「飯島直子」とは?

関連ニュース

釈由美子、松居一代も!芸能人が通販で買ったあのグッズ - 02月23日(金)16:00 

「『ひと拭きでキレイになるなんて!』『2秒でできるなんて超便利!』などと感動し、次の瞬間は電話に手が伸びている。この興奮こそ、テレビショッピングの醍醐味です」 こう話すのは通販評論家で有限会社スタイルビズ代表・村山らむねさん。多忙だったメーカー勤務時代に通販に目覚め、嫁入り道具は全て通販商品だったほどの筋金入り。現在も食品を中心に1カ月に10点ほど、5万〜10万円も買うそう。いちばんの魅力は「実演」による「感動」だ。 「店頭に陳列されていてもピンとこない商品の性能が、実演で“視覚化”されることがキモです。“ワンプッシュで瞬く間に水切り完了!”とか“2秒でたまねぎのみじん切りができちゃう!”といった“マジック”を目の当たりにすると、私のようなぶきっちょ主婦は『朝のお弁当のために、買うしかない!』となる。この感動が大きいモノは、失敗も少ないです。逆に感動が小さい商品は、買う必要がないモノ。実際、使わないことが多いですね」(村上さん) テレビショッピング愛用者は芸能人にも多し。まずは、通販クイーンの名をほしいままにする八代亜紀(67)。「QVC」を毎日、深夜に視聴し、1日に5万〜6万円も使うというマニアで、事務所はQVCの段ボールで埋まっている。“おいしく痩せる”...more
カテゴリー:

【芸能】広瀬アリスのババア発言にMEGUMI「バーカ!」[18/02/03] - 02月03日(土)23:47  mnewsplus

広瀬アリスのババア発言にMEGUMI「バーカ!」 2018年2月3日17時14分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802030000496.html 左から仁村紗和、原口あきまさ、MEGUMI、広瀬アリス、山口太幹、リリー・フランキー、グ・スーヨン監督(撮影・杉山理紗) リリー・フランキーの言葉に照れ笑いする広瀬アリス(撮影・杉山理紗) 広瀬アリス(23)が3日、渋谷TOEIで、主演映画「巫女っちゃけん」(グ・スーヨン監督)の初日舞台あいさつを行った。 広瀬演じるやる気のないみこが...
»続きを読む
カテゴリー:

バイプレイヤー育成の土壌を作ったVシネの功績 - 02月21日(水)08:40 

 多くのキャリアを重ねて確かな存在感を提示する名脇役たち。そんな実力派が集う連ドラ『バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』も好評を博している。昨今の脇役人気のムーブメントの火付け役となった同番組の出演俳優たちの経歴を振り返ると、いわゆる“Vシネマ”での活躍は外せない要素であるようだ。現在の芸能界を支える、名脇役たちを多数輩出してきた“Vシネマ”とは? その功績を改めて振り返ってみよう。 【写真】まさに“顔面凶器”! コワモテおじさま俳優出演の名作Vシネ一覧 ■渋滞が起きるほどの脇役ブーム…おじさま俳優の下積み時代にVシネあり  『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』の1stシーズンは2017年1月に放送され、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という日本の映画・ドラマ界に欠かせない“名脇役”たちが“主役”となり、共同生活を送る“おじさんのテラスハウス”として話題を集めた。昨今の芸能界では、スター脇役と呼ばれる役者の名を挙げると枚挙に暇がない。実力派の脇役が供給過多となり、ある意味バイプレイヤーズ渋滞ともいえる状況にもなりつつある。そんなおじさん俳優人気が過熱しているが、彼らの経歴を振り返ってみると、いわゆる“Vシネマ”での下積みが欠かせないようだ。  大杉蓮は22歳で舞台デビュー後、下積み時代に日...more
カテゴリー:

「飯島直子」の画像

もっと見る

「飯島直子」の動画

Wikipedia

飯島 直子(いいじま なおこ、1968年2月29日 - )は、日本のタレント、女優である。横浜市港北区日吉本町出身。身長166cm。血液型A型。所属事務所はハーキュリーズ。愛称は「なおちゃん」「直子姉さん」。

来歴・人物

横浜市立日吉台中学校大東学園高等学校卒業。アルバイト先でスカウトされる。

1988年、深夜番組11PMのカバーガールで芸能界デビュー。翌年1989年には小谷ゆみ山岸真璃子らを含む全8人で「イレックス」を結成。

1989年、Schickのレースクイーン三瀬真美子とペア)、カネボウ水着キャンペーンガールに選ばれる(活動は1990年)。1990年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる