「風間トオル」とは?

関連ニュース

『科捜研の女』“どもマリ”に急進展!?子どもの登場に「家族やん!」 - 02月16日(金)12:04 

沢口靖子主演の木曜ミステリー『科捜研の女』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00~)season17の第13話が、2月15日に放送。このシリーズでは、毎回主人公・榊マリコ(沢口)の“衝撃的なワンカット”シーンが登場し、注目を集めているが、今回の放送では、マリコと土門薫(内藤剛志)が子どもと3人で仲良く歩くシーンが登場。インターネット上では「子どもがいたなんて……」とざわついていた。この作品は、沢口演じる京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿が描かれている。また、“最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうハイクオリティーなミステリーとして、1999年のスタート時から根強い人気を誇っており、現行のテレビドラマでは最も長く続いている長寿シリーズだ。今回は、ファイナンス会社社長・稲葉和成(山本道俊)の刺殺体が発見されるという事件が発生。遺体の周辺には歩き回ったような足跡があり、マリコは遺体の足首からバラの花弁を発見する。その後の鑑定で靴と着衣からバラの花粉が検出され、靴底には花の細胞液が多量に付着していた。どうやらバラの花を踏みつけたために付着していたいたようだ。防犯カメラの映像から事件の直前、歩いている稲葉のすぐ後をバラの花束をカゴに入...more
カテゴリー:

【ドラマ】科捜研の女:3月に放送200回 足かけ19年、沢口靖子「愛される作品になった」 - 02月12日(月)05:06  mnewsplus

2018年02月12日 科捜研の女:3月に放送200回 足かけ19年、沢口靖子「愛される作品になった」  女優の沢口靖子さんが主演する、現行の連続ドラマで最長の歴史を誇る人気シリーズ「科捜研の女」(テレビ朝日系)が、3月15日放送の第17シーズン17話で1999年10月の放送開始から数えて通算200回を迎える。沢口さんは「台本の表紙にあった『放送通算200話』という文字を見て思わず込み上げてくるものがありました。『科捜研の女』に出会ったのは私が30代半ばのころ。こんなにも息の長い作品になったこと、視聴者の皆さまに愛される作品に...
»続きを読む
カテゴリー:

「風間トオル」の画像

もっと見る

「風間トオル」の動画

Wikipedia

風間 トオル(かざま トオル、1962年8月19日 - )は、日本俳優

経歴・キャリア 人物

私生活では過去に結婚したが、離婚している。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる