「風間杜夫」とは?

関連ニュース

「監獄のお姫さま」「陸王」「コウノドリ」…結末どうなる? 注目秋ドラの最終回を総チェック! - 12月16日(土)19:06 

年の瀬が近づき、今期連ドラもいよいよクライマックス! あの囚人たちの復讐劇の結末は? あの産科チームはバラバラになっちゃうの!? あの足袋屋の買収話の行方は…? 気になって夜も眠れないアナタのために「週刊ザテレビジョン」が絶対外せないドラマ最終回をピックアップ!  【写真を見る】注目ドラマのキーパーソン続々!/©日本テレビ ■ 12/16土夜10:00~「先に生まれただけの僕」 赤字経営の京明館高校を立て直すため本社から出向してきた元営業マン・鳴海(櫻井翔)の奮闘を描いてきた「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)。京明館高校に来た当初は教師たちに反発ばかりされていた鳴海だが、熱意と真面目さで、教師や生徒の気持ちに変化をもたらした。最終回では、来年度の新入生確保のため教師たちは受験生の個別相談をたくさん受けようと努力するも、なかなかうまくいかない。そんななか、鳴海にさらなる追い打ちが。本社の専務・加賀谷(高嶋政伸)からは校長を続けたいなら会社を辞めるよう迫られ、決断のときが近づく…。最終回の注目人物は副校長・柏木(風間杜夫)。早くから鳴海に影響された柏木が、今度は逆に鳴海の決断に大きな影響を与える!? ■ 12/19火夜9:00~「明日の約束」 男子高校生・圭吾(遠藤健慎)の死の真相を巡るヒューマンミステリー「明日の約束」(フジ系)。マスコミや弁護士を使って日向(井上真央)や学校...more
カテゴリー:

櫻井校長、転籍か辞職か決断の時…『先に生まれただけの僕』最終話予告 - 12月09日(土)23:00 

 人気グループ・嵐の櫻井翔が主演する日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00)最終話が16日に放送される。これまで“35歳の校長先生”として学校改革を推進してきた櫻井演じる鳴海校長だったが、フィアンセの聡子(多部未華子)から別れを告げられた上に、加賀谷(高嶋政伸)から京明館の校長を続けたいなら会社を辞めて転籍するよう迫られ、仕事もプライベートも大ピンチに陥ってしまう。 【写真】教師役で瀬戸康史も出演  そのころ、京明館高校では教師のちひろ(蒼井優)ら教師たちが、入学希望者の個別相談に勧誘するチラシ配りや、沙織(井川遥)が学校の魅力を伝えるブログを開設するなど来年度の新入生を増やすための活動を地道に続けていた。しかし、個別相談に来る入学希望者は思うように集まらず、鳴海は、来年度の新入生が定員割れになったら自分が責任を取ると教師たちに宣言。鳴海に思いを寄せるちひろは、彼が京明館を辞めてしまうのではないかと動揺する。  一方、副校長の柏木(風間杜夫)は鳴海に、樫松物産に戻って聡子と結婚した方がいいと勧める。鳴海は聡子に会いに行き、校長を辞めて会社に戻るから婚約解消しないでほしいと告げる。京明館への愛情を心に残しつつ、樫松物産に戻ると決めた鳴海だったが…。  鳴海は本当に校長を辞めてしまうのか。そして、京明館高校は受験生を増やして鳴海が目指す理想の学校...more
カテゴリー:

櫻井翔「先に生まれただけの僕」最終回を大胆予想、校長先生は辞めるのか結婚するのか - 12月16日(土)09:45 

「嵐」の櫻井翔が主演のドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00/日本テレビ系)、今日(2017年12月16日)後10:00からいよいよ最終回だ。#9では、櫻井翔のダンス&プロポーズシーンがあった。店員が踊りだし、奥からさっそうと素敵な笑顔で櫻井くんが登場、くるくると回転。蒼井優演じる真柴先生が、口をポカーンと開けて驚く。バラの花を持って踊る櫻井くんは、松原(多部未華子)さんの席でひざまづいて、箱をパカっとひらいてダイヤモンドの指輪がキラーン。「ぼくと結婚してください」このドラマ、櫻井くんがあまり動き回らなかった。たいてい座って喋ってるか、立って演説してるかで、問題を解決してしまう。なので、このダンスシーンは、めずらしくいっぱい櫻井くんが飛んだり回ったり。櫻井翔ファンにとって大サービスだった。さて、最終回、どうなるんだろう!?勝手に予想してみよう。何しろ問題は山積みである。松原聡子(多部未華子)から「婚約解消しよう」「さよなら」と別れを告げられた。加賀谷専務(高嶋政伸)が「校長は辞めて会社にもどれ」と決断を迫られる。しかも、「それは専務のお嬢さんがうちを志望されているからですか?」と問うと、加賀谷専務は「そうさ。大事な娘をおまえなんかに任せられるか!」とドン!机を叩く。最終回予告のテロップは「さようなら鳴海校長!」。さらに、柏木事務長(風間杜夫)が「京明館高校を変えよう...more
カテゴリー:

「風間杜夫」の画像

もっと見る

「風間杜夫」の動画

Wikipedia

風間 杜夫(かざま もりお、本名及び旧芸名;住田 知仁、1949年4月26日 - )は、日本俳優落語家東京都世田谷区三軒茶屋出身風間杜夫さんが語る下北沢、劇団仲間だったシティーボーイズ、ひとり芝居。

略歴

父は新東宝で営業を担当していた。1957年、8歳の時に児童劇団東童に入団。翌年東映児童演劇研修所の一期生となる。すぐに子役としての頭角をあらわし、マキノ雅弘加藤泰監督など、日本映画史に名を残す名監督の東映作品に多数出演し、少年雑誌の表紙を飾るほどの売れっ子になる。世田谷区立旭小学校を卒業、「小学校5年生の時には全く学校にも行けず、1年間京都の撮影所に通い詰めだった」と自身も語っている。しかし、「俳優を一生の仕事にするなら、子役の仕事をやめた方がいい」(子役で売れ過ぎた俳優は大成しない、とのジンクスが昔からあった)との米倉斉加年の言葉に従い、1962年の13歳時に劇団を退団、その後子役とし...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる