「音楽活動」とは?

関連ニュース

【全文レポート】土屋太鳳&片寄涼太『兄に愛されすぎて困ってます』舞台挨拶 「完璧なお兄でした」[オタ女] - 04月22日(土)23:25 

4月20日から23日にかけて開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』。22日、『ミハマ7プレックス』 (北谷町)にてドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』特別編集版の舞台挨拶が行われ、キャストの土屋太鳳さん、片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が参加しました。 小学館『Sho-Comi』にて連載中の大人気少女マンガを実写化し、6月30日には映画版の公開も予定している本作。この日は、映画版の前夜祭であるドラマ版が特別編集版で一挙上映。 告白12連敗中、恋に恋するモテない女子高生・橘せとか役を演じた土屋さんと、突如としてモテキが訪れたせとかを想う血のつながらない兄・橘はるか役を演じた片寄さんが登場すると、劇場に集まった300人の観客から大きな歓声が上がりました。 ――まずはお集りいただいた皆さんに一言いただけるでしょうか。 土屋:橘せとかを演じました土屋太鳳です。皆さんが観終わった後ということで、直後の舞台挨拶は緊張するんですが、いかがでしたでしょうか。せとかとはるかは海と一緒に育ったので、美ら海に守られている『沖縄国際映画祭』に参加することができてとても嬉しく思っています。 片寄:橘はるか役を演じた片寄涼太です。皆さん、本日はお越しいただきありがとうございます。なかなか舞台挨拶という経験もないので、とても新鮮な感じなんですけども、...more
in English
カテゴリー:

谷山浩子、45年の音楽人生は世の中の既成概念との対峙 - 04月22日(土)10:00 

 今年、音楽活動45周年を迎えた谷山浩子が、自身“初”となるシングルコレクション『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』を発売する。職業作家を目指した中学生の頃の作品から現在までの楽曲が収録された、これぞ、正真正銘のオールタイムベストである。 【ランキング】谷山浩子、これまでの作品売上 ◆45年で世の中の価値観や観念は大きく変化  1972年にアルバム『静かでいいな~谷山浩子15の世界~』でデビュー以降、唯一無二の世界観を構築してきた谷山浩子が今年、音楽活動45周年を迎えた。西洋の童話や日本の民話をモチーフにして描かれた楽曲は、谷山がデビューした70年代当時は珍しく、異質なものとして受け止められたかもしれない。それは本人の認めるところでもある。  「昔は周囲からは少し異端のように見られていたのかもしれません。歌詞のなかに度々出てくる“猫”や“森”などは絵本や童話の世界の道具立てであり、当時は子どものものと考えられていました。それもあって、デビューした当初はよく“大人の女の歌”を歌うように言われましたが、80年代に入って遊佐未森さんがデビューしたり、あらゆるものがあふれ出してきたりで、次第にこうでなければダメと周囲から言われなくなっていき、私自身が普通でいられるようになりました」  今の大人は漫画も読めばゲームもする。絵本や童話も、今では子どもの頃と...more
in English
カテゴリー:

中野雅之が語る、BOOM BOOM SATELLITESの20年 - 04月21日(金)18:00 

BOOM BOOM SATELLITES(以下:BBS)が歩んだ約20年は、デビュー直前の川島道行の脳腫瘍の発覚により"生きるなら何をするか"を考えるとことから始まり、以来つねに緊張状態の中にあったという。「本当にスリリングで、エキサイティングな時間でした」ー中野雅之先の3月1日にリリースしたベストアルバム『19972016』は、その活動の軌跡をCD4枚・計56曲という膨大な楽曲群によってたどることのできる、アーカイヴ的な作品となっている。そのすべての作業を終え作品を手放した今、中野雅之が語る現在の心境と、BBSとしての活動の本質とは。―2010年にベスト盤『19972007』を出した際、中野さんは"「過去の作品を聴くと、当時の自分は未熟だったと思ってしまうから聴いていて辛くなる」と拒み続けたが、聴き直した結果「客観的に面白い音楽だなぁと感じられた」"と仰っていましたが、今回はどうですか? 2010年とはまたぜんぜん違ったモチベーションだったと思うんですけど。 そうですね。前回とは全く違います。前回は10周年だからという意味合いが強かったのですが、今回はもっとシンプルに、アーカイヴという意味で手元に置いてずっと大事にし続けてもらえるようなものを最後に作っておかないといけないという使命感があって。 ―収録曲全56曲をマスタリングしてみて、BBSが作ってきた音を改め...more
in English
カテゴリー:

木村拓哉とMIYAVIが初対談!ファンとの関係や音楽活動を語り合う - 04月20日(木)10:21 

 20日放送の『SONGS』(NHK)に、俳優・木村拓哉とミュージシャンのMIYAVIが出演する。
in English
カテゴリー:

『ディズニー・ファンタジア・コンサート』などで演奏も!注目のピアニスト清塚信也さんを直撃 - 04月19日(水)00:00 

テレビドラマや映画の吹替え演奏などで活躍しているピアニスト清塚信也さん。心に響く演奏に加えクールなルックスも魅力で、バラエティー番組や音楽番組に多数出演し俳優デビューも果たす、今注目したいアーティスト。そんな清塚さんのことをもっと知りたい!と、ご本人を直撃。音楽に対する思いやコンサートのことなど、その魅力を探ってきた!Kaz.Sasaki◆ピアノの先にあるものは”人に喜んでもらえる音楽を届けたい”という思いだった?現在、テレビや映画など幅広い分野で音楽活動されているのですが、ピアノを始めてから今に至るまでに実感した転機はありましたか?5歳でピアノを始めて、18歳までは大人に敷かれたレールの上を進んでいました。でも、本当に自分はピアノを好きでやっているのかどうか疑問だった。それで、そこから逃げるようにしてモスクワに行って、2年間を過ごしたんです。この2年間のうちに「人のために音楽をやりたい」と思うようになりました。◆ドラマ『のだめカンタービレ』での吹き替えが大きな転機に??「人のための音楽を」と思うことで何かアクションを起こされたのでしょうか?僕自身、もっと人だかりのできる世界に行かないといけないと思ったんです。それで、モスクワから帰国後、テレビとか映画とか映像に携われるところがないかなと考え、芸能界の門を叩きました。その結果、2006年のテレビドラマ「のだめカンタービレ」で玉木宏さ...more
in English
カテゴリー:

【音楽】谷山浩子、45年の音楽人生は世の中の既成概念との対峙 - 04月22日(土)19:04 

http://www.oricon.co.jp/news/2089523/full/ 2017-04-22 10:00 今年、音楽活動45周年を迎えた谷山浩子が、自身“初”となるシングルコレクション『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』を発売する。 職業作家を目指した中学生の頃の作品から現在までの楽曲が収録された、これぞ、正真正銘のオールタイムベストである。 ◆45年で世の中の価値観や観念は大きく変化 1972年にアルバム『静かでいいな~谷山浩子15の世界~』でデビュー以降、唯一無二の世界観を構築してきた谷山浩子が今年、音楽活動45周年を迎えた。 西洋の童...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

HARCO名義ラストアルバム「あらたな方角へ」 - 04月21日(金)20:15 

HARCOが2017年末でこの名義を終了し、2018年から本名である「青木慶則(あおきよしのり)」として音楽活動を行うと発表。HARCO名義最後のアルバム「あらたな方角へ」を6月21日にリリースする。
in English
カテゴリー:

弾丸 NO LIMIT、8月のワンマンライブをもって解散 - 04月20日(木)17:26 

弾丸 NO LIMITが、8月に行うワンマンライブをもって解散することを発表した。2014年に東京・赤坂BLITZで行われたライブイベントに出演し、活動を開始。始動当初から現在に至るまでの約3年あまりの活動の間、メッセージ性の強い楽曲群に加え、高い演奏力とライブパフォーマンスで正統派を貫き、ゆっくりとではあるが着実に音楽ファンの支持を集めてきた。今年2月18日には、TSUTAYA O-WESTにて「THE LAST RESORT」(最終手段)と題した、バンドの今後を賭けた覚悟のワンマンライブを行い成功を収め、5月からは初のワンマン・ツアー「銃痕」の開催が決定と、今後の活躍に期待が高まっていた矢先の発表となった。解散理由については、ベースを担当する“ちか”に、どうしても音楽活動を続けて行くことが出来ない家庭の事情が発生し、引退を決意。この決意を受けたほかのメンバーは「ちかのいない弾丸 NO LIMITは、もはや弾丸 NO LIMITではない」と考え、「解散」という結論に至った経緯が発表されている。始動当初から平坦な道のりでなかった弾丸 NO LIMITは、困難の多い活動をメンバー4人の結束力でこれまで乗り越えてきただけに、新ベーシストを加えて弾丸 NO LIMITを存続するという考えにはならなかったようだ。各メンバーからファンへ向けてのコメントは、オフィシャルサイトに掲載されている。...more
in English
カテゴリー:

新たなステージへ!!みるじぇねプレミアライブ振り返りレポート - 04月20日(木)02:30 

セクシー女優の、東凛、阿部乃みく、川上奈々美、希美まゆが出演した「MilGene Premiere LIVE(みるじぇねプレミアライブ)」が、4月7日に東京・J-SQUARE SHINAGAWAで開催された。 トップバッターは、みるじぇね初登場の東凛(歌手活動時はRin) 主催は、元&現役セクシー女優が所属し、「オリジナル楽曲」「生楽器」にこだわったライブや楽曲制作などを行う音楽プロジェクト「Milky Pop Generation」(通称“みるじぇね”)。 この日が「Premiere LIVE」と銘打ったライブ第一弾で、バンド編成はキーボード(松岡美弥子)、ベース(ヤマトヤスオ)、ドラム(小山田和正)。会場に来られない方のために、リアルタイムでライブを楽しむことができるVR映像生配信も行われた。 トップバッターは、みるじぇね初登場の東凛。今回が初ステージだそうで、緊張した様子で「いつもは『東凛』として活動しておりますが、歌のときは『Rin』として活動していきます」と挨拶。セットリストは「TOMORROW」(岡本真夜)、「歌舞伎町の女王」(椎名林檎)、「PRESENTS」(オリジナル)。 これが初めてのステージとは思えない堂々たる貫禄とともに、1曲目「TOMORROW」(岡本真夜)から伸びやかな美声を披露。曲終わりには「緊張して歌詞を間違えました…」と明かすが、正確に一音一音刻む...more
in English
カテゴリー:

天野月、夏以降の無期限活動休止を発表&4月26日にニコ生特番を放送 - 04月18日(火)12:00 

天野月が4月1日に渋谷 チェルシーホテルで行なわれた16周年の記念ライブ『センチメンタル・ジャーニー』のステージにて、今年夏以降の音楽活動を無期限で休止することを発表した。 【その他の画像】天野月7月には恒例のファン投票による楽曲を演奏する『AMNリクエストアワーFINAL』を毎土曜5週連続で開催し、のべ100曲に及ぶライブへの挑戦を宣言。また、8月には渋谷Mt.RAINER HALL PLEASURE PLEASUREにて『アマノヒトリ』という弾き語りのライブを行なうなど精力的な活動告知の直後ゆえに、集まった超満員のファンも戸惑いを隠せない様子だった。 その後、活動休止についてはオフィシャルな発信はされていないが、4月14日付の本人ブログにて新作の完成報告とともに、発売日の4月26日にニコニコ生放送の特別番組出演が発表になった。ツイッターでの事前の質問受付もあり、新作の話とともに活動休止についても何らかのコメントがあるかもしれない。7、8月のライブはすでに全会場ソールドアウトとのことで、会場に行けないファンにとっては貴重な機会となる今回のニコニコ生放送、ぜひチェックしてほしい。 ■天野月 ブログ「雑音生活」 http://tsuki-amano.weblogs.jp/ ■天野月「ビューティフル・デイズ-後編-」発売記念ニコ生特番 ※配信日時:4月26日(水) 21:00...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「音楽活動」の画像

もっと見る

「音楽活動」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる