「養成講座」とは?

関連ニュース

顧客より「社員の幸せ」を第一に考える会社が繁栄するのはなぜか - 03月24日(金)07:00 

「いい会社」という言葉は広く使われていますが、では「いい会社」の定義とは? 無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』の著者・伊勢雅臣さんは、「いい会社」には「いい人」と同じニュアンスが込められているとしています。「顧客第一」に考え、ひたすら利益を追求する―。そんな現代の「良い会社」とは一味違う「いい会社」は、具体的にどんな会社なのでしょうか。 日本を支える「いい会社」 「いい会社をつくりましょう」という社是を掲げている会社がある。子どもにも分かるシンプルな表現だが、この「いい会社」とは何か。こんな文章が続く。 いい会社とは、単に経営上の数字ではなく、会社を取り巻くすべての人々が「いい会社だね」と言ってくださる会社のこと。 「良い会社」というと、高い技術で高収益を誇る優等生企業を想像するが、「いい会社」には「あの人はいい人だね」と言うのと同様の共感が籠もっている。 そして、この「すべての人々」の筆頭は社員である。 社員自身が会社に所属することの幸せをかみしめられるような会社のこと。 この会社は、寒天作りで国内シェア80パーセントを持つ。48年間増収増益を続けており、売上高利益率10パーセント以上という「優等生企業」である。しかし、そんな数字よりも、この会社の会長は、48年間、リストラもせずに、社員の給料とボーナスを上げ続けてきたことを誇りとしてい...more
in English
カテゴリー:

離乳食と一緒に子供の成長を学ぶ講座が開催 - 03月21日(火)12:02 

母子栄養協会による「離乳食アドバイザー養成講座」 3月9日に、一般社団法人母子栄養協会が、「離乳食アドバイザー養成講座」の開催を発表するとともに参加者の募集を開始しました。 同講座は、生後5か月から1歳半までの離乳食について詳しく学習することができる講座となっており、同時に小児の発育や口腔からみる離乳食期の発達を知ることができる講座です。 離乳食講座を開催したい人にもお勧めの講座 今回、母子栄養協会が開催を発表した「離乳食アドバイザー養成講座」は、参加者自身が学べるだけでなく、受講することで、離乳食教室や子育て中のママを対象とした料理教室の開催などを行えるようなるための栄養学的知識を学ぶこともできます。 同協会は同講座について、離乳食について詳しく学習した人や保育士といった乳幼児に関わる機会のある人、栄養士や管理栄養士の資格を持ち、今後保育園や離乳食関係の仕事を行っていきたい人にお勧めの講座であるとしています。 また、そういった人だけでなく、離乳食教室を開催したい人や育児用品販売、育児相談の仕事を行いたい人にも推薦しています。 カリキュラムとしては、乳児の身体発育と主な病態、厚生労働省発行「授乳・離乳支援ガイド」の見方と考え方、離乳食に向いている食材・向かない食材、献立作成、カウンセリング方法といった内容となっており、受講費用は、エプロンや認定バッヂなどの費用を含み4...more
in English
カテゴリー:

16年度住宅ローンアドバイザー養成講座、申込者が約200名増 - 03月21日(火)09:00 

 (一財)住宅金融普及協会は17日、2016年度(第2回)「住宅ローンアドバイザー養成講座」の実施概要を発表した。
in English
カテゴリー:

日本の美徳。暴走族をも激変させた「トイレ掃除」の不思議な効果 - 03月19日(日)08:00 

先日掲載の記事「松下幸之助と本田宗一郎は、なぜ「従業員のトイレ」にこだわったのか」でもお伝えしたように、トイレ掃除を大事にする著名人は少なくありません。一時は「トイレ掃除で金運と成功をつかむ!」といった類の本も続々と発売されました。金運アップ云々は別としても、トイレ掃除が人の心を磨くのは本当のようです。無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、トイレ掃除で得られる5つの効用を紹介しています。 心を磨くトイレ掃除 トイレ掃除を通じて教育を立て直す活動が広まっている。以下は大分県の小学校5年生、足立弥佳さんの作文の一部である。 10月28日火曜日。5年生のそうじ場所「トイレ」を今よりさらにきれいにするため、イエローハット(JOG注:自動車用品販売会社。創業者の鍵山秀三郎氏が「掃除道」の提唱者)の方と一緒にそうじをすることになった。イエローハットの人や先生は、「トイレにも心がある」という。だが私は「そんなことあるものか」と思った。…   担当の便器に着いた。足には、もうオシッコやちょっとのウンチがついていた。ヤスリでゴシゴシこするが、プールそうじとは違い、なかなかあかが取れない。だからもうヤケクソにゴシゴシやっていたが、ちっとも取れなかった。   しかし、先生やイエローハットの方がいっていた「トイレの心」を思い出し、「きれいになるように」と思いながら...more
in English
カテゴリー:

“香川の今”活写 「フォト・ラボK」9期生作品展 高松・19日まで - 03月16日(木)09:22 

香川の今をアートとして後世に残す写真家の養成講座「フォト・ラボK」9期生の修了作品展が、高松市サンポートの情報通信交流館e-とぴあ・かがわで開かれている。
in English
カテゴリー:

パパ・ママ必見!!子どものゲレンデデビュー動画『Happy Skier養成講座 ~ 知っておきたい10のポイント ~』が最優秀賞! - 03月21日(火)15:15 

[株式会社クリーク・アンド・リバー社] 本コンテストは、「スマホでソンポ」のau損保がモバイルからの視聴が増えているYouTubeを利用し、雪にまつわる思い出や雪を使った遊びなど、「雪の楽しさ」が伝わる動画を募集したコンテストです。多くの応募作品...
in English
カテゴリー:

豊見城、防災士取得を補助 県内初、専門職採用も 来月から - 03月21日(火)11:52 

 【豊見城】防災に関する意識や知識・技能を習得した人を認証する「防災士」が、県内の資格保持者が全国最少となっている件に関連し、豊見城市は4月から、地域の自主防災組織から推薦を受けた人に対して養成講座や資格試験の費用の半分を補助する。防災士資格取得に対して行政が補助をするのは県内で初めて。また、行...
in English
カテゴリー:

働くは「端(はた)楽(らく)」。この日本語に込められた深い意味 - 03月20日(月)09:00 

「正直、信頼、助け合い」を基本とする日本独特の商習慣、ジャパン・スタンダードですが、このために日本人は騙されやすく、シャープや東芝の問題にも繋がったと非難する声もあります。しかし、無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』の著者・伊勢雅臣さんは、互いを契約でがんじがらめにし、騙されたら即訴訟になるグローバル・スタンダードよりジャパン・スタンダードの方が優れた面が多いとの持論を展開しています。 道徳力と経済力 日本の商社がアラブ商人と取引を始めて数十年経つが、始めの頃は、アラブ人は「日本人ほど騙しやすい連中はない」と見てきた。同じ手口で三井・三菱・住友と3回騙せるというのである。 ところが、しばらくすると日本の商社同士で「あいつは危ない、気をつけろ」と教え合うようになり、「札付き」という噂が立つと日本のすべての会社がその人を相手にしなくなった。 長い時間が経ってみると、正直なアラブ商人は日本企業相手の取引を続けて金持ちになり、従来の騙し合いの商売を続けてきた人は、今もアメリカやフランス相手の食うか食われるかの商売をしているという。 あるアラブ商人は「商売の根本は正直にあることを日本人は教えてくれた」と述懐する。そんなことを日本人はわざわざお説教したりはしないが、取引をするかしないか、という行動で、何よりも雄弁に語ったのである。 ダイエーに育てられた香港...more
in English
カテゴリー:

新元素ニホニウムなどを追加「元素生活 完全版」発刊 - 03月16日(木)15:15 

 化学同人は、世界9か国で出版されている本「元素生活」にニホニウムなどの新元素を追加し、完全版として新発売する。絵とキャラクターで元素の世界を楽しく紹介しており、小学生から化学嫌いの大人まで楽しめるという。定価は1,400円(税別)。 化学同人は「内容は高く、表現はやさしく」を基本理念に、自然科学分野の書籍や月刊誌「化学」を発行している。 8年前に刊行された「元素生活」は、JT広告「大人たばこ養成講座」などで知られるイラストレーターの寄藤文平氏が、自分でも楽しめるようにと考えた元素の本。たくさんの元素に囲まれている私たちの生活を、ユーモラスでウィットに富んだイラストを使って「元素目線」で、わかりやすく解説している。これまでに世界9か国で翻訳・出版されており、日本での読者は7割が女性だという。 完全版には、命名記念式典が行われたばかりの新元素「ニホニウム」などを追加し118の元素をすべて掲載。付録として、スーパー元素周期表も折り込まれている。定価は1,400円(税別)。発売日は3月17日。◆元素生活 完全版―Wonderful Life With The ELEMENTS発売日:2017年3月17日(金)体裁:A5変型判/216ページ定価:1,400円(税別)【関連写真】新元素ニホニウムなどを追加「元素生活 完全版」発刊■関連記事グノーブル「化学グランプリ2017入門セミナー」金賞受...more
in English
カテゴリー:

朝鮮王朝に嫁いだ皇族。韓国障害児の母、李方子妃物語 - 03月15日(水)22:07 

先日掲載の記事「敵兵にも義足を送った、明治天皇の皇后「昭憲皇太后」の慈悲心」で、明治天皇のお后であった昭憲皇太后が社会福祉に尽力された感動エピソードをご紹介しましたが、今回の無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、日本皇族でありながら朝鮮王朝に嫁いだ梨本宮方子女王こと「李方子妃」の波乱の半生と、韓国障害児教育に捧げた晩年のお姿が紹介されています。日韓の架け橋として生きた87年の生涯とは…。 日韓の架け橋・李方子妃~日本皇族から、朝鮮王朝最後の皇太子妃、そして韓国障害児の母へ 大正5(1916)年8月3日朝、大磯の別邸で夏を過ごしていた梨本宮方子(なしもとのみや・まさこ)妃は、いつものように新聞を拡げると「あっ」と声をあげて、両手をわなわなと震わせた。 李王世子の御慶事―梨本宮方子女王とご婚約 という大見出しとともに、まぎれもなく自分の袴姿の写真が掲載されている。隣には、李王世子、すなわち大韓帝国皇太子・垠(ウン)殿下の写真が並んでいる。 東京に帰った方子妃は、父守正王から正式に婚約を告げられ、次のようにきっぱりと答えた。 よくわかりました。大変なお役だとは思いますが、ご両親様のお考えのように努力してみます。 母・伊都子妃は、わずか15歳の娘の毅然たる態度に、言葉もなくただ涙された。この時から日韓の狭間で波乱の人生が始まるのだが、方子妃はま...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「養成講座」の画像

もっと見る

「養成講座」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる