「高橋光臣」とは?

関連ニュース

「コウノドリ」妊婦やお母さんをを責めない、無理に謝罪させないドラマの矜持。今夜どうする「出生前診断」 - 12月15日(金)09:45 

「悲しみが、繰り返される人がいる。悔しさが、繰り返される人もいる。それでも、生きている限り、明日はやってくる」12月8日放送の金曜ドラマ『コウノドリ』第9話(TBS系列)。流産を3回繰り返し「自分は“不育症”ではないか」と疑う女性・篠原沙月(野波麻帆)が登場。沙月、そしてペルソナの医者たちが、それぞれの明日を探した。第9話 あらすじ過去に2度の流産を経験している沙月。再び妊娠してサクラ(綾野剛)の診療を受けるも、エコーの結果、3度目の流産をしていることがわかった。沙月は「私、“不育症”ですか?」と自分の身体を疑い、検査を希望。助産師の小松(吉田羊)は、沙月の心を心配していた。同じ頃、四宮(星野源)は入院した父・晃志郎(塩見三省)の見舞いのため、故郷・石川県能登に帰省。そこで、父親の代わりに緊急帝王切開を担当することになる。サクラ「こんな近くに、世界一の味方がいる」沙月「3回も流産するなんて、やっぱり……、私のせいですか?」サクラ「それは違います。初期の流産は、ほとんどの場合お母さんが原因ではありません。偶然が重なって起きたんだと思います」小松「篠原さん、流産してしまった人の中には『働いていたから』とか『重いものを持ち上げたから』とか、自分のせいにするお母さんが多いんだけど、そうじゃないんだよ」『コウノドリ』を見ていると、妊娠・出産・育児に関して自分を責める女性の多さを改めて痛感する...more
カテゴリー:

望月歩、時代劇でドラマ初主演「緊張とドキドキでいっぱいでした」 - 12月11日(月)12:00 

 2015年公開の映画『ソロモンの偽証』で俳優デビューした望月歩(17)が、BSジャパンで放送中の『池波正太郎時代劇 光と影』第6話「断金の友」(12日 後8:00~8:54)で初主演を務める。放送を目前に控えて、「最初は『主役か…!』とすごく意識してしまいました。初めてのことですし、自分を囲む人々はどんな感じだろう、自分が頑張らないと作品がダメになるから、などいろいろ考えて、緊張とドキドキでいっぱいでしたが、逆にどんな作品になるんだろう、という楽しみもありました」とコメントを寄せた。 【場面写真】『池波正太郎時代劇 光と影』第6話「断金の友」より  時代小説の巨匠、時代小説の傑作を多数発表した池波正太郎(1923-90)の選りすぐりの短編12編を一話完結で映像化するシリーズ。これまで、片岡愛之助、高橋光臣、でんでん、筧利夫、祐真キキが出演し、「善悪が同居する人間の矛盾」を巧みな構成で描き出してきた。  第6話「断金の友」は、備中松山の池田家の当主・池田出雲守(柴田善行)の寵愛を受けていた小姓・鷲見左門(望月)。それは、出雲守自身が、幼少期に病弱だった自分と華奢でひ弱な左門とを重ねていただけのことで、そうとは知らず左門に嫉妬する者もいた。そんな中、左門と武芸に長け頭の切れる小姓・千本九郎(大和孔太)とは、互いに尊敬し合い、“断金”(固い金属をも断ち切るほど堅い友情)を誓い合っ...more
カテゴリー:

『コウノドリ』繰り返す流産で、自分を責め続ける女性たちの悲しい本音に涙 - 12月14日(木)12:00 

© TBS『コウノドリ』第9話が12月8日に放送された。今回サクラ(綾野剛)が向き合ったのは、「不育症」。原因がわからないまま、流産を繰り返す女性の苦悩と本音が描かれた。ドラマでも取り上げられていたように、流産はけっしてめずらしいものではなく、経験者も多い。けれどもそれは、あくまで統計上のこと。「あなたのせいじゃない」と言われても、原因がわからないことで、どうしようもない不安や、やり場のない気持ちに陥ってしまうものなのだ。■原因不明の不育症に悩む夫婦3回目の流産となった篠原沙月(野波麻帆)は、流産を繰り返してしまうことを「自分のせい」だと思い悩んでいた。そんな妻を見て、夫・修一(高橋光臣)もまた、どうしたら彼女を元気付けられるのかと葛藤していた。不育症の検査を受けるも、結果はすべて正常範囲内。それを聞いた修一が「それは原因がわからないということですか? 治療方法がないということですか?」と問う。サクラは不育症の原因がわかって治療した女性、原因がわからず治療しなかった女性、どちらも出産できる確率は85%だと説明する。© TBS「でも、不安ですよね、怖いですよね」と続けるサクラに、沙月は涙を流し「子どもがほしくて、やっぱり諦めきれないからここに来てるんですけど、妊娠してないってことがわかると少しホッとする自分がいて。一瞬でも、おなかの中に赤ちゃんが宿ることが怖くて。こんなんじゃ母親にな...more
カテゴリー:

「高橋光臣」の画像

もっと見る

「高橋光臣」の動画

Wikipedia

高橋 光臣(たかはし みつおみ、1982年3月10日 - )は、日本俳優である。大阪府出身。サイトウルーム所属。

啓光学園高等学校、東洋大学法学部法律学科卒業。妻は女優の宮下ともみ

略歴

大学卒業後の進路について考え出した頃に映画ラストサムライを観て俳優業に興味を持ち、俳優養成機関テアトルアカデミー直系の芸能事務所浅井プロダクション(現・ATプロダクション)に所属する轟轟戦隊ボウケンジャー > 高橋光臣インタビュー「明石暁は自分の憧れの人です」。

2005年に俳優デビュー。それいけ!アンパンマンくらぶのお兄さんなどを経て、2006年に轟轟戦隊ボウケンジャー...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる