「駆逐艦」とは?

関連ニュース

ノーランといえばあの名優!マイケル・ケイン「ダンケルク」にカメオ出演していた - 09月20日(水)08:00 

 クリストファー・ノーラン監督が実話の映画化に初挑戦した「ダンケルク」(公開中)に、「ダークナイト」「インターステラー」にも出演した名優マイケル・ケインがカメオ出演していることがわかった。  第2次世界大戦中の1940年、フランスの港町ダンケルクでドイツ軍に包囲された英仏連合軍の兵士40万人を救うため、イギリスの輸送船や駆逐艦、民間船までもが動員された史上最大ともいえる救出作戦「ダンケルクの戦い」を、“陸”“海”“空”の3つの視点から描く。世界興行収入は9月19日時点で5億ドルを突破しており、ノーラン監督は「世界で最も稼いだ監督」の歴代5位にランクインを果たしたという。  本作でノーラン監督とは7度目のタッグとなるケインは、ドーバー海峡上空をスピットファイア3機が飛行する冒頭シーンで、ファリア(トム・ハーディ)とコリンズ(ジャック・ロウデン)が操縦する2機に対して、「燃料を確認しろ。ダンケルクの戦闘に備えよ」と敵の襲来を警告する無線通信の隊長の声を演じている。  余談だが、ケイン自身も英国俳優が結集した「空軍大戦略」(69)で空軍パイロットを演じている。こちらは、ダンケルクの戦いの約2カ月後に起こった英独の戦い「バトル・オブ・ブリテン」を描くもの。ケインがノーラン監督の常連であることを差し引いても、往年の映画ファンの心に訴えかけるキャスティングといえるだろう。  ケインと“...more
カテゴリー:

米第7艦隊の少将と大佐を更迭、相次いだ事故で処分か - 09月19日(火)01:07 

 神奈川県横須賀市を拠点とするアメリカ海軍の第7艦隊は18日、幹部の少将と大佐の2人を更迭したと発表しました。第7艦隊に所属していたイージス駆逐艦で相次いだ死亡事故を受けての処分とみられます。
カテゴリー:

【国際】ロシア・中国海軍が合同演習開始 日米韓をけん制か 18日~26日、日本海・オホーツク海 - 09月18日(月)22:34  newsplus

ロシア・中国海軍が合同演習開始 日米韓をけん制か 日本放送協会:2017年9月18日 21時07分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170918/k10011146731000.html ロシアと中国の海軍は18日から日本海や初めてオホーツク海で合同軍事演習を開始し、 北朝鮮情勢を背景に東アジアで軍事的な影響力を拡大しているアメリカや、アメリカとの連携を深める日本や韓国をけん制する狙いがあると見られています。 ロシアと中国の海軍は18日から26日までの日程で軍事演習を行うと発表し、日本海や、初めてオホーツク海でも合同演習が行われ...
»続きを読む
カテゴリー:

人口減時代の経営戦略を真剣に考えるべきだ コラボ経営・変身経営・駆逐艦経営のススメ | 上司と部下の常識・非常識 | 東洋経済オンライン - 09月14日(木)09:00 

日本の人口は2005年の1億2729人をピークに人口は毎年減少を続けています。そして、36年後の2053年には1億…
カテゴリー:

ひふみん「ダンケルク」に強い共感「不屈の闘志は将棋にも共通」 - 09月13日(水)18:00 

 クリストファー・ノーラン監督が実話の映画化に初挑戦した「ダンケルク」(公開中)のトークイベントが9月13日、都内で行われ、“ひふみん”の愛称で親しまれる将棋棋士の加藤一二三氏とタレントの高樹千佳子が参加した。 ・「ダンケルク」トークイベントの模様はこちら!  第2次世界大戦中の1940年、フランスの港町ダンケルクでドイツ軍に包囲された英仏連合軍の兵士40万人を救うため、イギリスの輸送船や駆逐艦、民間船までもが動員された救出作戦「ダンケルクの戦い」を、“陸”“海”“空”の3つの視点から描く。  「ダンケルクの戦い」が起こった40年生まれの加藤氏は、劇中で展開する人間ドラマに「泣けてきました。青年2人が担架に兵士を担いで、走りに走って船に乗り込ませる。極限状態でも支え合い、どんな時も人間としてのあるべき姿を保っている。そこが素晴らしい」と絶賛。「不利な局面を持ちこたえている。勝った将棋ではないんですよ。40万人の兵士が無傷で帰れたからこそ、その後のノルマンディー上陸作戦の際に(兵力が)残っていて成功したんです。不屈の闘志というのは将棋にも共通する。自分は絶対に助かるんだ、負けないぞという信念ですね」と棋士目線で熱く語った。  加藤氏は、本作を見ていくなかで自身の棋士としての信条を重ねたといい「勇気をもって戦う。相手の面前で弱気を出さない。慌てないで落ち着いて戦う」という3つの...more
カテゴリー:

韓国海軍の艦船2隻、ダナンに寄港 - 09月19日(火)04:55 

 韓国海軍の李舜臣級駆逐艦「姜邯賛(ROK Gang Gamchan 、DDH-976)」および天地級補給艦「華川(ROK Hwachon、AOE-59)」が18日、計633人を乗せて南...
カテゴリー:

米第7艦隊、新たに高官2人解任=イージス艦衝突と関連か - 09月19日(火)01:05 

 神奈川県横須賀市を拠点とする米海軍第7艦隊のソーヤー司令官は18日、原子力空母「ロナルド・レーガン」を中心とした第5空母打撃群を運用する任務部隊70のチャールズ・ウィリアムズ司令官ら2人を解任した。第7艦隊が発表した。今年に入り同艦隊のイージス駆逐艦の衝突事故が相次いだことに関連した措置とみられる。 解任されたのは、ウィリアムズ司令官と第15駆逐艦戦隊のジェフリー・ベネット司令官。第7艦隊は、いずれも「指揮能力に対する信頼喪失」を解任の理由に挙げた。第15駆逐艦戦隊は、6月に伊豆半島沖でコンテナ船と衝突した「フィッツジェラルド」と8月にシンガポール沖で石油タンカーと衝突した「ジョン・S・マケイン」を指揮下に置く。 【時事通信社】
カテゴリー:

中露海軍が日本海で合同軍事演習を開始 北朝鮮問題で日米を牽制か - 09月18日(月)10:27  news

ロシアと中国の両海軍による合同軍事演習が18日、始まった。22~26日には日本海とオホーツク海の海上で演習を実施。核・ミサイル開発を加速する北朝鮮に対するミサイル防衛(MD)を強化する米国や日本、韓国をけん制する狙いがあるとみられる。 ロシア通信によると、中国海軍はミサイル駆逐艦や補給艦、救難艦など計4隻を極東ウラジオストクへ派遣。 ロシアの駆逐艦など両国海軍から計13隻の艦艇や潜水艦が演習に参加する。陸上での式典や連携確認のほか、船舶の護衛、海上や潜水艦での演習も行う予定。 両海軍は20...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国海軍】日本海などでロシアと合同演習へ - 09月13日(水)23:52  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011138151000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006 中国国防省は、日本海などで行われる中国とロシアの海軍の合同演習に参加するため、中国海軍の艦艇が出港したと発表し、軍事面での中ロの連携の強化をアピールすることで、中国の海洋進出に警戒を強める日本やアメリカなどをけん制する狙いがあると見られます。 中国国防省は13日、日本海などで来週から行われる中国とロシアの海軍の合同演習に参加する中国海軍の駆逐艦や護衛艦などが山東省の青島の軍港を出港したと発表...
»続きを読む
カテゴリー:

爆音上映プロデューサー・樋口泰人、「ダンケルク」の見どころはまさかの無音!? - 09月11日(月)18:00 

 クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」「インターステラー」「インセプション」を大迫力のサウンドで上映するオールナイト爆音上映イベントが、9月8日深夜から9日早朝にかけて東京・新宿ピカデリーで開催。上映前には、「爆音映画祭」の仕掛人として知られる映画評論家・樋口泰人氏、映画評論家の森直人氏、お笑いコンビ「ダイノジ」の大谷ノブ彦のトークショーも行われた。  第2次世界大戦中の1940年、フランスの港町ダンケルクでドイツ軍に包囲された英仏連合軍の兵士40万人を救うため、イギリスの輸送船や駆逐艦、民間船までもが動員された救出作戦「ダンケルクの戦い」を、“陸”“海”“空”の3つの視点から描く。世界興行収入は4億9200万ドルを突破(9月11日時点)し、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では93%(9月11日時点)の高評価を維持している。  チケットがわずか2分で売り切れたという本イベント。樋口氏は「今朝まで音の調整をしていたのですが、チケットが2分で売り切れたというのが大変なプレッシャーでした(笑)。とても繊細に作られているので、ちょっと調整するだけでまったく変わる。銃弾やら爆撃やら色々な音が流れるなかで、どこかに合わせるとそれ用の全体像ができてしまう。できる限りバランスを取るために、ハンス・ジマーの音楽でウルっとくる部分に合わせました。泣いてもらえる“爆音”です...more
カテゴリー:

もっと見る

「駆逐艦」の画像

もっと見る

「駆逐艦」の動画

Wikipedia

駆逐艦(くちくかん、英語: ''')は、19世紀末に出現した艦種である。

概要

もともとの名前を水雷艇駆逐艦()と呼び、水雷艇()を駆逐する艦種だった。第二次世界大戦までは魚雷を主兵装とし、駆逐艦隊は別名水雷戦隊と呼ばれていた。出現当初から第二次大戦のころまでは、軽巡洋艦より小型だが砲艦より大型で、航洋性を有しており、軽装甲であるが高速で汎用性が高いといった位置付けだった。

20世紀後半から現代にあっては、戦艦巡洋艦といった、駆逐艦より大型の艦が過去のものとなった、あるいはなりつつある。その一方でフリゲートコルベットといったより小型の艦が存在感を増している。駆逐艦自身も大型化し、現代海軍では航空母艦や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる