「飛行場」とは?

関連ニュース

共謀罪による弾圧に危機感 辺野古新基地座り込み - 05月24日(水)11:05 

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設工事で24日、米軍キャンプ・シュワブゲート前に基地建設に反対する約120人が座り込んで抗議の声を上げた。参加者は「共謀罪が成立しようとしている。沖縄は無関係ではない。キセンバル闘争では、県民が抵抗の意志を示して2年間工事が止まった。これが沖...
カテゴリー:

「国民は何一つ納得していない!」辺野古でプロ土人が共謀罪廃案訴え大騒ぎ - 05月23日(火)11:06 

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で23日午前、キャンプ・シュワブのゲート前では建設に反対する約40人が座り込んだ。 新基地反対の活動に影響する可能性が指摘される「共謀罪」の関連法案が23日に衆院を通過する見込みとなっていることについて、沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は 「絶対に廃案にしないといけない。国民は何一つ納得していない」と述べ、廃案を訴えた。 午前9時20分ごろ、県警機動隊が座り込む市民の腕を抱えるなどして強制排除した。 重機や砕石を積...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスコミ】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴★2 - 05月23日(火)04:05 

沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。 「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。 沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。  「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスコミ】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴 - 05月22日(月)16:38 

沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。 「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。 沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。  「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の...
»続きを読む
カテゴリー:

80人が座り込み 辺野古新基地建設 - 05月22日(月)11:56 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、反対する市民ら約80人が22日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込んだ。砕石を積んだダンプカーなどの工事車両21台がゲート内に入った。その際、機動隊がゲート前に座り込む市民らを排除した。  工事車両が午前8時50...
カテゴリー:

「訓練は米軍の都合だ」 三連協が嘉手納基地に抗議 - 05月23日(火)11:32 

 【中部】嘉手納町、沖縄市、北谷町でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会」は23日午前、米空軍嘉手納基地の第18航空団に基地司令官のポール・オルダム大佐を訪ね、嘉手納基地へのF16戦闘機の暫定配備と相次いで実施されたパラシュート降下訓練に抗議した。非公開の抗議後、会長の桑江朝千夫沖縄市長...
カテゴリー:

「共謀罪廃案を」 辺野古ゲート前で市民 - 05月23日(火)10:33 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で23日午前、キャンプ・シュワブのゲート前では建設に反対する約40人が座り込んだ。  新基地反対の活動に影響する可能性が指摘される「共謀罪」の関連法案が23日に衆院を通過する見込みとなっていることについて、沖縄平和運動センタ...
カテゴリー:

日本政府が語らぬ「ミサイル飛来なら逃げ場なし」の現状 - 05月22日(月)20:00 

先日公開した「軍事アナリストが分析、政府の「在韓邦人避難」が非現実的すぎる」という記事で、政府が提示する「在韓邦人避難」の方法があまりに現実離れしている現状を明かした、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さん。しかし、それは日本国内のミサイルからの避難においても同様のようです。小川さんが指摘する、「弾道ミサイルにお手上げ状態」の日本の現状とは? ミサイル警報──セーフは数分で避難完了 北朝鮮は5月14日早朝、北朝鮮北西部の亀城(クソン)付近から弾道ミサイルを東北東方向に発射、ミサイルは30分で800キロ飛んだあと、朝鮮半島の東約400キロの日本海上に落下したと推定されています。到達高度は初めて2000キロを超えたとのことです。 亀城付近の飛行場では1日前から移動式発射装置を使い、ミサイルを起立させる動きが観測されており、米国、韓国などの目にとまることを意図していたと思われます。 この飛行場付近からは2016年10月に中距離弾道ミサイル・ムスダンが発射されています。 そこで、まずはミサイルについてですが、発射地点の履歴、飛翔距離、飛翔高度、飛翔時間などから、中距離弾道ミサイル・ムスダンあるいは新型の弾道ミサイルを、それも高度2000キロ以上のロフテッド軌道で発射したと考えることができます。 これが、北朝鮮の言う「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」である可能性も否...more
カテゴリー:

辺野古のプロ土人「機動隊に排除されベルト壊されました。暴力的だ!もっと生産的な事をしろ!」 - 05月22日(月)12:46 

「No Osprey(ノー、オスプレイ」と記されたメッセージボードを掲げる市民の前を通り過ぎる工事車両=22日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、反対する市民ら約80人が22日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込んだ。 砕石を積んだダンプカーなどの工事車両21台がゲート内に入った。 その際、機動隊がゲート前に座り込む市民らを排除した。 工事車両が午前8時50分ごろゲート内に入り、基地から出...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄の人権侵害告発 国連宛て報告公表、研究会がシンポ  - 05月22日(月)06:30 

 沖縄国際人権法研究会(島袋純、星野英一共同座長)は21日、沖縄大学でシンポジウム「沖縄の声を国連に!」を開いた。同研究会を含む複数のNGOが3月、国連人権理事会宛てに提出した沖縄の人権状況についての報告書の内容を公表。米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古での新基地建設など基地問題を中心に、...
カテゴリー:

もっと見る

「飛行場」の画像

もっと見る

「飛行場」の動画

Wikipedia

飛行場(ひこうじょう、英語:airfield)は航空機が離陸・着陸できる場所をいう。

概説

「飛行場」は、航空機が離陸・着陸できる場所を指し、基本的には「空港」も含んでいる。

2009年時点で「上空からその存在を認めることができる空港や飛行場」は、全世界に約44000箇所ありCIA World Factbook - airport listing、国(地域)別に見ると、米国に15095、ブラジルに4072、欧州に3383、日本には176あった、とアメリカ中央情報局のfactbookには記述されている。(これはコンクリートアスファルト以外にも、草地砂地砂利などでできた飛行場を含んでおり、中にはすでに使われていないものが含まれているかも知れない、という)。

公共用:空港

国際民間航空機関(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる