「高校生」とは?

関連ニュース

「シノバニっぽい4社」に潜入!「シノ×バニ」地上波第5弾が決定! - 04月23日(月)07:00 

テレ朝動画、YouTubeで毎週金曜昼4時に配信中のバラエティー番組「シノ×バニ」が、テレビ朝日で4月30日(月)から4夜連続(夜1:20-1:31)で放送される。 【写真を見る】茨城県にある「めんたいパーク大洗」へ! 「かねふく」が作る予想外なスイーツとは!?/(C)テレビ朝日 同番組は、篠原ともえとバニラビーンズが、ある広告エージェンシーを舞台に最新のトレンド情報を紹介する。 地上波版では、企業から「シノハラエージェンシー」に舞い込んだPV制作の依頼を、篠原社長らがリサーチをし、担当者に話を聞いて、ポップでおしゃれなPV制作に挑戦。リナが「“シノバニっぽい”4社」と語る企業に潜入取材へ向かう。 篠原は「今回はファッション、コスメ、グルメと非常に興味がある企業に伺わせていただきました。普段なかなか体験できないことができ、とても楽しかったです!」と感想を語る。 初日の4月30日(月)の放送では、「モスバーガー」に潜入。2年連続で200万食以上売り上げた人気商品「クリームチーズテリヤキバーガー」が再び期間限定で発売される事を聞きつけ、3人が調理現場をのぞくと、そこにはバーガー作りのポイントとなる数々の秘訣が。バーガー作りに挑戦しながら、その人気の秘密に迫る。 5月1日(火)放送では、明太子の老舗「かねふく」が運営する明太子専門テーマパーク「めんたいパーク大洗」へ。明太子の製造工程が見...more
カテゴリー:

俳優・健太郎、実は淋しがり屋!?意外な素顔を告白 - 04月23日(月)07:00 

人気声優の内田真礼と俳優の健太郎がMCを務める映画情報番組『ムビふぁぼ』(TBS系、4月23日スタート、毎月1回 月曜24:58~)の収録が行われ、健太郎が、内田に「実は淋しがり屋」という意外な素顔を明かす一幕があった。映画『デメキン』やドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『仰げば尊し』(いずれもTBS系)などに出演し、主人公に思いを寄せる大学生やお調子者の男子高校生、暴走族の総長など、異なるイケメンキャラクターを演じ、若手実力派俳優として注目を集める健太郎。最新映画の魅力を掘り下げる同番組でMC初挑戦となるが、収録では、内田とお互いの好きな映画作品についてトークが弾み、次第に話題はプライベートの過ごし方に……。健太郎は「べつに、可愛いアピールしているわけではないですからね!!」と前置きした上で「学生時代から友達が自宅に出入りしていたからか、1人でいると、まるで何かを失ったように感じるんです。映画館には1人で行けるけど、食事はちょっと……」と、1人行動が苦手な〝寂しがり屋″であることを告白。一方の内田は「私は1人でどこでも行ける! 今一番行きたいのは遊園地!」と男前な発言を。それに対し、健太郎は「それは止めたほうがいい! テーマパークに1人は絶対に淋しい!!」と、食い気味に止めスタジオの笑いを誘っていた。この他、初回となる今回は、健太郎自身が出演する映画『コーヒーが...more
カテゴリー:

給付型奨学金を導入=遺児ら「学び充実」-月2万~4万円・あしなが育英会 - 04月23日(月)05:31 

 親を亡くした子どもの進学を支援する「あしなが育英会」(東京)は、4月から従来の貸与型奨学金に、返済不要な月額2万~4万円を上乗せする制度を始めた。生活のためアルバイトに追われ、学業に専念できない生徒らが多いため、給付型の奨学金で金銭的な負担を減らすのが狙いだ。 愛知県出身で三重大3年の河田あかねさん(21)は、14歳のときに父親を亡くし、母親がパートで働きながら3人の子どもを養った。体育教師を目指し私立大を志望したが、母親から学費が高いから無理だと言われ三重大に進学。入学当初は片道2時間半かけて通学したが、負担が重過ぎたため寮に入った。 授業料は奨学金を充てても月に5000円ほど足りない。1万5000円の寮費のほか食費なども必要で、大学の実習で数万円かかることもある。一時は飲食店のアルバイトを掛け持ちし、授業を挟んで早朝から深夜まで8時間以上働いた。疲れを感じる余裕すらなくなり、「何のために大学に入ったのか」と悩んだという。 新制度では、月額で高校生2万円、大学・専門学校生3万円、大学院生4万円が貸与分に上乗せする形で給付される。河田さんは「バイトを減らし、やりたいことに時間を費やせるからありがたい。勉強やボランティア活動などの学びを充実させたい」と話す。 【時事通信社】
カテゴリー:

Sexy Zone中島健人が脱・王子宣言!中条あやみと王道ラブコメ『ニセコイ』でW主演 - 04月23日(月)05:00 

「週刊少年ジャンプ」では珍しい王道ラブコメ漫画として熱狂的なファンを獲得し、シリーズ累計1200万部を突破した古味直志の「ニセコイ」。2014年には新房昭之が総監督を務めテレビアニメ化もされた同作が、先日発売されたジャンプ本誌にて実写映画化されることを発表。ネット上では誰が演じるのかと様々な憶測が活発に飛び交っていた。 【写真を見る】2人のポージングと比較!原作の世界観がどこまで再現されるのか注目だ このたび、冴えない“もやし男”一条楽役をSexy Zoneの中島健人が、短気で口が悪く暴力的な“ゴリラ女”桐崎千棘役をファッションモデルや女優として活動する中条あやみが演じることが明らかになった。 本作は、極道のひとり息子でありながら勉強一筋&ケンカ嫌いの楽と、アメリカのギャング組織のひとり娘で金髪&ハーフのケンカっ早いキョーレツ女子・千棘が、親同士の組織の抗争を鎮めるために偽物の恋人(=ニセコイ)を演じることになってしまうコミカルでぶっ飛んだラブコメディ。 ジャニーズの次世代を牽引するグループとして注目されているSexy Zoneのメンバー、中島。俳優としても『銀の匙 Silver Spoon』(13)でその高い素質が認められ、今や『心が叫びたがってるんだ。』(17)や『未成年だけどコドモじゃない』(17)など出演作が相次ぐ彼が、代名詞とも言える“王子様キャラ”を封印してコメディ演技...more
カテゴリー:

『ニセコイ』中島健人・中条あやみで実写映画化 脱王子&清純を宣言 - 04月23日(月)05:00 

 人気グループ・Sexy Zoneの中島健人(24)、女優の中条あやみ(21)が、古味直志氏の漫画を実写化する映画『ニセコイ』(12月21日公開)にW主演することが22日、わかった。極道一家の一人息子とギャング組織の一人娘が、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に演じさせられることから始まるラブコメディー。2人のコミカルでエネルギッシュな口げんかの応酬も見どころの一つとなり、間近に迫ったクランクインへ向けて中島は「脱・王子」、中条は「脱・清純」を宣言した。 【画像】アニメでも人気 中条あやみが演じる桐崎千棘  原作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2011年から16年まで連載され、コミックスのシリーズ累計は1200万部を突破。男性ファンを中心に熱狂的なファンも多く、先日ジャンプ誌面で実写映画化が発表され話題になっていた。中島が主演した『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16年)、中条が出演した『チア☆ダン ~高校生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17年)など、数々の恋愛・青春映画を手がけてきた河合勇人氏が監督を務める。  極道一家に生まれながら、勉強一筋で将来の夢は普通の公務員という冴えない“もやし男”一条楽を演じる中島は、自身の代名詞でもある“キラキラ王子”のイメージを一切捨てコメディーに挑戦。「僕たち“ケンカップル”のケン...more
カテゴリー:

吉沢亮の彼氏感が止まらない!実写「ママレード・ボーイ」イケメン×料理の本編映像 - 04月23日(月)07:00 

 桜井日奈子と吉沢亮のダブル主演で吉住渉氏による人気少女コミックを映画化する「ママレード・ボーイ」の本編映像が、このほど披露された。遊(吉沢)が得意のシチューをつくり、そこにやってきた光希(桜井)に対し、優しくほほ笑む様子をとらえている。  1992~95年に「りぼん」で連載された同名原作を、「オオカミ少女と黒王子」「PとJK」などの廣木隆一監督が映画化。高校生・光希はある日突然、両親(檀れい&筒井道隆)から「離婚する。ハワイで出会った松浦夫妻(中山美穂&谷原章介)と互いのパートナーを交換して再婚する。松浦夫妻の1人息子・遊も含め一緒に暮らそう」と告げられる。2組の家族による常識外れな共同生活が始まり、光希はクールだが優しい遊に惹かれていく。  映像は物語の要所に登場する食事シーンで、光希と遊が心を通わす瞬間を切り取った。キッチンで夕食の準備をする遊と、2階の自室から降りてきた光希。そっけない態度をとる光希だが、思わずお腹がなってしまい、そんな姿に遊は笑みをこぼす。イケメン×料理という組み合わせ、シェアハウスならではのやりとり、そして遊の“彼氏感”あふれる振る舞いに、胸がときめく内容だ。廣木監督は食事シーンが頻出することについて、「何気ないシーンをしっかり描きたかった。日常にキュンとしてもらいたいと思った」とこだわりを明かしている。  「ママレード・ボーイ」は、ほか佐藤大樹、...more
カテゴリー:

『やれたかも委員会』原作者がドラマ出演者を描いたイラスト公開 - 04月23日(月)05:55 

 22日からMBSを皮切りにスタートしたドラマ『やれたかも委員会』。恋愛ドラマ不毛の時代に、新しい恋愛ドラマのもととなったWEB漫画の原作者・吉田貴司氏は、描き下ろしのイラストを寄せて、地上波放送を祝福。また、主題歌は、堀内孝雄作曲、谷村新司作詞の名曲「君のひとみは10000ボルト」を、ドラマにも出演する女優の江夏詩織が、アーティスト「shiori(シオリ)」としてフレッシュな歌声でカバーする。 【画像】原作者・吉田貴司によるお祝いイラスト(残り3点)  原作者によるイラストは4点。「Congratulations!」というメッセージを背負い、委員会メンバー3人が、「祝」「地上波」「放送」とそれぞれに札を上げている【お祝いイラスト】。30秒PR映像でも話題となった、何故か横たわる月綾子【白石麻衣】。どこか神々しく慈愛の表情を浮かべる能島譲【佐藤二朗】。PCを前に物思いにふけるオアシス【山田孝之】。いずれも原作とは違った魅力を放っている。  ドラマのラストに流れる主題歌を歌うshioriは「オファーをいただいた時は、とにかくビックリしました。しかも『君のひとみは10000ボルト』とお聞きして、こんなにも歴史ある曲を私が…!?と、10万ボルトくらいシビれましたが、素直にとてもうれしかったし感謝の気持ちでいっぱいです。  男性目線のこの曲を女性が歌うということで、初めはイメージが...more
カテゴリー:

【映画】『ニセコイ』中島健人・中条あやみで実写映画化 “脱”王子&清純を宣言 - 04月23日(月)05:03  mnewsplus

4/23(月) 5:00 オリコン 『ニセコイ』中島健人・中条あやみで実写映画化 “脱”王子&清純を宣言  人気グループ・Sexy Zoneの中島健人(24)、女優の中条あやみ(21)が、古味直志氏の漫画を実写化する映画『ニセコイ』(12月21日公開)にW主演することが22日、わかった。極道一家の一人息子とギャング組織の一人娘が、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に演じさせられることから始まるラブコメディー。2人のコミカルでエネルギッシュな口げんかの応酬も見どころの一つとなり、間近に迫ったクランクイ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ニセコイ」実写化、主演は中島健人×中条あやみ!偽の恋めぐり大ゲンカぼっ発!? - 04月23日(月)05:00 

 古味直志氏の人気ラブコメ漫画「ニセコイ」が実写映画化されることになり、「Sexy Zone」の中島健人と女優の中条あやみがダブル主演することが明らかになった。2人は、極道一家の一人息子である“もやしっ子”一条楽、ギャング組織の一人娘である“ゴリラ女”桐崎千棘に扮する。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  「週刊少年ジャンプ」で2011~16年に連載され、コミックスシリーズ累計1200万部を突破した人気原作の実写化。「俺物語!!」など数々の青春映画を手がけてきた河合勇人監督がメガホンをとり、中島とはドラマ版「黒崎くんの言いなりになんてならない」、中条とは映画「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」以来のタッグを組む。  「集英組」組長の一人息子である楽は、勉強一筋&ケンカ嫌い、将来の夢は公務員という男子高校生。ある朝、登校中に門を飛び越えてきた転校生・千棘から飛び蹴りをくらう。千棘はあるギャング組織の一人娘で、性格真逆、相性最悪の2人だけでなく、親の組織同士も抗争寸前の事態に陥ってしまう。抗争を止めるため、楽&千棘は強制的に「恋人のふりをする」ことを約束させられ、2人の“ニセコイ”が始まる。  若者世代に絶大な人気を誇る中島は、今作ではコメディアンぶりを存分に披露。「信頼する河合監督から、『今回の役は“王子様のイメージ”ではないけど、ま...more
カテゴリー:

石田ひかり、佐野勇斗は「素直ないい息子」 又吉原作「凜」プレミア上映 - 04月22日(日)21:15 

 お笑いコンビ「ピース」又吉直樹による舞台作品を、佐野勇斗(M!LK)と本郷奏多のダブル主演で映画化した「凜」が4月22日、沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」でプレミア上映された。出演の石田ひかりと椿鬼奴、池田克彦監督が、那覇・桜坂劇場で行われた舞台挨拶に出席した。  同作は、「100年に1度、村から子どもが消える」という神隠しの伝説が伝わる村の学校を舞台にした青春群像サスペンス。高校生たちが“仲間が消える”という不思議な現象に脅かされる姿を描いた。不思議な雰囲気を持つ東京からの転校生・天童(本郷)は、クラスメイトの野田(佐野)と穏やかな日々を過ごしていたが、友人が次々と姿を消したことで天童に疑いの目が向けられていく。原作を手掛けた又吉が脚本監修として参加している。  池田監督が「完成したのが実は2日前。皆さんの前で流させていただけるのは、感謝の気持ちしかありません」と挨拶すると、会場からはどよめきが。野田の母親役を演じた石田も驚いた様子を見せながら、「こんな素敵な作品に読んでいただいて、とても嬉しく思っております」と池田監督に謝辞を述べた。  開口一番「女優の椿鬼奴です」と自己紹介した鬼奴は、須賀健太扮する生徒の意地悪な継母役を演じ、「憧れの継母役をさせていただいて、光栄に思っております。撮影自体は1日だけで、全体像が見えないままただ意地悪な感じ...more
カテゴリー:

もっと見る

「高校生」の画像

もっと見る

「高校生」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 在籍者 (学習者)...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる