「高等学校」とは?

関連ニュース

「教育費の男女差」ってある?0歳~大学卒業までにかかるお金事情 - 01月17日(水)21:45 

source:https://www.shutterstock.com/ 親が一人の子どもにかけるお金は、私たちが子どもの頃と比べるとはるかに多くなっています。 子どもの成長に従いますます負担が増す教育費ですが、男児女児による差はあるのでしょうか。 今回は「子どもにかかる費用」について、日ごろ子育て世代の家計診断を行っているファイナンシャルプランナーが、男女別の違いを比較検証しながらご紹介したいと思います。 「女の子の方がお金がかかる」は本当? 「女の子の方がお金がかかる」と聞いて、思い浮かぶのが名古屋の風習ではないしょうか? 嫁入り道具が積まれたトラックに菓子巻きなど、「名古屋で娘が3人いたら家が傾く」と言われるほど、かつては娘の嫁入り資金を奮発する家が多かったようです。 現在はこうした伝統儀式は少なくなっているようですが、東京で育児中の筆者の周辺を見渡してみても「女(男)の子だから特にかかる」ということはないように感じます。 しいて言えば、七五三は一般的に女児の方が1回行う回数が多い分、費用が多くかかるかもしれません。 また、成人式には女児の方が衣装代が多くかかるケースもあるでしょう。 関連記事:【年収別・貯蓄のコツ】世帯年収600万円の年間貯蓄額はいくら!? 習い事にかける費用は女児の方が高く、学習費は男児の方が高い!? 文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」による...more
カテゴリー:

【中学受験2018】大阪府私立中学の出願状況・倍率(1/10時点) - 01月17日(水)13:10 

 大阪私立中学校高等学校連合会は平成30年1月11日、平成30年度(2018年度)大阪私立中学校入試の外部応募状況を発表した。確定出願倍率は、大阪星光学院が4.02倍、関西大学中等部の後期23.8倍、高槻のB日程12.24倍などだった。 出願状況は、平成30年1月10日午後3時現在のもの。私立中学校61校と中等教育学校1校の応募状況を一覧にまとめている。 平成30年1月10日午後3時時点の大阪私立中学校高等学校連合会による応募状況一覧を見ると、出願を締め切った学校の確定出願倍率は、清風の前期と前期プレミアム・理III選抜が4.42倍、関西大学中等部の前期が1.82倍、後期が23.8倍、金蘭千里の前期が4.47倍、後期が5.80倍、高槻のA日程が3.36倍、B日程が12.24倍、同志社香里の前期が2.46倍、後期が17.82倍など。 大阪私立中学校入試外部応募状況は、大阪私立中学校高等学校連合会のWebサイトから閲覧することができる。なお、出願受付中の学校・学科では、応募者数や倍率が変動する可能性がある。 大阪府内の私立中学校では、すでに1月13日から入試がスタート。一部の学校・学科を除き、多くが1月中に入試や合格発表を予定している。たとえば、大阪星光学院の出願倍率は4.02倍だったところ、1月14日の合格発表の結果、284人が合格したことがわかっている。募集人員190人に対する実質...more
カテゴリー:

広島県立熊野高等学校での金銭基礎教育プログラム「MoneyConnection(R)」の実施について - 01月17日(水)09:33 

[株式会社新生銀行] 当日は、熊野高校の授業の一環として、1年生5クラス、合計167人の生徒を対象に、50分の予定で働くこととお金について考えることをねらいとする「稼ぐ」編のプログラムを提供いたします。 マネーコネクション(R)...
カテゴリー:

リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が大谷中学校・高等学校のアクティブ・ラーニングを支援 - 01月16日(火)13:06 

[株式会社MetaMoJi] 2018年1月16日 株式会社MetaMoJi リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が大谷中学校・高等学校のアクティブ・ラーニングを支援 株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)...
カテゴリー:

熊本大、漱石・八雲研究センターを設置 - 01月15日(月)18:16 

 熊本大学(熊本市)は15日、学内に「文学部付属漱石・八雲教育研究センター」を設置したと発表した。小泉八雲と夏目漱石は熊大の前身である第五高等中学校、第五高等学校の教師を務めていたため、同大は2人に関連する多くの資料を保有しており、市内には旧居などもある。 【時事通信社】
カテゴリー:

スマホは教育現場の救世主?iTeachers TV新春特別企画「3ミニッツ」 - 01月17日(水)20:21 

 2018年1月17日、YouTubeの「iTeachers TV」チャンネル内で「新春特別企画 3ミニッツ祭り」の第3回が公開された。教育現場で役立つICTや、子どもたちの学びに活用できるアプリ情報などを伝える。2017年暮れから続く特別企画の最終回にあたる第3回では、iTeachersのひとりである玉川大学教授の小酒井正和氏が親子で出演する。 第3回の「新春特別企画 3ミニッツ祭り」の出演者は、情報通信総合研究所の平井聡一郎氏、東京都立晴海総合高等学校1年生の小酒井美冬さん、そして美冬さんの父であり教育者である、玉川大学の小酒井正和教授らの3名。 平井氏は、イトーキやガイアエデュケーションの学校向け什器を紹介するほか、大きな費用をかけずとも、今ある学校施設を“改革”するヒントを提示。新しい学びに対応するコンピューター室への改革を説く。玉川大学の小酒井正和教授は、日々iPhoneやiPadを使った学生との双方向授業を実践していることから、iOS11の画面収録を使って反転授業とビデオ添削を行うコツを伝授した。 今回初出演にあたる、都立高校1年生の小酒井美冬さんは、まわりの友人も多く利用しているという「LINE」のグループ機能を活用し、グループ発表の準備をスムーズに進めているという実態を共有。予算のかかるICT機器の導入を考える前に、生徒たちが日頃利用しているスマートフォンやアプリを...more
カテゴリー:

【芸能】登美丘高校ダンス部、今度は映画とコラボ!ヒュー・ジャックマン『グレイテスト・ショーマン』PV公開 - 01月17日(水)10:33  mnewsplus

https://www.cinematoday.jp/news/N0097676 2018年1月17日  荻野目洋子のヒット曲「ダンシング・ヒーロー」にあわせて踊る“バブリーダンス”で脚光を浴び、昨年の大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」では郷ひろみとともにステージに立った大阪府立登美丘高等学校のダンス部が、ヒュー・ジャックマン主演の新作ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』とコラボした特別動画が公開された。制服を着たダンス部のメンバーたちが映画の主題歌にあわせて、パワフルなダンスを見せつけている。 今回のコラボは、厚めのメイ...
»続きを読む
カテゴリー:

大阪市立水都国際中学・高等学校の2019年春開校にむけて、水都国際中学受験コースを2018年3月に開講します。 - 01月17日(水)09:00 

[株式会社成学社] [画像: https://prtimes.jp/i/25673/63/resize/d25673-63-170184-0.jpg ] 2019年春に大阪市住之江区の咲洲で開校が予定されている中高一貫校の対策コースを開講することが決定いたしました。「水都国際中学・高...
カテゴリー:

夏の甲子園にも導入「タイブレーク制」は高校野球をどう変えるか - SPORTS セカンド・オピニオン - 01月16日(火)05:02 

1月10日、日本高等学校野球連盟が大きな決断を下した。今夏の選手権大会からタイブレーク制度を導入するというものだ。昨年9月に春の選抜での導入は決定していたが、夏の甲子園でも適用されることが決定したのだ。
カテゴリー:

【センター試験2018】リボソーム、小胞体…河合塾が「生物基礎」出題範囲に意見 - 01月15日(月)17:22 

 河合塾は2018年1月14日17時40分、大学入試センターへ2018年度(平成30年度)大学入試センター試験「生物基礎」に関する質問書を提出した。生物基礎問題で扱われた「リボソーム」と「小胞体」が、これまで出題がなかった教科書の発展レベルからの出題だったことを受け、今後の出題傾向について質問している。 河合塾が指摘したのは、2018年度(平成30年度)大学入試センター試験第2日「理科1」の「生物基礎」で出題された、第1問A問2と、第1問B問4の問題。A問2では選択肢(4)に「リボソーム」、B問4の選択肢(3)(4)に「小胞体」が出題されたが、これは高等学校「生物基礎」の教科書では「発展」または「Advance」として扱われているという。 「発展」または「Advance」は、教科書内では学習指導要領の範囲外として位置づけられており、規定された「生物基礎」の学習範囲を超えた内容として扱われている。河合塾によると、高等学校の教科書で「参考」や「COLUMN」として取り扱われている内容について出題されることは過去にあったものの、「発展」や「Advance」として取り扱われている内容について出題されたことはなかったという。 今後、教科書で「発展」や「Advance」として取り扱われている内容は出題される可能性があるのか、河合塾は「今後の受験生への学習指導にも影響する」として見解を求めている...more
カテゴリー:

もっと見る

「高等学校」の画像

もっと見る

「高等学校」の動画

Wikipedia

高等学校(こうとうがっこう)は、後期中等教育を行うための学校であり、省略して高校(こうこう)と呼ばれている。その名称から誤解されることもあるが、高等教育ISCEDレベル5)を行なう学校ではなく、後期中等教育段階(ISCEDレベル3)に相当する学校である。

日本の高等学校は中学校教育を基礎とし、中学校の課程を修了した生徒に高度な普通教育および専門教育を施すことを目的とする。なお、日本において学制改革後の1950年(昭和25年)まで存在した高等学校については、旧制高等学校を参照。日本国内で日本の高校を英語で表す語として米国式の「high school」中学校が「junior high school」と呼ばれるのに対して「senior high school」と呼ばれる場合もある。が用いられることが多い。また、「Junior high School」と表記されることが多い中学校と区別して「Senior high school」が用いられることが多い。しかし、日本の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる