「高木渉」とは?

関連ニュース

新『エウレカ』3部作を手がけるアニメーター・吉田健一が語るライバル、師匠「もっとギラギラと描かなきゃって…」 - 09月18日(月)17:00 

今年で誕生から100周年を迎えた日本のアニメ――。日本が世界に誇る一大コンテンツのメモリアルイヤーに、週プレNEWSでは旬のアニメ業界人たちへのインタビューを通して、その未来を探るシリーズ『101年目への扉』をお届けする。 第3回目は、アニメーターの吉田健一さん。20歳でスタジオジブリに入社し、『耳をすませば』や『もののけ姫』のアニメーターを経験した後に独立。『交響詩篇エウレカセブン』や『ガンダム Gのレコンギスタ』など話題作のキャラクターデザインを担当した。 そんな吉田氏の代表作ともいえる『交響詩篇エウレカセブン』(2005年~2006年)が、TVシリーズの放映から10年以上の時を経て、新劇場版『交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション』3部作として蘇る。 その第1部が9月16日に公開され話題となる中、10年ぶりのリブートへの思いからキャラクターデザインという仕事の本質、さらにはご自身のキャリアについて伺った、インタビュー後編! ■「アニメはこんなこともできるんだ!」 ―前編では10年前にどういう思いで『エウレカ』を手掛けたのかお話いただきました。今回は少し時代をさかのぼって、ご自身のキャリアについても伺えればと。若い頃の吉田さんは、どういったアニメ...more
カテゴリー:

魔神の全貌をとらえた「劇場版 マジンガーZ INFINITY」ポスター完成! - 09月14日(木)06:00 

 画業50周年を迎える永井豪氏による「マジンガーZ」シリーズを劇場アニメーション化する「劇場版 マジンガーZ INFINITY」のポスタービジュアルが、このほどお披露目された。豪雨が降り注ぐなか、倒壊した建物と思われる瓦礫の中腹に立つマジンガーZの全貌が明らかにされている。  1972年にスタートした「マジンガーZ」は、世界征服を目論む天才科学者Dr.ヘル率いる“機械獣”と、搭乗型のスーパーロボット・マジンガーZを操る兜甲児を中心とした“人間たち”の攻防を描いた人気シリーズ。今作ではDr.ヘルとの戦いが終結してから10年後が舞台で、科学者の道を歩み始めた兜甲児が、富士山中で巨大構造物と謎の生命体に遭遇し、再び人類の未来を託される姿を映し出す。  「世界消滅の時、魔神 現る」というキャッチコピーが目を引くポスタービジュアルは“機械獣”の頭部らしき機械片を片手に持つマジンガーZが、巨大な敵に挑みかかろうという緊迫の瞬間をとらえたもの。工場地帯をバックに立つマジンガーZは、従来のものと一見同じようなプロポーションに見えるが、シェイプされたボディライン、動きのリアリティを増した間接周りの造形が特徴的だ。あわせて公開されたチラシビジュアルの裏面には、再起動したマジンガーZの頭部にフォーカスを当てており、「神の力か、悪魔の力か――!?」というコピーが添えられている。  また、日本に先立っ...more
カテゴリー:

タイムスリップSFアクション『タイムレス』、11月8日(水)リリース! - 09月07日(木)11:10 

『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のエリック・クリプキ、『ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~』のショーン・ライアンという二人のヒットメイカーが企画・脚本・製作総指揮を手掛けるタイムスリップSFアクション『タイムレス』のDVDが、11月8日(水)よりリリースされる。ある機関で秘密裏に開発されたタイムマシンが奪われ、この事態を解決すべく集められた歴史学者、軍人、そして開発に関わったプログラマーがチームとなって、試作品のタイムマシンで犯人を追うことに。タイムマシンを奪った謎の男は、過去に戻って重要な歴史の数々を変えようとしていた。果たして3人は国家を、そして歴史を守ることができるのか?ヒンデンブルク号墜落事故、リンカーン大統領暗殺、ウォーターゲート事件、アポロ11号の月面着陸といった、アメリカと世界を揺るがした有名な出来事を毎回取り上げ、そこで起きる謎の男と主人公たちの攻防を描く一話完結型のストーリー。スリル満載のアクションと歴史サスペンスを体感できるほか、歴史のトリビアの数々も知ることができる。今年5月には、まるで作品の内容をそのまま現実にしたかのような過去を変える出来事が起きたことでも注目を集めた。一旦シーズン1をもって打ち切りが発表されたものの、ファンたちの続編を望む声がSNSなどを通して殺到したことで、打ち切り発表から3日後に一転してシーズン2の制作が決定した...more
カテゴリー:

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』ビジュアル解禁! ついに全形現る - 09月14日(木)06:00 

 1970年代に一世を風靡した巨大ロボットアニメ『マジンガーZ』を、原作者・永井豪の画業50周年記念プロジェクトとして復活させた『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』のポスタービジュアルが解禁された。45年ぶりの復活を果たしたマジンガーZの全形がついに明らかとなった。【関連】「森久保祥太郎」フォトギャラリー 本作は、国内のみならずアジア、ヨーロッパなど世界的にも人気を博す元祖搭乗型巨大ロボットアニメの最新作。主人公・兜甲児(CV:森久保祥太郎)が、Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類を救ってから10年。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた甲児は、富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する…。 今回解禁となったポスタービジュアルに映るのは、倒壊した建物と思われるがれきの中腹に立つマジンガーZの姿。片手には、熾烈な戦いを繰り広げたとおぼしき機械獣の頭部を持つ。復活したマジンガーZの姿は従来と比べて、シェイプされたボディラインと動きのリアリティを増した関節周りの造形が特徴で、より躍動的な印象だ。 また、日本に先立ち、世界最大規模のアニメ映画祭として名高い「アヌシー国際アニメーション映画祭」の開催地でもあるフランスや、「ローマ国際映画祭」の開催地であるイタリアなど海外での先行公開が決定。さらに、通常の上映形態に加えて、臨場感溢...more
カテゴリー:

12年ぶりの『エウレカ』でアニメーター・吉田健一が向き合ったものーー「時代遅れの老害でも、この業界に残していくことがある」 - 09月12日(火)19:00 

今年で誕生から100周年を迎えた日本のアニメ――。日本が世界に誇る一大コンテンツのメモリアルイヤーに、週プレNEWSでは旬のアニメ業界人たちへのインタビューを通して、その未来を探るシリーズ『101年目への扉』をお届けする。 第3回目は、アニメーターの吉田健一さん。20歳でスタジオジブリに入社し、『耳をすませば』や『もののけ姫』のアニメーターを経験した後に独立。『交響詩篇エウレカセブン』や『ガンダム Gのレコンギスタ』など話題作のキャラクターデザインを担当した。 そんな吉田氏の代表作ともいえる『交響詩篇エウレカセブン』(2005年~2006年)がTVシリーズの放映から10年以上の時を経て、新劇場版『交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション』3部作として蘇る。 その第1部の公開が9月16日に迫る中、約10年ぶりのリブートへの思いからキャラクターデザインという仕事の本質、さらにはご自身のキャリアについて、インタビュー前後編でお届けする。 ■12年前はこういう絵が珍しかった ―『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の公開を控えたタイミングでのインタビューですが、ご自身が手掛けた作品に12年ぶりに向き合ってみて、いかがでしたか? ...more
カテゴリー:

【テレビ】『コナン』『GTO』に『真田丸』声優歴30年のベテラン・高木渉が演技論を語る「アドリブはしようとしなくていい」 - 08月21日(月)22:01  mnewsplus

今年で誕生から100周年を迎えた日本のアニメ――。日本が世界に誇る一大コンテンツのメモリアルイヤーに、週プレNEWSでは 旬のアニメ業界人たちへのインタビューを通して、その未来を探るシリーズ『101年目への扉』をお届けする。 第2回目は、声優の高木渉(わたる)さんが登場。『名探偵コナン』の小嶋元太や『GTO』の鬼塚英吉など数々の有名キャラクターを 演じ、2016年にはNHKの大河ドラマ『真田丸』で武田家の家臣・小山田茂誠役を務め、俳優としてアニメファン以外からも大きな注目を集めた。 今年でキャ...
»続きを読む
カテゴリー:

「高木渉」の画像

もっと見る

「高木渉」の動画

Wikipedia

太字は放送中。※はインターネット配信。

Web番組 舞台
  • 劇団あかぺら倶楽部各作品
  • さんにんのかい
    • 新撰組‐名もなき男たちの挿話‐
    • 新撰組‐名もなき男たちの挿話‐(再演)
    • 異聞西遊記・孫悟空〜花果西遊妖仙奇譚〜
  • 作者をせかす六人の主人公たち(作者の友人 役)
  • サクラ大戦 武道館ライブ 〜帝都・巴里・紐育〜(2007年5月13日)シゾー
  • サクラ大戦 巴里花組ライブ2012 〜レビュウ・モン・パリ〜(2012年12月26日 - 29日)シゾー
その他
  • なんちゃってバンパイヤン(トナカイ)
  • ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる