと別れの真っただ中に、自分は今いるんだなと思いました。皆さんの過去と未来をぐっと抱きしめてくれるような作品です」と語った。  夫・周防正行監督作以外の実写映画に初参加した草刈。昼間から酒を飲み、タバコをふかす荒んだ女性・直子を体当たりで演じたことについて「いくつかの取材を受けて“汚れ役”と言われてしまいまして(笑)。私自身はそう思っていないんです。そんなにひどく見えたかな」と苦笑い。「初見の人にはそんなに強烈に映ってしまったのかと心配になりましたが、自分の素の部分が見えてしまうと失敗だと考えていました。その点を全く...more
カテゴリー:

行定勲監督&高良健吾、熱いトーク展開 ニューヨークで新作を撮る構想も - 09月23日(土)12:00 

新作映画「ナラタージュ」の公開(10月7日)を控えている行定勲監督の初のエッセイ集「きょうも映画作りはつづく」の刊行記念イベントが9月22日、東京・西武池袋本店で行われ、行定監督と俳優の高良健吾...
カテゴリー:

元ピチレ志田彩良、長編映画初主演作が封切り「大切な作品になった」 - 09月16日(土)18:19 

 宮崎あおい、長澤まさみ、夏帆らを輩出してきたティーンファッション誌『ピチレモン』(学研教育出版)の専属モデルとして活躍した志田彩良(18)が16日、都内で行われた映画『ひかりのたび』初日舞台あいさつに出席した。 【写真】初日舞台あいさつの登壇者  同作で長編映画初主演を飾った志田は、公開を迎えて「今、実感が沸いてきて、ドキドキしています」とあいさつ。「“初主演”って一生に一度のことなので、貴重な経験になりました。何年後かに初心に戻らなければならないときに思い出すと思います。一生忘れられないような、大切な作品になりました」と胸を張った。  作品の内容にちなみ、“秘密”を聞かれた志田は、「新しく買った洗濯機の中にワックスをこぼしてしまいました。そのとき家に一人だったので急いで大掃除して、まだ家族にばれていません」とかわいらしい告白で和ませた。  同作は、悪徳不動産ブローカーの父と思春期の娘の関係を描く人間ドラマ。テレビ東京系『カンブリア宮殿』のナレーションで知られる高川裕也(54)が父親を演じたほか、舞台あいさつには瑛蓮(34)、杉山ひこひこ(41)、萩原利久(18)、鳴神綾香(28)、澤田サンダー監督(41)が出席した。 【関連記事】 注目の若手女優・志田彩良「暗い役が多かったので、もっと笑う役に挑戦したい」 (17年09月13日) 【動画】山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の...more
カテゴリー:

仕事で丸刈り無理な場合も有るんだよ - 09月13日(水)20:54  news

高良健吾“気分転換”で丸刈り姿 舞台あいさつでお披露目 http://www.oricon.co.jp/news/2097169/full/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

高良健吾、丸刈り丸めがねで登場 観客から驚きの声 - 09月13日(水)20:20 

 高良健吾(29)初音映莉子(35)が13日、都内で主演映画「月と雷」(安藤尋監督、10月7日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。  高良が、丸刈りに丸めがね姿で登場すると、観客から驚きの声も上がった。舞台上で、ヘアスタイルについて…
カテゴリー:

初音映莉子&高良健吾、草刈民代の魂の演技に感嘆「とにかく格好いい」 - 09月13日(水)20:00 

初音映莉子と高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の完成披露試写会が9月13日、東京・スペースFS汐留で行われ、初音と高良のほか、共演の草刈民代、藤井武美、...
カテゴリー:

もっと見る

「高良健吾」の画像

もっと見る

「高良健吾」の動画

Wikipedia

高良 健吾(こうら けんご、1987年11月12日 - )は、日本の俳優熊本県熊本市中央区出身。テンカラット所属。

略歴

父親は旅行会社に勤め転勤族であったため、九州内での転居を繰り返す環境にあった。それについて反抗したり、少しだけ引きこもったことがある。熊本県の私立九州学院高等学校卒業。

高校生の時に、熊本タウン情報誌クマモトにスカウトされ、素人スタッフ兼モデルの一員として編集部に出入りするようになる。当時から俳優業に興味があったため、それを知る同誌の副編集長から東京都芸能事務所社長を紹介され、高校卒業と共に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる