「食作用」とは?

「食作用」の画像

もっと見る

「食作用」の動画

Wikipedia

食作用(しょくさよう、)とは、単球マクロファージ好中球等の細胞が体内(組織内、血液内など)にある程度大きなサイズの異物(細菌ウイルス寄生虫)や異常代謝物(ヘモジデリンなど)をエンドサイトーシスによって細胞内へと取り込み、分解する機構のこと。 食作用は異物に対する免疫機構の最前線であり、自然免疫に分類される。

食作用と獲得免疫の誘導

エンドサイトーシスにより取り込んだ異物は食胞ファゴソーム、phagosome)となり、細胞質中の水解小体リソソーム、lysosome)と結合し異物はプロテアソームにより分解される。また、異物の分解産物の一部...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる