「高度成長期」とは?

関連ニュース

【芸能】北川景子は腫れ物扱い…旬の女優たちの素顔とウラの評判 - 03月28日(火)18:37 

4月スタートの日本テレビ系ドラマ「ボク、運命の人です。」のヒロイン女優のキャスティングを巡り、すったもんだだ。 北川景子や上野樹里(30)らにオファーを出したところ、上野がこれを受け、撮影準備に入ったものの直前にキャンセルし、木村文乃(29)に決まるまで二転三転したと報じられている。 上野といえば、ドラマや映画に数多く出演の売れっ子。 よく言えば天然、「モンスター」とか「珍獣」といったニックネームまである個性派で知られ、NHK大河「江~姫たちの戦国~」の制作発表会見で 「大河を見たことがない」...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「本当に私でいいのかな…」有村架純(谷田部みね子)憧れの朝ドラヒロイン直接オファーに驚きと不安 【ひよっこ インタビュー】 - 03月27日(月)05:28 

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロイン役に、直々のオファーで臨む有村架純。2013年放送の「あまちゃん」で、ヒロインの母の少女時代を1980年代アイドルの風貌で好演してブレークし、今では日本アカデミー賞など数々の映画賞を受賞する実力派女優に成長した。そんな有村が、異例の大抜てきで挑む本作に込めた思いや撮影エピソードを語った。 本作は、東京オリンピックが開催された64年から始まる物語。高度成長期の中、集団就職で上京した“金の卵”(若年労働者)のヒロイン谷田部みね子が、仲間との絆、切ない恋、人々との出会いと別れを生きる力に変え、自らの殻を破って成長する、波瀾(はらん)万丈の青春記だ。 -“朝ドラ”のヒロインはオーディション選考が通例ですが、直接オファーを受けた時の心境は? すごくびっくりしました。朝ドラのヒロインに憧れていましたが、こういう形で出演できるとは想像していなかったので信じられなかったし、本当に私でいいのかな…、「えっ?」と思う方もいるだろうな…と思うと不安は大きかったです。-その不安をどう払拭しましたか。 徐々に主演することを実感していき、(プロデューサーの)菓子(浩)さんや監督とお話しする中で不安が取れて、やるからには絶対に良い作品にしたいという思いがこみ上げてきました。どの作品も(役としての)第一声でキャラクターのイメージが決まるので、最初のシーンは毎回緊張しま...more
in English
カテゴリー:

自ら新しい市場を作り出す努力もしない、現代日本企業の「怠慢」 - 03月22日(水)20:00 

不況と言われはじめて久しい日本。アベノミクスで一時的に景気が盛り上がった時期はありましたが、未だ一般消費は落ち込んだままです。無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では、「消費不況が続く原因は、人々が欲しがる物を懸命に考え、開発しなくなった企業の怠慢が大きい」と記しています。 消費不況は企業の怠慢 高成長の足がかりをつかみ始めた1960年代以降、若者も大人も主婦たちにとっても欲しい商品はいくらでもあった。若者はバイクやクルマに目がなかったし、サラリーマンは時計やカバン、靴などのおしゃれに気を使った。主婦たちは電気冷蔵庫、洗濯機、掃除機、エアコンなど次々と登場する家電製品に目の色を変えて物色し、家族たちはテレビの選択に夢中となった。 60年代に出てきた商品は、値段も結構高かったが、多くの人はローンを組んで購入した。当時は給料もどんどん上がっていたから借金をしてもそれほど不安は感じなかった。 それより文化的で楽しい生活の誘惑が強かったし、新製品を買いたい欲求のために、月収の数倍もする商品を手に入れようと残業もいとわずに働いたものだ。また企業の側も消費者が欲しくなるような品物を次々と開発し提供した。まさに「消費は美徳」というコピーまで出回り、世の中は活気に満ちていた。 ところが現代は消費がまったく盛り上がらない。今はどこの家庭も大体必要なものは持っているので買いたいものが...more
in English
カテゴリー:

ご老人達が喫茶店で話し合っていた「詐欺電話の対策法」が素晴らしすぎる(笑) 3枚 - 03月20日(月)20:28 

漫画家の1日1鶏(いちにち いちにわとり) (@KOKEKKOKO_)さんが制作・投稿した作品『おじいちゃん達の知恵袋』に、注目が集まっています! #1日1鶏 鶏喫茶店「おじいちゃん達の知恵袋」 pic.twitter.com/VEmQHoCSnn— 1日1鶏(いちにち いちにわとり) (@KOKEKKOKO_) 2017年3月18日 頼もしすぎる(笑)! 詐欺がつけ入る隙など、全くありませんね(*´艸`*) Twitterの反応 @KOKEKKOKO_ さすがですねw— Three (@three_37) 2017年3月19日 @KOKEKKOKO_ ジジィかわゆい— タカトラ@もうPS4HDDパンパンですー (@mr_takatora) 2017年3月18日 @KOKEKKOKO_ うまいですねぇおじいちゃん達!— LUCKY FIGHT (@fight_lucky) 2017年3月18日 高度成長期の昭和を生き抜いたご老人はやはり一筋縄では行かない。 https://t.co/5NFRLPBHo5— ふわふわの月 (@huwahuwa_moon) 2017年3月20日 たまらんw https://t.co/vdyQJ88XT6— サイタ松 (@muyomuyomuy...more
in English
カテゴリー:

音楽プロデューサー・ベーシスト亀田誠治 【ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビューVol.4】 - 03月16日(木)19:00 

皆が憧れるステージで活躍する大人って、どんな子ども時代をすごしたのでしょうか? ゆめを叶えた大人はどんな風に育てられたのか、人生まだまだヒヨっ子のちゃずがインタビュー! 第4回は、音楽プロデューサー・ベーシストの亀田誠治さんを訪ねます。亀田さんは、アーティストと一緒に曲をつくり、それを世に出すプロデューサーとしてだけでなく、2012年に解散した東京事変のベースを担当するなど、プレイヤーとしても活躍する人物です。亀田誠治さん プロフィール1964年、アメリカ・ニューヨーク生まれ。音楽プロデューサー兼ベーシスト。これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかりなど多数のアーティストをプロデュース。本人いわく、「アーティストの喉元にあるアイデアを引き出し、かたちにするお手伝い」をしている。2004年に椎名林檎らと東京事変を結成し、2012年に解散。2007年、2015年には日本レコード大賞において編曲賞を受賞。現在も、さまざまなかたちで音楽を世に届けている。 Official Web Site『亀の恩返し』http://kame-on.com/■オリジナル子守唄「♪誠治はよい子」で育つちゃず:亀田さんの子ども時代について教えてください。亀田:僕は、両親が仕事でニューヨークに駐在していたときに生まれました。我が家はあらゆる思い出を8mmビデオに納め、週末に上映パーティーを開く...more
in English
カテゴリー:

日本にムーミン谷がやって来る! 不思議な「ムーミン」の72年史【 第7回 昔の子ども、今の子ども。】 - 03月27日(月)11:30 

フィンランド出身の画家トーベ・ヤンソンが生み出した『ムーミン』シリーズ。小説・絵本・コミック・アニメーションと展開し、今ではそのアート性の高さから、食器をはじめとする雑貨が一大ブームとなっています。今回は、そんな『ムーミン』についてのインタビューを2部構成でお届け。長年『ムーミン』書籍の編集に携わってきた講談社の横川浩子さんと、2019年春オープン予定の『ムーミンバレーパーク』広報担当の杉山賢祐さんに取材しました。北欧ならではのゆったりとした時間が流れる、ムーミンの世界をのぞいてみましょう。■ムーミン誕生のきっかけと歴史お話を聞いたのは、作者トーベ・ヤンソンとも親交があった、株式会社講談社の横川浩子さん『ムーミン』は、好奇心旺盛な主人公・ムーミントロールと、その家族や仲間達が繰り広げる物語。国際アンデルセン賞を受賞するなど、フィンランドを代表する児童文学として知られる『ムーミン』ですが、そこには知られざる歴史がありました。──はじめに、『ムーミン』誕生の経緯について教えてください。横川「トーベ・ヤンソンの母国フィンランドは、昔からスウェーデンやロシアに支配されてきた国。第二次世界大戦中にはドイツの脅威にもさらされました。彼女は若いころ、ヒトラーなどを揶揄(やゆ)する風刺漫画を雑誌に連載していて、そのとき自分のサインに添えて描いた小さな生き物がムーミントロールの原型だったんですよ」─...more
in English
カテゴリー:

芳根京子から有村架純へ、朝ドラ主演がバトンタッチ 長期撮影乗り切る極意も伝授 - 03月23日(木)16:10 

 NHK朝の連続テレビ小説の主演バトンタッチセレモニーが3月23日、東京・渋谷の同局で行われ、4月1日に最終回を迎える第95作「べっぴんさん」の芳根京子と、同3日からスタートする第96作「ひよっこ」の有村架純が出席。互いに花束を贈呈し、「撮影中にお会いした際にはちょっとお疲れの様子でしたが、クランクアップのニュースを見て涙が出そうでした。しっかりと受け継ぎ、最後まで走り抜けたいです」(有村)、「共通のメイクさんを通じてエールを送り合ったり、いつも有村さんにはパワーをもらっていました。事故なくケガなく病気なく走り抜けることを、心より願っています」(芳根)とほほ笑みあった。 ・【フォトギャラリー】芳根京子と有村架純、その他の写真はこちら  約10カ月間のハードな撮影を駆け抜け、戦後の動乱期に服作りにまい進するヒロイン・坂東すみれを演じきった芳根。涙をこらえながら「朝、放送を見られるときは家で見ていますが、(撮影の日々を)もう懐かしくも感じていたり、不思議な気持ちです」と話し、「半年前に高畑充希さんから受け取ったバトンを、今日有村さんに渡せること、そして有村さんからのお言葉をいただき、泣きそうになってしまいました。この1年は貴重な、大きな経験をさせていただきました」と万感の思いを口にした。  一方で、高度成長期を生き抜く奥茨城村の農家育ちのヒロイン・谷田部みね子に扮する有村。撮影は...more
in English
カテゴリー:

エリートの象徴“東大法学部”はなぜ「砂漠」なのか - 03月22日(水)16:49 

  エリートの象徴“東大法学部”はなぜ「砂漠」なのか  日本の学歴社会の頂点に君臨してきた「東大法学部」。政財官に人脈を伸ばし、国を支えてきたえたエリートたちの母体だ。 良くも悪くもスタイルを変えてこなかった「象牙の塔」にも、時代の激変の波は押し寄せる。偏差値序列社会は終わるのか。 かつて「砂漠」と称された東大法学部はいま、脱皮の時を迎えている。AERA 2017年3月27日号では、東大法学部を大特集。  東大法学部の人気凋落──そんな声が近年ささやかれている。官僚も政治家も弁護士も魅力がない。だったら法...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】有村架純 成長魅せる!「あまちゃん」から4年…“朝の顔”の決意表明 - 03月20日(月)06:15 

 4月3日にスタートするNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(総合、月~土曜、前8・00)でヒロイン・谷田部みね子を演じる女優・有村架純(24)。高度成長期に茨城県の山奥から集団就職で上京したどこにでもいる女の子の成長物語。「気楽に見て。何か今日も頑張ろう!となるような、さわやかな風が吹けばいいなって思っています」と、“日本の朝の顔”となる思いを語った。  「最初はうれしいより不安、驚きが多かった。でも今は楽しいし、早く皆さんに見てもらいたい気持ちが大きい」と有村は目を輝かせる。  物語は東京五輪...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

高度成長期の幻を売る「謎の屋台女子」の正体リーマン直後に就職し、「純喫茶」に救われた - 三浦展の研究ノート「街を読む、データを歩く」 - 03月16日(木)06:00 

昭和の文化への関心は、近年つねに高い。「昭和ニューロマン」をコンセプトに活動を広げている女性アーチ…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「高度成長期」の画像

もっと見る

「高度成長期」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT高度経済成長...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる