「高嶋政宏」とは?

関連ニュース

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】 - 10月15日(日)20:50 

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、かつて一向一揆に加担して主君・家康に背いた本多正信だった…。多彩な徳川家臣団の中でも特に異彩を放つ男を演じる六角精児が、役に込めた思いを語った。 -「武蔵 MUSASHI」(03)に続いて二度目の大河ドラマ出演となりますが、感想はいかがでしょう。  二度目と言っても、前回は町侍みたいな役で一瞬出ただけなので、あまり覚えていないんです。だから、これが初めての大河ドラマだと思っています。今回改めて感じたのは、スタッフの動きが迅速で物語もしっかり作ってあるので、役者にとってはありがたいということですね。とはいえ、他の作品も大河ドラマも仕事という意味では違いはないので、同じように精一杯取り組ませていただくという気持ちでやっています。 -本多正信という人物を、どのように捉えていますか。  一般的な武将のイメージとは少しかけ離れているような気がします。戦国武将には、“剛”とか“武”とか強いイメージがありますが、それとは違って、力を使わずに“柔”を持って物事を解決する。そんな人間だったのではないでしょうか。 -正信は草履番として万千代、万福の下で働くことに...more
カテゴリー:

大河ドラマ初出演! 徳川家康の長男・信康を演じる平埜生成とは? - 10月04日(水)15:19 

クライマックスに向けて大きく動き出した放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)。そのうねりに巻き込まれていく徳川家康(阿部サダヲ)の長男・信康を平埜生成が演じている。役柄によって、全く異なる雰囲気を作り出す彼に初出演となった大河ドラマの話題を中心にインタビューを敢行した。 【写真を見る】「この機会を与えていただいたことに感謝しいます」という平楚/撮影=平岩享 ■ 僕が演じる徳川信康は、プリンスがキーワードです ――平埜さんにとって、初の大河ドラマ出演ですが、今の心境はいかがですか? 「凄いなあと思っています」 ――凄いというのは? 「撮影がハリウッド・スタイルに近いという印象があって。本番直前まで現場に役者は入らないんですよ。本番前のテストもないし、何回も撮り直すこともない。ほぼ一発OKの撮影です」 ――演じている徳川信康については知っていましたか? 「知らなかったので、自分で調べました。温厚で立派な武将だったといわれたり、荒くれ者だったという説もあったり、多面的な役柄なので作り込めると思いましたね。だから、“こんないい役をありがとうございます”とこの機会を与えていただいたことに感謝しています」 ――今回の信康は、温厚な人のバージョンですよね? 「僕とディレクター陣の共通意見は、“プリンス”です」 ――確かに、その通りですが(笑)。 「でも、僕自身にはプリンス気質は...more
カテゴリー:

「高嶋政宏」の画像

もっと見る

「高嶋政宏」の動画

Wikipedia

髙嶋 政宏(たかしま まさひろ、1965年10月29日 - )は、日本俳優である。東京都世田谷区出身。成城学園中学校高等学校成城大学法学部卒業。身長185cm、体重78kg。東宝芸能所属。父は高島忠夫、母は寿美花代。弟は高嶋政伸。妻は女優のシルビア・グラブ

略歴

幼少時は東京と神戸の祖父母のところと半々の生活だった。

成城学園中学校高等学校を経て、成城大学法学部在学中の1987年、映画トットチャンネルで俳優デビュー...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる