「高度成長期」とは?

関連ニュース

【電気街】秋葉原 変容し続ける街で「なにもしなかった」オノデンが生き残った理由 - 09月21日(木)22:27  bizplus

現在のJR秋葉原駅の1日の乗降客は24万6000人以上、JR東日本管轄の駅の中では9位に入る。上野や有楽町などよりも多い(2016年度、JR東日本調べ)。また「電気街」「アイドル」「アニメ」など秋葉原が人を呼び寄せるキーワードは豊富で、最近は外国人観光客も多い。  では1960年代前半の秋葉原はどんな街だったのか。  秋葉原は戦後、ラジオの部品、おもに真空管を売る露天商たちの集まりから始まった。しかし1949年にGHQが都市のインフラ整備のため「露店撤廃令」を出した際、代替地として提供されたのが、当時の国鉄の秋葉原駅のガ...
»続きを読む
カテゴリー:

「やり手上司」と「汗かく上司」 かつての部下に慕われるワケ? - 09月13日(水)07:00 

銀行時代の元上司が亡くなられたという情報を耳にして、葬儀に足を運びました。その元上司Kさんは、銀行時代はやり手で鳴らし役員にまで昇り詰めた方でした。私は一時期、K部長の下でお仕えしたのですが、取引先に出向されてからはほとんどお目にかかる機会がありませんでした。 現役時代は飲み会にゴルフに超多忙! Kさんは長年管理者として、役員として数多くの部下を率いた方なので、さぞや盛大な葬儀かと思いきや弔問客は意外なほど少なく、少し驚いてしまいました。 焼香を終えて最寄駅に向かって歩いていると、銀行時代の後輩のN君にばったり会ったので、精進落としと称して駅近辺で軽く杯を傾けることにしました。 「Kさんの葬儀はもっと多くの銀行関係者が来ているものと思ったけど、意外だったね」と、私が口火を切ったのですが、N氏からは意外な話が聞かれました。 「Kさんは優秀な方で銀行では大変ご活躍だったのですが、晩年は寂しそうでしたね。2年ほど前に銀行のOB会でお目にかかった時も、現役時代は頻繁に元部下からの声掛かりで飲み会やゴルフに誘われていたのに、退任し出向してからというもの元部下の皆が集まってくれる機会もほとんどないのだと、元気なく話していたのが印象に残っています」 私のイメージではリーダーシップに優れ、的確な指示を出しつつ決断力をもってグイグイ引っ張って業績を上げていき人望も厚い、そんな印象を持っていたので、本...more
カテゴリー:

神戸市長田区で暴力団射殺 ツイッタラー「こんな事件起きたら撮ろうと思ったのにチャンス逃した」 - 09月12日(火)11:19  news

「食えない職業」になったヤクザ 社会 [2017.09.11] 日本最大の指定暴力団「山口組」の分裂は、いまヤクザが置かれている経済状況を よく表している。 戦後高度成長期の日本経済に根を張った“恐怖”による集金システムは、 捜査当局の取り締まり強化と法整備によって、かつての機能を失いつつある。 http://www.nippon.com/ja/features/c04202/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ひよっこ」136話 女優があかね荘にやって来た。停電の夜の歓迎会 - 09月08日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第23週「乙女たちに花束を」第136回 9月7日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出: 堀内裕介 松木健祐連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」136話はこんな話あかね荘に、世津子(菅野美穂)がやって来た。おりしも停電。暗闇の中、歓迎会が行われる。うんメェ〜〜世津子のマンションから走って、あかね坂に逃げてきた、みね子(菅野美穂)と世津子。そして、ヒデ(磯村勇斗)。冒険の成功に、喜ぶ3人だったが、ヤスハル(古舘佑太郎)だけ戻ってこないことに気づく。それについては、一端、脇に置いとかれてしまったところ(ヤスハル、可哀想)、停電が起こり、すずふり亭、あかね荘、柏木堂、福翠楼の一同が中庭に介す。久しぶりに全員、そろったところで、一気に世津子を紹介することができた。五郎(光石研)提供の餃子に、省吾(佐々木蔵之介)提供のビール、とみんないろいろ持ち寄って、歓迎会がはじまる。「うんメェ〜〜」と、山羊のような澄子(松本穂香)の真似を、みんなでする。それを仕切るのは、愛子(和久井映見)。さすが元舎監。愛子があかね荘にいなかったら、仲良しご近所さんといっても、ここまでほのぼの結束しなかったのかもしれない。しかも、世津子は、愛子の部屋に世話になることになった。「みんな優しいです」(みね子)誰も、世津子に何か...more
カテゴリー:

【教育】大企業が熱視線を送る「高専」の底力 ASEAN・中南米・アフリカ諸国からも訪れる視察 - 08月27日(日)11:02  newsplus

大企業が熱視線、「高専」の底力 AERA:2017.8.27 07:00 https://dot.asahi.com/aera/2017082400060.html (前文略・全文は掲載元でどうぞ)  在学中から企業も関心を寄せる人材が輩出する高専とは、一体何者か。  元々は技術者を養成する目的で1962年に設置された高等教育機関。 15歳から5年間(商船学科は5年半)の一貫教育で、高度成長期に日本が誇る「ものづくり」を支える人材を送り出してきた。 現在は国立51校、公立3校、私立3校があるという。 ●海外にも“高専モデル”  カリキュラムは、低学年のうちは高校で学ぶ教...
»続きを読む
カテゴリー:

「ひよっこ」147話、 なんというまったり感。あと9回しかないのに、話が終わる気がしないのはなぜ - 09月21日(木)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「大好き」第147回 9月20日(水)放送より。 脚本:岡田惠和 演出: 福岡利武連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」147話はこんな話裏の広場で、女たち(みね子、世津子、愛子、早苗、鈴子、富)が集まって、語り合う。「あかね坂独身女性の会」 この集まりを「あかね坂独身女性の会」と命名する早苗(シシド・カフカ)。「月時計会議」といい、クールな個人主義者のように見えて、早苗は案外、共同体好きである。そして、語り合うのが好きである。もし、早苗が好きになった男が革命家だったら革命やってそうだ。すぐ総括しそうだ。相手がドラマーで良かった、良かった。冗談はともかく、「奥茨城村母の会」「月時計会議」「あかね坂独身女性の会」と共同体好きなのは、脚本家の岡田惠和であろう。前にも書いたと思うが、「おひさま」(11年)には「白紙同盟」というのがあったし、「ちゅらさん」(01年)では、アパートのリビングでみんなよく集まっていた。峯田和伸、白石加代子、宮本信子、光石研、浅香航大の出ていた「奇跡の人」(16年)でもアパートの中庭でよく登場人物が集っていた。さて、この日の主な議題は、女優を休んでアパートに身を隠している世津子(菅野美穂)問題と、愛子(和久井映見)の恋問題。実(沢村一樹)問題以前に、叔父さん叔...more
カテゴリー:

時代の特徴に合わせたJINSのメガネが新登場!個性豊かなラインナップで迷っちゃう♡ - 09月12日(火)11:30 

時代を超え、愛され続けるクラシカルなメガネ「JINS×TIME(ジンズ バイ タイム)」登場! 株式会社ジンズから、2017年秋冬の新作「JINS×TIME(ジンズ バイ タイム)」が全国のJINS店舗、JINSオンラインショップで発売! ファッションと同様歴史があり、時代が移り変わる中で様々なデザインが誕生し、これまでいくつものトレンドが生み出されてきたメガネ。「JINS×TIME」は、20世紀のあらゆる年代のメガネからインスピレーションを受けたデザインで展開されます。 1920〜1990年代にフォーカスし、当時の社会背景から生まれたトレンドや製造工程を紐解き、JINSならではの解釈で再編集したラインナップとなっています。 時代を超え今もなお愛され続けているクラシカルなデザインは、時代のファッションとも相性は抜群◎。 過去は面白く新しい、そんなメガネの世界観のメガネが楽しめるんです♪ そんな、歴史を感じられるメガネを、時代別にピックアップしてご紹介していきます!   ■伝統的な装飾要素が強い「20’s〜40’s」 30’s  / ¥12,000+税 世界大戦の本格化に伴い、耐久性重視な素材・構造のものが多かった1930年代。 パイロット用に補強された、ダフルブリッヂ構造が登場したそう。 当時は、見た目のデザインよりも機能性を優先し...more
カテゴリー:

「植木等とのぼせもん」第1回 植木等を演じる山本耕史の声に驚いた - 09月09日(土)11:00 

NHK総合の土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」(夜8時15分~)が、先週9月2日よりスタートした。その冒頭では、ドラマの主人公である小松政夫本人が、持ちネタの淀川長治のモノマネで前説。昨年、同じ枠で放送された「トットてれび」の黒柳徹子に続いてのご本人登場だが、ファンにはやはりうれしい。ドラマのもうひとりの主人公・植木等を演じるのは山本耕史。本人の風貌とは似ても似つかないと思ったが、山本が最初のシーンでセリフを発した瞬間、植木の声によく似せているのに驚いた。このほか、当時の映画の色合いが再現されるなど、細かいところにもスタッフの工夫がうかがえた。日本テレビの往年の人気バラエティ番組「シャボン玉ホリデー」をNHKで再現したというのも快挙だろう(すでに「トットてれび」で「徹子の部屋」を再現した前例があるとはいえ)。ちなみに「シャボン玉ホリデー」は1961年の放送開始時よりカラー放送だったという(日本でカラーテレビの本放送が始まった翌年だ)。そのせいか、ドラマで再現されたクレージーキャッツのスーツも、スタジオのセットもカラフルで、じつに鮮やかだ。もっとも、当時はまだ白黒テレビがやっと普及し始めたばかりで、実際にカラーテレビで『シャボン玉ホリデー』を見ていた人は少なかっただろう。現存する数少ない同番組の映像もほとんどがモノクロだし、その意味でも、今回の再現はなかなかに貴重といえる。多忙をきわめ...more
カテゴリー:

【社会】なぜ日本だけが「介護と仕事」で悩むのか - 08月31日(木)12:37  bizplus

これから日本には誰も経験したことがない「超高齢化」が訪れる。そのときどんな変化が起きるのか。歴史を振り返りながら、「衰退期」に向けた家計の備え方を解説する。第3回は「介護」。現実にはまだ増えていないにもかかわらず、「介護離職」への関心が高まっている。それはこれから「厳しい現実」が到来することの予兆のようだ――(全6回)。 「介護離職」はまだ増えてはいないが… 日本社会は高度成長期の蓄えをほぼ使い切り、今後は「貧しい国」になる恐れが高い。そうした「貧しい国」で、特に増加が懸念されるのは「介護」の負担だ...
»続きを読む
カテゴリー:

「高度成長期」の画像

もっと見る

「高度成長期」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT高度経済成長...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる