「飯田覚士」とは?

関連ニュース

目元への美容効果も!1日1回行う視覚能力トレーニング - 11月09日(木)16:00 

「運動が苦手な子どもは、運動神経が悪いのではなく、実は“見る力”が弱く、目と体の連携が足りていないことが多いのです。そのため私は子ども向けのビジョントレーニング・プログラムを開発しました。すると、足が速くなったり、ダンスがちゃんと踊れるようになったりして、運動嫌いを克服できた子どもも続出しました。いま子どもたちはゲーム機で目を使いますが、狭い範囲で動かすだけなので、眼球運動にはなっていないのです。また、眼球だけでなく体もいっしょに動かすトレーニングで、体の軸を作ることが、運動能力のアップにつながるのです」 そう語るのは、元WBA世界スーパーフライ級王者で日本視覚能力トレーニング協会代表理事も務めている飯田覚士さん(48)。ビジョントレーニングは、焦点を合わせる機能、両目の協調機能、動体視力、立体視能力、奥行きの認識などの視覚能力を向上させるトレーニング。 日本では、10月22日にWBA世界ミドル級の新チャンピオンとなった村田諒太選手(31)が指導を受けていたことで一躍有名になったが、アメリカでは100年近い歴史があり、スポーツの世界はもちろん、視覚に障害がある人のリハビリや子どもの学習障害の改善にも使われている。老眼が進む40代以上の人にとってもビジョントレーニングは大きなメリットがあるという。 「目の遠近の焦点が合いやすくなるので、老眼になるのを遅ら...more
カテゴリー:

左は2.0にまで!ボクシング村田諒太の視力を向上させた方法とは - 11月09日(木)11:00 

「実は村田選手に、初めてビジョントレーニングのマシンを使ってもらったとき、そのレベルは平均以下だったのです。'12年のロンドン五輪で、金メダルを獲得していた村田選手ですが、その時点での視覚能力は、決して高いものではありませんでした。それがこの2年間のトレーニングで、『相手のパンチが見える』という感覚をつかんでいったのだと思います」 そう語るのは、元WBA世界スーパーフライ級王者の飯田覚士さん(48)。飯田さんが“村田選手”と呼ぶのは、10月22日に、WBA世界ミドル級の新チャンピオンとなった村田諒太選手(31)のこと。対戦相手が因縁のある選手ということもあり、タイトルマッチのテレビ中継は、他局で総選挙の開票速報が報じられるなか、20%以上の視聴率を記録した。 新王者の戦闘力を高めたとして、注目を集めたのが“ビジョントレーニング”。もともと村田選手の視力は、両目とも1.0だったが、左が2.0、右が1.2に向上していたのだ。村田選手は2年ほど前から、日本視覚能力トレーニング協会代表理事も務めている飯田さんのジムに通っており、飯田さんとオプトメトリスト(視覚機能の専門家)の北出勝也さんの指導を受けていた。 村田選手は今年3月には自宅用に専用のマシンも購入。不規則に点滅する39個のボタンを、1分間に何回押すことができるかを訓練するものだ...more
カテゴリー:

「飯田覚士」の画像

もっと見る

「飯田覚士」の動画

Wikipedia

飯田 覚士(いいだ さとし、1969年8月11日 - )は、日本の元プロボクサー愛知県名古屋市出身。緑ボクシングジム所属。第9代WBA世界スーパーフライ級王者。

人物

愛知県立大府東高等学校岐阜経済大学経済学部卒。

幼少期にがんばれ元気のアニメを見てボクサーを目指し 大学にてボクシング部に所属、2年時に県の代表となり、1990年にレベルアップのためジムに所属しようと検討していた際バラエティ番組天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の企画「ボクシング予備校」を知り応募、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる