「骨格筋」とは?

関連ニュース

株式会社TKResearch、「Cytometric CBA法による抗横紋筋抗体測定」受託開始 - 05月21日(月)09:00 

[株式会社TKResearch] 背景 抗横紋筋抗体 ( anti-striational antibodies ) とは、骨格筋や心筋など横紋筋に発現する分子に対する自己抗体であり、重症筋無力症 (myasthenia gravis, MG) に関連していると報告されています。抗横紋筋抗...
カテゴリー:

生活習慣病の発症機序に迫る新たな代謝制御メカニズムを解明 - 05月17日(木)18:00 

[学校法人 順天堂] 本研究成果のポイント 本研究成果のポイントlパールカンを欠損させた骨格筋は、有酸素運動に特徴的な赤筋化がみられる パールカンの欠損により、内臓脂肪の蓄積、脂肪肝、脂質異常症が抑制される パールカンは...
カテゴリー:

微細藻類ユーグレナの摂取により、老化などにともなう筋萎縮症状の抑制を示唆する研究結果を確認しました - 05月18日(金)20:03 

[株式会社ユーグレナ] ■背景と目的  人体最大の組織である骨格筋は、運動やエネルギー代謝、糖の取り込みなどで重要な役割を果たしますが、老化やストレス、宇宙フライトなどによって、筋肉がやせてしまう筋萎縮症状を引き起こすこと...
カテゴリー:

【伝染病】北米・北欧・韓国で「狂鹿病(CWD)」の猛威! 日本上陸なら感染拡大は必至 - 05月14日(月)22:41  newsplus

http://healthpress.jp/2018/05/post-3623.html  1986年にイギリスで最初に発生し、一般的には「狂牛病」と呼ばれた「牛海綿状脳症(BSE)」のことを覚えている人は多いだろう。 後にはヒトにも感染し、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病を引き起こすことが判明。 2001年には日本国内でも見つかり、人々を戦慄させた。  これは「伝達性海綿状脳症(TSE)」、別名「プリオン病」と呼ばれる致死性の伝染病だ。 異常プリオン(感染性タンパク質)が体内に入ると、脳がスポンジ状に変わり、行動異常や運動失調などの神経症状を起こし...
»続きを読む
カテゴリー:

「骨格筋」の画像

もっと見る

「骨格筋」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる