「高橋克典」とは?

関連ニュース

堂本光一 けやき坂46に教わった女子高生用語を使いこなす - 05月20日(日)11:46 

5月19日放送の「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ系) では、ゲストにけやき坂46の佐々木美玲、高本彩花、柿崎芽実、小坂菜緒の4人が登場。上京してまだ2ヶ月という小坂を筆頭に、仕事で忙しい4人がイマドキ女子高生の放課後を楽しみたいというリクエストにこたえてKinKi KidsとSNS映えスポットを訪問。メンバーに流行の女子高生用語を教わった堂本光一が、早速使いこなす場面があった。 【写真を見る】けやき坂46の高本彩花ほか出演したけやき坂46メンバー画像/撮影=カノウリョウマ 兵庫県出身の佐々木と大阪府出身の小坂らは標準語をしゃべっていたことから「完全に東京に心売ってるやん」と堂本剛。4人はこの日初めて自分たちの番組以外に出演するという。そんな4人に剛は「この番組、テキトーで大丈夫」。光一も「そんな改まらんでいいよ」と気遣いをみせた。 まずはレインボーフード専門店を訪れた一行。SNS映えフードを堪能した。一見、普通のトーストに見えるが、パンの上下を持って上に伸ばすとレインボーカラーのチーズが伸びるというもの。最近はカラフルな食べ物が多いと佐々木。「この間はカラフルなスパゲッティを食べました」というエピソードに、光一が「ますます逆に女子高生の人のあれがわからんようになったわ」とつぶやいた。 続いて生クリーム専門店、居酒屋で魚釣りを体験したあとは、イマドキ女子高生用語クイ...more
カテゴリー:

巧妙な復讐劇が繰り広げられた「モンテ・クリスト伯」が1位!【視聴熱TOP3】 - 05月18日(金)18:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、5月17日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。 【写真を見る】真海(ディーン・フジオカ)の復讐の次なる一手は、入間(高橋克典)に向けられた 1位「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)9598pt 5月17日に第5話を放送。モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は、復讐の次なる一手を入間(高橋克典)に向ける。入間の娘・未蘭(岸井ゆきの)の婚約者・出口(尾上寛之)を自身の別荘に招待。入間の父・貞吉(伊武雅刀)を殺す話を持ち掛ける。 第4話で神楽(新井浩文)の妻・留美(稲森いずみ)を近親相姦に導いたのに続き、今回のラストでは出口が殺されてしまう。入間の妻・瑛理奈(山口紗弥加)に犯行をさせるという、巧妙な復讐劇が繰り広げられた。 2位「おっさんずラブ」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)9297pt 放送後も常に上位にランクインし、SNSで話題沸騰中。リピート視聴のほか、公式Twitterで明かされるオフショット、5月12日放送の第4話では春田(田中圭)に振られてしまった黒澤(吉田鋼太郎)によるInstagramの公式“裏”アカウントの更新なども楽しみにされている。 19日(土)放送の第5話は、「俺と付き合ってください」という牧(林遣都)の言葉に、春田はうっかり「はい...more
カテゴリー:

【経済】ミートボールの売り上げが復調 パスタにもお勧め 石井食品が黒字に - 05月17日(木)15:40  newsplus

 ミートボールの売り上げが復調し、食品大手石井食品の2018年3月期の純利益は1億9400万円と、黒字転換した。  子ども向けのお弁当のおかずの定番として、これまで新学期が始まる4月や運動会シーズンの5、9月によく売れていたミートボールだが、それ以外の時期には販売が伸び悩んでいた。そこで同社はお弁当以外でもミートボールを食べてもらう機会を増やそうと、昨年から販売先のスーパーの店頭などで「ミートボールパスタ」など様々な調理法を紹介。その戦略が子育て層を中心にうまくはまり、ミートボールの売上高は前...
»続きを読む
カテゴリー:

ディーン・フジオカ主演『モンテ・クリスト伯』次の標的は高橋克典演じる刑事部長 - 05月17日(木)05:00 

ディーン・フジオカ主演の連続ドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第5話が、5月17日に放送。今回は、モンテ・クリスト・真海(ディーン)の魔手が、復讐相手である入間公平(高橋克典)に伸びる。本作は、日本では「巌窟王」として知られる小説「モンテ・クリスト伯」を原作に、小さな漁師町で漁業を営んでいた暖(ディーン)が、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、モンテ・クリスト・真海と名乗り、自分を陥れた地元の仲間・南条幸男(大倉忠義)や神楽清(新井浩文)、刑事の入間に復讐を果たしていくストーリー。まず、神楽の妻・留美(稲森いずみ)に接近し、彼女が不倫の果てに産み捨てた安藤完治(葉山奨之)と結びつけた真海。実の母子だということを知らない2人は、肉体関係を持ってしまうのだった。真海の次なるターゲットは入間だ。真海は、外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻し、自身の別荘に招待する。出口は、娘・未蘭(岸井ゆきの)の婚約者として入間が選んだ男だ。日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は「頼みがある」と持ちかける。それは入間の父・貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいというものだった。驚く出口に、真海は「冗談だ」と告げるが、「入間家は貞吉の莫大な遺産相続で揉めている」と吹き込む。そんなある日、海洋学の勉強をしている未蘭は...more
カテゴリー:

【芸能】イケメンとのレア写真、気さくな人柄が人気 高橋克典のブログが注目度急上昇 - 05月16日(水)21:56  mnewsplus

俳優の高橋克典が自身のブログに次々と“イケメン”を登場させ、多くの女性を癒している。  現在、ドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系)に出演中の高橋だが、そのオフショットの数々をブログに掲載。 14日には、共演中の若手イケメン俳優、高杉真宙のアップ写真とともに、「こんなんなっちゃいました」と高杉の目が充血していることを報告していた。 これを見た高杉のファンらは「大丈夫?」と心配をするとともに、貴重なショットを掲載した高橋に「レアショットありがとうございます」「見れただけで幸せ」と...
»続きを読む
カテゴリー:

『モンテ・クリスト伯』『やけ弁』 岸井ゆきの、天性の女優の魅力 - 05月20日(日)05:50 

 『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』(フジテレビ系/毎週木曜22時)が、中盤にかけてじわじわと緩やかに評価を上げてきている。その理由の一つに、高杉真宙、葉山奨之、尾上寛之など、途中から重要ポジションとして登場してきた若手俳優たちの存在感があると思う。若手に演技派をそろえたことで、作品にグンと厚みが加わった印象がある。岸井ゆきのも、その信頼感の一角を担っている一人だ。【写真】テレビ・映画にひっぱりだこ!「 岸井ゆきの」フォトギャラリー 同作で岸井は、ディーン・フジオカ演じるモンテ・クリスト・真海の復讐のターゲットの一人、入間公平(高橋克典)の娘・未蘭を演じている。実母が死ぬ直前に遺した「お父さんは弱い人間だから、あなたが助けてあげて」という言葉に縛られ、従順な娘として育つも、義母と弟に気遣い、息が詰まるような日々を送っているという役柄だ。やがて高杉演じる守尾とロミオとジュリエットのような悲恋に落ちるが…。 どんどんドロドロのエグい展開になっていく同作の中で、岸井と高杉の二人のシーンは、儚くも美しい清涼剤となっている。また、岸井は現在、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK総合/毎週土曜20時15分)で新任教員・望月詩織を演じてもいる。娘が体罰を受けたと主張するモンスターペアレント(堀内敬子)に気おされ、生徒たちに完全にナメられ、疲弊した様子のリアルさに、自分自身の学生時代...more
カテゴリー:

川崎麻世、芸能界入りのきっかけになった西城秀樹さんとの思い出語る - 05月18日(金)16:32 

俳優の川崎麻世が17日に更新した自身のアメブロで、先日63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんについて言及した。 川崎は「俺が13歳の時に関西の番組で秀樹さんのモノマネをしてグランドチャンピオンになりジャニーズにスカウトされ芸能界入りした」と、自身が芸能人になったのは西城さんがきっかけだったと振り返る。また「感動のあまりバッグにサインをして頂いたら、ジャニーさんに同業者にサインを求めないものだと叱られた。」と、初めて西城に会った時の思い出を懐かしそうにつづった。 川崎は西城と仕事が一緒になることも多かったようで、「秀樹さんのミュージカル鑑賞後にも食事に誘って頂いたり、憧れの秀樹さんには学ぶことが沢山あった。」と回顧。「ショック過ぎて今でも信じられない。秀樹さん、ご冥福をお祈り致します」としたため、西城さんのモノマネをする若い頃の自身の写真や、西城さんと一緒に表紙を飾った雑誌の写真を掲載した。 芸能人のなかにも西城さんに影響を受けた人は多いようで、俳優の高橋克典も17日に更新した自身のブログで「この人に影響を受けたアーティストは多いと思います。僕もそのうちの1人です。」とし、追悼の言葉を述べた。 【関連記事】 ・「芸能界入りのきっかけは西城秀樹さんのモノマネだった」(川崎麻世オフィシャルブログ) ・「西城秀樹さん」(高橋克典オフィシャルブログ) ・川崎麻世、大腸ポリープ切除手...more
カテゴリー:

『モンテ・クリスト伯』伊武雅刀の目だけの演技「めちゃくちゃ怖い」 - 05月17日(木)10:00 

 ディーン・フジオカ(37)の主演ドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系)。緊迫感のある演出が話題の同作第4話で、寝たきりの老人を演じる俳優の伊武雅刀(69)が見せた表情に「すごい」「めちゃくちゃ怖い」と賞賛が集まっている。  アレクサンドル・デュマによる『モンテ・クリスト伯』をベースにした同ドラマは、仲間にハメられたことで15年もの間、外国の牢獄に幽閉されていたディーン演じる漁師の柴門暖が、多額の資産を得て帰国後、“モンテ・クリスト・真海”と名前を変えて関係者たちに復讐していくという物語。  第4話では、真海の復讐計画だけでなく、関係者たちの状況の変化も描かれた。暖に無実の罪を着せた張本人である警視庁の入間公平(高橋克典/53)は、娘の未蘭(岸井ゆきの/26)を政略結婚させようと企んでいた。  伊武が演じるのは、公平の父で、脳梗塞で倒れて以降歩くこともしゃべることもできなくなった、世界的ファンドの元代表で30億円の資産を持つ入間貞吉役。公平は「思考能力があるのかどうかも疑問だ」と貞吉を下に見て、雑に報告をして貞吉の了承を得たことにし、結婚を進めていた。  しかし、孫の未蘭を愛する貞吉は、弁護士を通し、未蘭が望まぬ結婚をした場合「遺産はすべて世界文化振興財団に寄付をする」と遺言を書き換えたことを伝える。手も口も動かせないことで、公平は「でっちあ...more
カテゴリー:

ディーン・フジオカ主演『モンテ・クリスト伯』次の標的は高橋克典演じる刑事部長 - 05月17日(木)05:00 

ディーン・フジオカ主演の連続ドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第5話が、5月17日に放送。今回は、モンテ・クリスト・真海(ディーン)の魔手が、復讐相手…
カテゴリー:

大倉忠義、緊迫シーン直後のバースデーサプライズに笑顔『モンテ・クリスト伯』 - 05月16日(水)19:53 

関ジャニ∞の大倉忠義が16日、出演中のドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の撮影現場で誕生日を迎え、スタッフ・共演者からサプライズで祝福を受けた。本作は「巌窟王」として知られる小説「モンテ・クリスト伯」を原作にした復讐劇。小さな漁師町で漁業を営んでいた暖(ディーン・フジオカ)が、愛、将来、自由、仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、モンテ・クリスト・真海となって、自分を陥れた地元の仲間・幸男(大倉)や神楽清(新井浩文)、刑事の入間公平(高橋克典)に復讐を果たしていく。この日は、薄暗い地下のバーで飲んでいた幸男(大倉)が、4人の強面の男たちに囲まれて……という第6話(5月24日放送)のシーンを撮影。指揮する永山耕三監督も「こんな男たちに囲まれたらイヤだよ」とこぼすほど、緊迫した雰囲気の中で行われていた。そんな緊張感に包まれたシーンのドライが終わると、助監督が「今日は、大倉さんのお誕生日です!」とアナウンスし、雰囲気は一変。スタッフ、強面の役者たちも大拍手で大倉の誕生日を祝った。スタッフから、お祝いのフルーツブーケとプレゼントを渡され、抱負を聞かれた大倉は、「ありがとうございます。誕生日を迎えさせてもらいました。(幸男が)どう終わるかは分からないんですけど、最後まで楽しんで演じたいと思います」とコメント。真海が次々に復讐を果たしていく中...more
カテゴリー:

もっと見る

「高橋克典」の画像

もっと見る

「高橋克典」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる