「高崎市」とは?

関連ニュース

5当地「食」- 絶品!東京・台東区のご当地グルメ - 12月16日(土)06:00 

日本各地の街の不動産店の皆様に、地元に住まわれる方の目線で選ばれた一番のグルメスポットをご紹介いただくニッポンの5当地「食」。今回は「東京・台東区編」です。一押しご当地グルメをお届けします。01みんな何かと頼りにしています「中国料理 山久」です。地元で半世紀を超える老舗中華。昔から地域のことにも尽力されて、今も多くの人々に慕われています。私の祖母もよく出前をお願いしていました。外観[情報提供] (有)末広土地建物〈台東区東上野〉 内田 剛さん[店舗情報] 中国料理 山久 住所/台東区東上野4-15-1 TEL/03-3844-271802今年6月に開店した街中のフレンチ「BISTRO Lumiére」です。フランス語で「光」を意味する16席の小さなビストロ。リーズナブルでおいしいフレンチとオーナーご夫妻の人柄が、下谷の街に温かな光を届けています。店内[情報提供] (株)福富不動産〈台東区竜泉〉 小林 敏一さん[店舗情報] BISTRO Lumiére 住所/台東区下谷3-17-12-101 TEL/03-5849-498303大正から4代続く和菓子の名店「うさぎや」です。百貨店でも通販でも買えないここのどらやきは、誠意を示す「お詫び菓子」に最適だとか。焼きたての温かいうちにほおばるのが、いちばんおいしいですよ。どらやき[情報提供] (株)メイワ・エステー...more
カテゴリー:

電車立ち往生で「簡易トイレ」緊急設置 高崎の消防局に話を聞いてみた - 12月14日(木)11:21 

群馬県高崎市内で上信電鉄の電車が人身事故のため鉄橋上で立ち往生し、災害用簡易トイレが設置される事態になった。高崎市等広域消防局が緊急対応したものだが、「そんなトイレがあるのか」とネット上で話題になっている。「鉄橋上に止まり、事故処理に時間かかる恐れがあった」ドアと反対側ドアの間の床に、シルバーと青緑色のツートンカラーの細長いテントのようなものが置かれている。これが簡易トイレだ。 上信電鉄48レ(人身事故当該)は電車がしばらく動くことが出来ず、車内で簡易トイレが組み立てられました。 pic.twitter.com/PXEsKJ7X46- 群馬総合車両センター (@yuuyae233) 2017年12月11日この写真は、上信電鉄を通学に使っているという「群馬総合車両センター」さんが2017年12月11日、ツイッター上に投稿した。この日17時55分ごろ、上信電鉄・佐野のわたし―根小屋両駅間で上り普通電車(2両編成)に人身事故が起き、電車は、鳥川にかかる鉄橋上で緊急停止した。高崎市等広域消防局の警防課にJタウンネットが13日に話を聞いたところでは、消防が現場に駆けつけ、隊員が約50人いた乗客に「ケガをした方はおられますか」と聞いて回った。幸いケガ人はいなかったが、トイレへ行きたいと訴える人がいた。そこで、現場の指揮隊長の判断で、指揮車に備え付けてあった災害用簡易トイレを車内で組み立てた。「...more
カテゴリー:

【ぐんま】群馬県内から東京都内に通勤通学 「群馬都民」グンと増加 5年で1385人 15年国勢調査 - 12月12日(火)14:37  newsplus

県内から都内への通勤通学者推移 群馬県内から東京都内に通勤通学する人は、2015年国勢調査の集計で1万3590人に上り、前回調査(10年)より1385人増えたことが明らかになった。5年ごとに実施される調査で前回より増えるのは05年以来で、景気動向などが影響しているとみられる。市町村別では高崎市からが最も多く、市中心部でマンションが建設されるなど、都内に通いやすくなったことも背景にありそうだ。 ◎良アクセス、景気回復が背景  15年国勢調査の「従業地・通学地による人口・就業状態等集計」に基づいた分析で分かった...
»続きを読む
カテゴリー:

麺は口ほどにものを言う~ご当地ヌードル探訪~ 400年続くご当地麺で心を"温"めよう! 宮城県白石市の「白石温麺(うーめん)」 - 12月12日(火)06:00 

日本各地に根付いた「麺料理」を求めて、全国を巡る「ご当地ヌードル探訪」。今回訪ねたのは、宮城県白石市です。城下町として栄えた白石市には、現在も古き良き町並みが残っています。関ヶ原の戦い後、伊達家の重臣・片倉氏の居城として使われた白石城。明治時代に取り壊されましたが、平成7年に復元されました。 近くには歴史を感じられる数々のスポットが。江戸時代の建物を再現した「武家屋敷」は、中に入ることもできます。こちらの壽丸屋敷は明治中期に建てられた豪商の家。和洋折衷の作りがポイントです。そんな情緒たっぷりの白石で、江戸時代に生まれたのが「白石温麺(うーめん)」です。さまざまな専門店がある中で、今回は画期的な取り組みをしていると話題の「うーめん番所」に向かいました!■見た目よし、効能よし! 昔ながらの特産品にひと手間加えた“うーめん三昧”白石駅から歩くこと約15分、“番所”の名に似つかわしい看板が見えてきました。江戸の雰囲気を漂わせる平屋のお店です。一歩足を踏み入れると、清潔感あふれる客席が広がっています。予約すれば、お店の奥にある座敷も使用できます。早速注文しようとメニューを見ると、“温麺”を使ったさまざまな料理の名が連なっています。この日の宮城のように肌寒い日にピッタリな、温かい麺料理なのでしょうか? わくわくしながら待っていると、店主の松田謙一さんが話しかけてくれました。松田さん「うーめんは...more
カテゴリー:

人力で作られた幽玄壮大な世界! 群馬県の人気観光スポット「洞窟観音」 - 12月08日(金)11:02 

群馬県の観光スポットとして、四季を通じて人気の「洞窟観音」。約400メートルの洞窟は、すべて人力で彫られおり、その幽玄壮大な世界に圧倒される。今回、洞窟観音の歴史とともにその魅力について紹介しよう。 【写真を見る】一番のパワースポットとして人気の聖観音 洞窟観音は、高崎市田町の呉服商として成功した山田徳蔵が、大正七年から昭和三十九年の約50年の歳月をかけて作った観光大霊場である。 約400メートルの洞窟は、観音信仰の理念「現世利益」を普及しようとした徳蔵が私産を投じ、43体もの仏像を配置している。 また、戦時中には「模範的民間防空壕」としての称号を得て、高崎市民4000人をかくまう機能を有したとの資料も見つかり、その価値が見直されているという。洞窟内には、貯水池の跡も残っている。 「400メートルの洞窟は、すべて人力で彫られています。機械などない時代に、つるはしやスコップで山を抜き、石を運び、この洞窟観音が作られました」。 そう語るのは洞窟観音山徳公園維持会 代表理事の荒井宏介さん。荒井さんは洞窟観音の歴史を伝えるため、ガイドとして多くの観光客を案内している。 また、隣接する徳明園のリニューアルを手掛け、ライトアップ時などは、郊外から訪れた多くの観光客を喜ばせている。 一見、鍾乳洞にも思える空間だが、全て人の手で彫られており、表面のでこぼこした石も浅間山の溶岩を細かい石で組み、貼り...more
カテゴリー:

「荷受け役」募り、個人情報盗む=スマホ詐取容疑、男逮捕-警視庁 - 12月15日(金)14:56 

 他人のクレジットカードなどで購入した商品の受け取り役を「荷受け代行」のアルバイトとして募り、応募した人の名義で勝手にスマートフォンを契約したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は15日までに、詐欺などの疑いで、無職小原優作容疑者(38)=群馬県高崎市問屋町西=を逮捕した。容疑を認めているという。 逮捕容疑は3月、東京都の30代女性の名義でスマホ1台(約11万7000円)を契約し、だまし取った疑い。 同課によると、小原容疑者はインターネットの広告掲示板に「自宅でできる簡単な事務作業」と求人情報を掲載。面接時に免許証などを提示させ、個人情報を取得していた。 同容疑者はこうした情報を利用してスマホを契約。支払いは不正に入手した別人のクレジットカードを使っていた。他にも化粧品など約340点(計約600万円分)をネットで購入。女性ら応募者宅などに届けさせて回収し、転売していた。 同容疑者は荷物1個当たり500~1000円をバイト代として渡していた。女性にはその後、後払いなど約100万円分の請求書が届いたという。応募者は男女10人ほどおり、同課が捜査している。 【時事通信社】
カテゴリー:

群馬県でお前らが知っていること - 12月12日(火)14:46  news

「群馬都民」グンと増加 5年で1385人 15年国勢調査 群馬県内から東京都内に通勤通学する人は、2015年国勢調査の集計で1万3590人に上り、前回調査(10年)より 1385人増えたことが明らかになった。5年ごとに実施される調査で前回より増えるのは05年以来で、景気動向などが影響しているとみられる。 市町村別では高崎市からが最も多く、市中心部でマンションが建設されるなど、都内に通いやすくなったことも背景にありそうだ。 ◎良アクセス、景気回復が背景 15年国勢調査の「従業地・通学地による人口・就業状態等集計」に...
»続きを読む
カテゴリー:

OKI、アヴネットとAI搭載の高度自動運転技術開発向け新型プラットフォームを共同開発 - 12月12日(火)10:01 

[OKI] OKIグループの設計受託事業会社である株式会社OKIアイディエス(社長:穴田則明、本社:群馬県高崎市、以下OKIアイディエス)は、半導体や組込み分野などで広く事業を展開する技術商社大手のアヴネット株式会社(...
カテゴリー:

【裁判】サンマ焼く母の首を絞め放火 捨てられ、40年引きこもったという男の「我慢の連続」★4 - 12月09日(土)00:00  newsplus

http://www.sankei.com/smp/premium/news/171208/prm1712080004-s1.html  「1人でいられる『隅っこ』がほしい」。同居する母親の首に背後からヒモをかけ絞め殺した男は、こう書き残して群馬県高崎市棟高町の自宅に火を放った。11月22日、前橋地裁の鈴木秀行裁判長は、殺人と非現住建造物等放火の罪に問われた無職、湯本直木被告(41)に懲役11年を言い渡した(求刑20年)。犯行は「冷酷で悪質」と指弾されたが、裁判長は「我慢の連続で辛かっただろう」とも口にした。公判で明らかになったのは、育児放棄して出奔し、約2...
»続きを読む
カテゴリー:

「高崎だるま市」拡充、初めて初詣スポット巡りの巡回バス運行、会場面積は2倍 群馬 - 12月08日(金)10:45 

 JR高崎駅西口駅前通りを舞台に今年から始まった「高崎だるま市」(元旦と2日)が来年、大幅に拡充される。日程は同じだが、会場を発着点とした市内初詣スポットを巡る巡回バスを初めて運行するほか、会場面積を2倍に。群馬県高崎市は「約25万人という今年の人出を上回りたい」と意気込む。一方、対立を機に分離開催となった少林山達磨寺(鼻高町)では1月6、7日に開催予定で、ともに独自色を打ち出している。
カテゴリー:

もっと見る

「高崎市」の画像

もっと見る

「高崎市」の動画

Wikipedia

高崎市(たかさきし)は、関東地方の北西部、群馬県中部よりやや南西に位置する中核市。1900年(明治33年)の市制施行当時の区域は旧群馬郡。現在の市域は、旧群馬郡・碓氷郡甘楽郡多野郡多胡郡緑野郡)の区域で構成される。2001年(平成13年)4月1日に隣接する前橋市とともに特例市に移行し、2011年(平成23年)中核市に移行した。2006年(平成18年)10月1日に榛名町と合併したことにより、群馬県内では最大の人口を擁する都市となった。

概要

古くから交通の要衝で、中山道国道17号国道18号)と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる