「高橋一生」とは?

関連ニュース

「直虎」政次処刑シーンに宿る大河黄金期のDNA - 08月21日(月)18:50 

 小野但馬守政次(高橋一生)の処刑という最大のヤマ場が描かれたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」33話での、井伊直虎(柴咲コウ)の言葉です。井伊を守るため罪人となって磔(はりつけ)にされる道を選んだ政次を、自らの手で葬ってやるという究…
カテゴリー:

大河『直虎』出番終えた高橋一生主演、斎藤工監督作がウラジオストク映画祭に正式出品 - 08月21日(月)18:00 

斎藤工が「齊藤工」名義で長編監督デビューをはたし、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で観客賞にあたる「ゆうばりファンタランド大賞(作品賞)」を受賞。第20回上海国際映画祭・アジア新人賞部門では、日本人俳優として初となる最優秀監督賞にも輝いた『blank13(ブランクじゅうさん)』。この映画が9月9日からロシアで開催される第15回ウラジオストク国際映画祭・コンペティション部門に日本の作品として唯一正式出品されることが決定し、新ポスターピジュアルが解禁となった。 本作は、放送作家のはしもとこうじの実話をもとに、13年前に突然失踪した父が余命3ヵ月で見つかったことからはじまる、ある家族の物語。主人公コウジ役に、大河ドラマ『おんな城主 直虎』で小野政次役を演じ、昨日(8月20日)放送された同ドラマで壮絶なラストをとげた高橋一生。その彼女役に松岡茉優。失踪した父親役にリリー・フランキー。母親役を神野三鈴がつとめるほか、斎藤自身も主人公の兄役で出演している。 一方、ウラジオストク国際映画祭は2003年にはじまり、今回で15回目を迎える国際映画祭。本作が出品される長編コンペティション部門には、アメリカ、フランス作品含む10作品が選出されており、日本からは本作が唯一の選出となる。同部門では過去に、ヤン・イクチュン監督作『息もできない』、河瀬直美監督作『2つ目の窓』がグランプリを受賞している。...more
カテゴリー:

「直虎」が72883ptの最高視聴熱!政次の最期に号泣の声が続出!【視聴熱】 - 08月21日(月)15:09 

柴咲コウが主演を務める大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45NHK総合ほか)の第33話「嫌われ政次の一生」が8月20日に放送され、直虎(柴咲)と井伊家を守るため、自ら裏切り者となることを選んだ政次(高橋一生)の最期が描かれた。 【写真を見る】なつ(山口紗弥加)と最期のときを過ごす政次/(C)NHK 同日の「視聴熱(※)」デイリーランキングでは、72883pt(ポイント)を獲得し、ドラマ部門第1位にランクイン。これは、同ドラマでは5/21に放送された第20話「第三の女」で記録した視聴熱、24711ptを大きく上回る記録となった。 近藤康用(橋本じゅん)のわなにはめられた政次の潔白を主張する直虎は、牢に閉じ込められてしまう。政次はいったん隠し里へと身を隠すが、全ては自らが企んだことと名乗り出て、磔(はりつけ)にされてしまう。井伊谷を守りたい政次の最後の策、そして裏切り者としての“本懐”をまっとうさせるための直虎の想像を絶する決断に、SNSでは号泣したとの声が続出した。 高橋はインタビューで、「小野家代々の墓は、直虎と同じ龍潭寺にあるんです。それだけで小野家が、そこまで嫌われていなかったということが一目瞭然。では、なぜ歴史上で嫌われている人物となったのか? それは僕たちが歴史や人物の一部しか見てないからだと思うんです。でも、井伊谷に墓があり、塚がいくつか点在していた...more
カテゴリー:

[おんな城主 直虎]第33回「嫌われ政次の一生」視聴率12.4% - 08月21日(月)11:26 

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第33回が20日に放送され、平均視聴率は12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。この日は、高橋一生さん演じる政次の壮絶な最期が描かれた。  「おんな城主 直虎」は56作目の大……
カテゴリー:

【大河】「直虎」高橋一生、壮絶ラストにネット号泣 早くも“政次ロス”広がる - 08月21日(月)04:31  mnewsplus

[ 2017年8月20日 21:00 ] 芸能  NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00)は20日、第33話「嫌われ政次の一生」を放送。主人公・井伊直虎(柴咲コウ)の幼なじみで、井伊家の筆頭家老・小野政次(まさつぐ)の最期が描かれた。“嫌われ役”に徹した政次の生涯を俳優・高橋一生(36)が好演。井伊家を守り続けた男の壮絶なラストに涙する視聴者が続出し、早くも“政次ロス”が広がっている。  幼少期の鶴丸時代から直虎と共に過ごしてきた政次。成人後は今川家と通じ、井伊家からは裏切り者扱いを受け、直虎とも対...
»続きを読む
カテゴリー:

齊藤工×高橋一生『blank13』、父と息子の距離感を映す新ビジュアルが解禁 - 08月21日(月)18:00 

 齊藤工が長編映画での初監督を務め、高橋一生が主演する映画『blank13』の最新ポスタービジュアルが解禁。併せて、9月9日からロシアで開催される、第15回ウラジオストク国際映画祭のコンペティション部門に、日本の作品として唯一、正式出品されることが発表された。【関連】『blank13』フォトギャラリー 本作は、13年前に突然失踪した父(リリー・フランキー)の記憶をたどる家族たちを描いた、実話に基づくヒューマンドラマ。失踪したはずの父が余命3ヵ月で見つかるも、借金を残し消えた父に会おうとはしない母と兄。しかし、キャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられない息子・コウジ(高橋)は、病院へ向かい父との再会を果たすことになる。 解禁されたポスターに描かれるのは、作品のタイトルを挟み、建物の屋上で療養中の格好のまま立ちつくす父親とコウジの姿。「突然失踪した父。空白の13年間が父の死後に埋まっていく―」「実話に基づく、ある家族の物語」というキャッチコピーもあいまって、コウジと父親の距離感からは“13年間”という互いのブランクが表現されているようにも映る。 ほかに松岡茉優、神野三鈴、斎藤工自身も主人公の兄役で出演。音楽監督は俳優・ミュージシャンの金子ノブアキ、スチール撮影はレスリー・キーが務めている。またポスターのクレジット内の製作委員会には福山雅治の名があり、本作の製作に携わっているこ...more
カテゴリー:

斎藤工の監督作「blank13」ウラジオストク国際映画祭出品決定!新ポスターも公開 - 08月21日(月)18:00 

 斎藤工が“齊藤工”名義で手がけた長編初監督作品「blank13」が、9月9日(現地時間)からロシアで開催されるウラジオストク国際映画祭のコンペティション部門に、日本の作品として唯一正式出品されることが決定し、主演を務める高橋一生と共演のリリー・フランキーの姿をとらえた新ポスタービジュアルがお披露目された。  本作は、放送作家・はしもとこうじの実話を基にした家族の物語。13年間行方不明だった父親と心の溝を埋められずにいた家族が、父の死後、葬儀の参列者が語る思い出話を通して“13年間の真実”を知る。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017では、観客賞にあたる「ゆうばりファンタランド大賞」に選ばれ、第20回上海国際映画祭のアジア新人賞部門では、最優秀監督賞を受賞している。  ウラジオストク国際映画祭は2003年にスタートし、今年で15回目を迎える国際映画祭。本作が出品される長編コンペティション部門には、アメリカ、フランスを含む10作品がノミネートされている。過去にはヤン・イクチュンの初長編監督作品「息もできない」、河瀬直美監督がメガホンをとった「2つ目の窓」といった話題作が最高賞であるグランプリに輝いている。  お披露目された新ポスタービジュアルは、高橋演じる主人公・松田コウジと、リリー扮する余命3カ月の父親が屋上で立ちつくしている光景をとらえたもの。2人の微妙な距離感からも...more
カテゴリー:

高橋一生、『直虎』政次役"心から感謝"「これからの人生にも大きく関わる」 - 08月21日(月)13:40 

現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合 毎週日曜20:00~ほか)のブルーレイ&DVD「完全版第壱集」の発売を記念し、政次役を演じた俳優・高橋一生がこのほど、コメントを寄せた。
カテゴリー:

【大河】「直虎」“政次ロス”の第33話は12・4% 壮絶ラストにネット号泣 - 08月21日(月)10:07  mnewsplus

 女優の柴咲コウ(36)が主演を務めるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00)の 第33話が20日に放送され、平均視聴率は12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが 21日、分かった。  俳優の高橋一生(36)が魅力的に演じ、ドラマを牽引した井伊家の筆頭家老で、主人公・井伊直虎(柴咲)の 幼なじみ・小野政次(まさつぐ)が壮絶な死を遂げた。SNS上には号泣するファンが続出。 回想を除けば、最後の出番になり、インターネット上には「政次ロス」が広がった。  第33話は「嫌...
»続きを読む
カテゴリー:

大河ドラマ「おんな城主 直虎」で高橋一生が演じた小野但馬守政次の追悼「特盤」発売 - 08月20日(日)22:39 

2017年1月から放送されているNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、高橋一生さんの演じる小野但馬守政次が、2017年8月20日(日)放送の第33回「嫌われ政次の一生」の中でその生涯を閉じました。柴咲コウさん演じる井伊直虎との一筋縄ではいかない複雑な関係や、高橋さんの色気と迫力のある演技で非常に高い人気を博したキャラクターだということで、フォトブック付きの「追悼」緊急特盤「鶴のうた」が発売されることがソニーミュージックから発表されています。続きを読む...
カテゴリー:

もっと見る

「高橋一生」の画像

もっと見る

「高橋一生」の動画

Wikipedia

高橋 一生(たかはし いっせい、1980年12月9日 - )は、日本俳優舞プロモーション所属。身長175cm。

ロックバンドnever young beachの安部勇磨は実弟。

来歴

1990年の映画ほしをつぐもので映画初出演。2001年から扉座に入団し、舞台フォーティンブラスで準主役デビュー。

1995年、スタジオジブリ製作のアニメーション映画耳をすませばで、主要キャラクター・天沢聖司の声を演じた。

2015年のテレビドラマ民王で演じた秘書・貝原茂平役で視聴者の好評を得て、第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と第86回...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる