「高良健吾」とは?

関連ニュース

綾瀬はるか主演『精霊の守り人』最終回 第3シリーズにつながる新展開 - 03月25日(土)12:06 

 女優の綾瀬はるかが主演するNHK総合の大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』(毎週土曜 後9:00)は、きょう25日放送の第9回「呼びあう魂」が最終回。バルサ(綾瀬)とチャグム(板垣瑞生)の再会が描かれ、物語は次のシリーズ(11月放送開始)へ続いていく。 チャグムはどこへ!?   同ドラマは、作家・上橋菜穂子氏によるファンタジー小説「守り人」シリーズが原作。人と精霊がともに暮らす架空の世界を舞台に、短槍を武器に戦う凄腕の女用心棒・バルサと、幼い頃に精霊の卵を宿し、バルサに命を救われた新ヨゴ国の皇太子チャグム、この2人が織りなす壮大な物語。  『悲しき破壊神』は、バルサとチャグムが別れてから4年後を描く。前作の最後で父のかたきであるカンバル国のログサム王(中村獅童)に刃を向け、お尋ね者となったバルサはロタ王国で逃亡生活を送っていた。そのロタ王国で、タル人の少女・アスラ(鈴木梨央)と出会う。彼女は破壊神を宿しており、その力を利用しようとするものたちから守るため、バルサが孤軍奮闘。アスラの件は第7回で決着し、安堵したのも束の間、今度はチャグムが死んだといううわさを耳にする。  精霊の世界“ナユグ”を見る能力を身につけ、普通の人間には分からない異変を感じることができるようになったチャグムは、いっそう父である帝から疎まれるようになり、サンガル王国からの救援要請をよいことに、...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」143話「明美ちゃんの人生に小さな一輪の花が咲きました」 - 03月24日(金)08:30 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第143回 3月23日(木)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎143話はこんな話栄輔(松下優也)が明美(谷村美月)に一緒にならないか、と告白し、ついに明美は長く住んだキアリス一号店の2階から旅立つ。妻が美しい歌を自由に歌い、その姿を夫が見守っている。紀夫(永山絢斗)たちが退職を決め、次の社長は足立武(中島広稀)に決まった。中西(森優作)の堪らなく嬉しそうな拍手の仕方に和む。「君の汗かく姿、君のひとを見る優しい目、君のまっすぐなところ」と紀夫が足立に言う台詞が、まるで恋の告白みたいではないか。大急会長(伊武雅刀)に挨拶に行くと、会長は会長で、結婚式のスピーチみたいなことを言う。「世間では夫婦というものを夫の後を妻がついていくと言うが、君たちは逆なんだなあ。妻が歌い、先を歩く。夫が後ろをついていく。妻が美しい歌を自由に歌い、その姿を夫が後ろ手見守っている。そうして幸せな家庭や会社をつくりあげた。それを慈しみ、大切に育て、守ってください」「妻が歌い、先を歩く」という言葉は、タイトルバックのすみれのスキップにつながっているような気がした。あと、77話の「飲んで、食って、歌へ」という名言も思い出す。お互い次のステージやね 引退するすみれに対して、50歳過ぎて職...more
in English
カテゴリー:

八代亜紀 思い出の熊本城の桜に「一日も早く元の姿に」 - 03月21日(火)07:00 

 桜前線が日本列島を駆け抜けるこの季節。誰しもに心躍らされる大切な桜の風景というものがある──。熊本県出身の歌手・八代亜紀(66才)は、熊本城の桜をおすすめする。  2016年の地震で甚大な被害を受け、立ち入り制限中の熊本城だが、ささやかながら、二の丸広場周辺等で桜を見ることができる。 「バスガイドをしていた当時、観光案内でたびたび訪れた思い出の地。1日も早く、元の熊本城に戻ることを切願しています」(八代) ◆熊本城 住所:熊本県熊本市中央区本丸1-1 桜の見頃:3月下旬~4月初旬 ※女性セブン2017年3月30日・4月6日号 【関連記事】 “おバカキャラ”のスザンヌ 24歳の下着姿はなかなかイイ スザンヌおすすめの熊本の玉名ラーメンは「クセになります」 【道州制変化予測・九州州】「熊本をワシントンに」運動展開 東京タワー、東京ミッドタウンのキレイな桜の写真を紹介 熊本出身・高良健吾「舞台に立たない選択はない」
in English
カテゴリー:

【くまもと復興映画祭】豪華ゲストも参加!復興が体感できる、映画祭の注目ポイント3 - 03月18日(土)13:00 

熊本県出身の行定勲監督(『世界の中心で、愛をさけぶ』『ピンクとグレー』)がディレクションを務める「菊池映画祭」が、今年は4月7日(金)から9日(日)の3日間、熊本市と菊池市、益城町の3地区で「くまもと復興映画祭」として開催される。 神木隆之介『3月のライオン』ロングインタビュー あの熊本地震からまもなく1年となるこの時期に開催する今回は、タイトルからも分かるように、行定監督の“復興途上にある熊本の人たちを映画の力で元気にしたい”という想いをカタチにしたもので、これまで以上に魅力的な企画と、映画祭の主旨に賛同した多くのゲストの参加が予定されている。 そこでここでは、今回の映画祭の注目ポイントを徹底紹介! これを読めば、あなたもきっと映画祭に参加したくなるはずだ。 注目1:熊本城の前で、高良健吾主演“熊本映画”の新作を野外無料上映 4月7日(金)に開幕する今回の映画祭は、オープニングから見逃せない。 何しろ熊本城二の丸広場で、行定勲監督、高良健吾主演の『うつくしいひと サバ?』がpremium野外上映(無料)されるのだから。 『うつくしいひと サバ?』は熊本にゆかりのある俳優や著名人、地元で地域活性化に取り組む人々と連携しながら熊本の地域資源を生かして製作され、昨年全国200ヶ所以上でチャリティ上映された『うつくしいひと』の続編。 昨年10月に被災地の益城町で撮影された...more
in English
カテゴリー:

綾瀬はるか主演『精霊の守り人』、チャグム救出に奮闘するバルサに怒涛の新展開! - 03月17日(金)18:30 

 綾瀬はるか主演の大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』。いよいよ最終回まで残すところあと2話。18日に放送される第8話の場面写真が解禁となった。最終章に向け大きな物語がスタートする。【関連】『精霊の守り人 悲しき破壊神』第8話フォトギャラリー 同作は、昨年3月に放送された「放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』」の続編として制作された第2章。用心棒の主人公バルサ(綾瀬)が、不思議な力を持つ少女のアスラ(鈴木梨央)を守るため、鬼気迫るアクションシーンにも毎話注目を集めている。 18日放送の第8話では、チャグム(板垣瑞生)がロタ王国に向かったと聞いた二ノ妃(木村文乃)はバルサ(綾瀬)を探すよう命じる。一方、チャグムが死んだと聞かされたバルサは無力感に襲われていたが、二ノ妃から用心棒に雇いたいとの伝言を受け、再び生気が甦る… 今回も、綾瀬の猛々しさあふれる気合いの入ったアクションは必見。さらに、チャグムの足跡を探してバルサが飛び込んだ荒廃した港町のツーラムでは、バルサの前に次々とあらわれる超個性的なキャラクターたちにも注目だ。 NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』の第8話「王子の足跡」は、NHK総合テレビにて18日21時から放送。 ■関連記事「綾瀬はるか」フォトギャラリー「鈴木亮平」フォトギャラリー『精霊の守り人 悲しき破壊神』会見<フォトギャラリー>...more
in English
カテゴリー:

『精霊の守り人』チャグム役・板垣瑞生、王子を演じて成長 - 03月24日(金)13:20 

 NHK総合で放送中の大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』(毎週土曜 後9:00)に新ヨゴ国の皇太子・チャグム役で出演している板垣瑞生(16)。5人組ボーカルダンスユニット「M!LK」としても活動している若手俳優の一人だ。 訪れた国ごとに変わっていったチャグムの服装  俳優デビューは映画『闇金ウシジマくん Part2』(2014年)。映画『アオハライド』(14年)では東出昌大が演じたキャラクターの中学生時代を担当したことも。映画『ソロモンの偽証』(15年)の中学生キャストのメインの一人として注目を浴びた。  『精霊の守り人』は女優の綾瀬はるかが演じる女用心棒・バルサが主役だが、子どもの頃に精霊の卵を宿して「守り人」となったのはチャグム。そのため、父の帝から命を狙われ、そんな「守り人」を守ったのがバルサだった。バルサとの逃亡の旅の末、精霊の卵はかえり、その卵を狙っていた魔物ラルンガ(卵食い)も退治した(のはバルサだが…)英雄として、チャグムは国に帰還した…まさに、英雄伝説の王道を行くのがチャグムだ。  「チャグムは、自分から人と関わっていく、好奇心が強くて、感情が豊かな少年。バルサをはじめいろんな人の愛情を知っているから、国や民を救いたい! という強い気持ちを持っていられるし、戦場に追いやられても『新しい冒険に出られる』と前向きに捉えられるのだと思います。」  ド...more
in English
カテゴリー:

小泉今日子、35周年に全50曲シングルベスト 初回限定盤には250ページ特典本 - 03月21日(火)11:11 

 きょう3月21日にデビュー35周年を迎えた歌手で女優の小泉今日子(51)が、5月17日にコンプリートシングルベストアルバム『コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~』を発売することが明らかになった。デビュー以来のすべてのシングル50曲を収録、さらに「初回限定盤プレミアムBOX」には2冊の本も付属する豪華仕様となっている。 【画像】デビュー当時のポラロイド風特典も  アルバムにはデビュー曲「私の16才」(1982年)から最新シングル「T字路」(2016年)までの全シングル曲はもちろん、両A面、12インチ、配信、別名義シングルまでも完全網羅した50曲がCD3枚組、全曲リマスタリングを施し収録される。  「初回限定盤プレミアムBOX」には、特典として2冊の本が付属。1冊は全シングル制作に携わった作詞、作曲、編曲家などクリエイター&スタッフへの総力取材による、約250ページに及ぶシングルメイキング本『コイズミシングル~小泉今日子と50のシングル物語』。秋元康氏、高見沢俊彦ら関係者約70人の証言を通し、小泉今日子の音楽史をひも解く壮大な“クロニクル(年代記)”となっている。  もう1冊はアナログ、8センチCD、12センチCD、配信シングルの全ジャケット、さらに初回盤限定盤、特典物など貴重なパッケージのアートワークを収めた『コイズミ図録』。さらにデビュー当...more
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』自分たちの思いが受け継がれたことを確信したすみれの決断とは… - 03月19日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、エイスを倒産させてしまった栄輔(松下優也)が、潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)の家に居候の身に。キアリス社長の紀夫(永山絢斗)は、積極的な経営から慎重な方向に舵を切ろうとしていたが健太郎(古川雄輝)はその方針に反対する。そんな時、すみれ(芳根京子)が「創業の思いを次世代に引き継ぐための映画を作ろう」と提案する…。【関連】『べっぴんさん』第25週「時の魔法」フォトギャラリー カメラマン・亀田(上地雄輔)の助けを借りて撮影が始まった映画制作。栄輔も明美(谷村美月)に誘われ映画作りに参加する。潔はオライオンで紳士服ブランドを新たに作り、その着こなし講座を開くよう栄輔に依頼する。会社を倒産させた責任を感じていた栄輔は人前で話をすることにためらうが、ゆりの説得で引き受けることを決める。一方キアリスの経営方針について、すみれたちと意見を違える健太郎は、大手商社社長の古門(西岡德馬)に助言を求める。すみれたちは、映画制作のメンバーや家族を招き、キアリスガイド映画版「ようこそ赤ちゃん」の上映会を開き、子育てに必要な知識がわかりやすく紹介された映像は大好評を得る。 すみれたちは、東京の銀座に空きビルを借り、子育てに必要な物ならなんでもそろうキアリスの「ワンダーランド」を作ろうと意気込んでいた。しかし昭一(平岡祐太)が勤務先の銀行で必要な資金を...more
in English
カテゴリー:

『精霊の守り人』新キャラ続々 クリス松村やサンド富澤ら - 03月18日(土)12:40 

 NHK総合で放送中の大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』(毎週土曜 後9:00)の第8回「王子の足跡」が18日に放送される。今月4日に放送された第7回で、ロタ王国を揺るがす動乱のなか、アスラ(鈴木梨央)を守りきったバルサ(綾瀬はるか)は、チャグム(板垣瑞生)との再会を目指し、新たな旅へ。怒涛の新展開が始まる。 第8回に登場する新キャラクターたち  タルシュ帝国に囚われたチャグムは、第6回でタルシュの王子ラウルから「国を滅ぼしたくなければ父を殺してお前が帝になれ」とけしかけられる。これを拒否したチャグムに、ラウルは「お前が殺さずとも、(帝の殺害は)成し遂げる。お前がするのは、その後。タルシュに服従することが最善であると臣下や民を納得させることだ」と、内側から新ヨゴ国を支配する狙いを明かす。この提案に従わざるを得なかったチャグムは、捕虜となっていた仲間とともに、帰国することに。だが、その途中でチャグムは「降伏はしない、ロタ王国に逃げようと思う」と決心。「タルシュ帝国と戦うためにはロタ王国と結束する必要がある。同盟の道を探ろうと思う」と海に飛び込んだ。  第8回では、タルシュ帝国から逃れ、数奇な運命をたどるチャグムの危機を救うため、バルサが奮闘。チャグムの行方を知る海賊・赤目のユザン(平山祐介)、ロタの盗品商・オルシ(寺十吾)など、新キャラクターも続々と登場する。チャグ...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」137話「男のための着こなし講座」うーん - 03月17日(金)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第24週「光の射(さ)す方へ」第137回 3月16日(木)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:中野亮平137話はこんな話「ようこそ赤ちゃん」が花束と笑顔で無事クランクアップ。花輪をかぶった藍ちゃんがすこぶるかわいかった。商売商売思ってたら いまのキアリスはなかったな きっと昔の子供服がたくさんとってあって、それを見ながら懐かしい思い出話にふけるすみれ(芳根京子)たち。白い衣類が相変わらずまったく黄ばんでない。こんなふうにきれいに長くとっておく方法を映画に盛り込んでほしいと思うが、それはともあれ、キアリスがいまあるのは、商売商売と思わず、ひたすら赤ちゃんのためであった、その想いの大事さを語る明美(谷村美月)。それを、目下、商売商売の健太郎(古川雄輝)だけでなく、過去、商売商売だった栄輔(松下優也)までが聞いて複雑な表情に。 危険な航海になるかもしれないぞ失敗したとはいえ、栄輔にはそれなりに志があり、その狙いは悪くはなかった。それを引き継ぐオライオンの紳士服ライン企画を、潔(高良健吾)はさっそく大急の会長(伊武雅刀)と社長(夙川アトム)に相談に行く。いい人でもあるし、根っから商売人でもあるのだ。会長は「危険な航海になるかもしれないぞ」と言いつつ、許可する。「航海」で、ようやくオライオ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「高良健吾」の画像

もっと見る

「高良健吾」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる