「音楽活動」とは?

関連ニュース

【音楽】世界的ギタリストのマーティ・フリードマン「日本には全く飽きない。毎日“有難さ”が溢れてますよ」 - 02月19日(月)20:49  mnewsplus

90年代、世界的ヘビーメタルバンドのギタリストとして、全世界でメガセールスを記録したマーティさん。 「自分が求める音楽は日本にある」と2004年、東京に活動拠点を移して以降、 B’z、石川さゆり、ももクロ等、幅広い日本のアーティストと共演&プロデュースしてきた。 3月2日に世界190ヶ国で同時配信される日本のオリジナルアニメシリーズ「B: The Beginning」では 主題歌の作曲・プロデュースを担当、イメージアルバムが発売される 〔公式サイトは http://www.b-animation.jp/  監督は映画『キル・ビル』アニメ制作の中澤一...
»続きを読む
カテゴリー:

ボサノバ歌手・小野リサ「無国籍なジャンルの中で自分を表現しています」 - 02月19日(月)10:00 

BSフジで放送中の「ワールドツアー完璧MAP」(毎週月~金曜朝7:30-7:55)。さまざまな国の名所と共に、海外旅行で役に立つお得な情報を紹介する番組だ。 【写真を見る】コンサートのMCは舞台を中心に活躍する和合真一が担当 このたび、番組のエンディングテーマを歌うアーティストが集まり、4月20日(金)に東京・かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホールで「ワールドツアー完璧MAP世界を巡るコンサート」を開催することが決定。 ボサノバ歌手・小野リサや奄美大島出身の歌手・城南海、韓国出身のシンガーソングライター・Kらが出演し、国境を越えた音楽を伝えていく。 今回、小野にインタビューを行い、コンサートの見どころや音楽活動への思いなどを聞いた。 ――まず、今回のコンサートの見どころを教えてください。 さまざまなジャンルの音楽を聴くことができるということ。そして、それぞれのアーティストの方々が、各国で受けた影響を自分の気持ちとして音に添えて演奏されると思いますので、そこが見どころだと思います。 今回、共演する皆さんには初めてお会いしますが、今の若いアーティストの方は、膨大な情報量の中で自分の音楽を作っているすごい才能を持った方々だと思いますので、私自身もコンサートをとても楽しみにしています。 ――小野さんの演奏で、注目するべきポイントはどこでしょうか? 私は、私が感じたものをいつも声にして...more
カテゴリー:

日本でもブレイク間違いなし!?注目のインフルエンサーゼンデイヤって何者? - 02月17日(土)10:00 

注目のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』(公開中)の見どころのひとつは、19世紀のアメリカに実在した伝説の興行主、P.T.バーナムの下に集まる個性あふれるエンターテイナーたち。なかでもひと際輝く美しさで目を引くのが、空中ブランコ乗りのアン・ウィーラーだ。演じているのは『スパイダーマン:ホームカミング』(17)でも存在感を発揮していた若手スター、ゼンデイヤ。『スパイダーマン~』ではメインのヒロイン役ではなかったが、すでに出演が決まっている同作の続編ではさらに多くの出番が予定されている。 【写真を見る】劇中、高度な空中ブランコに挑戦。とにかく胆が据わっていて、別作品で演じた役が「白人が演じるべき」と中傷されても「人は何でも騒ぎ立てる」と受け流すほど/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation ■ アクター、シンガー、モデルとしても大活躍 もともとディズニー・チャンネルのドラマで子役デビューし、アメリカをはじめ各国で人気を高めてきたゼンデイヤ。15年に米タイム誌で”もっとも影響力のあるティーンセレブ”に選ばれた彼女は、11年にシンガーとして音楽活動を開始し、16年には自身のファッション・ブランドを立ち上げるなどマルチな分野で活躍。ティーンを中心に多大な影響を与え続けている。そんな、歌えて、演技もできる彼女にとって、『グレイテスト...more
カテゴリー:

CMで話題の美少女・内田珠鈴に直撃!(前)「心の準備がないままカメラの前に立っていました」 - 02月16日(金)12:00 

昨年末から年始にかけ、テレビでオンエアされた「LINE Clova Friends」のCMに出演し、「あのかわいい女子高生は誰?」と話題をさらった現役女子高生モデル兼シンガーソングライター・内田珠鈴(うちだ・しゅり)。 【写真を見る】「天使どころじゃない!」と話題の内田珠鈴。自撮り風ショットにメロメロ 2月28日(水)に発売される、ユニバーサルミュージックのコンピレーションアルバム『LOVE&TEARS』のジャケット写真にも起用されるなど、2018年のネクストブレイクタレントの1人として注目を集める内田にインタビューを行い、CMの反響についてや彼女の人となりについて、今後の活動についてなど、たっぷりと語ってもらった。 前後編・2回に分けて紹介する。 ■ フレッシュな高校1年生 ――まず、自己紹介からお願いします! 内田珠鈴、高校1年生の16歳です。去年、高校入学と同時に福岡から東京に上京してきて、音楽活動を始めました。お芝居も昨年のCMで初めて経験したので、これからもっともっと演技を研究して頑張っていきたいです! ――LINEのCMはかなり話題を集めましたが、周りの反響はどうでしたか? 友達から「見たよ!」って言われました。“受験生篇”は全国で流れていたので、福岡に住んでいる家族と親戚に芸能活動している姿を見せることができて良かったです。 ――CMはオーディションがあったんですか?...more
カテゴリー:

岡崎体育、ファンクラブのシステム「改修策」発表 一部批判受け - 02月15日(木)17:04 

 シンガー・ソングライターの岡崎体育が15日、自身のファンクラブの新システムに一部から批判の声があがったことを受け「改修策」を公式ブログで発表した。岡崎のファンクラブでは、グッズの購入などに応じてポイントを付与し会員を“ランク付け”するシステム導入を先日発表し、物議を醸していた。 岡崎体育のプロフィール  ブログでは冒頭「今回いろいろと僕のファンクラブの件でお騒がせして本当にすみませんでした」と謝罪。また、クラブの会員に対し「素人に毛が2本3本生えただけのこんな僕のファンクラブに入ってくれていて本当にありがとう」と感謝を述べた。  また「日本で初めての試みだったので説明責任として至らぬ点が多々あり、手探りのまま運営していたことでファンの方に不安や不信感を抱かせてしまったことが一番の過ちでした」と反省も。その上で、「会員の『ランク』という文言を排除」「ポイント付加の詳細を公開する」など5点の改修点を明かした。  騒動を経て「音楽活動ってものは能力や才能をお金で買って応援してくれる人がいないとできないものです。特にこうしてファンクラブに入ってくれている人が普段から応援してくれているから僕は今岡崎体育でいられるんだなと、今回改めて実感しました」とファンへの思いを新たにした岡崎。「みんなが満足できるようなファンクラブを作りたい。自分勝手かもしれませんが。そう思います。岡崎体育のファ...more
カテゴリー:

『分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビュー(vol.2)』 - 02月19日(月)17:00 

 漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の『ディエンビエンフー』は物語が完結せずに終了した。物語は未完のままで終わるかと思いきや、双葉社から声がかかり『ディエンビエンフー TRUE END』として連載が始まった。『TRUE END』は最速3巻で完結するということが決まっている。  2月10日には2巻が発売され、2月14日には双子のライオン堂からベトナムについてのエッセイ漫画『アオザイ通信完全版#2 歴史と戦争』も発売になり、9月には最終巻3巻の発売も決まっている。代表作でありながらも、二度の雑誌休刊に立ち会い、3社の版元を渡り歩くという文字通り「ドロ沼の戦争」「終わりなき戦争」と化した大長編『ディエンビエンフー』シリーズについて西島さんにお話を聞かせていただきました。 ■早期退職とゲリラ戦、編集者への恩と休刊へのアンチテーゼ ―― 『IKKI』版の『ディエンビエンフー』はどこまで連載で、どこから描き下ろしになったんですか? 西島 8巻と9巻から描き下ろしになりました。なんでかというと出版不況の始まりぐらいだったのかな。「『IKKI』のページが薄くなるから西島くん連載載らないのどうですか?」と...more
カテゴリー:

オジー・オズボーン、半世紀に渡るツアー人生を振り返る - 02月17日(土)11:00 

オジー・オズボーンは、ファイナルツアー「No More Tour2」に先立ち、半世紀に渡るツアー人生を振り返った。ブラック・サバスとして、またソロ・アーティストとして、オジー・オズボーンは半世紀近くツアー生活を続けてきた。そんな彼が遂にこの春、ファイナルツアーとして世界各地を回り始める。今回のツアータイトルは「No More Tour 2」。1992年から丸々3年間続けた引退ツアーのタイトルを茶化したものだが、今回のツアーは今後音楽活動をすっぱりやめるという意味ではないと彼は言う。「俺は引退しないよ」と、先週オズボーンがローリングストーン誌に語った。「だって、これは『No More Tour』というツアーだ。つまり、世界ツアーはもうやらないってこと。ライブは続ける。でも、今後は1回のツアーに半年かけるようなことはやめるだけさ。もっと自宅で過ごしたいんだよ」と。ローリングストーン誌の取材に応える彼は、今回のツアーのことだけでなく、これまでのツアー人生のことも色々教えてくれた。ーファイナルツアーの見どころは何ですか?(無表情で)楽しいライブになるといいな。ーライブでは今でも快感や興奮を覚えますか?ああ、もちろんだとも。そうじゃなきゃ、とっくにやめているよ。俺はかなりの完璧主義者だ。音を1か所外しただけで自分に腹が立つ。でも、その点は今後克服しなきゃいけないと思っている。ー1980年に行...more
カテゴリー:

池田エライザ 童貞の凄さは「見えないものを信じる力」 - 02月16日(金)12:10 

とある地方都市に住む童貞3人組、東京での音楽活動がうまくいかない見栄っ張りな国森進一(林遣都)、乳首にコンプレックスを持つイケメン吉村達也(柳俊太郎)、典型的なオタク気質の高杉誠(前野智哉)が織りなす、青(性)春映画「チェリーボーイズ」(2月17日公開)。そんな童貞3人組のマドンナ的存在にして、脱童貞大作戦のターゲットにされるヒロイン・釈笛子を演じる、池田エライザさんに作品…そして童貞の魅力を直撃! 池田エライザ 赤いドレスで魅了…グラビア特集40枚 ――「チェリーボーイズ」は童貞漫画の金字塔として多くのファンから支持されている古泉智浩氏の漫画が原作ですが、作品はご存知でしたか? いえ、お話をいただいてから台本を読ませていただきました。いつも、だいたい事務所の方から「こういう話が来ているんだけど、台本読んでみて」って言われるんですけど、今回は「一回読んで感想を聞かせて」って付け加えられて。これは何かあるぞって思いました。 ――過激なシーン、かなりありましたよね? はい。でも私自身、青年誌が好きなので、個人としては純粋に楽しんで読めたんです。母性みたいなものも、この3人組に対して感じましたし。ちょっと遅めの青春というか。バカだな~、でもいいな~って。疾走感のあるバカ騒ぎが、いとおしく感じました。 そして私が笛子をやるなら、男性が描いた笛子よりも、女の目から見た素敵な笛子にできたらいい...more
カテゴリー:

【ラジオ】窪塚洋介「卍もLINEも僕が先だった」 悔しさ滲ませトーク - 02月16日(金)07:06  mnewsplus

2018年02月15日 窪塚洋介「卍もLINEも僕が先だった」 悔しさ滲ませトーク J-WAVEで2月12日(月)にオンエアされた番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL KAMARQ presents EXPAND YOUR WORLD」(ナビゲーター:サッシャ)。価値観や既成概念を打ち破る「革新」に注目したスペシャル・プログラムです。 15時台は、俳優・窪塚洋介さんと映画監督・豊田利晃さんの2人による生対談をお送りしました。 (中略) 窪塚さんと豊田さんは、2015年に豊田さん演出・脚本の舞台「怪獣の教え」という舞台で窪塚さんが主演を務めて以来、交友があるそう...
»続きを読む
カテゴリー:

【音楽】岡崎体育、ファンクラブのシステム批判受け改修案 謝罪も「音楽活動ってお金で買って応援してくれる人がいないとできない」 - 02月15日(木)14:55  mnewsplus

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802150000522.html 2018年2月15日13時19分  シンガー・ソングライター岡崎体育(28)が、一部から批判を受けていたファンクラブのシステムについて改修案を提示した。  岡崎は自身のファンクラブの会員に対し、グッズ購入などに応じてポイントを付与してランク付けする新しいシステムを導入したことで賛否を呼んでいた。  一部から批判を受け、岡崎は15日に更新したブログで「何と言うか、今回いろいろと僕のファンクラブの件でお騒がせして本当にすみませんでした」...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「音楽活動」の画像

もっと見る

「音楽活動」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる