「馬場裕之」とは?

関連ニュース

南阿蘇鉄道で「ロバート馬場駅弁」…高森線の復旧を支援 - 04月14日(金)18:15 

熊本県の第三セクター・南阿蘇鉄道が運営する高森線の南阿蘇白川水源駅(南阿蘇村)でこのほど、お笑いグループ「ロバート」の馬場裕之さんらが考案したオリジナル駅弁の販売が始まった。1年前の熊本地震の影響で一部運休が続く高森線の復旧を支援する。
in English
カテゴリー:

【芸能】ロバート秋山、新CMでは女性キャスターに変身 - 03月12日(日)20:43 

 若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』にて、“憑依芸人”ロバート・秋山竜次(38歳)が出演している「2017年春の牛角キャンペーン」の最新CMについて報じた。  新CMは3月8日に放映スタート。ロバートは、「OIWAI NEWS29」と題した架空ニュース番組の出演者やスタッフに扮している。 秋山はメインキャスター・御祝井慶子に、馬場裕之(37歳)はコメンテーター・山芝太郎に、山本博(38歳)は裏方のAD山本に。 この映像を見た『原宿アベニュー』コメンテーターのFUJIWARA・藤本敏史(46)は「一番に思ったのは、博いらんやろ、ということ。...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【熊本地震1年】ロバート馬場、得意の料理で復興支援 オリジナル駅弁を限定発売 - 04月14日(金)04:00 

 昨年4月14日に発生した熊本地震からきょう14日で1年。地震で被災し、今でも一部区間の運休が続く南阿蘇鉄道の復興支援プロジェクトの一環として、お笑いトリオ・ロバートの馬場裕之(38)と地元の農家・高校生らで考案したオリジナル駅弁が、3月25日より同鉄道で限定発売を開始している。馬場らが駅弁を考案し、発売日に観光名物のトロッコ列車「ゆうすげ号」に南阿蘇鉄道ゆかりの人たちを招待し弁当をふるまうまでを収めたウェブムービーが14日、公開された。 【動画】ロバート馬場、オリジナル弁当を考案  料理本を出版するほどお笑い界きっての料理上手として知られる馬場は今回、南阿蘇特産の赤牛の肉や高菜などの野菜、米まですべて地元産にこだわった「たっぷり赤牛 牛めし弁当」を考案。ムービーには、サプライズで村長や町長がウェイトレス姿で駅弁を配ったり、地元の高校生や多くの地元民がトロッコ列車周辺で横断幕を持ちながらお祝いする心温まる姿が収められている。  いまだ地震の爪痕をのこす南阿蘇を訪れた馬場は「自分が地震の前に行った南阿蘇とは全く違う風景になっていて、とてもショックを受けました。そして改めて地震被害の大きさを知りました」と振り返り、「そんな中、前向きな姿勢で南阿蘇村や南阿蘇鉄道を盛り上げていこうとしている人達とお会いする機会がありました。かなり大きな被害を受けているはずなのに、皆さん前向きで明るく...more
in English
カテゴリー:

「馬場裕之」の画像

もっと見る

「馬場裕之」の動画

Wikipedia

馬場 裕之(ばば ひろゆき、1979年3月22日 - )は、日本お笑い芸人であり、お笑いトリオロバートでボケを担当。吉本興業所属。現在、唯一の独身。

人物

身長181cm、体重65kg、血液型A型。通称、「馬場ちゃん」。俳優・ナレーターの内藤武敏は遠戚。

福岡県北九州市門司区出身。秋山竜次とは幼稚園から高校までの同級生である。門司北高校卒業。1998年にロバート結成。本人はお笑いに興味がなく、先に上京した秋山に強引に吉本総合芸能学院(NSC)に入れられた。

はねトびの演出・プロデューサー近藤真広による評価は、「不協和音を奏でる名バイプレーヤー。人間の顔色をうかがわせたら天下一品。人間関係とかを表現するのがすごく上手で、ロバートのネタの微妙な部分には欠かせないキャラクター」(2003年発売「Quick Japan」より )。

2008年に秋山竜次、2015年に山本博が相次いで結婚したため、メンバー唯一...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる