「高島礼子」とは?

関連ニュース

【ドラマ】テレ朝『日曜ワイド』高橋克典・安田顕・生瀬勝久・松重豊・高島礼子主演の新企画続々 - 10月14日(土)19:44  mnewsplus

http://news.mynavi.jp/news/2017/10/13/091/ 2017/10/13 テレビ朝日系サスペンスドラマ枠『日曜ワイド』(毎週日曜10:00~)では、15日放送の高橋克典主演『庶務行員 多加賀主水が許さない』を皮切りに、新企画を続々放送する。 『庶務行員 多加賀主水が許さない』は、高橋が銀行の雑用係"庶務行員"にふんし、組織の闇に立ち向かっていく作品。 劇中で高橋は、ハンモックのような布を使って空中でポーズを行う「エアリアルヨガ」に初挑戦している。 その後も、安田顕が弁護士から転職した刑事になって事件を暴く『白い...
»続きを読む
カテゴリー:

テレ朝『日曜ワイド』パワーアップで新企画続々!第1弾は高橋克典のミステリー - 10月13日(金)14:01 

4月にスタートして以来、日曜朝のドラマ枠として好評を博している『日曜ワイド』(テレビ朝日系列、毎週日曜10:00~)。これまで『土曜ワイド劇場』から続く人気シリーズの新作やスピンオフ作品が放送されてきたが、この秋からは『日曜ワイド』発の新企画が続々放送されることがわかった。番組コンセプトは、「大人たちが落ち着いてゆったりとテレビを楽しめる、日曜の朝10時から上質なエンターテインメント作品をお届けしたい」。この通り、バラエティにより富んだ極上のラインナップが揃った。第1弾は、10月15日に放送される高橋克典主演の『庶務行員 多加賀主水が許さない』。江上剛原作の、銀行を舞台にした傑作ミステリーを初ドラマ化した作品で、高橋が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮し、組織の闇に立ち向かっていく。その後も、安田顕主演の『白い刑事』(10月22日放送)、生瀬勝久主演の『ハルさん~花嫁の父は名探偵!?』(12月放送予定)、松重豊主演『内閣情報調査室 特命調査官ハト』(放送日未定)、高島礼子主演『電卓刑事』(放送日未定)など新企画が続々登場。『白い刑事』は、“警察の天敵”ともよばれた敏腕弁護士・相良修平(安田)が、なんと警察の特別職員に“転職”。かつて自らが弁護し、逆転無罪を勝ち取った女性が絡んだ事件の謎を“刑事”として暴いていく、新しいタイプのミステリードラマ。 『ハルさ...more
カテゴリー:

「日曜ワイド」がパワーアップ! 秋から新企画を続々放送 - 10月13日(金)12:00 

“大人たちが落ち着いてゆったりとテレビを楽しめる日曜の朝10時から、上質なエンターテインメント作品をお届けしたい”というコンセプトで、ことしの4月9日に創設された「日曜ワイド」(毎週日曜朝10:00-11:50)。 【写真を見る】安田顕が「白い刑事」として「日曜ワイド」に初登場!/(C)テレビ朝日 これまで「土曜ワイド劇場」から続く人気シリーズの新作やスピンオフ作品を放送されてきたが、この秋からは「日曜ワイド」発の新企画を続々放送することが分かった。 第1弾は、10月15日(日)放送の「庶務行員 多加賀主水が許さない」。銀行を舞台にした江上剛原作の傑作ミステリーを初ドラマ化、高橋克典が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮(ふん)し、組織の闇に立ち向かっていく痛快なドラマだ。 その後も、安田顕主演の「白い刑事」(10月22日)、生瀬勝久主演の「ハルさん~花嫁の父は名探偵!?」(12月放送予定)、松重豊主演「内閣情報調査室 特命調査官ハト」(放送日未定)、高島礼子主演「電卓刑事」(放送日未定)など、新企画が登場する。 「白い刑事」は、被告人の容疑を次々と晴らし“シロく”無罪にする“白い弁護士”・相良修平(安田)が、警察職員となり今度は“白い刑事”として事件の真相を暴くミステリー。 かつて弁護士時代に自らが弁護し、逆転勝訴した女性が絡んだ不可解な殺人事件の謎を...more
カテゴリー:

小林稔侍、76歳にして悲願の映画初主演!「星めぐりの町」予告編公開 - 10月11日(水)10:00 

 「蝉しぐれ」(2005)などで知られる黒土三男監督が、愛知県豊田市を舞台にしたヒューマンドラマ「星めぐりの町」の予告編とポスターが、公開された。 ・「星めぐりの町」予告編はこちら!  妻を早くに亡くし、娘と2人で暮らす豆腐職人・島田勇作(小林稔侍)のもとに、東日本大震災で家族を失った少年・政美(荒井陽太)が引っ越してくる。深く傷ついていた政美だったが、勇作とのふれあいの中で、次第に心を開いていく。「家族はつらいよ」シリーズや「不能犯」(2018年2月1日公開)が控える小林が、76歳にして映画初主演を飾り、勇作の娘・志保を壇蜜が演じるほか、神戸浩、六平直政、平田満、高島礼子らが脇を固める。  予告編では、豆腐を通じて地域の人々を笑顔にする勇作が、政美の心を少しずつ癒していくさまが美しい自然と共に描かれている。涙を流す政美の肩をたたき、勇作が「生きてりゃ、きっといいことある」と優しく語りかけるなど、感動的なシーンが詰まった内容だ。  小林は、「映画初主演の話をもらった時は、夢というか、信じられなかった。今までも何回か話はあったけど、立ち消えたりしてて、本当に自分が主演の映画を撮れるなんて思ってもいなかったんです。これも人との縁だと思っています。いろんな縁が重なって、こうして夢を果たせて本当にうれしいですし、黒土監督をはじめ、みなさんに感謝しています」と喜びをかみしめている様子...more
カテゴリー:

テレ朝系日曜ワイド 高橋克典、安田顕、松重豊らの主演作続々登場 - 10月13日(金)14:05 

 テレビ朝日系で今年4月からはじまった日曜午前のドラマ枠『日曜ワイド』(毎週日曜 前10:00~11:50)で放送予定の新企画が一挙された。『土曜ワイド劇場』の人気シリーズに主演歴のある高橋克典や高島礼子、「トリック」シリーズやスピンオフ『警部補 矢部謙三』でおなじみの生瀬勝久のほか、安田顕や松重豊が主演する新作が続々登場する。 【場面写真】安田顕主演『白い刑事』ほか、放送を待つばかり  第1弾となるのが、15日放送の高橋主演『庶務行員 多加賀主水が許さない』。銀行を舞台にした江上剛氏原作の傑作ミステリーを初ドラマ化。高橋が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮し、組織の闇に立ち向かっていく。  22日は、安田主演の『白い刑事』を放送。“警察の天敵”ともよばれた敏腕弁護士・相良修平(安田)が、なんと警察の特別職員に“転職”。かつて自らが弁護し、逆転無罪を勝ち取った女性が絡んだ事件の謎を、“刑事”として暴いていく、まったく新しいタイプのミステリードラマが誕生する。  生瀬の主演作は、藤野恵美氏の小説『ハルさん』(創元推理文庫)を初ドラマ化する『ハルさん~花嫁の父は名探偵!?』(12月放送予定)。妻を亡くし、男手ひとつで娘を育て上げてきた人形作家の父“ハルさん”(生瀬)が、これまで娘の周囲で起きてきた数々の“事件”を振り返る、ハートウォーミングな異色ミス...more
カテゴリー:

テレ朝『日曜ワイド』パワーアップで新企画続々!第1弾は高橋克典のミステリー - 10月13日(金)14:00 

4月にスタートして以来、日曜朝のドラマ枠として好評を博している『日曜ワイド』(テレビ朝日系列、毎週日曜10:00~)。これまで『土曜ワイド劇場』から続く人気シリーズの新作やスピンオフ作品が放送されてきたが、この秋からは『日曜ワイド』発の新企画が続々放送されることがわかった。番組コンセプトは、「大人たちが落ち着いてゆったりとテレビを楽しめる、日曜の朝10時から上質なエンターテインメント作品をお届けしたい」。この通り、バラエティにより富んだ極上のラインナップが揃った。第1弾は、10月15日に放送される高橋克典主演の『庶務行員 多加賀主水が許さない』。江上剛原作の、銀行を舞台にした傑作ミステリーを初ドラマ化した作品で、高橋が元フリーターという異色の経歴を持つ銀行の雑用係“庶務行員”に扮し、組織の闇に立ち向かっていく。その後も、安田顕主演の『白い刑事』(10月22日放送)、生瀬勝久主演の『ハルさん~花嫁の父は名探偵!?』(12月放送予定)、松重豊主演『内閣情報調査室 特命調査官ハト』(放送日未定)、高島礼子主演『電卓刑事』(放送日未定)など新企画が続々登場。『白い刑事』は、“警察の天敵”ともよばれた敏腕弁護士・相良修平(安田)が、なんと警察の特別職員に“転職”。かつて自らが弁護し、逆転無罪を勝ち取った女性が絡んだ事件の謎を“刑事”として暴いていく、新しいタイプのミステリードラマ。 『ハルさ...more
カテゴリー:

『日曜ワイド』高橋克典・安田顕・生瀬勝久・松重豊・高島礼子主演の新企画続々 - 10月13日(金)12:00 

テレビ朝日系サスペンスドラマ枠『日曜ワイド』(毎週日曜10:00~)では、15日放送の高橋克典主演『庶務行員 多加賀主水が許さない』を皮切りに、新企画を続々放送する。
カテゴリー:

「高島礼子」の画像

もっと見る

「高島礼子」の動画

Wikipedia

高島 礼子(たかしま れいこ、1964年7月25日 - )は、日本の女優。

神奈川県横浜市出身。太田プロダクション所属。

来歴・人物

元々自動車好きで、高校卒業後に横浜市内の自動車関連会社で3年間OLとして働きながらアマチュアレーサーとして活動し、21歳でJAFのコンペティションモータースポーツライセンス国内A級を取得。

レース活動費捻出のため、1987年からレースクイーンとして活動開始。

その後、芸能事務所に所属し、1988年にとらばーゆのCMでデビュー。このCMを見ていた松平健の紹介で暴れん坊将軍IIIに出演し、25歳で本格的に女優デビューを果たす。

恵まれたプロポーションと男勝りの気性がバブル時代にマッチし、1993年に初主演したさまよえる脳髄で大胆なヌードを披露。幅広い役をこなす女優として順調にステップアップ。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる