「風間俊介」とは?

関連ニュース

上白石萌音『Lovefes2017』に出演「涙が出そうなくらい嬉しかった」 - 10月17日(火)14:29 

女優で歌手の上白石萌音が16日自身のアメブロを更新。長崎で開催された『Lovefes2017』出演への感謝や、自身が出演するTBSテレビ系日曜劇場『陸王』の第1話の放送を報告した。 「きのうはあれもこれもありがとうございました!」と始めた上白石はまず長崎水辺の森公園一帯で開催された『Lovefes2017』への出演について「雨だったーでも本当に沢山の方々が聴きに来てくださっていて涙が出そうなくらい嬉しかったです 皆さんの音楽への愛というか情熱をとても感じました」と感謝。 風邪をひかないようにと呼びかけながら「楽屋でてるてる坊主」とてるてる坊主にお祈りする姿の写真を公開。「この子ちょっと小雨にしてくれた ありがとね」とつづった。 続けて15日に第1話が放送されたTBSテレビ系日曜劇場『陸王』について「いかがでしたか?もう、一人の出演者としてもそうですがそんな枠を超えて大好きなドラマです 皆さんと共有できることが嬉しい」と興奮をつづり「これからこはぜ屋がどうなって行くのか 陸王がどうなって行くのかぜひ見届けてください、よろしくお願いします!」とアピールしてしめくくった。 TBSテレビ系日曜劇場『陸王』は小説家・池井戸潤氏原作のテレビドラマ。創業から100年以上続く老舗足袋業者“こばせ屋”が社運を賭けてランニングシューズ開発に挑む企業再生ストーリーで、主演でこばせ屋の四代目社長・...more
カテゴリー:

緒形拳の孫・敦『陸王』でついにテレビ初出演「全力で挑戦するのみ」 - 10月16日(月)14:05 

緒形拳の孫であり、緒形直人の息子である緒形敦が、TBSの連続ドラマ『陸王』(毎週日曜21:00~、 ※10月29日放送の第2話は15分拡大)でテレビ初出演、また俳優デビューを果たした。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じている。敦の祖父にあたる緒形拳は、俳優としてNHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)や『峠の群像』(1982年)で主演を務め、TBSでも東芝日曜劇場や大型時代劇『徳川家康』(1988年)など数々のテレビドラマや映画で活躍。また父の緒形直人もNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で主演を務め、ほかにもフジテレビ系列の『北の国から』シリーズやTBS日曜劇場『南極大陸』(2011年)など、俳優として数々のドラマや映画で存在感を放っている。そんな祖父や父を持つ敦が演じるのは、宮沢の息子・大地(山﨑賢人)の同級生・広樹だ。大地が心を許せる友人の一人で、大地同様、自身も就職活動で苦労する身。しかし、老舗足袋屋の息子であることに反発し、就職活動を続けるものの上手く行かない大地を気に掛けていると...more
カテゴリー:

日本中がざわ…ざわ…『カイジ』が視聴者参加型の実写バラエティ番組に - 10月16日(月)11:35 

国民的人気を誇る青年漫画『カイジ』(講談社ヤンマガKC刊)が、実写バラエティ番組『人生逆転バトル カイジ』(TBS)として2017年末に放送されることがわかった。同番組は、TBSいわく“テレビ業界ではおそらく初となる”漫画原作バラエティ。原作に登場したおなじみのゲームや、原作の世界観を再現した大がかりなセットなど、見どころが随所に散りばめられているという。現在、番組公式サイトでは“人生逆転バトル”の参加者を募集中。原作漫画では“命をかけたゲーム”が恒例だが、番組では、原作と違い敗者へのリスクはゼロ。たとえ負けたとしても身体にダメージを受けることはなく、敗者に負債が発生することもない。番組からの公式告知文は下記の通り。人生を逆転したい…とにかく金が欲しい…有名無名は問いませんそんな人生の一発逆転を夢見るアナタにビッグチャンス!しかも、原作のカイジと違ってリスクはゼロ!勝負に負けても追加の負債を背負ったり身体にダメージを受けたりすることはありません勝ち残った1人は賞金200万円(予定)と、ゲーム内で獲得した金額をゲット!まだまだ明かされている情報は少ないが、伝説となるであろうプロジェクトに応募してみては。 関連リンク 役所広司主演『陸王』いよいよスタート!山﨑賢人、竹内涼真、風間俊介ら出演 ...more
カテゴリー:

日本中がざわ…ざわ…『カイジ』が視聴者参加型の実写バラエティ番組に - 10月16日(月)11:30 

国民的人気を誇る青年漫画『カイジ』(講談社ヤンマガKC刊)が、実写バラエティ番組『人生逆転バトル カイジ』(TBS)として2017年末に放送されることがわかった。同番組は、TBSいわく“テレビ業界ではおそらく初となる”漫画原作バラエティ。原作に登場したおなじみのゲームや、原作の世界観を再現した大がかりなセットなど、見どころが随所に散りばめられているという。現在、番組公式サイトでは“人生逆転バトル”の参加者を募集中。原作漫画では“命をかけたゲーム”が恒例だが、番組では、原作と違い敗者へのリスクはゼロ。たとえ負けたとしても身体にダメージを受けることはなく、敗者に負債が発生することもない。番組からの公式告知文は下記の通り。人生を逆転したい…とにかく金が欲しい…有名無名は問いませんそんな人生の一発逆転を夢見るアナタにビッグチャンス!しかも、原作のカイジと違ってリスクはゼロ!勝負に負けても追加の負債を背負ったり身体にダメージを受けたりすることはありません勝ち残った1人は賞金200万円(予定)と、ゲーム内で獲得した金額をゲット!まだまだ明かされている情報は少ないが、伝説となるであろうプロジェクトに応募してみては。 関連リンク 役所広司主演『陸王』いよいよスタート!山﨑賢人、竹内涼真、風間俊介ら出演 ...more
カテゴリー:

【テレビ】池井戸氏原作&役所広司主演「陸王」初回14・7%の好発進 - 10月16日(月)09:27  mnewsplus

 俳優の役所広司(61)が主演を務めるTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)が15日に2時間スペシャルでスタートし、初回の平均視聴率は14・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。  昨年7月に発売された作家・池井戸潤氏(54)の同名小説(集英社)をドラマ化。同局による池井戸氏作品のドラマ化は「半沢直樹」(2013年10月クール)「ルーズヴェルト・ゲーム」(14年4月クール)「下町ロケット」(15年10月クール)に続き、4回目。経営危機にある創業100年以上の老舗足...
»続きを読む
カテゴリー:

注目の池井戸潤ドラマ「陸王」第1話、いきなりの熱い展開に「涙腺崩壊」【視聴熱】10/15デイリーランキング - 10月17日(火)05:45 

webサイト「ザテレビジョン」では、10月15日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。 【画像を見る】役所広司がシューズ開発に奔走!池井戸潤ドラマ「陸王」、熱い展開に第1話から「涙腺崩壊」の声が続々 ■ 人物ランキング 宮野真守が宣言通りに「愛が溢れまくる」横浜アリーナ公演 1位 嵐/2位 宮野真守/3位 東方神起 宮野真守…10月15日に「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2017 ~LOVING!~」横浜アリーナ公演を開催。宮野は当日開始前にブログを更新し、「愛が、たぁ~~~っぷり、溢れまくる時間を、共に過ごしましょうね」と盛り上げ、参加したファンからは「愛が溢れすぎ」「最高に楽しかった」などの感想ツイートが上がった。宮野は今月放送がスタートしたTVアニメ「血界戦線&BEYOND」(BS11ほか)に出演しているほか、11月23日(木)からは劇団☆新感線の舞台「髑髏城の七人 Season月」の“下弦の月”チームで主演を務める。 ■ ドラマランキング 池井戸潤ドラマ「陸王」の熱い展開に、第1話から「涙腺崩壊」の声 1位 陸王/2位 おんな城主 直虎/3位 世にも奇妙な物語 陸王…池井戸潤原作の連続ドラマが10月15日にTBS系で放送開始。2時間スペシャルとなった第1話では、創業100年以上の足袋製造会社・こはぜ屋の4代目社長・宮沢(役所広司)が、資金繰りに悩...more
カテゴリー:

緒形拳の孫・敦『陸王』でついにテレビ初出演「全力で挑戦するのみ」 - 10月16日(月)14:00 

緒形拳の孫であり、緒形直人の息子である緒形敦が、TBSの連続ドラマ『陸王』(毎週日曜21:00~、 ※10月29日放送の第2話は15分拡大)でテレビ初出演、また俳優デビューを果たした。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じている。敦の祖父にあたる緒形拳は、俳優としてNHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)や『峠の群像』(1982年)で主演を務め、TBSでも東芝日曜劇場や大型時代劇『徳川家康』(1988年)など数々のテレビドラマや映画で活躍。また父の緒形直人もNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で主演を務め、ほかにもフジテレビ系列の『北の国から』シリーズやTBS日曜劇場『南極大陸』(2011年)など、俳優として数々のドラマや映画で存在感を放っている。そんな祖父や父を持つ敦が演じるのは、宮沢の息子・大地(山﨑賢人)の同級生・広樹だ。大地が心を許せる友人の一人で、大地同様、自身も就職活動で苦労する身。しかし、老舗足袋屋の息子であることに反発し、就職活動を続けるものの上手く行かない大地を気に掛けていると...more
カテゴリー:

『陸王』第1話、崖っぷち足袋メーカー再起の物語に「泣けた」など大反響! - 10月16日(月)11:32 

 役所広司が主演を務める日曜劇場『陸王』(TBS系/毎週日曜21時放送)の第1話が15日に放送され、視聴者からは「陸王最高すぎる」と早くも感動の声が広がっている。【関連】豪華キャスト陣集結!『陸王』特別試写会の様子 原作は、『半沢直樹』『下町ロケット』を生み出したベストセラー作家・池井戸潤による企業小説で、ドラマスタッフも『半沢』『下町』チームが再結集。埼玉県行田市を舞台に、経営不振に陥る老舗の足袋メーカー「こはぜ屋」4代目社長・宮沢紘一(役所広司)が会社存続のため、足袋の良さを生かした“裸足”感覚を追求したランニングシューズ「陸王」を開発し、世界的シューズメーカー「アトランティス社」と対峙していく姿を描く。 1話は宮沢が、埼玉中央銀行に追加融資の相談に訪れた際、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業を提案されるところから始まる。宮沢は自社ならではのランニングシューズ開発を思い立ち、社員一丸となって試作品作りを繰り返す。出来上がった一足は、ケガをした選手のための矯正用のシューズとして使ってもらえる可能性を見出す。 そんなある日、宮沢は、長男・大地(山崎賢人)を連れ出し、愛知県豊橋市で行われる国際マラソン大会を見に行く。彼らの目の前で、「ダイワ食品」の実業団ランナー・茂木裕人(竹内涼真)が、「アジア工業」の毛塚直之(佐野岳)とのデッドヒート末、ひざを負傷。ケガをした茂木に試作品を使...more
カテゴリー:

役所広司主演『陸王』は初回14.7%の好発進 - 10月16日(月)09:35 

 俳優・役所広司が主演するTBS系“日曜劇場”枠連続ドラマ『陸王』(毎週日曜 後9:00)第1話が15日に放送され、初回平均視聴率が14.7%だったことが16日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。初回は2時間スペシャルとして放送された。 【写真】『陸王』出演の和田正人&佐野岳はミニマラソン激走  同ドラマは人気作家・池井戸潤氏の『陸王』(集英社刊)を実写化。主人公で創業100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる「裸足感覚」を追求したランニングシューズ『陸王』の開発に乗り出す企業再生ストーリー。役所のほか、山崎賢人や竹内涼真、上白石萌音など旬の若手俳優の出演に加え、故・緒形拳さんの孫である緒形敦のデビュー作となった。  第1話では年々先細る足袋の需要から資金繰りに悩んだ宮沢が、メインバンクである埼玉中央銀行へ追加融資の相談に訪れる。なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業開拓を提案される。あるきっかけでランニングシューズの開発をひらめいた宮沢は早速、坂本から紹介されたスポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融(光石研)のもとへ。有村は学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木(竹内)と毛塚(佐野岳)が出場すること...more
カテゴリー:

【陸王連載】役所広司「15年ぶりに台本を5冊くらい持って、刺激をもらいながら撮影する日々」 - 10月15日(日)10:00 

池井戸潤原作のTBS系日曜劇場「陸王」が今夜10月15日よりスタート。破たん寸前に追い込まれた創業100年の老舗足袋業者・こはぜ屋がランニングシューズ・陸王の開発から再生していくさまを描く。ザテレビジョンWEBでは、「陸王」をもっと楽しむための連載企画がスタート。日曜にキャスト陣のインタビューや収録の裏側などを紹介。第一回は、主演を務める役所広司のインタビュー。 【写真を見る】初共演となる役所広司&山崎賢人は親子を演じる。山崎演じる大地は何かと父と衝突する/(C)TBS ■ 俳優として1クール、宮沢紘一という人物を向き合いたい ――15年ぶりの連続ドラマ主演ですがいかがですか。 「 15年前、連続ドラマは大変だなと思いました。台本をいっぱい持って歩かないといけないので。15年ぶりに台本を5冊ぐらい持って頑張っていますけど、今は楽しいです。福澤組とキャストの人達が本当に魅力的なので、毎日ドキドキしながら、刺激をもらいながら演じています」 ――出演の決め手になったのは何だったんですか? 「ずっと守り続けてきた技術や伝統の限界を感じて、あるきっかけからその技術を元に新しいものを生み出して、もう1回頑張ろうとする“こはぜ屋”という会社が色んな例えになるんじゃないかと思いました。そして、視聴者のみなさんが本当に応援したくなるような会社として表現できればと。俳優としては1クールという長い期間、...more
カテゴリー:

もっと見る

「風間俊介」の画像

もっと見る

「風間俊介」の動画

Wikipedia

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる