「音楽家」とは?

関連ニュース

鶏扱いならおまかせあれ! フレンチシェフが完成させた究極のラーメン - 11月21日(火)15:19 

 フレンチのシェフが4年の歳月をかけて完成させた、鶏がベースのラーメン店「RAMEN FACTORY TORISETSU(ラーメン ファクトリー トリセツ)」が12月1日(金)、川崎市の「小田急新百合ヶ丘エルミロード」にオープンする。提供するのは、鶏のうま味を最大限に引き出した“体に優しい”&“飽きのこない”ラーメン。一つ一つの食材にこだわり、化学調味料は一切不使用。店名は「鶏扱説明書」=トリセツから取っている。一押しのラーメンは「柚子香る鶏醤油ラーメン」(税込み880円)。そのほか「濃厚鶏白湯ラーメン」(同880円)や、トッピング「鶏チャーシュー」(同200円)「やげんなんこつ」(同100円)などがある。「RAMEN FACTORY TORISETSU」【写真】関連情報を含む記事はこちら 神奈川県川崎市麻生区上麻生1丁目4番1号小田急新百合ヶ丘エルミロード5階 レストランフロア L-DINING営業時間:11:00~22:30(22:00 L.O.)【関連記事】 ・おいしいパンが食べたいなら行ってみては? 「かわさきパンマルシェ」開催 ・毎日がラーメン!? ラーメン好きのための写真投稿アプリ ・全国の若手音楽家たちを応援 神奈川新聞社主催「交流の響き」
カテゴリー:

細野晴臣が映画と音楽について綴ったエッセイ「映画を聴きましょう」発売 - 11月19日(日)15:14 

音楽家の細野晴臣が、映画雑誌「キネマ旬報」で連載中のエッセイを書籍化した「映画を聴きましょう」が発売中だ。「キネマ旬報」2012年8月下旬号から開始し、2017年10月下旬号で58回を迎えた連載...
カテゴリー:

【テレビ】マツコ・デラックスがつんく♂の歌詞の魅力を熱弁「『ザ☆ピ~ス!』のね、ピザのサイズを悩むところ」 - 11月18日(土)18:21  mnewsplus

2017年11月17日 22時10分 16日深夜放送の「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)で、コラムニストでタレントのマツコ・デラックスが、音楽家・つんく♂の歌詞について熱弁をふるった。 番組では東京・恵比寿の街を徘徊していたマツコが、音楽プロデューサーのヒャダインと偶然出会い、ヒャダインの行きつけのバーに行くことになった。 道中の会話でヒャダインは、自身の曲作りのモチベーションが高いことを明かしつつ「それこそ、つんく♂さんを見習っているところは多くて」「だって彼は、ぼくのウン十倍も曲を作っているのに、まだ枯...
»続きを読む
カテゴリー:

スペースシャワーTVにて、sumikaのレギュラー番組がスタート!初回特別篇では親交の深いアーティストからのコメントでsumikaの素顔が明らかに! - 11月17日(金)12:17 

[株式会社スペースシャワーネットワーク] [画像1: https://prtimes.jp/i/2929/985/resize/d2929-985-200128-0.jpg ] 温かみのある優しいサウンドで人気急上昇中のバンド、sumika。 ライブは毎回ゲストメンバーを入れて開催され、音楽家以外にも 映像作家...
カテゴリー:

坂本龍一、JASRACに苦言 映画館からの洋楽使用料徴収で - 11月15日(水)20:00 

先日JASRACが映画館に対し外国映画に帯する音楽使用料の徴収方法を変更し、映画館から興行収入の1~2%を徴収する方針を発表したことが大きく話題となったが(過去記事)、これに対し音楽家の坂本龍一氏が批判的なコメントを述べている(BuzzFeed)。
カテゴリー:

細野晴臣が映画と音楽について綴ったエッセイ「映画を聴きましょう」発売 - 11月19日(日)15:14 

 音楽家の細野晴臣が、映画雑誌「キネマ旬報」で連載中のエッセイを書籍化した「映画を聴きましょう」が発売中だ。  「キネマ旬報」2012年8月下旬号から開始し、2017年10月下旬号で58回を迎えた連載で、細野がこれまで鑑賞した作品、印象に強く残った映画音楽について書かれたもので、タイトル「映画を聴きましょう」は細野が子どもの頃によく聞いていたという映画サントラ集から取られた。  テレビ西部劇「ララミー牧場」に出演したホーギー・カーマイケルの名曲「香港ブルース」や、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手がけたニーノ・ロータ作曲「カビリアの夜」など自身も演奏する映画音楽、「僕の趣味にすごく合う」というウッディ・アレン監督のフィルモグラフィと選曲についての言及、そして、名作が並ぶ印象的だった映画のシーン20選など、ミュージシャンならではの視点で映画体験の記憶が綴られている。  特別企画として旧友・中沢新一氏との映画対談を収録するほか、細野のツアーグッズや「POPEYE」(マガジンハウス) のイラストコラム「街道のシティ怪童(ボーイ)」で知られる漫画家・堀道広氏による描きおろしイラストで、映画のワンシーンを再現している。四六判、332ページ、2160円(税込)。 【作品情報】 ・カビリアの夜 【関連記事】 ・松田龍平「モヒカン故郷に帰る」主題歌は細野晴臣「MOHICAN」! ・...more
カテゴリー:

【Bajune Tobeta】伊藤万理華「お気に入りの10曲」/【連載】トベタ・バジュンのミュージック・コンシェルジュ - 11月19日(日)09:45 

音楽家/プロデューサーのトベタ・バジュンが毎回素敵なコンシェルジュをお迎えし、オススメの10曲のプレイリストを紹介していく【連載】トベタ・バジュンの...
カテゴリー:

生きるためのヒントを学ぶ寺子屋が京都で開講!西本願寺で学ぶ「スクール・ナーランダ特別編」 - 11月18日(土)00:00 

◆生きるためのヒントを学ぶ寺子屋が京都で開講!西本願寺で学ぶ「スクール・ナーランダ特別編」今と未来を生きるための智慧の学び場として開催されてきた「スクール・ナーランダ」の特別編が京都の国宝・西本願寺阿弥陀堂で2017年12月9日(土)に開催! 365日の中で、この日だけしか見られない景色、会えない人、体験できないことが日本中にはたくさん。旅の目的にする価値のある、イベントやお祭り、フェスをご紹介します。◆国宝・世界遺産の西本願寺で荘厳なお勤めや音楽コンサート、京料理を満喫仏教をはじめ、科学や芸術、哲学などさまざまな分野の最前線で活躍する講師を迎え、現代を生き抜く知恵を学ぶ、現代版寺子屋「スクール・ナーランダ」。「ナーランダ」は「蓮のある場所」を意味し、蓮は知恵の象徴であることから「知恵を与える場所」というのが由来なのだそう。今と未来を生きるための智慧の学び場として開催されてきた「スクール・ナーランダ」の特別編が京都の国宝・西本願寺阿弥陀堂で2017年12月9日(土)に開催される。僧侶による荘厳なお勤めやピアノコンサート、科学者×アーティスト×僧侶のトークショーなどを無料で楽しめる。また、境内では10日(日)までの2日間に渡り、全国で活躍する若手僧侶たちが集結し、交流ブースやワークショップ、サイレントフェスや京料理などが登場する「ごえんさんエキスポ」を同時開催。普段はなかなか触れるこ...more
カテゴリー:

理想の「音」は雨の音。音の自由を求め、原点へ──坂本龍一 - 11月17日(金)10:00 

音楽家・坂本龍一の言葉の至るところからは、「聴いたことのない音」を聴きたい、つくりだしたいと願った、10代の青年だったころそのままのパッションが噴き出している。60代も半ばに差しかかった坂本は、なぜ長年にわたってそのような姿勢を貫き、実際に「未知の音」を世に届けることを続けてくることができたのだろうか。それは「根源的な問い」を忘れず、自らが「知らない」世界へと積極的に身と心を開いてきたからなのであろう。どこまでも瑞々しく、エモーショナルな彼の哲学は、見えない明日へ次の一歩を踏み出そうとするぼくたちの心を、優しく、激しく、奮い立たせてくれる。
カテゴリー:

【テレビ】立教の先輩・後輩がやんちゃな青春トーク 高橋幸宏×古舘伊知郎 - 11月14日(火)21:55  mnewsplus

高橋幸宏×古舘伊知郎 立教高の先輩・後輩がやんちゃな青春トーク  古舘伊知郎(62)が今話題になっている人と濃厚トークを繰り広げる「トーキングフルーツ」(火曜深夜、フジテレビ系)。 14日深夜0時25分からの放送は、音楽家でデザイナーの高橋幸宏(65)が登場する。  実は、2人は立教高の先輩、後輩の間柄。古舘は「幸宏さん」「先輩」と慕っている。 幸宏先輩ゆかりの地である原宿・竹下通りのビルの屋上で始まった対談。おのずと立教時代の青春エピソードで盛り上がる。 幸宏「(寮の脇の中華料理店で)朝か...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「音楽家」の画像

もっと見る

「音楽家」の動画

Wikipedia

音楽家(おんがくか)、ミュージシャン()は、曲を作ったり(作曲)、演奏したりする人のこと。主に実演家(プレイヤー)と制作者に大別される。

制作者

作曲家と作詞家は著作権を有し、編曲家は二次的著作権を有する。これらを総称して音楽作家と呼ぶ。また、複数の役職を兼ねている製作者も多い。

実演家

<...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる