「駿河太郎」とは?

関連ニュース

語っていいとも! 第53回ゲスト・駿河太郎「器用に親父の名前ももっと使えば…とか思ってないんで」 - 02月18日(日)12:00 

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。 前回、俳優の林遣都(けんと)さんからご紹介いただいた第53回のゲストは俳優の駿河太郎さん。 バンド活動を経て、30歳で俳優転向。11年のNHK朝ドラ『カーネーション』でヒロインの夫役に大抜擢された後、ドラマ・映画に出演作多数の個性派バイプレイヤーとして活躍。知る人ぞ知る、国民的タレント・笑福亭鶴瓶の息子でもある。 前回はそのミュージシャンから転じて俳優をめざした経緯、父親の七光りをよしとせず、我が道を歩んできた自らの性分などを伺ったがーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―ちょうど僕が干支(えと)でひと回り上になるんですが、78年生まれですよね。 駿河 午(うま)です(笑)。 ―やっぱり昭和な匂いを感じさせるというか。ブログとかいろいろ見させていただいても、反骨の人なのかなと。今、お話を伺っても無骨というか(笑)。この連載はテーマのないトークなんですけど、今回はその“反骨”という言葉がある意味、テーマなのかなと思いながら…。 駿河 僕もずっと“なにくそ精神”でやってきてるから。特に役者に関して...more
カテゴリー:

語っていいとも! 第53回ゲスト・駿河太郎「『やっぱ半分、鶴瓶やな』って…黒鶴瓶を完全に受け継いでるらしくて(笑)」 - 02月11日(日)12:00 

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。 第53回のゲストで俳優の林遣都からご紹介いただいたのは俳優の駿河太郎さん。 バンド活動を経て、30歳で俳優転向。11年のNHK朝ドラ『カーネーション』でヒロイン・糸子の夫役に抜擢、注目されると、ドラマ・映画に出演作多数の個性派バイプレイヤーとして活躍。 国民的タレント・笑福亭鶴瓶の息子であることも知る人ぞ知るだが、この対談当日、なんと大雪で交通網は大混乱…取材場所に遅刻する大失態をしてしまったこちらを、父親似の人懐っこい笑顔で迎えてくれたーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―すいません、本当にお待たせてしてしまって申し訳ないです。 駿河 全然大丈夫です。お気になさらず(笑)。 ーこの対談連載自体がライブ感覚というか、茶飲み話か居酒屋トークみたいな感じでテーマもなしにやらせていただいてるんですが。 駿河 そうみたいですね。読んでたら、結構いろんな面白い方が出てるんで。読み応えもあるし。僕は今回、お話がくる前から読んでて、えっと、誰だったかな…? ―ありがとうございます...more
カテゴリー:

アウトローの魅力がビンビン! 映画『孤狼の血』中村倫也が新境地の暴力団構成員役 - 02月08日(木)17:00 

第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子さんの『孤狼の血』。暴対法成立直前の昭和63年・広島を舞台に暴力団系列の金融会社社員の失踪事件を追う刑事たちの姿や暴力団の抗争模様を描いたこの作品が白石和彌監督によって映画化。2018年5⽉12⽇の公開されます。 暴力団係班長の大上章吾役の役所広司さんをはじめ、松坂桃李さん、真木よう子さん、滝藤賢⼀さん、⾳尾琢真さん、駿河太郎さん、中村獅童さん、⽮島健⼀さん、⽥⼝トモロヲさん、ピエール瀧さん、⽯橋蓮司さん、江⼝洋介さんと豪華なキャストが揃った『孤狼の血』ですが、このほど尾谷組構成員・永川恭二を演じる中村倫也さんの新場面写真が公開となっています。 「こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でした」という中村さんですが、オールバッグにして目の据わった表情で拳銃を見つめる姿や、電話ボックスに座り込んでタバコを吸う様などは、「ザ・ヤクザ」という雰囲気。白石監督曰く「狂犬」という永川ですが、「アウトローなりの正義」を持っているという人物像でもあり、その侠気を中村さんがどのように演じるのか、期待が膨らみます。 映画『孤狼の血』公式サイト http://www.korou.jp/ [リンク] (c)2018「孤狼の血」製作委員会 ―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』
カテゴリー:

瀧本美織越路吹雪がいよいよ宝塚の大スターへ! - 02月12日(月)11:00 

“シャンソンの女王”越路吹雪の波乱の生涯を描く、放送中の帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)が好評だ。 【写真を見る】宝塚歌劇団風のメークをした瀧本美織の美貌にも注目だ/(C)テレビ朝日 1月29日の第4週では、29日の6.0%から、30日の5.9%を挟んで31日が6.1%、2月1日が7.5%、そして2日が自己最高となる7.7%と右肩上がりの視聴率を記録し、週平均6.6%をマーク。ちなみに翌第5週の月曜(2月5日)も6.6%と、2月に入ってから特に安定した数字を残している。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 同ドラマは、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記。越路が「落ちこぼれ」と言われた宝塚時代から、希代の作詞家・岩谷時子との濃密な友情をつづっていく。 現在放送中の青年期では瀧本美織が越路を演じており、大地真央は越路が国民的な大スターとして輝いた絶頂期を演じる。 シャンソン歌手としての越路吹雪、それも「愛の讃歌」などを歌うVTRでしか知らなかった人にとっては、瀧本を通して見る宝塚時代の越路の姿が新鮮に映るのか、「越路さんってこういう人だったんだ!」「やっぱり昔から歌がうまかったんだね」といった感想がSNS上にあふれている。 週平均視聴率も好調だった第4週で描かれた、新潟時代の親友・片桐八重子(...more
カテゴリー:

「もみ消して冬」4話「キスぐらい誰とだってするから!」初対面のおじさんにキスをせがむ波瑠が愛おしい - 02月10日(土)09:45 

秀作「母さん、お元気ですか? 姉さんが恋をしている模様です。相手の背中に鯉の模様です。ラップみたいですみません。今年の冬は、恋の季節になりそうです。Yeah……」毎週土曜よる10時から放送のドラマ『もみ消して冬~ わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系列)。エリート三兄弟の末っ子・北沢秀作(山田涼介(Hey! Say! JUMP))が、家族の幸せのため、そして家族の一員として認めてもらうために、北沢家に起こる問題をもみ消していく。2月3日(土)に放送された第4話では、長女で弁護士の北沢知晶(波瑠)が見習い執事・楠木松也(千葉雄大)にキスをしてしまうという事件が起こる。『もみ冬』の倫理ラインと誇り第3話のラストで明かされた、楠木の背中にある大きな2匹の鯉の刺青。すわ、楠木は北沢一家を乗っ取る刺客か? と思いきや、その疑惑は早々に解決する。楠木「若気の至りでございます。昔、ヤンチャをしておりまして」(拳を頭にコツンとぶつけるポーズ)秀作「え? その一言で済ませるつもり?」楠木「弁解するわけではございませんが、法に触れるようなことには手を出しておりません」秀作「なにそれ、おれへの当てつけのつもり?」楠木「なにか法に触れるようなことをされたんですか?」山形にある実家の温泉旅館を継ぎたくないがために、背中に刺青を入れた楠木。泰蔵(中村梅雀)やベテラン執事の小岩井(浅野和之)は、それを知...more
カテゴリー:

「駿河太郎」の画像

もっと見る

「駿河太郎」の動画

Wikipedia

駿河 太郎(するが たろう、1978年6月5日 - )は、日本のミュージシャン、俳優兵庫県西宮市出身。血液型O型。ステッカー所属。既婚で一男一女の父。

来歴・人物

父は落語家笑福亭鶴瓶神港学園神港高等学校大阪芸術大学短期大学部卒業。2年間のイギリス音楽留学を経て、2003年に「taro」名義でポリスターよりメジャーデビュー。その後、バンド「sleepydog」を結成し、ボーカル&ギターを担当。2008年、30歳になったのを機に俳優に転向。映画やテレビドラマなどに出演している。

2011年2月、sleepydogの活動を終了し、sleepydogのギターだったモリイタカユキと新ユニット・Human Noteを始動。

2011年10月3日より放送開始のNHK連続テレビ小説カーネーション(NHK大阪放送局制作)に、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる