「飛行場」とは?

関連ニュース

沖縄知事選:政権側、動き活発 「地域振興」争点化狙う - 05月20日(日)21:11 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設が争点となる県知事選(12月9日任期満了)に向け、移設を推進する政府・自民党の動きが活発化している。19、20両日には菅義偉官房長官が沖縄県入りし、米軍用地の一部返還という「実績」をアピールしつつ、自民県連と知事選候補について協議した。移設反
カテゴリー:

政治事案通報せず 普天間飛行場 汚染事故で内部指示 - 05月20日(日)06:45 

 米海兵隊普天間飛行場が2013年と15年に出した環境汚染事故への対処に関する内部通達で「緊急事案以外や政治的に敏感な事案」は日本側に通報しないよう指示していたことが分かった。一方、琉球新報は普天間飛行場や米空軍嘉手納基地で過去一定期間に発生した有害物質の流出記録も情報公開で得たが、大規模な流出や...
カテゴリー:

菅官房長官:沖縄入り 知事選への地ならしも - 05月19日(土)21:23 

 菅義偉官房長官は19日、沖縄県名護市で渡具知武豊市長ら県北部の12市町村長らと会談した。菅氏は首長らからインフラ整備や観光振興などの要望を受けた。今年は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に大きな影響を与える県知事選(任期満了12月9日)を控えている。沖縄入りには、知事選に向けた
カテゴリー:

「平和をこわすな」 市民らカヌー30艇で抗議 米軍キャンプ・シュワブで護岸工事 - 05月19日(土)12:01 

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、移設に反対する市民は19日午前、カヌー30挺、船4隻を出して抗議している。K4護岸建設現場では海中に砕石を落とす作業が行われている。 市民はオイルフェンスを乗り越えて建設現場に近づき、「海をこわすな。平和をこわすな」と...
カテゴリー:

県民投票署名 23日にも 11万超目標、常設所も検討 - 05月19日(土)05:00 

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立てについて、賛否を問う県民投票の実施を目指す「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表(26)らは18日、県庁で記者会見し、23日午後7時から那覇市のかりゆしアーバンリゾート・ナハで署名集めのキックオフ集会を開くと発表した。元山代表は準備が整えば同日に...
カテゴリー:

中国空軍爆撃機 南シナ海で初訓練、アメリカをけん制か - 05月20日(日)11:59 

 中国空軍の爆撃機が南シナ海の島の飛行場で初めて、離着陸の訓練を行ったとみられます。中国の南シナ海進出に反発するアメリカをけん制する狙いがありそうです。
カテゴリー:

作家25人、辺野古訪問 座り込み市民らと交流 - 05月20日(日)05:00 

 【辺野古問題取材班】20日に宜野湾市で開催される日本ペンクラブの第34回「『平和の日』の集い」に参加するため来県した作家ら有志25人が19日、米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設が計画されている名護市辺野古を訪れた。米軍キャンプ・シュワブのゲート前で基地建設に反対し座り込みを続ける市民と交流した。  ...
カテゴリー:

中国爆撃機、南シナ海で訓練=西沙諸島の飛行場か - 05月19日(土)18:58 

 【北京時事】19日付の中国人民解放軍機関紙・解放軍報によると、中国空軍は南シナ海に建設した飛行場で「轟6K」などの爆撃機の発着訓練を実施した。中国爆撃機による南シナ海での発着訓練は初めてとみられ、米軍が艦艇を派遣する「航行の自由作戦」をけん制する狙いがありそうだ。 米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)は、今回の訓練場所を南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島のウッディー(中国名・永興)島と分析した。ウッディー島はベトナムも領有権を主張するが、中国が軍事拠点化を進めている。 【時事通信社】
カテゴリー:

「負担軽減訴える」 佐喜真宜野湾市長、21日訪米 - 05月19日(土)10:30 

 【宜野湾】沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長は18日、市役所で会見を開き、米軍普天間飛行場の返還や基地被害の軽減を訴えることを目的に21日から訪米し要請行動をする趣旨について発表した。佐喜真市長は昨年12月に同市の普天間第二小学校に米軍機の窓が落下した事故などを念頭に「市民の総意である普天間飛行場の...
カテゴリー:

無許可チャーター、社長に有罪=調布小型機墜落-東京地裁支部 - 05月18日(金)19:01 

 東京都調布市で小型機が民家に墜落し8人が死傷した事故で、小型機を管理していた「日本エアロテック」(同市)が無許可でチャーター飛行事業を営んだとして、航空法違反罪に問われた社長の小山純二被告(64)と同社の判決が18日、東京地裁立川支部であった。川本清巌裁判長は小山被告に懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)、法人としての同社に求刑通り罰金150万円を言い渡した。 川本裁判長は、事故の前に都と国から調査や指導を複数回受けながら改めなかったと指摘。「安全確保を最大の目的とする航空法の趣旨をないがしろにした」と批判した。 判決によると、同社は2013年1月から事故が起きた15年7月26日まで、国土交通省の許可を受けずに鹿児島県・奄美大島や東京都・伊豆大島などにチャーター飛行を4回行い、11万~128万円を受け取った。事故当日は10万円で4人を乗せ、調布飛行場から伊豆大島に向かう予定だった。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「飛行場」の画像

もっと見る

「飛行場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる