「高度成長期」とは?

関連ニュース

凋落が止まらない!アパレル業界が抱える深い闇 - 07月21日(金)16:00 

いよいよ夏の盛りに入るわけだが、百貨店や路面のアパレルショップをのぞくと、早くも今年の秋冬物の新作が並び始めている。しかし、「待っていました」とそこに集まる人々は、どの店を見てもまばらだ。ファッションの買い物はネットに移行してしまったのだろうか。それとも、アパレル業界が不調なのだろうか。実状は両方といえる。そして、特に後者である。アパレル業界は今、底の見えない大不振に喘いでいる。■アパレル業界の「失われた10年」アパレル業界の凋落は、バーバリーにライセンス契約を「切られた」三陽商会のその後の業績不振や、アパレルと運命共同体ともいえる大手百貨店の相次ぐ閉店などをニュースとして知っていれば察しがつくかもしれないし、ファストファッション全盛の現状からも推し量ることができる。では、なぜこんな事態になってしまったのか。『誰がアパレルを殺すのか』(杉原淳一・染原睦美著、日経BP社刊)に、「失われた10年間」という言葉が出てくる。これは、「バブル崩壊後の10年間」という一般的な意味ではなく、高度成長期のただ中だった1970年代を指す。当時、ファッションは右肩上がりの所得と、ゆとりのある生活の象徴であり、本書によると、服は作れば作っただけ売れた時代だったという。日本人デザイナーが海外のファッションショーで賞賛を集めていたのもこの時期。いってみれば日本のアパレル産業の黄金期だったわけだ。ただ、この1...more
カテゴリー:

コラム:景気と物価のミスマッチ、ボリュームゾーン消費減退も一因か - 07月20日(木)22:33 

[東京 20日 ロイター] - 日銀が20日公表した展望リポートでは、成長率の見通しを上げて、物価の見通しを下げた。このミスマッチな現象の背景に何があるのか。私は、日本企業が高度成長期から「享受」してきたボリュームゾーンの需要が減退し、そこでの過当競争による価格競争があると指摘したい。
カテゴリー:

【経済】高齢化で起業家が減る日本の深刻な「悪循環」 、成長が見込める企業が生まれない国の顛末 - 07月17日(月)09:17 

経済成長を刺激する革新的企業が大量に生まれなければ、日本は増え続ける高齢者を養っていけない。だが、まさに少子高齢化が、起業の障害になっている。具体的には、係長や課長といった管理職を経験したことのある28~43歳の若者が減っているのである。低成長のせいで企業も管理職となるチャンスを若者に十分提供できておらず、起業家予備軍が減少してきている。 1990年代の生産年齢(15~64歳)人口は、65歳以上の高齢者1人に対して5人だった。それが、今や2人まで減少している。その数は、20年後には1.4人へと減少する見通しだ。つま...
»続きを読む
カテゴリー:

出荷まで100年以上の青森ヒバ、天然林復元へ 伊勢神宮採用も資源枯渇 - 07月10日(月)17:21 

 東北森林管理局(秋田市)は8月、青森県内の国有林野で、高級木材「青森ヒバ」の天然林復元に着手する。高度成長期に大量伐採後、成長の遅さを敬遠して再造林しなかったため、資源量が減少。一般住宅の柱や梁(はり)となる大きさの木材が市場にほとんど出回らなくなる事態を招いたことが背景にある。
カテゴリー:

民進党さんが解党すれば政治が変わりそう - 07月04日(火)20:56 

http://blogos.com/article/232616/ 阪では維新が、東京では「都民ファースト」が自民党の牙城を崩したことは、少なくとも大阪や東京の有権者には、しがらみを抱えた自民党ではない、現実の課題解決が期待できる政党へのニーズがあることを物語っています。しかし不幸なことは、そのニーズに応える政党がないことです。 大阪ではすでに民進党は壊滅し、今回の都議会選では、国会では森友、加計学園問題で安倍内閣を追求する急先鋒だったにもかかわらず、議席数を落としています。都議会選で存在を示せず、埋没した結果として民進党も...
»続きを読む
カテゴリー:

可もなく不可もない街に生まれて【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.2】 - 07月21日(金)11:00 

神奈川県海老名市と言われて、いったいどれくらいの人が具体的な何かを思い浮かべられるだろうか。たとえば横浜なら中華街とか山下公園、川崎なら工場地帯とか、横須賀なら軍港とか。海老名、海老名・・・これといって特徴のない街だ。 【連載】いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』 僕は海老名で生まれ育った。 東京の渋谷から約40km。ちょうどフルマラソンくらいの距離にある。小田急線で新宿まで1本で行ける。ドーナツ化現象が顕著になった高度成長期に僕たちの親世代が結婚を機にこぞって郊外にマイホームを建てた。そのちょうどいい距離感の郊外のひとつが海老名だった。だから僕らの世代はドーナツ化現象が産んだ子供たち、ということが言えるかもしれない。 僕たちの親からすればなんの愛着もない土地のようだが、僕らからすれば、そこは故郷であり、大切な場所だ。そして、とくにこれといって何もない、というところに何よりの安心を感じるのである。 何もない、と言って、たとえば本当にお店も何もない田舎かと言ったらそんなことはない。本当に何もないのはむしろ大きな特徴だ。僕が言う、何もない、というのは、逆にそれなりに何でもあるということなのだ。ただ、自慢できるほどのものはない、ということ。そんへんの感じがじつにちょうどいい。 渋谷からの距離が40kmというのもそうだし、表参道までは電車で50分で行ける。横浜までは相鉄で1本だし...more
カテゴリー:

海の日“東京23区唯一の海水浴場”海開き 7/17 12:17更新 - 07月17日(月)12:17 

海の日の17日、東京・江戸川区の葛西海浜公園で海開きが行われた。高度成長期の水質悪化などで東京23区から海水浴場が姿を消していたが、水質改善し、5年前に海水浴ができる23区で唯一の海岸として復活した。海水浴ができるのは来月20日まで。
カテゴリー:

通勤電車の混雑度、高度成長期は想像を絶する地獄だった! - 週末はこれを読め! - 07月14日(金)05:00 

午前8時頃の東京メトロ・丸ノ内線に乗っていたら、大学生らしき2人組が「満員電車、マジやばい」と漏らしていた。車内は満員で窮屈ながらも、吊革につかまっていれば新聞を何とか読めるレベル。これが混雑率200%。ところが、高度経済成長期は300%で、その混雑ぶりは比較にできないほど深刻だったのである。
カテゴリー:

公園で大声❌、ボール❌、遊具❌―禁止だらけで遊び場を追われる子供達 - 07月09日(日)05:50 

1960年代まで、子どもたちの遊び場といえば空き地だった。 そこでは年齢の異なる子どもたちが一緒に遊び、上級生が下級生に遊び方を教えた。 高度成長期に入って開発が進み、郊外にあった空き地が姿を消すと、代わりに「児童公園」が整備された。 子どもたちはその限られた空間の中でブランコやシーソー、滑り台、鉄棒、箱ブランコなどバラエティーに富んだ遊具で楽しみ、時間を過ごした。  その後、少子高齢化が進み、特に高齢者側からの要望があったことから、93年6月に都市公園法施行令の一部が改正されて「児童公園」...
»続きを読む
カテゴリー:

【若者のみそ汁離れ】街頭調査で「1、2カ月飲まない」と答えた若者も・・・日本の伝統食に何が起きてるのか★4 - 06月30日(金)07:02 

かつて食事になくてはならない存在だった「みそ汁」が、食卓から遠のいている。大阪の街頭で、若者を中心に30人に「みそ汁を週に何回飲むか」と尋ねたところ、11人が2回以下と回答した。 このうち、「1、2カ月くらい飲んでいない」など月1回以下とした回答が4人を占め、だしをとることを知らない人もいた。一般家庭の消費も減少しており、1世帯あたりのみその年間購入量は約30年で半分以下になった。 大手みそメーカーのマルコメは若者のみそ離れを食い止めようと、世界的なモデルやアイドルをCMに起用するなど対策に乗...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「高度成長期」の画像

もっと見る

「高度成長期」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT高度経済成長...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる