「音声操作」とは?

関連ニュース

コミュニケーションロボット『Xperia Hello!』レビュー 表情や仕草がスマートスピーカーより親しみやすさを感じるポイントに:動画あり - 11月18日(土)11:00 

ソニーモバイルが11月18日に発売したコミュニケーションロボット『Xperia Hello!』の試作機をお借りすることができたので、レビューをお届けします。 『Xperia Hello!』は、スマートイヤホン『Xperia Ear』、スマートプロジェクター『Xperia Touch』に続く、ソニーモバイルのスマートプロダクト第3弾となる製品。センサーとロボティクス技術、センサーと連動して対話機能を実現する技術“ソニーエージェントテクノロジー”を組み合わせることで、能動的に周囲の状況を把握し、自ら動いたり話したりできる“家庭用のコミュニケーションロボット”という位置づけの製品です。 ロボットと言っても歩き回ったりはせず、テーブルの上に設置して、ユーザーとの会話やタッチパネル操作を通してコミュニケーションするロボット。では、スマートスピーカーやスマートフォンとは、具体的に何が異なるのでしょうか。セットアップ手順から、その特徴がだんだん見えてきます。 初回起動時に、まずWi-Fiの設定を済ませると、続いてユーザーの呼び名を登録します。音声入力でうまく聞き取れなくても、タッチパネルのキーボードから手入力で修正すればOK。 今回、「ガジェ通」という名前で登録してみたのですが、「がじぇつう」のどこにアクセントを置くか聞かれました。「ユーザーがどう呼ばれると自然に聞こえるか」を意識している...more
カテゴリー:

三井住友銀行がAmazon Echoで残高照会や入出金明細照会、NECがAWSでシステム構築 | IT Leaders - 11月15日(水)14:50 

NECは2017年11月15日、三井住友銀行と共同で、「Amazon Alexa」に対応した音声操作による金融サービスを提供するシステムを構築したことを発表した。三井住友銀行は11月8日、「Amazon Echo」の出荷開始に合わせて本サービスの提供を開始することを発表している。
カテゴリー:

NECとSMBC、Amazon Echoで音声認識による残高照会 - 11月15日(水)12:05 

NECと三井住友銀行は11月14日、「Amazon Alexa」に対応した音声操作による金融サービスを提供するシステムを構築したと発表した。インターネットバンキング「SMBCダイレクト」の利用者を対象に、「Amazon Echo」に話しかけることで残高照会や入出金明細照会が可能になる。
カテゴリー:

Amazonの音声アシスタント『Alexa』日本語版スキルまとめ 『Amazon Echo』が届いたらこんなことができる - 11月11日(土)11:00 

11月8日に国内での提供が発表された、Amazon.co.jp(以下Amazon)のクラウドベースの音声アシスタント『Amazon Alexa』と、Alexa対応のスマートスピーカー『Amazon Echo(以下『Echo』)』。既に『Echo』を注文して、来週の出荷開始を楽しみに待っている人も多いのでは? Alexaには、開発者が独自にAlexaスキル(機能)を作成できる『Alexa Skills Kit(ASK)』が公開されていて、国内向けに様々なスキルが開発されています。11月8日に発表されたその数、なんと265種類。ガジェット通信編集部にも、Alexa向けにスキルを発表するプレスリリースが各社から続々と届いています。 この記事では、編集部に届いたプレスリリースを基に、国内向けスキルの数々を順不同、随時更新でまとめていきます。『Echo』が届いたらどんなことができるのか、参考にしてみてください。それぞれ利用を開始するには、事前に利用するスキルを有効にしておく必要があります。 『スマート留守電』(ソースネクスト) 「アレクサ、スマート留守電を開いて」と話しかけて起動。保存された留守電メッセージのうち、保存されてから24時間以内の新しいメッセージを読み上げます。 『鷹の爪団の吉田くんが時間教えちゃうぞ!』(DLE・サイバード) 「アレクサ、吉田くんの時間を開いて」と話しかけて起...more
カテゴリー:

アマゾン:スマートスピーカー「エコー」日本語版を発表 - 11月08日(水)14:08 

 アマゾンは8日、音声操作に対応したスマートスピーカー「アマゾンエコー」の日本語版を発表した。日本の休日、住所、相撲などの言葉を認識できるという。来週以降、エコーなど3製品を同時に発売。エコーは1万1980円。スマートスピーカーは10月以降、グーグルなど3社が相次いで国内で発表し、2社が販売を始めている。
カテゴリー:

Amazon Echoは買いなのか。ガジェット好きコンサルの回答は? - 11月16日(木)21:05 

音声操作で家庭内の様々なデバイスを制御したり、音楽を聞くことができる「スマートホーム端末」の市場競争が激化しています。GoogleやAppleに対抗し、Amazonは「Amazon Echo」で参入することを発表しました。メルマガ『永江一石の「何でも質問&何でも回答」メルマガ』の著者でIT業界やガジェットに造詣の深い人気コンサルの永江さんのもとに、この「Amazon Echo」はぶっちゃけ”買い”なのか? という質問が寄せられています。永江さんは「Amazon Echo」の現状の大きな課題を挙げつつ、その将来性を評価しています。 Amazon Echoについての所感 Question この質問が取り上げられる頃にはAmazon Echoも日本で正式発表になってる頃と思います。キッチンで使えるホーム端末としてタイトルの両者のうち、どちらがふさわしいかなと思い、質問します。 最初はGoogle Home Miniを押していたのですが、音声操作で画面が見られないのは絶対ダメ!と妻のダメ出しを食らい、候補落ちしました。Chromecastと安いテレビを組み合わせるという手もありそうですが、予算的に無理です。 家事や育児をしてると普通に両手が塞がっていて、かつスマホは幼児に取り上げられており、音声で操作できる端末があると便利だろうなと思っていたところです。が、レシピを調べたいときなど、音声...more
カテゴリー:

NECとSMBC、Amazon Echoで音声認識による残高照会 - 11月15日(水)12:05 

NECと三井住友銀行は11月14日、「Amazon Alexa」に対応した音声操作による金融サービスを提供するシステムを構築したと発表した。インターネットバンキング「SMBCダイレクト」の利用者を対象に、「Amazon Echo」に話しかけることで残高照会や入出金明細照会が可能になる。
カテゴリー:

アマゾン「アレクサ」幹部が語る音声操作の限界  :日本経済新聞 - 11月11日(土)13:39 

アマゾン「アレクサ」幹部が語る音声操作の限界  :日本経済新聞人工知能(AI)を搭載した音声アシスタントの普及で、声によるタスクの実行は容易になりつつある。だが、AIを使って音声で端末を操作する「ボイスコンピューティング」のせいで、マウスを使って図形で操作する「グラフィック・ユーザー・インターフェース(GUI)」が時代遅れになることはない――。米アマゾン・ドット・コムの音声アシスタント「アレクサ・エンジン」部門のバイスプレジデント、アル・リンゼー氏はこんな…
カテゴリー:

Amazonが音声アシスタント『Alexa』対応スマートスピーカー『Amazon Echo』3製品を11月13日以降に出荷開始 定額制音楽配信サービスも発表 - 11月08日(水)19:00 

Amazon.co.jp(以下Amazon)は11月8日、クラウドベースの音声アシスタント『Amazon Alexa』対応のスマートスピーカー『Amazon Echo(以下『Echo』)の発表会を開催。『Echo』『Echo Plus』『Echo Dot』の3製品を招待制で販売を開始し、11月13日週から出荷開始することを発表しました。『Echo』の発売に合わせて、定額音楽配信サービス『Amazon Music Unlimited』を本日から開始することを発表しています。 『Amazon Alexa』は、ユーザーが話しかけるだけで音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、スポーツ結果の確認などができるクラウドベースの音声アシスタント。『Echo』は、『Alexa』に話しかける音声操作によりハンズフリー操作できるスマートスピーカーで、日本は米国、英国、ドイツ、インドに続く5か国目の提供となります。 遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中の様々な場所から発した音声を明確に聞き取ることが可能。それぞれのマイクの音声を合成するビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、音声指示以外の話し声を抑制できるのも特徴です。 発表会では 「今何時?」 「今日の予定教えて」 「週末の新宿の天気は?」 「最新ニュースお教えて」 「歌を歌って」 など、音...more
カテゴリー:

「音声操作」の画像

もっと見る

「音声操作」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる