「食作用」とは?

関連ニュース

慢性的な睡眠不足によって、脳は「自己破壊」する:研究結果 - 08月13日(日)20:00 

慢性的な睡眠不足が、脳内の「食作用」を担う細胞を活性化させ、シナプスの分解を促進させる、という研究結果が発表された。さらに睡眠不足は、アルツハイマー病などの神経変性疾患を引き起こすリスクも高くする可能性があるという。
カテゴリー:

ノーベル賞:大隅さん受賞記念の純米大吟醸酒を発売 - 08月13日(日)18:16 

 「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる細胞の仕組みを、酵母を使って解明し、昨年のノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典東京工業大栄誉教授の業績をたたえる純米大吟醸酒「Yoshinori Ohsumi」を小玉醸造(秋田県潟上市)が発売した。同社の小玉真一郎社長は「日本酒も酵母と関わりがある。飲んで科学に思いをはせてほしい」と話している。
カテゴリー:

「食作用」の画像

もっと見る

「食作用」の動画

Wikipedia

食作用(しょくさよう、)とは、単球マクロファージ好中球等の細胞が体内(組織内、血液内など)にある程度大きなサイズの異物(細菌ウイルス寄生虫)や異常代謝物(ヘモジデリンなど)をエンドサイトーシスによって細胞内へと取り込み、分解する機構のこと。 食作用は異物に対する免疫機構の最前線であり、自然免疫に分類される。

食作用と獲得免疫の誘導

エンドサイトーシスにより取り込んだ異物は食胞ファゴソーム、phagosome)となり、細胞質中の水解小体リソソーム、lysosome)と結合し異物はプロテアソームにより分解される。また、異物の分解産物の一部...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる