「非正規」とは?

関連ニュース

【生活】なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? ★2 - 01月23日(月)20:41 

「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。 「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」 内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。 「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。 ファストファッションやファストフード...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? - 01月23日(月)15:55 

 「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。 「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」  内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。 「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。ファストファッションやファストフード、LCCなどが台頭し、安価で品質の良いサービスが溢れているからです。加えて、モノに対する価値観も大きく変わってきています」  大きなきっかけがインスタグラムやツイッターなどのSNSの登場だという。 「そもそも、若い世代はモノが溢れた社会で育ち、昔のようなお金の使い方は珍しくなっています。さらに、SNSを使って生活の充実度をアピールする人は増えていますが、ブランド物よりも、例えばカラーランなどの珍しい体験のほうがシェアされやすかったりします」  このように、若い女性がお金を使わない状況はこのまま続くのだろうか。 「現在、政府が非正規雇用の処遇改善を押し進めていますが、雇用が安定すれば消費は増えるでしょう。ただし、大きくは変わらないと予想しています。今の生活でも十分質...more
in English
カテゴリー:

「高齢者は75歳以上」提言 年金も75歳からの可能性 - 01月23日(月)11:28 

さる5日、「高齢者に関する定義検討ワーキンググループからの提言」と題して会見を行ったのは、日本老年学会である。全国紙社会部デスクが言う。 「医師や心理学者ら高齢化問題の専門家で構成されるこの学会は、2013年の秋から、高齢者の定義について話し合ってきました。 16人のメンバーで議論を重ねた結果、『75歳以上』とし、あわせて『65歳から74歳までは准高齢者とすべき』との提言も行なったのです」 年金受給者でつくる「全日本年金者組合」の冨田浩康委員長が言う。 「“65歳が高齢者なのか”と疑問を投げかけた学会の判...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

医療控除の適用範囲は思っているより広い! 人間ドック、マッサージ、温泉旅行も対象になる場合も - 01月20日(金)15:57 

 年をとるほどにかさむ医療費。さまざまな制度を活用すれば安く抑えることも可能だが、多くは認知度が低く利用されずじまい……。今から知っても遅くない「マスト制度」を、医療事情に詳しいジャーナリストの松沢直樹氏に挙げてもらった。 「筆頭は、高額医療費の『限度額適用認定証制度』。一定額以上の医療費の支払いが免除される『高額医療費制度』については知っている人も多いでしょうが、これはあくまで“還付”が受けられる制度なので、とりあえずは自己負担金を支払うのが原則。手元に蓄えがないと困ります。そんなときに『限度額適用認定証』を発行してもらうと、高額な自己負担金を納める必要がなくなります。入院や治療が決まったら加入している健保団体に早めに申請を」  お次は、定期的に鍼灸やマッサージの施術を受けている人に朗報。 「一般的に、接骨院は健康保険が適用になりますが、マッサージや鍼灸は基本的に適用になりません。しかし、国家資格保有者から施術を受けた場合は医療費控除の対象になるため、他の治療費と合算して年間10万円を超えた分は、差額を還付請求できます」  医療費控除の対象は、意外と幅広い。医師の指示で温泉治療を受けたときなども、温泉旅行の費用が医療費として計上できる。 「誤解されやすいのが人間ドック。医師の診断に基づかない(自発的に受けた)人間ドックや検診は健康保険や医療費控除の対象にはなりませんが、...more
in English
カテゴリー:

クラウドファンディングサイトReadyforにて挑戦中!「外国にルーツを持つ子どもへの学習支援教室を続けたい!」プロジェクト - 01月20日(金)10:00 

外国にルーツを持つ子どもたちのための学習支援教室の開催費用を集めるプロジェクトです。大阪市西淀川区にて開催している「きらきら」の2017年4月〜9月の学習支援教室の開催費用の一部を集めたいと思っています。私たちは2013年〜2015年までの2年間、大阪市西淀川区に住む外国人213名を対象に調査を行ってきました。その世帯のうち95%が家庭内に日本語を母語とする人がいませんでした。そして、母親の4人に1人がシングルマザー、保護者の85%が非正規雇用ということがわかりました。家庭に日本語が十分できる保護者がいないため、子どもたちが学校の教科書やドリルを持って帰ってきても、すべて日本語で書かれているので、家庭内では学習がすすみません。学習意欲を無くして将来の夢も描けないような状況があることが調査を通してわかりました。
in English
カテゴリー:

【生活】なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? - 01月23日(月)17:06 

「若い女子たちがお金を使わなくなったと言われる昨今、その背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏。 「今、若い女性の約4割が非正規雇用者です。給料は上がらず、年金など社会保障への不安も拭えない。このような状況では、お金を使おうと思っても使えません」 内閣府のデータによると、女性の非正規雇用者は、15~24歳が36.2%、25~34歳が42.1%となっている。 「しかし、お金を使わなくても充実した生活が送れるようになりました。 ファストファッションやファストフード...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

なぜ若い女子たちはお金を使わなくなったのか? - 01月23日(月)15:55 

「若い女子たちがお金を使わなくなった背景にあるのは、非正規雇用の増加です」と語るのは消費行動に詳しいアナリストの久我尚子氏 [...]
in English
カテゴリー:

<東北大>雇い止め問題で新提案 組合は反発 - 01月23日(月)09:21 

3000人を超す東北大の大量雇い止め問題で、大学当局が職員組合に、2018年4月から非正規職員の一部に期限の定めなく雇用する「限定正職員」制度を導入する新提案を示したことが22日、分かった。 当局によ
in English
カテゴリー:

安倍晋三「非正規という言葉を一掃する。正社員の身分を廃止して格差是正していきたい」 - 01月20日(金)12:43 

「非正規という言葉の一掃」目指す安倍政権-賃金格差解消など課題に 政府は、昨年12月に働き方改革実現会議の会合を開き、非正規労働者と正社員の待遇格差を是正するための「同一労働同一賃金ガイドライン案」を示した。 同案では、賞与について、会社の業績への貢献度が同じなら正規・非正規にかかわらず同一の金額を支給すべきだと明記。 また、通勤手当や時間外労働手当などの諸手当や慶弔休暇などの福利厚生も必要とした。 賃金が伸び悩むことで消費の重しとなり、安倍政権が目指す経済再生の足を引っ張っている。 エコノ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「同一労働同一賃金」で賃金水準は上がるのか高齢化による非正規社員の増加が問題 - 若者のための経済学 - 01月20日(金)05:00 

働き方改革実現会議は安倍首相が議長。政府の旗振りで改革は進むのか(写真:共同)安倍晋三首相を議長とする「働き方改革実現会議」において、昨年12月20日、同一労働同一賃金を実現するための政府のガイドライ…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「非正規」の画像

もっと見る

「非正規」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる