「高良健吾」とは?

関連ニュース

新・濡れ場の女王誕生!?エロス漂う薄幸美人、瀧内公美を要チェック - 07月16日(日)21:00 

13年の『グレイトフルデッド』や、綾野剛との共演作『日本で一番悪い奴ら』(16)で大胆な濡れ場に挑んだ瀧内公美。最新作となる7月15日(土)公開の映画『彼女の人生は間違いじゃない』でも大胆なベッドシーンを披露しており“新・濡れ場の女王”として注目を集めている。 【写真を見る】演技のために実際にデリヘル嬢に取材したという瀧内/[c]2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会 瀧内は『グレイトフルデッド』で初主演を果たし、孤独な人間を観察することを趣味にする病んだヒロインを体当たりで熱演。さらに共演の40歳以上も年の離れたベテラン俳優、笹野高史との絡みを披露して大きな話題を呼んだ。また、『日本で一番悪い奴ら』では綾野演じる主人公の刑事と関係をもつ婦人警官に扮し、激しいラブシーンに挑戦。少し憂いを帯びた表情とスレンダーボディで魅せるアグレッシブな演技が持ち味の注目株だ。 そんな彼女が主演する『彼女の人生は間違いじゃない』は、『ヴァイブレータ』(03)、『さよなら歌舞伎町』(14)などを手がける廣木隆一監督が自ら執筆した小説を映像化した人間ドラマ。瀧内が演じるのは、被災地・福島で父と二人暮らしをしながら週末だけ上京しデリヘルのアルバイトをするヒロインのみゆき。福島と東京を往復しながら、どこか所在なさげに振る舞うみゆきの“ワケあり”な雰囲気と、瀧内の薄幸美人っぷりが絶妙にハマっていて、...more
カテゴリー:

瀧内公美、廣木隆一監督の抜てきに応える熱演「この仕事を選んだのは間違いじゃない」 - 07月15日(土)14:55 

 女優の瀧内公美が7月15日、主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」が封切られた東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で初日舞台挨拶を行った。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  廣木隆一監督が自身初の小説を自ら映画化し、オーディションで「最初に会って、この人しかいない」とひと目ぼれして抜てき。震災後の福島で暮らし、週末だけ上京しデリヘルで働きながら人生を模索するみゆきを演じた瀧内は、「経験したことのないことばかりですべてが難しかったけれど、監督をはじめ皆さんが本当に助けてくださった。みゆきは前に進む力があって、失ったものを補う強さもある素敵な女性。そのおかげで現場に立っていられることができた」としみじみ振り返った。  客席には両親が富山から駆け付けており、「あっ、見つけちゃった」と指さすと、両親が立ち上がって観客に頭をさげるほほ笑ましいひと幕も。デリヘル嬢という役柄上、体を張ることも求められたが、父親役の光石研は「本当に全身全霊でぶつかっていた。こっちも気持ちを抜かずにやろうと思わされた」と称えた。  タイトルにちなみ、人生において間違いじゃなかったことを答えるお題にも、瀧内は「この仕事を選んだことは間違いじゃない」と断言。「スタッフ、キャストの皆で真摯に心を込めて作った作品。否定もあるかもしれないけれど、すべてを肯定してくれる映画です」と自信のほどをアピールした...more
カテゴリー:

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(7月13日付) - 07月13日(木)19:50 

ガジェット通信です。 『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 7月13日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです  ■【7月13日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:7月10日(月)〜7月16日(日)劇場公開作品 小栗旬主演・大ヒットコミックの実写映画化『銀魂』が第1位! 『カーズ/クロスロード』や『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』など、人気アニメシリーズの最新作も公開。 1位 『銀魂』(https://yahoo.jp/W9pKts) ■公開日 :2017年7月14日(金) ■監督  :福田雄一 ■キャスト:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛 他 ■作品概要:空知英秋の大ヒットコミックを、小栗旬を主演に迎えて実写映画化。宇宙からやって来た天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む風変わりな侍・坂田銀時と仲間たちの周りで起こるさまざまな事件をコミカルに描く。メガホンを取るのは、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田...more
カテゴリー:

瀧内公美インタビュー 廣木隆一監督が抜てきされ「脱ぐことに抵抗はなかった」 - 07月15日(土)22:04 

『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』などを手がける廣木隆一監督が、自身の処女小説を映画化した『彼女の人生は間違いじゃない』は、仮設住宅に住みながら、週末は上京しデリヘル嬢として働くみゆきと、彼女を取り巻く未来の見えない日々を送る者たちが、光を探し続ける姿を描いた物語。 本作で、主人公・みゆきを演じているのが女優の瀧内公美。役柄同様に答えを探し、もがきながらも過酷な撮影を乗り越えた彼女に被災地で身を以て感じたことや、共演者とのエピソード、そして廣木組の現場について振り返ってもらった。 ■脱ぐことに「抵抗はなかった」 ーー瀧内さんは、福島の仮設住宅で暮らしながら、週末は上京し、デリヘル嬢として働く主人公・みゆきという難しい役柄を演じられています。オーディションで決まったとのことですが、オーディションを受けようと思ったきっかけから教えてください。 瀧内:これから先も、ずっと世に残っていく作品だと思ったからです。私はいつもどこかで、残っていく作品に関わりたいという気持ちがあって。それに、震災が起こって6年。世の中がぐるぐる回ってきて…今こそ、これを作品として残すことが、とても意味のあるものだなって感じたんですよね。 ーーもともと廣木監督の処女作でもある原作小説は読んでいたのですか? 瀧内:映画化するかもしれないというお話を聞いて、読ませていただきました。『彼...more
カテゴリー:

瀧内公美、「役者人生が変わるかも」迷子の心に光が射した難役への挑戦 - 07月15日(土)07:20 

 初主演映画『グレイトフルデッド』(14)で孤独なサイコパス女子を熱演し、国内外から高い評価を受けた女優・瀧内公美。以降、『日本で一番悪い奴ら』『夜、逃げる』(共に16)などエッジの効いた作品で独特の存在感を醸し出すが、当の本人は、演じることに大きな壁を感じていたという。そんな彼女の女優魂に再び火を付けた最新主演作『彼女の人生は間違いじゃない』が7月15日に公開を迎えた。名匠・廣木隆一監督のもと、悩める瀧内の中で、何かが弾け、何かが生まれた。【関連】『彼女の人生は間違いじゃない』フォトギャラリー 本作は、映画『ヴァイブレータ』(03)『さよなら歌舞伎町』(15)などで、自分の居場所を探し求める大人たちの苦悩を繊細に描いてきた廣木監督が、自身の同名処女小説を映画化した人間ドラマ。廣木監督の出身地である福島県を舞台に、震災で母親を亡くし、仮設住宅に父・修(光石研)と暮らす女性・みゆき(瀧内)が、与えられた運命の中で、もがき苦しみながらも、未来に一条の“光”を見出だすまでの心の葛藤を描く。 瀧内が演じるのは、平日は市役所で働き、週末になると、現実から逃れるように高速バスで福島から東京へ、デリヘルのアルバイトに勤しむ主人公・みゆき。撮影期間中、家に帰らず、役づくりに没頭し、取材も徹底的に行なったという瀧内は、福島の仮設住宅を尋ねた際、今まで見えなかった震災の「光」と「陰」を目の当たりにした...more
カテゴリー:

「高良健吾」の画像

もっと見る

「高良健吾」の動画

Wikipedia

高良 健吾(こうら けんご、1987年11月12日 - )は、日本の俳優熊本県熊本市中央区出身。テンカラット所属。

略歴

父親は旅行会社に勤め転勤族であったため、九州内での転居を繰り返す環境にあった。それについて反抗したり、少しだけ引きこもったことがある。熊本県の私立九州学院高等学校卒業。

高校生の時に、熊本タウン情報誌クマモトにスカウトされ、素人スタッフ兼モデルの一員として編集部に出入りするようになる。当時から俳優業に興味があったため、それを知る同誌の副編集長から東京都芸能事務所社長を紹介され、高校卒業と共に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる