「風間俊介」とは?

関連ニュース

「監獄のお姫さま」「陸王」「コウノドリ」…結末どうなる? 注目秋ドラの最終回を総チェック! - 12月16日(土)19:06 

年の瀬が近づき、今期連ドラもいよいよクライマックス! あの囚人たちの復讐劇の結末は? あの産科チームはバラバラになっちゃうの!? あの足袋屋の買収話の行方は…? 気になって夜も眠れないアナタのために「週刊ザテレビジョン」が絶対外せないドラマ最終回をピックアップ!  【写真を見る】注目ドラマのキーパーソン続々!/©日本テレビ ■ 12/16土夜10:00~「先に生まれただけの僕」 赤字経営の京明館高校を立て直すため本社から出向してきた元営業マン・鳴海(櫻井翔)の奮闘を描いてきた「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)。京明館高校に来た当初は教師たちに反発ばかりされていた鳴海だが、熱意と真面目さで、教師や生徒の気持ちに変化をもたらした。最終回では、来年度の新入生確保のため教師たちは受験生の個別相談をたくさん受けようと努力するも、なかなかうまくいかない。そんななか、鳴海にさらなる追い打ちが。本社の専務・加賀谷(高嶋政伸)からは校長を続けたいなら会社を辞めるよう迫られ、決断のときが近づく…。最終回の注目人物は副校長・柏木(風間杜夫)。早くから鳴海に影響された柏木が、今度は逆に鳴海の決断に大きな影響を与える!? ■ 12/19火夜9:00~「明日の約束」 男子高校生・圭吾(遠藤健慎)の死の真相を巡るヒューマンミステリー「明日の約束」(フジ系)。マスコミや弁護士を使って日向(井上真央)や学校...more
カテゴリー:

【ドラマ】「陸王」第8話視聴率 自己最高更新17・5% - 12月11日(月)09:14  mnewsplus

 俳優の役所広司(61)が主演を務めるTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)の第8話が10日に放送され、平均視聴率は自己最高の17・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。  第1話(10月15日)は日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」2時間スペシャル(20・4%)、第2話(10月29日)はフジテレビ「プロ野球・日本シリーズ」(11・2%)、第4話(11月12日)はテレビ朝日の映画「シン・ゴジラ」(15・2%)、第6話(11月26日)は日本テレビ「誰も知らない明石...
»続きを読む
カテゴリー:

松岡修造『陸王』に本格登場!救世主なのか、それとも…? - 12月10日(日)06:00 

役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)第8話が、12月10日に放送。今回は、老舗足袋業者「こはぜ屋」の社長・宮沢(役所)が、自ら市民駅伝に出場する。本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所が、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じているほか、その息子・大地役に山﨑賢人、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役に竹内涼真、陸王にぴったりのソール素材「シルクレイ」の特許を持つ飯山役に寺尾聰といった豪華出演者が出演している。第7話で、陸王製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれたこはぜ屋。窮地に立たされた上に、銀行員の坂本(風間俊介)からは、アパレルメーカー「フェリックス」に「会社を売らないか」と提案され、宮沢は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と怒りを露にした。陸王の生産を再開するには、シルクレイ製造機の造り直しは必要不可欠だ。そのためには高額の資金が欠かせないが、現状はどうすることもできないでいた。終盤では、「フェリックス」の社長・御園丈治(松岡修造)がついに登場し、新展開を予感させた。第8話では、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡...more
カテゴリー:

数取り団期末テスト放送の「めちゃイケ」に高い注目! 【視聴熱】11/27-12/3ウィークリーランキング - 12月04日(月)17:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、12月4日に「視聴熱(※)」ウィークリーランキング(対象期間=11月27日~12月3日)を発表した。 【写真を見る】佳境を迎える秋ドラマ、視聴者の注目は? 11月27日~12月3日“視聴熱”ウィークリーランキング ドラマ部門 ■ 人物ランキング 香取慎吾が表紙を飾った雑誌重版に驚き! 1位 嵐/2位 香取慎吾/3位 貴乃花 香取慎吾…香取慎吾が稲垣吾郎、草なぎ剛と共に表紙を飾った男性誌「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)1&2月合併号の重版が決定。売り切れ続出で12月16日(土)に再販売されることになった。香取も自身のTwitterで「凄いのー!」と驚いた。また、Instagramには東京・六本木トンネルに描かれた壁画「ジッパー」の前で撮影したと思われる写真をアップ。アーティスティックな雰囲気が大反響となり、18万を超える「いいね!」が付けられている。 ■ ドラマランキング 「陸王」で宮沢に最大のピンチが! 1位 おんな城主 直虎/2位 陸王/3位 重要参考人探偵 陸王…12月3日の第7話は、アッパー素材の取引が白紙になったこはぜ屋では、「陸王」の製造停止の危機に。さらにシルクレイ製造機にもトラブルが発生。最大のピンチに立たされた宮沢(役所広司)は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。公式Twitterでは放送までのカウントダウン投稿...more
カテゴリー:

『陸王』第8話、走る風間俊介に感動の嵐!「神様か仏様なのか」「イイ人すぎる…」 - 12月11日(月)11:15 

 役所広司が主演を務める日曜劇場『陸王』(TBS系/毎週21時放送)の第8話が10日に放送され、風間俊介演じる銀行員・坂本の活躍に感動する声が多数寄せられた。【関連】「山崎賢人」フォトギャラリー ドラマ『陸王』は、『半沢直樹』『下町ロケット』の池井戸潤の同名小説を映像化した作品。老舗足袋メーカー「こはぜ屋」4代目社長・宮沢紘一(役所)が経営不振に陥った会社を存続させるため、足袋製造のノウハウを活かしたランニングシューズ「陸王」を開発、世界的シューズメーカー「アトランティス社」と対峙していく。  前回、ランニングシューズ「陸王」を評価するランナーの茂木(竹内涼真)の期待に応えるべく、奮闘し続けていたこはぜ屋だったが、「陸王」製造の要であるシルクレイ製造機の故障で、窮地に立たされてしまう。銀行員の坂本(風間俊介)からの“会社を売らないか”との提案に対して宮沢は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と激昂する。シルクレイ製造機の作り直しには高額な資金が必要だが、資金の目処は立っていない。そんな中、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡(天野義久)から、市民駅伝への参加を持ちかけられる。宮沢はその提案を一度は断るも、「陸王」が少しでも人の目に触れることで興味を持つ人がいるかもしれないと思い直し、息子の大地(山﨑賢人)らとチームを組み、出場を決意する。 今回のエピソードでは、市民...more
カテゴリー:

竹内涼真、エキストラの声援がくれる力「目を閉じて声援に集中するとパワーになります」【陸王連載】 - 12月10日(日)20:43 

TBS系で放送中の日曜劇場「陸王」(毎週日曜夜9:00-9:54)。12月10日(日)放送の第8話を控え、茂木を演じる竹内涼真にSPインタビューを敢行。 【写真を見る】現場のチームワークはバッチリ! 「賢人くんともご飯に行きました!!」 ■ エキストラさんのホンモノの歓声にパワーをもらっています ──ドラマもいよいよクライマックスに向かっていますが、共演者との関係性に変化はありますか? 「そうですね。最近、特に距離が縮まったと思うのは佐野岳くん。初期よりバチバチしたシーンが増えたので、コンビネーションがよくないとシーンが成り立たないんです。絡みが少ない賢人くんとも、撮影の合間にご飯を食べに行く機会もあったし」 ──撮影が終わる寂しさもあって、より一緒にいる時間が増えたとか? 「と言いつつ、たぶん最終話ギリギリまで撮影してると思うんですけど(笑)」 ──ダイワ食品陸上部のみなさんとはどうですか? 「こちらはもう、変化というよりも最初から関係性がガッチリできてたので。やっぱり一緒にスポーツをしてると、普通に共演するよりも距離感が縮まるスピードが全然早い気がするんです。とにかくチームワークがすごくいいんですよ。ドラマ上、どうしてもクローズアップされるのは茂木だけど、みなさんにはすごく助けていただいて。みんなで走るシーンは毎回毎回、どう見せるかを話し合いますし、和田正人さんをはじめ、リアル...more
カテゴリー:

松岡修造『陸王』に本格登場!救世主なのか、それとも…? - 12月08日(金)19:52 

役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)第8話が、12月10日に放送。今回は、老舗足袋業者「こはぜ屋」の社長・宮沢(役所)が、自ら市民駅伝に出場する。本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所が、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じているほか、その息子・大地役に山﨑賢人、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役に竹内涼真、陸王にぴったりのソール素材「シルクレイ」の特許を持つ飯山役に寺尾聰といった豪華出演者が出演している。第7話で、陸王製造の心臓部であったシルクレイ製造機が故障してしまい、最大のピンチに追い込まれたこはぜ屋。窮地に立たされた上に、銀行員の坂本(風間俊介)からは、アパレルメーカー「フェリックス」に「会社を売らないか」と提案され、宮沢は「100年続いたこはぜ屋の暖簾を手放せというのか!」と怒りを露にした。陸王の生産を再開するには、シルクレイ製造機の造り直しは必要不可欠だ。そのためには高額の資金が欠かせないが、現状はどうすることもできないでいた。終盤では、「フェリックス」の社長・御園丈治(松岡修造)がついに登場し、新展開を予感させた。第8話では、こはぜ屋に出入りするドライバーの江幡...more
カテゴリー:

『陸王』山崎賢人演じる息子が東奔西走!?大手企業がシューズ素材横取り - 12月03日(日)06:00 

役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)第7話が、12月3日に放送。今回は、「陸王」の生産を諦めかねない窮地に立たされる。本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所が、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じているほか、その息子・大地役に山﨑賢人、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役に竹内涼真、陸王にぴったりのソール素材「シルクレイ」の特許を持つ飯山役に寺尾聰といった豪華出演者が出演している。前回、陸王を履いた茂木が駅伝に出場し、見事活躍する。これを見た複数のランナーから、スポンサードの相談があるなど、こはぜ屋は勢い付いていた。しかし生産面ではまたもや苦難が。編み物会社「タチバナラッセル」が持つ素材が、陸王のアッパー(靴の足の甲をおおう部分)に最適だということで取引していたが、ライバルの大手企業・アトランティスの陰謀により白紙になってしまった。取引が終了する時期までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせる宮沢を前に、大地は「俺が代わりを探す」と鼻息を荒くする。そして今回は、大地がアッパー素材を探すために東奔西走する。しかし、やっと話を聞いてもらえ...more
カテゴリー:

「風間俊介」の画像

もっと見る

「風間俊介」の動画

Wikipedia

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる