「高度経済成長」とは?

関連ニュース

日本で強いブランドは何か? ブランド・ランキング公開 - 02月21日(水)10:00 

日本における企業のブランド価値が、国際的に輝きを失い始めているといわれている。だが、高度経済成長やバブル景気で、価値を高めたブランドがそうそう廃るわけではない。
カテゴリー:

逆輸入俳優大谷亮平、映画「焼肉ドラゴン」に出演!撮影では韓国語通訳もこなす - 02月19日(月)05:00 

 “逆輸入俳優”として人気を博す大谷亮平が、伝説の舞台を映画化する「焼肉ドラゴン」に出演していることがわかった。長年韓国で活動していた大谷は、日韓キャストが集った撮影を「私が通訳のような役割をさせていただいたりする場面も多々ありました」と振り返っている。  第43回紀伊國屋演劇賞で個人賞、第16回読売演劇大賞で大賞・最優秀作品賞を含む4冠に輝くなど、演劇賞を総なめにした同名舞台が原作。舞台版の演出を手がけた鄭義信が監督として初めてメガホンをとり、キャストには真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋、ハン・ドンギュ、イム・ヒチョル、宇野祥平、大江晋平らが顔をそろえている。  物語の舞台は、高度経済成長期の真っただ中、万国博覧会が開催された1970年代。関西の地方都市の一角にある小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」で、故郷を奪われた家族6人が時代の波に翻ろうされながらも泣いて笑って、力強く生きる姿をユーモアに満ちた描写、印象的なセリフとともに紡いでいく。  そして2003年から韓国で活躍し、16年からはドラマ「ラヴソング」「逃げるは恥だが役に立つ」など日本でもブレイクを果たした大谷が、焼肉ドラゴン一家の三女・美花(桜庭)と秘めた恋に落ちる男・長谷川豊に扮する。豊には妻・美根子(根岸季衣)がいることから、美花と美根子が嫉妬心むき出しの激しいバトルを巻き起こす、という設定。場面写真も披露され...more
カテゴリー:

【神奈川】人口減少止まらず 41年ぶりに40万人下回る 神奈川 横須賀 - 02月14日(水)21:04  newsplus

造船業など地域産業の衰退によって人口が減り続けている神奈川県横須賀市では今月、人口が41年ぶりに40万人を下回り、市は住民の流出を食い止めるため子どもの医療費の助成拡充など子育て支援策に力を入れることにしています。 横須賀市は高度経済成長期に進んだ宅地開発によって昭和52年に人口が40万人を超え、ピーク時の平成4年には43万人余りにまで増えました。 しかし、平成10年代以降は造船業や自動車製造業など地域産業の衰退によって人口の減少傾向が顕著になり、今月1日の時点で人口が41年ぶりに40万人を...
»続きを読む
カテゴリー:

【訃報】「苦海浄土」作家の石牟礼道子さん死去 90歳 - 02月10日(土)08:22  newsplus

「苦海浄土」石牟礼道子さん死去 02月10日 07時14分 http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180210/0007842.html 「苦海浄土」など水俣病をテーマにした文学作品で知られる作家の石牟礼道子さんが、10日未明、熊本市内の施設で亡くなりました。 90歳でした。 石牟礼道子さんは、熊本県宮野河内村、今の天草市に生まれ、生後まもなく今の水俣市に移り住みました。 昭和33年、戦後を代表する詩人で思想家の1人、谷川雁が主宰する文学グループに参加して本格的に文学活動を始めました。 昭和40年から、工場排水の有機水...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】格差・貧困に背を向けた結果、日本は「階級社会」に突入していた★2 - 02月04日(日)23:31  bizplus

格差拡大が話題になり始めたころ、政府、財界、そして一部のマスコミは、躍起になって格差拡大の事実を否定しようとした。 最初の段階では、都合のいい統計データを示しながら、「格差は拡大していない」と言い張った。いくつもの指標が格差拡大を示していることを否定できなくなると、「格差拡大は見せかけだ」と言いだした。 OECDが、日本の貧困率は先進国のなかで米国に次いで高いと発表すると、「この貧困率の計算方法は日本にはあてはまらない」などと言い張った。さらに統計的な証拠が集まって、格差が実質的にも拡大している...
»続きを読む
カテゴリー:

物流博物館/「高度経済成長と生活革命」で映画上映会 - 02月19日(月)18:59 

物流博物館は3月25日、2017年度物流博物館上映会の第9回目を開催する。 テーマは日本人の食生活を支えた米穀輸送、新たに登場した広告媒体・テレビCM、経済成長に伴う包装革命、「レジャーブーム」時代のレジャーランドの映像 […]
カテゴリー:

祖母の育児・私の育児「大切なことは昔も今も変わらない」 - 02月17日(土)21:45 

photo by author おばあちゃん世代と話していると、 「昔からずっとこうだったのに」「昔の育児と今の育児は違うから……」 といった言葉がよく出てきます。 そのような言葉を聞いて、筆者はいつも違和感を覚えます。 それはなぜか、そして“変わらないこと”とはなにかについて、助産師である著者が思うことをお伝えします。 ▼そもそも、昔っていつのこと? 「昔はね」とお話しする祖母世代の言葉に違和感を覚える理由は、その「昔」とはいつをさすのだろうということです。 10年前?50年前?100年前? 赤ちゃんの祖母世代が育児をしていた背景と、さらにその上の世代の育児背景はまた異なります。十把一絡げに、区別なくすべてを全部ひとまとめにして「昔」とまとめることはできないほど、刻々と変化しているのです。 そして、大切なことの根本は、社会背景の変化があっても変わることがありません。 たとえば、出産。 昭和30年代半ばまでは自宅出産が主流でした。自宅に産婆(助産師)をよび出産し、産後も添い寝が当たり前でした。 分娩台で産んで、赤ちゃんは出生後すぐに新生児室へ隔離されるようになったのはここ数十年間だけのことです。しかし次第に行きすぎた管理出産が見直されて、“カンガルーケア”や“母子同室”が見直されつつあります。 また、たとえば母乳育児。 source:http://www.shutterstock...more
カテゴリー:

見つからない「お土産」をスノードームのなかに求めて(東京スカイツリー)〜連載・漫画家、座二郎が建築と想像の狭間を描く - 02月14日(水)19:00 

戦後復興、高度経済成長とともに生まれた東京タワーの完成から60年。この都市の新たなシンボルとならんとした東京スカイツリーは、インバウンド需要をはじめとする「お土産欲」の象徴だと、設計士/漫画家の座二郎はいう。商業施設と融合したランドマークから、東京の未来を考える。
カテゴリー:

不倫を叩く人々…原因は経済停滞にあり? - 02月09日(金)18:00 

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。2月8日(木)放送の「TREND EYES」のコーナーでは、書籍『「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす』(イースト新書)について、著者の古谷経衡さんに話を伺いました。 “道徳自警団”とは、司法手続きをせず、実力行使で権利を守ろうとする組織である「自警団」から派生した古谷さんの造語。「(不倫など)道徳的に良くないこと」をした人を、あたかも犯罪者のように追い詰める行為をする人や組織のことを指しています。 典型的な例は「政治家の不倫問題」。昨年も多くの政治家が週刊誌やテレビ、インターネットなどで不倫を報じられ、離党や辞職を余儀なくされました。しかし古谷さんは「不倫問題は政治家としての良し悪しには関係がない。(不倫問題が理由で議員が離党や辞職に追い込まれている)今の風潮はおかしい」と持論を展開します。 不道徳な行為に対しては徹底的に攻撃をするのに対し、巨悪や凶悪犯罪に対しては特に行動をおこさない道徳自警団。その性質について、古谷さんは「犯罪行為は裁判などが発生するため、白黒つくのに時間がかかる。一方で不倫などの行為は、(道徳的観点から)善悪がすぐにはっきりしやすいため、バッシングしやすい」と話します。 古谷さんは「高度経済成長期やバブル期など、経済成長が盛んだった時代には、道徳自警団はほとんどいなかっ...more
カテゴリー:

東京一極集中は今後も変わらない 地方から人が来なくなっても、既に東京生まれが多すぎるため - 02月04日(日)11:58  news

人口の東京圏一極集中は是正できるのか─大都市の人口再生産と人口分布構造 https://thepage.jp/detail/20171220-00000023-wordleaf?page=3 東京圏の総人口と割合の将来推計 戦後、高度経済成長期頃までの東京圏の人口増加は、地方圏からの転入が牽引してきました。 東京圏に転入した最初の世代、「大都市1世」が東京圏内で家族を形成し、 生まれたのが1961~65年コーホート以降の「大都市2世」です。大都市2世の誕生により、 東京圏の人口増加は人口移動だけでなく、出生数の増加にも牽引されるようになりました。 今では大...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「高度経済成長」の画像

もっと見る

「高度経済成長」の動画

Wikipedia

高度経済成長(こうどけいざいせいちょう)または、高度成長(こうどせいちょう)とは、飛躍的に経済規模が継続して拡大することである。

概要

経済成長は条件が整うと飛躍的に上昇する場合がある。経済成長付加価値生産力の増大を意味するため、経済成長の条件には、

  • 付加価値生産力にかかわる充分な資源の存在
  • 生産された付加価値を消費する充分な需要
  • 新しい価値の形をもたらす技術革新
  • 資本の蓄積が低い状態で貯蓄率が高い
  • 豊富な労働力

などがある。とりわけ生産力増大のための投資が興隆した場合、経済は大きく成長する。投資は生産力と雇用を増大させると同時に乗数効果により需要を生み出す(投資の二重性)。投資が需要と供給の双方を生み出すことで付加価値生産は増大する。

一方でこの需要と供給の急増大が雇用との関係も含めてバランス(ナイフ・エッジの均衡)をとるのは難しく、様々な要因で高度成長はストップする。

経済学的には、戦争などによる資本ストックの大量の減少は、貯蓄率一定の場合その後の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる