「香港線」とは?

関連ニュース

ピーチ、国内・国際線で48時間セール開催 片道1,990円から - 06月22日(木)17:43 

ピーチはあす6月23日午前0時から24日まで、国内線・国際線を対象に「48時間限定セール」を開催する。 設定路線と片道運賃は、国内線は、大阪/関西~松山・宮崎線は1,990円から、大阪/関西~福岡・長崎・鹿児島線と福岡~沖縄/那覇線、仙台〜札幌/千歳線は2,490円から、大阪/関西~仙台線は2,690円から、大阪/関西~東京/成田線は2,790円から、大阪/関西~札幌/千歳線と東京/成田~福岡線は2,990円から、大阪/関西~沖縄/那覇線が3,490円から、札幌/千歳〜福岡線は3,590円から、大阪/関西~石垣線は3,990円から。 国際線は、大阪/関西~釜山線は1,990円から、大阪/関西・沖縄/那覇~ソウル/仁川線と沖縄/那覇〜香港線は3,490円から、大阪/関西~上海/浦東線が3,590円から、大阪/関西~香港線が3,690円から、東京/羽田~ソウル/仁川線が4,290円から、仙台〜台北/桃園線は4,390円から、大阪/関西~台北/桃園線と東京/羽田~上海/浦東線が4,590円から、札幌/千歳〜台北/桃園と沖縄/那覇〜バンコク/スワンナプーム線は4,990円から。いずれも燃油サーチャージなし、支払手数料、空港使用料は別途必要。 搭乗期間は7月3日から12月21日までで、路線により異なる。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、東京/成田〜香港線を片道4,580円から発売 席数限定 - 06月16日(金)18:46 

バニラエアは、6月16日午後6時から21日午後11時30分まで、国際線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催している。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜香港線が4,580円から。燃油サーチャージなし、支払手数料や旅客施設使用料、諸税は別となる。受託手荷物料金や座席指定料金も別途必要。 搭乗期間は、9月1日から10月28日までとなっている。提供座席数には限りがあり、一部日程や便には設定がない場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL、燃油サーチャージを引き下げ 8月と9月発券分 - 06月13日(火)16:34 

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を8月と9月発券分で引き下げる。 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、4月から5月のシンガポールケロシンの市況価格は平均62.51米ドル、1米ドル111.14円だったため、円貨換算額は6,947円となった。6,000円を下回った場合には燃油サーチャージは廃止となる。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は200円、中国・台湾・香港線は500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は1,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は1,500円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は2,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は3,500円となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ルフトハンザ、ドイツ発着2路線に新規就航 ロサンゼルス・北京・香港線にエアバスA380型機投入 - 06月17日(土)11:59 

ルフトハンザ・ドイツ航空は、2018年夏スケジュールで、フランクフルトとミュンヘンを発着する新路線を開設する。 新たに開設するのは、フランクフルト〜サンディエゴ線とミュンヘン〜シンガポール線で、いずれも週5便を運航する。また、ミュンヘン〜シカゴ線は週7便から週10便に増便する。また、ミュンヘン〜ロサンゼルス・北京・香港線の3路線には、エアバスA380型機を投入する。このため、現在14機を保有しているエアバスA380型機のうち、5機をミュンヘン拠点に変更する。 航空券の発売は7月から開始する予定。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

キャセイ、成田線1日6便へ--A340-300年内退役・2018年A350-1000導入 - 06月14日(水)17:06 

キャセイパシフィック航空(拠点: 香港)は6月14日、「大人のテーマパーク 香港」をテーマに、香港デスティネーションキャンペーン「蜷川実花 × 香港 by キャセイパシフィック」の開始とともに、今後の路線・機材計画を発表。2017年内にエアバスA340-300を全機退役し、2018年半ばには現在開発中のエアバス最新機種であるエアバスA350-1000の導入を予定している。 同社は2017年5月現在、144機の運航機材を保有し、香港を拠点にアジア、ヨーロッパ、オーストラリア、北米、アフリカ方面と、世界47カ国・地域189都市に旅客・貨物の定期便を運航。路線拡張とともに機材更新を実施しており、2016年10月には同社が保有するボーイング747-400旅客機を退役した。現在、2機あるA340-300の退役は、予定通り2017年内の退役となる。 機材別の見ると、ボーイング777-300が65機、ボーイング777-200が5機、エアバスA340-300が2機、エアバスA330が38機、エアバスA350-900が13機、合計144機であり、全運航旅客便の平均機齢は7.5年となっている。 また現在、確定済発注機材は56機であり、内訳はエアバスA350-900が9機、エアバスA350-1000が26機、ボーイング777-9Xが21機となる。A350-1000に関しては、2018年半ばの受領を...more
カテゴリー:

「香港線」の画像

もっと見る

「香港線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる