「高校生」とは?

関連ニュース

今から日本はどうするべきなのか?とセルジオ越後「イタリアやチリなどW杯出場を逃した強豪国と対戦する交渉を!」 - 11月23日(木)11:00 

今の日本のレベル、戦い方では世界に通用しない。アジアと世界は全然違うということを、選手たちが肌で感じられたことが唯一の収穫だ。 日本代表の欧州遠征はブラジルに1-3、ベルギーに0-1と連敗で終わった。相手は共にロシアW杯で第1ポットに入る強豪国だけど、W杯のシミュレーションと考えれば、2試合終わって勝ち点0で、1試合を残してグループリーグ突破が絶望的という状況だ。 ブラジル戦は開始早々から力の差を見せつけられた。ボール回し、展開、正確さ、カウンターの質など、すべての面で圧倒された。後半になってブラジルがペースを落とし、セットプレーから1点を返したけど、まるでプロと高校生くらい差がある試合だった。 ベルギー戦は相手がパスをつないでくれたので、前線からのプレスがうまくハマった。でも、結局は個の力にやられた。攻撃面でも何回かチャンスはあったけど、狙ってつくった形というよりは、偶然チャンスになったという感じ。 実際、1点取られた時点で、もう追いつけないだろうなと思った人も多いはず。スコア以上に差があった。「善戦」「惜敗」と書くメディアもあったけど、なんの慰めにもならないね。 この2連戦でアピールできた選手はひとりもいない。特に攻撃陣は寂しかった。長澤と森岡、新戦...more
カテゴリー:

【昭和】昭和歌謡が熱い!「春一番」「シルエット・ロマンス」…10~20代も夢中に 「歌詞の力が圧倒的」★17 - 11月23日(木)10:33  newsplus

劇団「虎姫一座」のショー。キャンディーズの「春一番」では観客も振り付けをともに楽しんだ ?1  ◇「春一番」「シルエット・ロマンス」…「歌詞の力が圧倒的」  1970~80年代の「昭和歌謡」が脚光を浴びている。青春を懐かしむ中高年のブームと思いきや、10~20代までが、その世界観に夢中のようなのだ。平成の世となって29年。あらゆる娯楽に満ちたこの時代に、なぜ昭和歌謡にひかれるのか?【鈴木美穂】 東京・浅草の「アミューズ カフェシアター」。週末の夜に訪れると、定員80人の店内はほぼ満席だった。ここ...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝「スポンサーやめる」長谷川町子美術館「くるちぃお」日清「ちわー!」 - 11月23日(木)09:37  news

カップヌードルCM「魔女宅」「ハイジ」「サザエ」に共通する“隕石”の伏線 今後の展開を日清に聞いた 「もしもあのアニメのキャラクターが現代の高校生だったら?」を描く日清食品の「HUNGRY DAYS」CMシリーズ。 これまで「魔女の宅急便」「アルプスの少女ハイジ」「サザエさん」の3本が公開されていますが、全てに共通事項があるとしてネットで話題になっています。  それは「隕石」。魔女宅編のキキとトンボが向かい合う場面の背景、ハイジ編のタイトル、サザエ編の文化祭の場面の背景に、空から落ちてくる隕石が見られます。...
»続きを読む
カテゴリー:

【音楽】<今、高校ダンス部がもっとも踊っている楽曲を発表!> 3位:恋 / 星野源 2位:AGEHA / GENERATIONS 1位:TT / TWICE - 11月23日(木)08:30  mnewsplus

11月17日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日)で、“高校ダンス部が今踊っているヒット曲ランキング”が発表された。 この日の「ミュージックステーション」は“ダンススペシャル”と銘打たれ、DanceFactでも紹介してきた「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」 「DAOKO × 岡村靖幸」「MIYAVI × 三浦大知」「荻野目洋子 × 大阪府立登美丘高校ダンス部」など、ダンスパフォーマンスに注目したいアーティストが多く登場。かなりダンス色の濃い内容になっていた。 同番組の人気企画であるMステランキングでは、高校...
»続きを読む
カテゴリー:

『IT/イット』最終興収18億円へ 10代を動かしたムーブメントの背景 - 11月23日(木)08:10 

 スティーヴン・キングの小説を原作にするホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が予想外の興行となり、映画界を驚かせている。 【写真】見えてしまった“IT/イット”の顔 ◆2000年以降ホラー映画の最高興収になる可能性  11月3日(金・祝)に封切られると公開3日間で興収2.8億円を超える大ヒットスタート。通常だと2週目からスクリーン数が減り、動員も下がるところだが、好調を受けてスクリーン数が増え、興収は2週目で初週対比122%。さらに3週目もその勢いは衰えることなく同105.5%(累計興収11.4億円)。  洋画ホラーにはマニアが多いが、同層だけでなく、洋画で集客が難しいとされている高校生グループ、カップルを取り込むことに成功。最終興収は18億円あたりが見込まれ、2000年以降の邦画、洋画を含めたホラー映画の最高興収になる可能性がある。 ◆洋画に造詣が深くない若年層が新しいエッセンスを感じた  この背景を映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「全米での今年最大級の大ヒット情報がネットやSNSで大量に拡散され、多くの若者たちの関心を引き出しました。今の日本の若い層は、ホラー映画はもとより洋画にそれほど造詣が深くない。全米大ヒット情報と作品内容から、これまで自分たちが見たことがないような新しいエッセンスを感じたのでしょう。本作はピエロが話の中心軸をなしており、こ...more
カテゴリー:

郷土芸能、地域色豊か 県内9高校が合同発表 - 11月23日(木)10:57 

 秋田県内の高校生が民謡や和太鼓などを披露する「第50回郷土芸能・日本音楽合同発表会」が19日、横手市の秋田ふるさと村で開かれた。9校から約190人が参加し、地域色豊かな歌や踊りなどで観客を楽しませた…
カテゴリー:

「キムチの歌」で話題の足立佳奈、SNSでリオ五輪金メダリストと思わぬ交流 - 11月23日(木)09:40 

 今年2月、ツイッターに投稿した15秒動画「キムチ~笑顔の作り方~」が“キムチの歌”として同世代の女子中高生の間で話題となったJKシンガー・足立佳奈。今では30万人を超えるフォロワーを持つ彼女は、8月に歌手デビューを果たし活躍の場を広げている。自身も女子高生だけあって、SNSは音楽活動でも重要なツール。そんなつながりから、新たな展開が生まれたという。 【動画】金メダリストたちが超絶技を連発! リアルな練習風景! ◆藤田ニコルとの共演に感激、「世代が一緒だからこそ憧れる存在」  「デビュー日は誕生日がもう一つ増えたような気分で嬉しかったです。あと、友だちの友だちが知ってくれるようになったり、地元の駅で『佳奈ちゃんですか?』って高校生に声をかけてもらったり。そういうつながりも大事にしていきたいです」  モットーは「常にみんなで笑顔でいたい。誰かを傷つけたくない」。そんな彼女が“会いたい芸能人”の3本の指に入るほど大ファンと公言しているのが、にこるんこと藤田ニコルだ。「自分の意思を持って常にYesかNoかがはっきりしている姿、素直な気持ちを伝えることで相手を傷つけない、というスタイルは私にはないもので、本当に素敵」と言い、にこるんのSNSもマメにチェック。そこにも理想とする姿があるという。  「あんなに多忙にお仕事をされているのに、ファンの人からのコメントに返しているんです。ツ...more
カテゴリー:

中条あやみ、思いが通じない切なさ語る「人間不信になりそうなことも…」 - 11月23日(木)08:40 

 モデル、女優として活躍する中条あやみが、11月25日公開の映画『覆面系ノイズ』に主演している。メジャーデビューを目指す高校生の覆面バンドのボーカルという役柄で、劇中バンドin NO hurry to sout;(イノハリ)としてリアルにCDデビューも果たした彼女に、ボイストレーニングでの苦労や、音楽を聴くようになったきっかけ、さらに自身の思春期における切ない思い出も、真摯に明かしてくれた。 【動画】中条あやみ、感極まり涙「バントって青春だな」  『覆面系ノイズ』の原作は『花とゆめ』(白泉社)連載中の福山リョウコ氏による人気コミック。中条は主人公のニノとルックスのイメージがピッタリとしてキャスティングされたが、歌に関しては以前「一番苦手なこと。人前で歌うのがイヤでカラオケにもほとんど行かない」と話していた。  クランクインまで半年に渡って取り組んだボイストレーニングでも、最初は「右も左もわからなかった」という。 「学校の歌の授業も仕事を口実に抜け出していたくらいで(笑)、リズム感とか、お腹から声を出すとか、すべて初めて知りました。言葉をしっかり発音しながら歌う、感情を込める、『ここは音を伸ばすとカッコイイ』『ここは止めるとカッコイイ』と違いを意識する……。課題がいっぱいあって。あと歌う曲のキーが高いので、高い音をいかに太くロックっぽく出すかもすごく難しかったです」  ただ、...more
カテゴリー:

【音楽】<昭和歌謡>この時代に「なぜ」! 10~20代も夢中「歌詞の力が圧倒的」★3 - 11月23日(木)08:13  mnewsplus

◇「春一番」「シルエット・ロマンス」…「歌詞の力が圧倒的」 1970~80年代の「昭和歌謡」が脚光を浴びている。 青春を懐かしむ中高年のブームと思いきや、10~20代までが、その世界観に夢中のようなのだ。 平成の世となって29年。あらゆる娯楽に満ちたこの時代に、なぜ昭和歌謡にひかれるのか?【鈴木美穂】 東京・浅草の「アミューズ カフェシアター」。週末の夜に訪れると、定員80人の店内はほぼ満席だった。 ここは、昭和歌謡をモチーフに歌ったり踊ったりするレビュー劇団「虎姫一座」の拠点だ。 2010年...
»続きを読む
カテゴリー:

中条あやみ、お尻にニキビができた志尊淳に対処法を伝授 - 11月23日(木)08:00 

11月25日(土)に公開される映画「覆面系ノイズ」に出演する中条あやみ、志尊淳、小関裕太の3人が、11月24日(金)・12月1日(金)にカンテレで放送される「ミュージャック」(夜1:55-2:25)に初登場。撮影現場でも仲が良かったという3人のプライベートに迫っていく。 【写真を見る】中条は得意の動物物まねを披露/(C)カンテレ MCの中島ヒロトから「皆さんは普段から音楽が好きなんですよね?」と聞かれた小関が、撮影中も3人で目に入ったものを題材にアドリブで歌っていたと告白。 中島から「ちょっとやってもらっていい?」とむちゃぶりされると、中条、志尊、小関の3人がミュージカル風に熱唱し、そこへMCの高橋みなみも飛び入り参加するという展開に。 番組では、映画のテーマである“片思い”にちなみ、東京・渋谷&原宿の現役女子高校生・女子大学生に、志尊、小関に言ってほしい胸キュンワードのアンケートを実施。ベスト5入りしたせりふを志尊、小関の二人が画面に向かってささやく。 志尊が「オレじゃだめなのかな」とカメラ目線でささやきかけると、高橋は「ごちそうさまです!」ともん絶。ほか、「こっち来いよ」「充電」「分かんないとこある?」など、志尊と小関が甘いせりふを連発していく。 「ミュージャック運命鑑定所」では、ゲストの3人の希望により、占い師・ゲッターズ飯田が登場。 飯田の鑑定によると、志尊は「根が真面目で...more
カテゴリー:

もっと見る

「高校生」の画像

もっと見る

「高校生」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 在籍者 (学習者)...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる