「非正規」とは?

関連ニュース

「感電自殺」を図った20歳男性の絶望と貧困 母親に「彼氏」ができるのが許せなかった | ボクらは「貧困強制社会」を生きている | 東洋経済オンライン - 11月22日(水)05:00 

現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困の…
カテゴリー:

【調査】20代男性、休日の外出が30年間で半減 スマホやネット普及で 非正規がより外出控える 国交省 - 11月21日(火)20:48  newsplus

2015年の20代男性の1日の平均移動回数は平日で1.91回、休日で1.24回と、1987年の2.98回、2.31回と比べ大幅に減っていることが21日、国土交通省が発表した全国都市交通特性調査結果で分かった。20代男性の「外出離れ」が浮き彫りとなった形だ。   背景には、インターネットやスマートフォンの普及、宅配便の取扱数の増加などで、外出しない若者が増えていることがあるとみられる。   移動回数は、自宅などから一度も外出しなければ0回、自宅と目的地などを往復すれば2回、途中に立ち寄った場所が...
»続きを読む
カテゴリー:

「老後は一人かも?いくらかかる?」不安を消す6ステップ - 11月21日(火)15:45 

「老後はひとりかも?」――この不安は、いま独身の人でも、結婚していても、他人事ではありません。 ◆人生90年時代、長~~い老後をどうする!?  2015年の国勢調査によれば、50歳での生涯未婚率は男性で22.8%、女性で13.3%です。結婚しているカップルでも3組に1組が離婚しているそうです。さらに、2030年には4人にひとりが独身者になるという調査データもあります。  しかも超高齢化が今後ますます進むのは確実で、厚生労働省の出した「簡易生命表」(平成28年)では、女性の2人にひとりが89.7歳まで生きると予測されています。  つまり、定年後のセカンドライフ(老後)が30年以上もあり、その長い期間をひとりで過ごすことになる人も多いのです。  そうなると、一番の不安はお金でしょう。そのお金の不安は、30~40代の働き盛りの世代こそが抱きがちだと言われています。老後のことなんてまだ先と思いがちですが、今から意識しておくことで、その不安は解消されます。  そこで、安心の老後生活のためにするべきことを、『ひとりでも一生困らない老後資金完全ガイド』の識者であるファイナンシャルプランナー(以下、FP)のみなさんに聞いてみました。 ◆1)女性も、少しでも長く働き続ける覚悟を持つ  まず、女性の生涯賃金の目安は、大学卒業した正社員で2億1800円。非正規社員で1億2000万円という...more
カテゴリー:

ワークルール法案上程検討 超党派議連 - 11月21日(火)10:06 

 社民党副党首の福島みずほ参議院議員は11月9日、連合神奈川(柏木教一会長)が横浜市で開催した第29回定期大会に足を運び、「ワークルール教育」に関する法案を年明けの通常国会に上程したい考えを明らかにした。 冒頭の来賓挨拶で述べたもので、国会に設置されている非正規労働者の待遇改善をめざす超党派の議員連盟による上程を検討しているという。…[続きを読む]
カテゴリー:

ヒューマンリソシア 東京都小平市にて地元での「就職サポートプログラム」を実施 - 11月20日(月)13:00 

[ヒューマン] 昨今の人手不足により、失業率や就職率は改善しているものの、10代~30代にかけての若者層においては、他の年代に比べて未就職や非正規雇用者が多いことが課題となっています。一方で、東京都小平市では、小売業...
カテゴリー:

20代男性、休日の外出が30年間で半減 スマホやネット普及で 非正規がより外出控える 国交省 - 11月21日(火)23:17  news

2015年の20代男性の1日の平均移動回数は平日で1.91回、休日で1.24回と、1987年の2.98回、2.31回と比べ大幅に減っていることが21日、国土交通省が発表した全国都市交通特性調査結果で分かった。20代男性の「外出離れ」が浮き彫りとなった形だ。   背景には、インターネットやスマートフォンの普及、宅配便の取扱数の増加などで、外出しない若者が増えていることがあるとみられる。   移動回数は、自宅などから一度も外出しなければ0回、自宅と目的地などを往復すれば2回、途中に立ち寄った場所...
»続きを読む
カテゴリー:

「非正規4割」の衝撃! 拡大する格差社会の先に未来はあるのか? - 11月21日(火)16:36 

[株式会社朝日新聞出版] [画像: https://prtimes.jp/i/4702/318/resize/d4702-318-987775-0.jpg ] 「安倍政権が誕生した2012年から4年間で、役員を除く雇用者数は230万人増えたが、実に9割がパートやアルバイト、派遣社員とい...
カテゴリー:

<東北大雇い止め>大学側、質問状へ「今月中に回答」 - 11月21日(火)14:21 

東北大が3000人規模の非正規職員を2018年3月末以降、順次雇い止めにする問題で、同大は職員組合からの公開質問状に対し「11月中に回答したい」と返答した。 組合は里見進総長に対し「来年度導入の人事制
カテゴリー:

11/20は「世界子どもの日」心配な世界の問題、1位は自然災害 - 11月20日(月)19:45 

 11月20日は「世界子どもの日」。日本ユニセフ協会は2017年11月20日、ユニセフ(国連児童基金)が行った世界14か国調査をもとに、日本の子ども1,000人の回答を公表した。もっとも心配な世界の問題を聞くと、日本は「自然災害」をあげた子どもが多いことがわかった。 ユニセフ(国連児童基金)は「世界子どもの日」に合わせ、日本を含めた世界14か国の子ども9歳~18歳を対象に「子どもの声を聞く意識調査」を実施した。実施期間は2017年10月9日から20日まで。世界が抱える問題や国のリーダーに期待することなどについて、選択式および自由回答式で質問した。 自然災害や行為、貧困や子どもに対する暴力など11テーマを列挙し、それぞれの問題に対して子どもはどのくらい心配しているか聞いたところ、日本の子どもは「自然災害」と答えた割合が最多だった。「非常に心配である」と「時々心配になる」を合わせると、93%が心配だと回答。日本の子どもはこのほか、「自然に対する脅威」88%、「紛争や戦争」86%などが心配だとしている。 同11テーマについて、子ども自身に影響が及ぶことが不安だと回答した割合が高かったテーマは「自然災害」が74%。ついで、「自然に対する脅威」65%、「戦争や紛争」62%と続く。同じく、世界のリーダーにもっとも対策してほしいテーマを聞くと、36%と約3人に1人が「紛争や戦争」と回答した。 自...more
カテゴリー:

小学校入学を機に働き方を変えたママたち #ママの働き方を考える - 11月20日(月)07:30 

働くママにとって、子どもの小学校入学を“キッカケ”に、自分の仕事を続けるか迷いが出てくるママもいるかもしれません。 なぜなら、子どもが小さいという理由で時短勤務をしていたママも、子どもが小学校に上がると同時に会社で時短勤務が使えなくなる場合があります。それと同時に、放課後を過ごす学童保育では、保育園時代よりも預けられる時間が短いために、子どもが一人で過ごす時間ができてしまったりすることも。初めての学校生活で不安な子どものことも気がかり……そんな多くの理由から、フルタイムの仕事を続けることに迷いが出てくるママもいますよね。 ママスタBBSには、小学校入学を来年に控えたママが投稿。現在正社員として働いているけれど、仕事を辞めるべきか悩んでいるそうです。 今回は、正社員からパートに働き方を変えたという先輩ママの声をご紹介します。 小学校入学を機に、正社員からパートになりました 仕事を辞めるか辞めないか、働くママにはその2択しかないわけではありません。可能であれば、子どもが小さいうちだけ、正社員からパートなどに働き方を変えること選択したママもいました。 『私は辞めてパートになりました。 小学校は親が学校に出向くことが多くなったし、毎日の音読や宿題、放課後の友達との交流も大切だと思うから。小学生って手が離れる分、親の目ってすごく大事だと思う。 もちろん、遅くまで仕事してもちゃんと我が子...more
カテゴリー:

もっと見る

「非正規」の画像

もっと見る

「非正規」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる