「駿河太郎」とは?

関連ニュース

小泉孝太郎主演『警視庁ゼロ係』初回視聴率7.1%の好発進 - 07月24日(月)18:06 

小泉孝太郎が主演を務めるドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)。7月21日に放送された第1話の視聴率は、7.1%を記録した。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。第1話で冬彦は、オリンピック競技場建設予定地で、3つのボタンの仕掛けが施された首吊り遺体の第一発見者となる。テレビ中継で警察の防犯対策に苦言を呈すなど、相変わらず空気の読めない冬彦は捜査に立ち合おうとするが、同期の捜査一課の警視・伊達春馬(駿河太郎)に追い出されてしまう。捜査の結果、遺体は不動産会社勤務の富田信二(遠山俊也)で、3つのボタンはどれを選んでも必ず吊るされるようになっていたことが判明する。そんな中、杉並中央署の副署長に、元公安部参事官の警視正・氷川小百合(若村麻由美)が着任。スポーツカーで颯爽と現れた小百合は、ゼロ係の係長・亀山良夫(...more
カテゴリー:

『警視庁ゼロ係』小泉孝太郎のKY役に反響 松下由樹&安達祐実の強烈キャラも健在 - 07月22日(土)12:50 

 2016年放送され好評だった小泉孝太郎主演ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(テレビ東京系/毎週金曜20時)のセカンドシーズンが21日より放送開始。昨年に続き、KY警視・小早川冬彦役の小泉、巡査長・寺田寅三役の松下由樹、事務職として働く本条靖子役の安達祐実らの演技を絶賛する声とともに、豪華ゲスト陣やいきなりの“前後半展開”などに引き込まれたという声が上がっている。【関連】『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』記者会見&防犯イベントの模様 21日放送の第1話では、頭脳明晰のKY警視・小早川(小泉)がある日、東京オリンピック競技場建設予定地で遺体を発見。殺害方法が作家・風間のデビュー作に酷似していることに気づき捜査本部へ乗り込んで特別捜査権を得たが、第2の犠牲者として風間の死体が発見される。その後、第3の犠牲者として白骨死体が発見されるが、小早川は何かに気づき始める。 劇中、小早川が捜査中に同期で同じく警視の伊達(駿河太郎)を寺田にお勧めし「今年こそ幸せな結婚してほしいんです。世界中の未婚女性に、寅三先輩でも結婚できるんだぞ!って勇気と希望を与えたいんです」といつものKY発言をすると、寺田は「結婚、結婚って、結婚がすべてじゃねぇ~!!」と叫ぶシーンなどもあり、放送後にSNS上では「いや~ホントこのシリーズの小泉孝太郎さん最高だと思うんだ...more
カテゴリー:

「警視庁ゼロ係」に伊藤美誠選手が出演! 小泉孝太郎は『やっぱりトップの人だな』と感心 - 07月21日(金)07:00 

7月21日(金)にスタートする「金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』」(テレビ東京系ほか)の初回ゲストに、リオデジャネイロオリンピック卓球女子団体で銅メダルを獲得した伊藤美誠選手が本人役でドラマ初出演することが分かった。 【写真を見る】伊藤選手は“KY刑事”の冬彦(小泉)からなれなれしく話し掛けられる本人役として出演/(C)テレビ東京 伊藤選手は、捜査のために出版社を訪れた冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)と偶然出会い、“KY刑事”の冬彦からなれなれしく話し掛けられる本人役で出演する。 今回、伊藤選手と小泉孝太郎のコメントが届いた。 ■ 伊藤美誠選手コメント ――はじめてのドラマ撮影はいかがでしたか? 最初は緊張していましたが、しっかり話をしていくたびに自分の気持ちが穏やかになっていって、緊張しなくなりました。演技をする前は、ずっとそわそわしていて、「本当に大丈夫かな」と思いましたが、自分じゃないみたいな感じで、やっていくたびに楽しく演技ができたので良かったです。 今回ドラマに出演したことで、多くの人に卓球のことを知ってもらいたいと思います。 ――試合前とドラマ撮影、どちらが緊張しましたか? ドラマ撮影の方が緊張しました。試合前は緊張しない方なので、久々の緊張感というか、こんなにそわそわしたのは初めてです。 ――小泉さん、松下さん...more
カテゴリー:

卓球の伊藤美誠選手、初ドラマ出演!小泉孝太郎との共演に「とても光栄」 - 07月20日(木)17:52 

女子卓球選手の伊藤美誠が、7月21日に放送される『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)第1話に“本人役”でゲスト出演することがわかった。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉孝太郎演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。ドラマ出演はこれが初めてとなる伊藤。撮影を振り返り「試合前は緊張しない方なので、久々の緊張感というか、こんなにそわそわしたのは初めてです」と、卓球の試合より緊張したことを明かし、「演技をする前は、ずっとそわそわしていて“本当に大丈夫かな”と思いましたが、自分じゃないみたいな感じで、やっていく度に楽しく演技ができたので良かったです」と感想を語った。そんな伊藤の様子を見て、小泉は「可愛らしかったですね。美誠ちゃんにとってはアウェイですからね、本当に緊張しているのがよくわかりました」と目を細め、「でも、そんな緊張の中、臆することなくテレビの...more
カテゴリー:

小泉孝太郎、スイカ柄のシャツで新ドラマをアピール - 07月18日(火)14:18 

俳優の小泉孝太郎が、16日に阿佐ヶ谷駅南口駅前広場で行われた新ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』(テレビ東京系列にて7月21日よりスタート、毎週金曜20:00~)の記者会見に出席。作品の見どころや、撮影現場の雰囲気などを語った。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。この日は記者会見の前に、警視庁杉並署協力による防犯イベントも開催。延べ約500人の観衆の前で、小泉は「杉並区の皆さん、遠路はるばるお越し下さったみなさん、この炎天下の中、本当にありがとうございます!」と感謝を述べ、「この1年半の間、僕らはほとんどお会いする機会はなかったんですけど、今回のSECOND SEASONでは、“ゼロ係”にしかない世界観を確立できた自信はあります!」と手応えを感じている様子。また、自身が演じる冬彦の“空気が読めない”役どころについて「今月で39歳になったい...more
カテゴリー:

小泉孝太郎主演『警視庁ゼロ係』初回視聴率7.1%の好発進 - 07月24日(月)18:00 

小泉孝太郎が主演を務めるドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)。7月21日に放送された第1話の視聴率は、7.1%を記録した。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。第1話で冬彦は、オリンピック競技場建設予定地で、3つのボタンの仕掛けが施された首吊り遺体の第一発見者となる。テレビ中継で警察の防犯対策に苦言を呈すなど、相変わらず空気の読めない冬彦は捜査に立ち合おうとするが、同期の捜査一課の警視・伊達春馬(駿河太郎)に追い出されてしまう。捜査の結果、遺体は不動産会社勤務の富田信二(遠山俊也)で、3つのボタンはどれを選んでも必ず吊るされるようになっていたことが判明する。そんな中、杉並中央署の副署長に、元公安部参事官の警視正・氷川小百合(若村麻由美)が着任。スポーツカーで颯爽と現れた小百合は、ゼロ係の係長・亀山良夫(...more
カテゴリー:

卓球の伊藤美誠選手、初ドラマ出演!小泉孝太郎との共演に「とても光栄」 - 07月21日(金)07:03 

女子卓球選手の伊藤美誠が、7月21日に放送される『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SECOND SEASON』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)第1話に“本人役”でゲスト出演することがわかった。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉孝太郎演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。ドラマ出演はこれが初めてとなる伊藤。撮影を振り返り「試合前は緊張しない方なので、久々の緊張感というか、こんなにそわそわしたのは初めてです」と、卓球の試合より緊張したことを明かし、「演技をする前は、ずっとそわそわしていて“本当に大丈夫かな”と思いましたが、自分じゃないみたいな感じで、やっていく度に楽しく演技ができたので良かったです」と感想を語った。そんな伊藤の様子を見て、小泉は「可愛らしかったですね。美誠ちゃんにとってはアウェイですからね、本当に緊張しているのがよくわかりました」と目を細め、「でも、そんな緊張の中、臆することなくテレビの...more
カテゴリー:

小泉孝太郎のKY刑事再び!「警視庁ゼロ係」待望の新シリーズがスタート - 07月21日(金)06:00 

小泉孝太郎が主演を務める新ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)が、7月21日よりスタート。第1話では、なんと主人公の冬彦が奇妙な遺体の第一発見者となる。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。第1話で冬彦は、オリンピック競技場建設予定地で、3つのボタンの仕掛けが施された首吊り遺体の第一発見者となる。テレビ中継で警察の防犯対策に苦言を呈すなど、相変わらず空気の読めない冬彦は捜査に立ち合おうとするが、同期の捜査一課の警視・伊達春馬(駿河太郎)に追い出されてしまう。捜査の結果、遺体は不動産会社勤務の富田信二(遠山俊也)で、3つのボタンはどれを選んでも必ず吊るされるようになっていたことが判明する。そんな中、杉並中央署の副署長に、元公安部参事官の警視正・氷川小百合(若村麻由美)が着任。スポーツカーで颯爽と現れた小百...more
カテゴリー:

小泉孝太郎の“KY刑事”再び!「警視庁ゼロ係」待望の新シリーズがスタート - 07月20日(木)17:04 

小泉孝太郎が主演を務める新ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)が、7月21日よりスタート。第1話では、なんと主人公の冬彦が奇妙な遺体の第一発見者となる。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。第1話で冬彦は、オリンピック競技場建設予定地で、3つのボタンの仕掛けが施された首吊り遺体の第一発見者となる。テレビ中継で警察の防犯対策に苦言を呈すなど、相変わらず空気の読めない冬彦は捜査に立ち合おうとするが、同期の捜査一課の警視・伊達春馬(駿河太郎)に追い出されてしまう。捜査の結果、遺体は不動産会社勤務の富田信二(遠山俊也)で、3つのボタンはどれを選んでも必ず吊るされるようになっていたことが判明する。そんな中、杉並中央署の副署長に、元公安部参事官の警視正・氷川小百合(若村麻由美)が着任。スポーツカーで颯爽と現れた小百...more
カテゴリー:

小泉孝太郎、スイカ柄のシャツで新ドラマをアピール - 07月18日(火)14:15 

俳優の小泉孝太郎が、16日に阿佐ヶ谷駅南口駅前広場で行われた新ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』(テレビ東京系列にて7月21日よりスタート、毎週金曜20:00~)の記者会見に出席。作品の見どころや、撮影現場の雰囲気などを語った。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。この日は記者会見の前に、警視庁杉並署協力による防犯イベントも開催。延べ約500人の観衆の前で、小泉は「杉並区の皆さん、遠路はるばるお越し下さったみなさん、この炎天下の中、本当にありがとうございます!」と感謝を述べ、「この1年半の間、僕らはほとんどお会いする機会はなかったんですけど、今回のSECOND SEASONでは、“ゼロ係”にしかない世界観を確立できた自信はあります!」と手応えを感じている様子。また、自身が演じる冬彦の“空気が読めない”役どころについて「今月で39歳になったい...more
カテゴリー:

もっと見る

「駿河太郎」の画像

もっと見る

「駿河太郎」の動画

Wikipedia

駿河 太郎(するが たろう、1978年6月5日 - )は、日本のミュージシャン、俳優兵庫県西宮市出身。血液型O型。ステッカー所属。既婚で一男一女の父。

来歴・人物

父は落語家笑福亭鶴瓶神港学園神港高等学校大阪芸術大学短期大学部卒業。2年間のイギリス音楽留学を経て、2003年に「taro」名義でポリスターよりメジャーデビュー。その後、バンド「sleepydog」を結成し、ボーカル&ギターを担当。2008年、30歳になったのを機に俳優に転向。映画やテレビドラマなどに出演している。

2011年2月、sleepydogの活動を終了し、sleepydogのギターだったモリイタカユキと新ユニット・Human Noteを始動。

2011年10月3日より放送開始のNHK連続テレビ小説カーネーション(NHK大阪放送局制作)に、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる