「香港線」とは?

関連ニュース

JAL、燃油サーチャージ引き上げ 12月発券分から欧米往復14,000円 - 10月18日(水)19:15 

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を12月と2018年1月発券分で引き上げる 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均65.41米ドル、1米ドル110.28円だったため、円貨換算額は7,213円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は300円、中国・台湾・香港線は1,500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は2,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は3,000円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は4,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は7,000円となる。 ■燃油サーチャージ額(2017年12月〜2018年1月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500円⇒7,000円 インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 2,000円⇒4,000円 タイ・シンガポール・マレーシア 1,500円⇒3,000円 グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 1,000円⇒2,000円 中国・香港・台湾 500円⇒1,500円 韓国・極東ロシア 200円⇒300円 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、往復購入で往路10円 今夜から - 10月16日(月)23:22 

香港エクスプレス航空は、日本線を含む各路線を対象に往復航空券の購入で往路が10円となるキャンペーンを10月17日午前1時から21日午前1時(日本時間)まで開催する。 広島・高松・福岡・名古屋・石垣・鹿児島・ソウル/仁川・釜山・済州・台中・花蓮・チェンライ・チェンマイ・プーケット・ダナン・シェムリアップ・サイパン〜香港線も対象となっている。香港発着の往復航空券では、往路は1香港ドルとなる。いずれも諸税や支払手数料は別途必要。 搭乗期間は10月24日から2018年4月3日まで。路線により一部期間は対象外となる。設定席数は日本路線は45,000席以上、全路線では91,300席以上。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、国内・国際線3路線を対象にセール 札幌・函館へ片道2,480円からなど - 10月12日(木)19:56 

バニラエアは10月13日午後6時から、国内・国際線3路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催する。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜札幌/千歳・函館線は2,480円から、東京/成田〜香港線は5,980円から。空港使用料・諸税・支払手数料は別途必要、燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は11月6日から2018年1月31日までで、路線により異なっている。座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。販売期間は10月18日午後11時30分までで、なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、福岡〜台北/桃園線を増便 毎日運航に - 10月07日(土)18:58 

タイガーエア・台湾は、福岡〜台北/桃園線を10月29日より増便する。 現在は火・水・金・土曜の週4便を運航しており、これを毎日運航とする。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機を使用する。 福岡〜台北/桃園線は、チャイナエアライン、エバー航空、キャセイパシフィック航空の3社も運航している。キャセイパシフィック航空は福岡〜台北/桃園〜香港線を1日1便運航しているものの、冬スケジュールより運休する。これにより運航便数は週33便となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

キャセイパシフィックグループ、バルセロナ・テルアビブ・福岡線を増便 - 10月05日(木)11:52 

キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、香港とバルセロナ、テルアビブ、福岡を結ぶ各路線で増便する。 キャセイパシフィック航空は、2017年に夏期の季節便として運航した香港〜バルセロナ線を、2018年4月15日から週3便、同年7月1日から週4便に増便し、通年運航する。機材はエアバスA350-900型機で運航する。現在週4便を運航しており、10月29日より週5便に増便する、香港〜マドリード線と合わせると、アジアとスペインの間を最も多くの便を運航する航空会社となる。香港〜テルアビブ線は、2018年3月25日より週6便、2018年10月から11月にはデイリー運航とする。機材はエアバスA350-900型機を使用する。いずれの路線も就航以来、高い利用率であることから増便を決めた。 キャセイドラゴン航空は福岡〜香港線を増便し、12月18日より週8便、2018年1月14日からは週11便を運航する。2018年夏スケジュールより、さらに増便を計画している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

JAL、燃油サーチャージ引き上げ 12月発券分から欧米往復14,000円 - 10月18日(水)19:15 

日本航空(JAL)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を12月と2018年1月発券分で引き上げる 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均65.41米ドル、1米ドル110.28円だったため、円貨換算額は7,213円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国・極東ロシア線は300円、中国・台湾・香港線は1,500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム線は2,000円、タイ・シンガポール・マレーシア線は3,000円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は4,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は7,000円となる。 ■燃油サーチャージ額(2017年12月〜2018年1月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500円⇒7,000円 インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 2,000円⇒4,000円 タイ・シンガポール・マレーシア 1,500円⇒3,000円 グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 1,000円⇒2,000円 中国・香港・台湾 500円⇒1,500円 韓国・極東ロシア 200円⇒300円 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ANA、12月から燃油サーチャージ引き上げ 欧米往復14,000円 - 10月16日(月)15:12 

全日空(ANA)は、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を12月と2018年1月発券分で引き上げる 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、8月から9月のシンガポールケロシンの市況価格は平均65.41米ドル、1米ドル110.28円だったため、円貨換算額は7,213円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国線は300円、中国・台湾・香港・マカオ線は1,500円、ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン線は2,000円、タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア線は3,000円、インドネシア・インド・ハワイ線は4,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は7,000円となる。 ■燃油サーチャージ額(2017年12月〜2018年1月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500円⇒7,000円 ハワイ・インド・インドネシア 2,000円⇒4,000円 タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 1,500円⇒3,000円 ベトナム・フィリピン・グアム・サイパン 1,000円⇒2,000円 中国・香港・台湾・マカオ 500円⇒1,500円 韓国 200円⇒300円 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

香港エクスプレス航空、熊本〜香港線就航 11月16日から週2便 - 10月10日(火)19:48 

香港エクスプレス航空は、熊本〜香港線に11月16日より就航する。 運航日は木・日曜で、エアバスA320型機で運航する。通常運賃は片道13,380円から、諸税は別途必要となる。所要時間は、熊本発は4時間10分、香港発は3時間15分。 日本線は、東京/羽田、東京/成田、名古屋/中部、大阪/関西、高松、広島、福岡、鹿児島、石垣に次いで10空港目の乗り入れとなる。九州は福岡、鹿児島を含む3空港に就航することになり、訪日外国人の周遊旅行も可能になる。 ■ダイヤ UO2805 熊本(17:10)〜香港(20:20)/木 UO2805 熊本(19:40)〜香港(22:45)/日 UO2804 香港(12:05)〜熊本(16:20)/木 UO2804 香港(14:15)〜熊本(18:30)/日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、国際線対象の「スーパースターセール」 片道3,790円から - 10月06日(金)21:10 

ジェットスター・ジャパンは、10月6日午後6時より「スーパースターセール」を開始した。 片道運賃は、東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部〜台北/桃園線は3,790円から、東京/成田・大阪/関西〜香港線と東京/成田〜上海/浦東線は3,990円から、大阪/関西・名古屋/中部〜マニラ線は4,990円から、沖縄/那覇〜シンガポール戦は7,990円から。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は10月17日から2018年3月15日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。セール期間は10月10日午後6時まで。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「香港線」の画像

もっと見る

「香港線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる