「高校時代」とは?

関連ニュース

ランディ・サベージ マッチョマンの孤独――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第66話> - 04月24日(火)08:31 

 ハルク・ホーガンと長編ドラマのロングランをくり広げたスーパースターだった。  “レッスルマニア1”(1985年)から“レッスルマニア3”(1987年)までが“ホーガン物語・第1章”だとすると、“レッスルマニア4”(1988年)から“レッスルマニア8”(1992年)までの5年間がWWEにおける“マッチョマン”ランディ・サベージの時代ということになる。  ベビーフェースとしてもヒールとしてもつねに主役のポジションを演じつづけた。  “レッスルマニア3”(1987年3月29日=ミシガン州ポンティアック、シルバードーム)でのリッキー・スティムボートとのインターコンチネンタル選手権は、いまでもプロレス史に残る名勝負として語り継がれている。  体格的には“小型ホーガン”のような筋肉マン・タイプだったが、ディテールにこだわったキメのこまかい動きをつねに計算し、リングの広さやトップロープの高さをひじょうにうまく観客に伝える“2階席からもよくわかるプロレス”の名人だった。  サベージがテッド・テビアスを下しWWE世界ヘビー級王座を獲得し、最愛のパートナーであるエリザベスElizabethの肩にチャンピオンベルトをかけた“レッスルマニア4”の感動のラストシーンがサベージのスーパースターとしてのステータスを不動のものにした(1988年3月27日=ニュージャージー州アトランティックシティー)。...more
カテゴリー:

セクハラ福田次官はなぜ出世頭に? 財務省内での意外な評判 - 04月23日(月)15:54 

 森友文書改ざんをはじめ、問題が山積みのなか、財務官僚のトップ・福田淳一事務次官に向けられたセクハラ疑惑。「おっぱい触っていい?」などの発言について本人は否定していたが、ついに辞任が発表された。今後は裁判で争っていく考えを示したが……。  そもそも財務省に入るような人たちとは、どんなタイプが多いのか。国家公務員一種の合格者のなかでも特に成績優秀者が集まっていると言われる財務省。とはいえ、財務省に対して「あんな人がトップにいる組織って大丈夫なの?」と不安を覚えた人も少なくないはずだ。 ◆財務省内ではあの程度の発言は“特に気にしない”  一連の事件で国民の視線は厳しくなるばかりだが、その体質や文化とはどのようなものだったのだろうか。「もともと財務省の内部ではセクハラが横行していました」とは財務省関係者の男性・A氏だ。 「財務省には、男勝りな女性が多いというか……そういった発言も特に気にしないという風潮があります。結果的には、その辺の認識の甘さが今回の事態につながったと言えます」  省庁のなかでも業務量が多く厳しい環境と言われる財務省。現在、女性職員は増えつつあるというが……。福田氏の女性に対する対応はどうだったのだろうか。 「男性であれ、女性であれ、対応や扱いは変わらない。良くも悪くも同じで、なんでもありというか……女性だったら嫌だろうな、ということでも平気でする」  テ...more
カテゴリー:

結果も、肩も、甲子園で完全燃焼 習志野V投手の小川 - 04月23日(月)14:46 

(1975年決勝 習志野5―4新居浜商) 日本に12人しかいないプロ野球の監督で、高校時代に甲子園の土を踏んだ現役監督は5人。その中でも優勝経験者はたった一人だ。今季、4年ぶりにヤクルトの指揮を執る小…
カテゴリー:

小泉孝太郎、父・純一郎と親友・ムロツヨシの“お金のやり取り”を告白 - 04月22日(日)12:39 

俳優の小泉孝太郎が、4月21日放送の『人生最高レストラン』(TBS系、毎週土曜23:30~)に出演。小泉家の食事風景や、親友であるムロツヨシとのエピソードを明かした。徳井義実(チュートリアル)と笹川友里TBSアナウンサーがMCを務める同番組は、料理の代わりにゲストの「人生で一番おいしかったものの話」をいただくグルメトークバラエティ。「子どもの頃から正直、いいものを食べていたと思います」と明かした小泉は、まず、父であり元首相の小泉純一郎からの厳しいしつけを告白。食卓に出された料理に対する不満は一切口にできなかったそうで、「これが食べたくないとか、嫌だとか言ったら、“じゃあ、いらないんだな”って、その日は(食事が)なくなってしまうんで」と語った。また、子どもの頃は父の秘書やSPとも食卓を囲むなど、大勢で食事をすることが多かったそうで、特に選挙の時期は、大勢の知らない人と一緒に食べることも少なくなかったようだ。そんな小泉が昔から通っているのが、麻布十番の高級中華料理店「登龍」。最近では、正月に家族や親戚とこの店で食事をしたという。そして、そこには、なぜか俳優のムロツヨシも。実は、小泉とムロは10年ほど前に映画で共演してから無二の親友となり、現在まで、家族ぐるみで親交を深めているのだった。さらに、小泉は、「(ムロが)うちの父からお年玉を毎年もらっている」と衝撃告白。小泉と、弟の小泉進次郎は...more
カテゴリー:

中島健人のモデルは「教え子の佐藤くん」!? 【林先生&元教え子・水野Pの「初耳学総論」後編】 - 04月22日(日)06:00 

世間であまり知られていない知識や知恵を、賢人・林修が“知ってた”か“初耳”かを答えていく形で紹介する新趣向の情報バラエティー「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)。放送4年目に突入し、ますます勢いに乗る当番組の人気の秘密を、林修自らが彼の教え子でもある水野雅之氏(総合演出・プロデューサー)とともに分析する「初耳学」師弟対談の後編は、番組のコンセプトや視聴率など、さらにディープな話へと展開! みずの・まさゆき=MBSプロデューサー。「林先生が驚く初耳学!」のほか、「プレバト!!」(TBS系)の総合演出も担当 ■ 林先生は美女とイケメンをイジりながら授業してました(水野) ──水野さんは高校時代、林先生が教える塾の教え子だったわけですが、やはり、その関係性が番組に活かされているのでしょうか。 林「いや、それは関係ないですね。プロデューサーである彼が僕の教え子だったから、ではなく、彼のテレビマンとしての能力が高いから、この番組は成功したんだと思います。そもそも僕は、ビジネスとプライベートは完全に切り離したいタイプなので、個人的な人間関係で仕事をするのはあまり好きじゃないんですよ。それよりもとにかく、“できる人”と一緒に仕事がしたい。人間的に最低なヤツでも構わないんです」 水野「僕がサイテーなヤツみたいじゃないですか!(笑)」 林「いやいやいや(笑)。それくらいのスタンスで仕事をしてるんだよ...more
カテゴリー:

永遠のライバルは永遠に仲良し。橋本選手&金丸選手編 Go!Go!シーホースvol.23 - 04月24日(火)07:00 

B.LEAGUE(以下Bリーグ)と、シーホース三河の選手をもっと知ってもらうためのミニインタビュー企画。第3 回は共に名門、福岡大大濠高校に通った2人。同級生であり、「永遠のライバル」としてお互いを認め合う橋本竜馬選手と金丸晃輔選手が登場。 【写真を見る】釣りが趣味の金丸選手。釣りの話になると楽しそう まずは選手の紹介を。橋本選手は、1988年生まれ、福岡県出身。福岡大大濠高校を経て青山学院大学に進学。4年次にはキャプテンを務め、大学卒業後、2011年にアイシンシーホース三河に加入してからシーホース一筋でプレー。練習でも試合でも常に全力で挑む、熱い気持ちとリーダーシップでチームを牽引する選手だ。 金丸選手も橋本選手と同じく、1988年生まれ、福岡県出身。高校時代から将来を嘱望された選手で、卒業後は明治大学に進学。1年次より主力選手として活躍した。大学卒業後、2011年にパナソニックトライアンズ(2013年に休部)に加入し、2013年にアイシンシーホース三河に移籍。Bリーグ屈指のシューターで、抜群の得点力を誇る。昨シーズンは日本人選手の中でトップの平均得点を記録するなど、リーグを代表するスコアラーである。 高校の同級生であった2人が共にプロバスケ選手になり、再びチームメイトとしてプレー。これも何かの運命に思える。シーズン開幕前に行われたオフィシャルガイドブックのアンケートでは、「永...more
カテゴリー:

Netflix「13の理由」キャストが初来日!東京観光を満喫 - 04月23日(月)15:00 

 Netflixの人気オリジナルドラマ「13の理由」の来日イベントが4月23日、東京・TOHOシネマズ日本橋で行われ、初来日を果たした主人公役のディラン・ミネット、友人役のアリーシャ・ボー、制作総指揮・脚本のブライアン・ヨーキー氏が出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  ジェイ・アッシャー氏によるヤングアダルト小説をドラマ化。自殺した女子高生ハンナ・ベーカーは、生前に肉声を録音したカセットテープを遺していた。同級生の少年クレイ・ジェンセンはテープを受け取り、恋心を抱いていた少女が自死へと至った“13の理由”をたどっていく。高校生活のリアルな描写とミステリアスな展開が話題を呼び、シーズン2の制作も決定している。  主人公クレイを演じたミネットとハンナの友人ジェシカ・デイビス役のボーは、昨日に東京を観光したそうで、ミネットは「2人で原宿、渋谷にも行き、(新宿)ゴールデン街にも行けました。本当に楽しかった。小さなバーに入ると、接客の方が美しい歌を歌ってくれて、仲良くなった。2時間くらい滞在し、非常に特別な時間でした」と興奮の様子で熱弁した。  さらにボーは、「日本に来ることが夢でした」としたうえで、「フードマーケットでは見るものすべてがおいしそうで、全部食べたかった。クレープはまだ試せていないんですが、夢のような味がするんでしょうね!」とジェスチャーを交えて語...more
カテゴリー:

若槻千夏、SNSの失敗談を披露 「自宅の位置情報が出ていました」 - 04月23日(月)14:46 

 Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」の来日スペシャルイベントが23日、東京都内で行われ、出演者のディラン・ミネット、アリーシャ・ボーほかが登壇。お祝いゲストとしてタレントのりゅうちぇると若槻千夏が駆けつけた。 本作は、少女の死をめぐる“13の理由”をひも解いていくソーシャルチェーンミステリーで、デジタル世代の若者たちが直面する心の闇が描かれる。 以前から本作のファンだったという若槻は「物語が、当事者の目線に立って作られているので心に響くし、繊細。30代の私にもスッと入ってきました」と感想を語った。 りゅうちぇるは「舞台が高校。僕も4年前に高校を卒業したばかりなので、『分かるー!』というのが多かったです」と語った。 また、SNSにまつわるエピソードを聞かれた若槻は「10代、20代ではないのでSNSに少し疎いところがありまして。ちょっと怖い体験なのですが、携帯を買い替えたときに、位置情報をオンにしたままにしちゃっていて、5日ぐらいずっとインスタグラムに自宅の位置情報が出ていました」と失敗談を披露し、「誰もザワザワしなかった。2回サプライズがありました」と笑わせた。 りゅうちぇるは、学生時代の経験として「自分の付き合っている人とかが、違う異性と近距離で写真を撮って(SNSにアップして)たらみんなで、『うわ、浮気だ』『これを載せる時点であり得なくない…?』みたいな。(SNSが基...more
カテゴリー:

身体が弱いフリ、ワントーン高い声… 女子が男子の前で演じた〝女の子〟 - 04月22日(日)12:00 

男子の視線を気にして、つい女の子をアピールしてしまったことのある女性は少なくないはず。ある程度の恋愛経験を積んだあとで振り返ってみると、「あのときの私、ちょっとイタかった?」なんて恥ずかしくなることも……。女子が男子の前で演じた〝女の子〟について、ヒトメボ女性読者に聞いてみました。 検索ワードを入力 みんなの前でバク転… 男子が女子の視線を気にしてやりすぎたこと ●ボディタッチ 「大学に入ってからですけど、お酒が入って少し酔っぱらったときに、近くにいた女性の友だちに腕を絡ませたりベタベタしてました。男性に直接はできないけど、目の前にいる男の人たちに『人肌恋しくなった女の子』をアピールするため……恥ずかしい!」(東京・26歳女性) 男からすると、「え、むしろ俺にして!」なんて下心が芽生えそう。 ●声のトーンを高くする 「鉄板ですが、男子の前で急に声のトーンが高くなる女子はたくさんいました。体育の時間とかで着替えているときは低い声なのに……その意識はしていないけど、私もそうだったのかな?」(奈良・34歳女性) 別に媚態をつこうなんていう気はなくて、無意識にやってしまったりするんですよね……。 ●身体が弱いフリをする 「中学生のとき、たいした怪我じゃなかったりちょっと気分が悪いだけですぐに保健室に行く友だちがいました。同窓会で久しぶりに集まったときに聞いたら『身体が弱い女...more
カテゴリー:

浜辺美波、モンゴル800『小さな恋のうた』熱唱で「運命感じた」 - 04月21日(土)16:00 

 女優の浜辺美波が、定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」の新テレビCMに登場。カバンを振りかざしつつ、モンゴル800の楽曲『小さな恋のうた』を熱唱する女子高生役を演じている。【写真】浜辺美波が出演する「LINE MUSIC」新TVCM「歌う篇」フォトギャラリー 浜辺は第7回東宝シンデレラオーディションで「ニュージェネレーション賞」を獲得して芸能界入り。2017年、映画『君の膵臓をたべたい』でヒロイン・山内桜良役を演じ、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。現在、連続ドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に出演しているほか、出演映画『センセイ君主』の公開も8月に待機している。 今回のCMでは、帰宅途中の浜辺が気になる男子からLINEメッセージを受け取り、嬉しさのあまり、イヤホンを通じて聞いていた『小さな恋のうた』を鼻歌。楽曲がサビに差しかかったとき、カバンを勢いよく振り回しながら、男子に対する抑え切れない思いを「ほら あなたにとって大事な人ほど すぐそばにいるの」と歌詞に合わせて熱唱している。気になる彼を想う、リアルな女子高生の青春の1コマを再現することにより、「音楽」で日常の小さな出来事をより楽しく、前向きにする瞬間を表現してみせたとのことだ。 桜の花びらが時折舞う、春ならではの暖かい雰囲気の中、撮影はNGもほとんどなく、ス...more
カテゴリー:

もっと見る

「高校時代」の画像

もっと見る

「高校時代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる