「非正規」とは?

関連ニュース

【シュレッダー係】引越社で和解、1人の従業員が「大勝利」の顛末 - 05月28日(日)13:48 

http://toyokeizai.net/articles/-/173660 シュレッダー係へ配転は「社会的相当性欠く」 山田 雄一郎 :東洋経済 記者 2017年05月28日 「大勝利と言っていい和解をすることができた」。5月24日。プレカリアートユニオン(以下プレカリ)の清水直子委員長は厚生労働省内で開いた記者会見で声を弾ませた。 会見に同席した原告側弁護人の新村響子弁護士は、「全面勝利の和解。(被告である)会社側が『(原告の)社会的評価を損ない、心情を傷つけた』と認めて謝罪する内容。満足のいく解決金の支払いも得た」と解説した。 プレカリ...
»続きを読む
カテゴリー:

【女性に一切好かれない惨めな一生独身男性多発!】男性の「生涯未婚率」急上昇の意外な理由とは・・ - 05月27日(土)20:57 

 50歳までに一度も結婚しない人の割合を表す「生涯未婚率」が上昇し続けています。最新の2015年は男性が23.4%、女性が14.1%でした 。1980年と比べて男性の未婚者の割合は約10倍、女性が3倍に膨らんでいます。  上昇のきっかけの一つは86年に施行された男女雇用機会均等法だといわれています。男女の採用差別が禁じられたことで賃金格差が縮まり、男性に頼らず自立できる女性が増えたのです。  最近目立つのは男性の未婚率が急上昇していることです。5年ごとの国勢調査を基に計算される生涯未婚率は、85年までは女性が男性を...
»続きを読む
カテゴリー:

「日本ヤバい」をまとめた経産省・若手のスライドにある違和感 - 05月24日(水)04:30 

今、あるプレゼン資料がネットで話題を呼んでいることをご存知でしょうか。日本の将来に危機感を抱いた経産省の若手職員らがまとめた資料で、非正規雇用、貧困問題、終末医療など、日本の暗部ともいうべき問題点が、図表などを用いてわかりやすく説明されています。これをさっそく読んだというアメリカ在住の作家・ジャーナリストの冷泉彰彦さんは、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、その感想と大きな問題点を指摘しています。 経産省次官・若手プロジェクト、過大評価は禁物 先週ネットの世界で大変に話題になったスライドです。経産省の若手が「日本はこのままではダメだ」という危機感に基づいてプレゼンをしたということで、例えば見出しだけを見てもなかなか刺激的です。 まずタイトルは「不安な個人、立ちすくむ国家」、90年代の終わり、まだ日本に余力があった時代に日経新聞が毎年正月に「やたら中長期の悲観論をぶった」時代があり、なんとなくその残り香みたいな感じがしますが、確かに視線を引きつけるタイトルには違いありません。 内容については、「液状化する社会と不安な個人」という更にエモーショナルなタイトル、そして「定年後の居場所がない」「人生の終末はこれでいいのか」「母子家庭の貧困」「非正規、教育格差、貧困連鎖」「ネットの情報に踊らされる個人」「昭和の人生すごろくは終わった」などといった話題がチャートをつかって「いかにも...more
カテゴリー:

ネット炎上にうろたえる企業幹部は、まず東スポを読め - 05月23日(火)04:30 

先日公開した「謝罪のプロが驚愕。狩野英孝の釈明会見は、あまりにもイケていた」という記事で、「謝罪のプロ」としての独自の視点で狩野英孝さんの釈明会見を面白く且つ鋭く考察した増沢隆太さん。今回は、まぐまぐの新サービス「mine」に掲載している「管理職は東スポを読め。ネット炎上という外来種対策」という有料記事の一部を、特別に公開いたします。増沢さんが「企業の炎上騒動の大きな原因は、何もわかっていない管理職にある」とする根拠は何なのでしょうか? 管理職は東スポを読め。ネット炎上という外来種対策 CMのセリフや出演芸能人の発言が炎上して放映中止などになることが頻発しています。一方では逆に無名タレントやタレント志望の一般人が最初から売名目的で炎上を仕掛ける例もあり、炎上そのものより結果として自粛やオロオロした対応をする企業側に新たな批判が向く例が出てきました。うろたえて日和見対応する企業の、現場はたまったものではありません。ビジネスの本道という在来種を脅かす、炎上というビジネスの外来種を育てるのは無知な幹部です。 1. 腰抜け対応の原因は保身 炎上とネットニュースに出た場合でも、実は炎上でも何でもないケースが増えています。そもそも「炎上」と呼べる事態は、通常業務ができなくなるような大騒ぎであって、ネットで話題になったり、SNSでコメントがたくさん集まるのは炎上ではありません。しかし多くの場合、...more
カテゴリー:

裁判員制度 結局民意無視の判決だらけと無駄に気付いて皆欠席してる模様 - 05月20日(土)20:01 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170520-00000076-jij-soci 21日に制度開始から8年を迎えた裁判員制度で、選任手続きに呼び出された候補者の出席率は昨年、64.8%に低下し、3人に1人が欠席する状況となっていることが最高裁のまとめで分かった。  「審理予定日数や非正規雇用者の増加などが影響している可能性が高い」とする民間機関の分析を受け、最高裁は対策を検討する。  裁判員候補者は選挙人名簿から無作為で抽出され、さらに対象事件ごとにくじで選ばれた人が選任手続きに呼び出される。「70歳以上」や「重要な...
»続きを読む
カテゴリー:

<キッズウイーク>「どこの国の話?」政府構想にブーイング 毎日新聞のウェブ記事には反対意見ばかりが寄せられた - 05月28日(日)08:27 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000111-mai-soci  政府は「働き方改革」とともに、実は「休み方改革」も掲げている。後者は「プレミアムフライデー」(プレ金)が浸透せず苦戦するなか、公立学校の長期休みを別の月に振り替え、大型連休を導入する「キッズウイーク」構想が新たに浮上した。家族で過ごす時間を増やし、地域振興にもつなげようと狙う。ところが、公表直後から激しいブーイングを浴びている。なぜだろう?【中村かさね/統合デジタル取材センター】  ◇目的は「子と向き合う時間の確保」  5月24...
»続きを読む
カテゴリー:

年金改革法で、今後の年金の受け取り方はどう変わる? - 05月26日(金)13:30 

  平成28年12月14日、第192回臨時国会において“公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律(以下、年金改革法)”が成立しました。 今回の年金改革法では主に5つの改正ポイントがありましたが、その中で最も気になるのが“年金額の改定ルールの見直し”ではないでしょうか。 今回はファイナンシャルプランナーである筆者が、年金額の改定ルールの見直しにおける“賃金・物価スライド”についてケース別に解説いたします。   ■新規裁定者と既裁定者 年金改革法の説明をするにあたり、まず最初に知っておいてほしい言葉があります。“新規裁定者”と“既裁定者”です。 その年度中(4月1日~翌年3月31日)に到達する年齢が67歳以下である年金受給者のことを新規裁定者といい、68歳以上の年金受給者を既裁定者といいます。   ■ケースバイケースで見る年金の増減 では、さっそく6つのケースで年金がどのように増減するのか確認してみましょう。 【ケース1】物価が1Up、賃金が2Upした場合 既裁定者・・・1Up 新規裁定者・・・2Up 【ケース2】物価が2Up、賃金が1Upした場合 既裁定者・・・1Up 新規裁定者・・・1Up 【ケース3】物価が1Up、賃金が1Downした場合 既裁定者・・・1Down 新規裁定者・・・1Down 【ケース4】...more
カテゴリー:

「昭和すごろくのコンプリート率は下がっている」 経済産業省若手チームによる資料の危機感がヤバい - 05月23日(火)19:00 

2017年5月18日に開かれた経済産業省の産業構造審議会総会(第20回)の資料が公開され、その中の一つ『不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~』の内容がネット上で話題になっています。 この資料は経産省内で公募された20~30代の若手職員30人で構成された『次官・若手プロジェクト』によるもの。「液状化する社会と不安な個人」と第された項目では、「居場所のない定年後」「望んだものとは違う人生の終末」「母子家庭の貧困」「非正規雇用・教育格差と貧困の連鎖」「活躍の場がない若者」の5つが課題として挙げられています。 「漠然とした不安や不満…」というスライドでは、「受験、就活、婚活、保活…自分で決めろと言われても、そんなにうまくいかない」「お金よりも安心とつながりがほしい」といったものから、「政府の視線の先は、いつもエリートか弱者」といった痛烈なもの、「ネット社会って便利だけど孤独」「フェイクニュースこわい」といったネット情報社会への不安までが網羅され、「弱くてかわいそうな個人だけでなく、誰もが不満や不安を抱えている」と結論づけています。 その上で、「なぜ日本は、大きな発想の転換や思い切った選択ができないままなのだろうか」と問いかけ、高度成長期に形成された社会制度に関して、「結婚して、出産して、添い遂げるという生き方」について1980年生まれが58%、「正社員にな...more
カテゴリー:

難題山積の文在寅政権の韓国。 経済の低迷に、「四面楚歌」の外交 - 05月21日(日)06:54 

朴政権の借金背負う  新政権が、前政権のできなかったこと、課題を背負うのはどこの国でも同じだ。 ただ、朴槿恵政権から引き継いだ文在寅政権の課題は膨大。 課題を引き継ぐと言うよりも「そのまま背負わされた」と言った方がいい。  それほど、文在寅政権の発足時の韓国はまずい状況にある。韓国国民の誰に聞いても、その現実を否定はしない。  韓国国民の最大の懸念は「暮らし」。韓国経済は低迷を続けており、再生は相当厳しい。 文在寅大統領が選挙中、最も力説したのは「雇用」であり失業対策だった。 韓国の今年第...
»続きを読む
カテゴリー:

【正社員は500万円超えでも非正規は200万円台!?】年間平均給与は420万円、 日本人の“平均”の裏ガワ - 05月20日(土)19:43 

他人との差って何かと気になってしまうもの。老いも若きも、自分が“平均以上”だと安心したり優越感で満たされたり……。気になるフトコロ事情を一挙公開! “平均”から見えてくるものとは─。 貯金ゼロの世帯が増加。高齢になるほど格差が  厚生労働省の調査(平成25年 国民生活基礎調査の概況)によると、高齢者世帯の貯蓄平均は1268万1000円。0~200万円未満が30・9%いる一方で、1000万円超えも32・7%存在するなど、二極化している。 「貯蓄格差の原因は、(1)中年時の所得格差、(2)株式などの投資の成功・不成功、(3)貯...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「非正規」の画像

もっと見る

「非正規」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる