「高校時代」とは?

関連ニュース

【コロムビア・ライト】慶大生の父親殺人事件 「有名漫才師」の孫が容疑者、息子が被害者――数奇な家庭 - 01月22日(月)07:24  mnewsplus

1/22(月) 6:01配信 デイリー新潮 凶器は果物ナイフ 慶大生の父親殺人事件 「有名漫才師」の孫が容疑者、息子が被害者――数奇な家庭  現役の慶大生が、慶大OBである自分の父親を刺殺する――。やはり衝撃的という表現が最も適切だろう。判明していない事実も少なくないが、「父親の子供や妻に対する暴力」が動機の可能性として指摘されている。  *** 慶大生の父親殺人事件 「有名漫才師」の孫が容疑者、息子が被害者――数奇な家庭 鳥屋多可三さん(写真は会社のHPより)  警視庁田園調布警察署は、1月19日、東京都大田区南雪...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】ZIGGY森重樹一 “X JAPANと大げんか”伝説の真相「ホントだよ」 - 01月21日(日)23:44  mnewsplus

2018/1/21 14:20 ZIGGY森重樹一 “X JAPANと大げんか”伝説の真相「ホントだよ」 ZIGGYのボーカル・森重樹一が1月20日にNHK総合で放送された音楽バラエティ番組『バナナ♪ゼロミュージック』に出演した。司会のバナナマン設楽統が高校時代にZIGGYのコピーバンドを組んでいたほどのファンで、“バナナマンプレゼンツ”に迎えたのだ。 森重樹一が登場するや、設楽は「森重さんだ! カッコいいんですよめちゃめちゃ!」とテンションが上がる。「ホント? ありがとう」と微笑み返されて「ホントの言い方がめちゃ優しい! 俺が犬だったら...
»続きを読む
カテゴリー:

エド・シーラン、婚約 - 01月21日(日)14:02 

エド・シーランが、2015年夏ごろから交際が伝えられていた高校時代の同級生(11歳のときから知り合いだったとも言われる)Cherry Seabornさんと婚約したそうだ。
カテゴリー:

「今やめたら存在価値がなくなる」23歳・天才三味線奏者の苦悩と覚悟 - 01月21日(日)11:00 

「私、天才だったんですよ(笑)」 そう笑うのは津軽三味線奏者・川嶋志乃舞(しのぶ)だ。近年、吉田兄弟がブレイクしたのを筆頭に、8人組ロックバンド「和楽器バンド」が話題になったり、津軽三味線を題材にした漫画『ましろのおと』が文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞するなど、三味線に少しずつ注目が集まっている。 そんな中、川嶋は“キラキラシャミセニスト”として、邦楽とKawaiiをミックスさせた“ニッポンカワイイカルチャー”を提唱し、伝統文化の魅力を発信。昨年、東京藝術大学を卒業したばかりだが、日本文化を若い人々に伝える担い手として「日本の音楽の最先端を切り拓(ひら)いていく」と宣言している。 中学3年間、そして大学在学中に一度、全国大会で優勝するほどの実力を持つ川嶋だが、冒頭のセリフはまさにその通り。しかし、なぜそんな天才が“キラキラシャミセニスト”の肩書きで活動しているのか。その経歴とともに三味線の可能性を聞いた。 彼女が和楽器に触れたのは3歳の時だ。音楽一家どころか家族は誰ひとり音楽をやっていなかったが、和楽器の習い事をさせたかった両親が、邦楽の演奏を観に連れていったことがきっかけだという。 「舞台を観ていたら闘争心が湧いてきたんですよ。なんで私が...more
カテゴリー:

遠藤保仁、吉田麻也に本音「大人しくしておけ」 - 01月21日(日)02:51 

ガンバ大阪の遠藤保仁が、テレビ東京で1月21日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)にゲスト出演。番組MCの勝村政信、皆藤愛子、そして、横浜フリューゲルス時代にチームメイトとして遠藤とピッチに立った番組アナリストの三浦淳寛と共に「ゲームメイカーの必要性」について語り合った。遠藤は、日本代表歴代最多出場記録を持ち、2大会連続でワールドカップに出場。2014年にはガンバ大阪で3冠を達成しJリーグMVPに輝くなど、日本屈指のゲームメイカーとして、日本サッカーを長きにわたり牽引している。まず、遠藤のプレースタイルはどのようにして確立されたのか? それは高校時代のブラジル人コーチとフリューゲルス時代のレシャック監督の教えが大きかったのだとか。高校のコーチには「(遠藤のポジションは)極力ドリブルはしなくていい。ワンタッチ、ツータッチでボールをはたいて、写真家が撮りづらい選手になりなさい」と言われたという。これは、日本サッカー殿堂入りを果たしたプロカメラマン・今井恭司が番組に出演した際に語った、「今はサッカーのスピードが早くなっているので、撮りにくい、撮れないというくらいになった方が良い選手になると思う」というコメントとも一致。そして、レシャック監督に「日本人は走りすぎる。人が走るのとボールはどっちが速いんだ?」と教えられ、プロ1年目にして“パスサッカー”に確信...more
カテゴリー:

【男子バスケ】日本に若き新戦力!田中力(世界で12人しか入れないNBAグローバルアカデミーに合格)と渡辺飛勇(高校時代に米ハワイでMVP) - 01月22日(月)00:26  mnewsplus

若き新戦力が出現する中で選考レースの競争が激化した男子代表。「チャイニーズ・タイペイ戦だけに集中する」とフリオ・ラマスHC ■ターゲットは2月22日のチャイニーズ・タイペイ戦 「今、フォーカスしているのはチャイニーズ・タイペイ戦。その試合だけに集中する」  フリオ・ラマスヘッドコーチはそう言って、2018年の初練習をスタートさせた。  ワールドカップ1次予選に向けた男子代表の第12次強化合宿が、Bリーグオールスターを開催した熊本にて、オールスター明けの1月15日から3日間行われた。 今回の強化合宿は、11月の...
»続きを読む
カテゴリー:

【グラビア】「ミスグラジャパ!」グランプリ・島崎由莉香「胸は自信がないので…」 - 01月21日(日)22:19  mnewsplus

「週刊プレイボーイ」による新人グラビアアイドル発掘オーディション「ミスグラジャパ!」の 受賞者お披露目会見が21日、東京・新宿の週プレ酒場で行われ、グランプリに輝いた女優で タレントの島崎由莉香(20)らが出席した。 白いビキニで登場し、身長167センチ、B80・W64・H87のスリムボディーを披露。 「グラビアは抵抗があったけど、20歳になって新しい挑戦として応募しました」。Bカップの バストを気にしながら「胸がないのでグラビアは自信がなかった。ビックリしてるけど、うれしいです」。 6歳から...
»続きを読む
カテゴリー:

遠藤保仁、吉田麻也に本音「大人しくしておけ」 - 01月21日(日)12:00 

ガンバ大阪の遠藤保仁が、テレビ東京で1月21日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)にゲスト出演。番組MCの勝村政信、皆藤愛子、そして、横浜フリューゲルス時代にチームメイトとして遠藤とピッチに立った番組アナリストの三浦淳寛と共に「ゲームメイカーの必要性」について語り合った。遠藤は、日本代表歴代最多出場記録を持ち、2大会連続でワールドカップに出場。2014年にはガンバ大阪で3冠を達成しJリーグMVPに輝くなど、日本屈指のゲームメイカーとして、日本サッカーを長きにわたり牽引している。まず、遠藤のプレースタイルはどのようにして確立されたのか? それは高校時代のブラジル人コーチとフリューゲルス時代のレシャック監督の教えが大きかったのだとか。高校のコーチには「(遠藤のポジションは)極力ドリブルはしなくていい。ワンタッチ、ツータッチでボールをはたいて、写真家が撮りづらい選手になりなさい」と言われたという。これは、日本サッカー殿堂入りを果たしたプロカメラマン・今井恭司が番組に出演した際に語った、「今はサッカーのスピードが早くなっているので、撮りにくい、撮れないというくらいになった方が良い選手になると思う」というコメントとも一致。そして、レシャック監督に「日本人は走りすぎる。人が走るのとボールはどっちが速いんだ?」と教えられ、プロ1年目にして“パスサッカー”に確信...more
カテゴリー:

遠藤保仁、ゲームメイカーの必要性を確信「いないならやろうか?」 - 01月21日(日)06:00 

ガンバ大阪の遠藤保仁が、テレビ東京で1月21日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)にゲスト出演。番組MCの勝村政信、皆藤愛子、そして、横浜フリューゲルス時代にチームメイトとして遠藤とピッチに立った番組アナリストの三浦淳寛と共に「ゲームメイカーの必要性」について語り合う。遠藤は、日本代表歴代最多出場記録を持ち、2大会連続でワールドカップに出場。2014年にはガンバ大阪で3冠を達成しJリーグMVPに輝くなど、日本屈指のゲームメイカーとしてサッカー界を牽引。収録でも、皆藤が「日本サッカーのレジェンド」と紹介すると、勝村が「スーパーと付けて下さい」と言い足すなど、現在の日本サッカーを象徴する存在の1人だ。そんな“スーパーレジェンド”を迎え、「今の日本代表に司令塔は!? 遠藤保仁が語るゲームメイク論」をテーマに議論を展開。近年、フィジカル重視のサッカーが世界の潮流となり、“ファンタジスタ”や“10番”といったゲームメイカーの必要性が薄れてきたと言われているが、遠藤は「どの時代でも“10番”はいるべきだと思っている。いないならやろうかなって」と必要性を語る。そして、プロ1年目で「確信に変わった」という遠藤のプレースタイルを作り上げた、高校時代のブラジル人コーチや、フリューゲルス時代のレシャック監督の教えを明かしていく。さらに日本代表の話題になると、南アフリカ...more
カテゴリー:

遠藤保仁、ゲームメイカーの必要性を確信「いないならやろうか?」 - 01月21日(日)02:48 

ガンバ大阪の遠藤保仁が、テレビ東京で1月21日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)にゲスト出演。番組MCの勝村政信、皆藤愛子、そして、横浜フリューゲルス時代にチームメイトとして遠藤とピッチに立った番組アナリストの三浦淳寛と共に「ゲームメイカーの必要性」について語り合う。遠藤は、日本代表歴代最多出場記録を持ち、2大会連続でワールドカップに出場。2014年にはガンバ大阪で3冠を達成しJリーグMVPに輝くなど、日本屈指のゲームメイカーとしてサッカー界を牽引。収録でも、皆藤が「日本サッカーのレジェンド」と紹介すると、勝村が「スーパーと付けて下さい」と言い足すなど、現在の日本サッカーを象徴する存在の1人だ。そんな“スーパーレジェンド”を迎え、「今の日本代表に司令塔は!? 遠藤保仁が語るゲームメイク論」をテーマに議論を展開。近年、フィジカル重視のサッカーが世界の潮流となり、“ファンタジスタ”や“10番”といったゲームメイカーの必要性が薄れてきたと言われているが、遠藤は「どの時代でも“10番”はいるべきだと思っている。いないならやろうかなって」と必要性を語る。そして、プロ1年目で「確信に変わった」という遠藤のプレースタイルを作り上げた、高校時代のブラジル人コーチや、フリューゲルス時代のレシャック監督の教えを明かしていく。さらに日本代表の話題になると、南アフリカ...more
カテゴリー:

もっと見る

「高校時代」の画像

もっと見る

「高校時代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる