「養成講座」とは?

関連ニュース

外国人に和食を教える資格をネットで取得!わしょクック認定講師養成講座 オンライン動画セミナースタート - 02月20日(火)14:48 

[わしょクック株式会社] 政府は「新インバウンド目標値、2020年に4000万人訪日」を掲げ、実際に2017年は訪日外客数が過去最高と言われています。JNTOの推計によると、10月の訪日外客数は前年同月比21.5%増の259万5千人。10月までの累計値...
カテゴリー:

【出来ちゃった】予期せぬ妊娠、相談を こうのとりのゆりかごin関西、神戸に電話窓口開設 - 02月16日(金)07:09  newsplus

予期せぬ妊娠や出産に悩む人からの電話相談を受け付ける「こうのとり・にんしんSOS」の拠点が15日、神戸市中央区に開設された。親が育てられない赤ちゃんを匿名で預け入れる「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」を設置する慈恵病院(熊本市)には関西からの電話相談も多いことから、NPO法人「こうのとりのゆりかごin関西」が関西での相談事業を始めた。拠点は今後、5カ所に拡大する予定。  相談には、産婦人科医や、カウンセリングの専門家による養成講座を修了した助産師や看護師らが交代で対応。出産費用などの悩...
»続きを読む
カテゴリー:

完全無料!2ヵ月で未経験からプロのゲームクリエイターへ! 2/21(水)「ゲーム2Dデザイナー養成講座」説明会&模擬授業を開催 - 02月15日(木)18:30 

[株式会社クリーク・アンド・リバー社] 当講座は、ゲーム関連企業への就職を想定したカリキュラム構成となっており、個人のスキルにあわせて進める個別指導形式をとっています。また、2Dデザイナーとしての就職支援や活動支援など、講座終了後のアフタ...
カテゴリー:

顔は通勤電車、走りは「新幹線」? JR東が運営権を獲った英国の電車に乗ってみた【さかいもとみの旅力養成講座】 - 02月12日(月)14:10 

WMTが使っている「クラス350」と呼ばれる通勤車両(写真:さかいもとみ) クリスマスのイギリスはどこもかしこもお祭りモード。多くの人々がクリスマス休暇を実家や旅行先で過ごそうと、イブの24日までターミナルはどこも混み合います。でも、25日クリスマス当日の街は打って変わって静かに。人々が普段使っている公共交通が全て止まるからです。そんな12月末、筆者は運行が始まった、JR東日本が運営権を獲得したロンドン郊外を走る鉄道に乗ってきました。 報道でも伝えられているように、JR東日本は2017年8月、三井物産と共に「英国で鉄道事業の運営権を獲得」しました。鉄道の名前はウェスト・ミッドランズ・トレインズ(WMT)といいます。 ところで、「日本のJRが総合商社と共に鉄道運営権を獲った」と聞いてどういう状況なのかピンと来る人はあまり多くないのではないでしょうか。そもそも「(JR東日本が)海外で鉄道運行事業に参加するのは初めて(報道資料より)」な訳ですから、その様子を想像するのが難しいのは当然と言えば当然かもしれませんね。 フランチャイズ制度とは何か? 車内はクリスマスの帰省客で満員。通路にも人がぎっしり(写真:さかいもとみ) JR東日本と三井物産が共同で発表した報道資料を読むと、「英国では民間企業が旅客鉄道運行事業の運営を担うフランチャイズ制度をとっており、地域毎に分けられた各路線の...more
カテゴリー:

【今週の視点】精神障害者雇用 サポーター講座活用を - 02月08日(木)05:06 

必要な配慮の理解へ 4月に法定雇用引上げ 4月から障害者の法定雇用率が引き上げられる。法定雇用率の達成には精神障害者雇用の取組みが重要になるが、障害特性を考慮した職場環境を整備しなければ、職場への定着は難しい。各企業では、厚労省の「精神・発達障害者しごとサポーター養成講座」を積極的に活用し、従業員が障害者との適切なコミュニケーション方法を理解できるよう支援してもらいたい。……[続きを読む]
カテゴリー:

子育てに悩むパパママへ!モンテッソーリ流が学べる育児本が発売 - 02月18日(日)11:00 

子どものしつけに悩むパパママへ 一般社団法人輝きベビーアカデミーの代表理事を務める伊藤美佳氏は、『モンテッソーリ流 たった5分で言わなくてもできる子に変わる本』を2018年1月25日に出版しました。一般社団法人輝きベビーアカデミーは、東京都内で乳幼児親子教室「輝きベビースクール」、「輝きベビー保育園」を運営しています。 自分からできるように働きかける 『モンテッソーリ流 たった5分で言わなくてもできる子に変わる本』のテーマは、「しつけ」です。パパママに共通する、朝の支度や遊び場から帰りたくないという抵抗、トイレトレーニングなどの子育ての悩みを取り上げています。 モンテッソーリ教育とは、子どもの「成長したい」「自分一人でできるようになりたい」という気持ちを大切にする教育法です。本書では、『「やりなさい」と言うより、自分からやりたくなる環境を整える』、『言って聞かせるより、やってみせる』、『自分のやりたいことに集中する「フロー体験」を見守る』の三原則をベースとして、モンテッソーリ流に解決する方法を提案しています。 これまでに約1万5千人の乳幼児と関わる 著者である伊藤美佳氏は、幼稚園、保育園に26年間勤務した後、幼児教室「輝きベビースクール」を設立し、これまでに約1万5千人の子どもの成長を見守ってきました。その経験のなかで「乳幼児期の大人の関わり方が、その後の子どもの発達にいかに...more
カテゴリー:

会議進行で部下をモヤモヤさせる45歳課長に足りないもの - 美人産業カウンセラーが指南「管理職養成講座」 - 02月16日(金)05:00 

最近では、部下の意見を一生懸命聞き、会議を円滑に進めるための「ファシリテーションスキル」を学ぶ管理職が増えている。しかし、ファシリテーションスキルを重視するがあまり、部下たちをいつもモヤモヤさせている課長のケースを紹介する。
カテゴリー:

観光案内、市民が英語版リーフレット 北秋田市、訪日客向けに - 02月15日(木)10:45 

 英語のボランティア観光ガイドを育成する北秋田市教育委員会の「北秋田イングリッシュサポーター養成講座」の受講者が制作した英語版の観光案内リーフレットが完成し、市観光物産協会(村井松悦会長)に贈呈された…
カテゴリー:

顔は通勤電車、走りは「新幹線」? JR東が運営権を獲った英国の電車に乗ってみた【さかいもとみの旅力養成講座】 - 02月12日(月)14:10 

WMTが使っている「クラス350」と呼ばれる通勤車両(写真:さかいもとみ) クリスマスのイギリスはどこもかしこもお祭りモード。多くの人々がクリスマス休暇を実家や旅行先で過ごそうと、イブの24日までターミナルはどこも混み合います。でも、25日クリスマス当日の街は打って変わって静かに。人々が普段使っている公共交通が全て止まるからです。そんな12月末、筆者は運行が始まった、JR東日本が運営権を獲得したロンドン郊外を走る鉄道に乗ってきました。 報道でも伝えられているように、JR東日本は2017年8月、三井物産と共に「英国で鉄道事業の運営権を獲得」しました。鉄道の名前はウェスト・ミッドランズ・トレインズ(WMT)といいます。 ところで、「日本のJRが総合商社と共に鉄道運営権を獲った」と聞いてどういう状況なのかピンと来る人はあまり多くないのではないでしょうか。そもそも「(JR東日本が)海外で鉄道運行事業に参加するのは初めて(報道資料より)」な訳ですから、その様子を想像するのが難しいのは当然と言えば当然かもしれませんね。 フランチャイズ制度とは何か? 車内はクリスマスの帰省客で満員。通路にも人がぎっしり(写真:さかいもとみ) JR東日本と三井物産が共同で発表した報道資料を読むと、「英国では民間企業が旅客鉄道運行事業の運営を担うフランチャイズ制度をとっており、地域毎に分けられた各路線の運行事業者...more
カテゴリー:

「養成講座」の画像

もっと見る

「養成講座」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる