「静岡大」とは?

関連ニュース

加計呂麻ワニ、静岡大へ 死んだ個体は剥製に 瀬戸内町で展示予定 - 12月14日(木)13:00 

 瀬戸内町の加計呂麻島で見つかった小型のワニ2匹のうち、生きている個体が静岡大学教育学部に引き取られたことが13日分かった。名瀬保健所によると、11月中旬に「研究目的で飼育したい」との申し出があった。5日に航空貨物便で送られ、無事到着した。
カテゴリー:

PCN、学校用プログラミング教材「IchigoDakeスクールシリーズ」3製品 - 12月11日(月)18:45 

 プログラミングクラブネットワーク(PCN)は、プログラミング専用パソコン「IchigoJam」をグラフィカルなプログラミング環境や手軽なロボット制御に対応させた学校用プログラミング教材「IchigoDakeスクールシリーズ」を提供開始した。12月11日より予約受付を開始した。 IchigoDakeスクールシリーズは、小さなコンピュータ「IchigoDake」を中心とした学校用プログラミング教材のシリーズ。今回は、「IchigoDake」「IchigoIgaiスクールセット」「paprikaスクールセット」を提供する。 IchigoDakeは、手のひらサイズのプログラミング専用子どもパソコン「IchigoJam」のコア部分を切り出した、丈夫で安価なコンピュータ。リコーダーのように子どもたちが1人1台持つことができ、筆箱に入れたりカバンに提げたりして持ち歩いてすぐにプログラミングにとりかかることができる。タブレット端末に接続すればタッチ操作によるグラフィカルなプログラミングができる。価格は980円(税別)。 IchigoIgaiスクールセットは、IchigoDakeのキーボード操作に必要な機器のセット。モニターやキーボード、ケーブル類が専用の段ボールケースに収められており、ケースから出さずにそのままプログラミングにとりかかることができる。オプションのモバイルバッテリーを利用すれば、コ...more
カテゴリー:

600年ごとに大津波=先島諸島、過去4回-静岡大など - 12月09日(土)05:07 

 1771年の八重山地震で大きな津波被害を受けた沖縄・先島諸島が、およそ600年ごとに大津波に見舞われていたことが9日までに分かった。静岡大や琉球大などの調査で、少なくとも4回の津波が確認された。 八重山地震は琉球海溝付近を震源とし、「明和の大津波」と呼ばれる津波が最大で標高30メートルまで陸地をさかのぼったとされる。静岡大などの研究チームは、沖縄県・石垣島の牧場に溝を掘り地層を調査。津波で流された砂の地層や打ち上げられた石などが4層見つかった。 最も新しいのは1700年以降の層で、標高約10メートルまでさかのぼっており、研究チームは古文書の記録から明和の大津波と特定した。他の3層の年代も調べ、およそ600年ごとに津波が起きていたことが分かった。 地層には複数の地割れがあり、激しい揺れがあったと推測された。琉球海溝ではプレートのひずみが複数の小さな地震で解放され、巨大地震を繰り返しにくいとの見方を覆した。静岡大の北村晃寿教授は「地震発生の多様性を考える上で助けになる」と話している。 【時事通信社】
カテゴリー:

内田洋行、小学校向けプログラミング教材「Scratchテキスト」無料配信 - 12月13日(水)12:00 

 内田洋行は平成29年12月13日、教育コンテンツ配信サービス「EduMall(エデュモール)」にて、小学校向けのプログラミング教材「Scratchテキスト」の無償配信を開始した。ゲームを作りながら直観的にプログラミングを学べる。 「Scratch(スクラッチ)テキスト」は、テックプログレスが開発した教材。子ども向けプログラミング言語「Scratch」を、ゲーム作りを通して学ぶ。マサチューセッツ工科大学メディアラボのグループが開発した「Scratch」は、直感的にプログラミングを学べ、世界の教育機関におけるプログラミング教育に利用されている。 「Scratchテキスト」には、全10回分の授業に対応した約100ページのテキストを収録。印刷して配布すれば、子どもがひとりで読んで進められるテキスト構成になっている。また、プロジェクターでスクリーンに投影して使用することもできる。 「EduMall」は、平成14年の総務省EduMart実証実験で得られた知見をもとに、内田洋行が商用化したコンテンツ配信サービス。32社から提供されるデジタルコンテンツ約1,150タイトルの中から、学校の要望に応じて選び、年間契約で利用できる。これまで約300自治体5,200校の小中学校に導入されている。【関連写真】内田洋行、小学校向けプログラミング教材「Scratchテキスト」無料配信■関連記事PCN、学校用プ...more
カテゴリー:

武将の生きざま参考に 戦国史研究・静岡大名誉教授が講演 - 12月09日(土)12:36 

 由利本荘・にかほ北都会(小林憲一郎会長)はこのほど、戦国時代史研究の第一人者・静岡大名誉教授の小和田哲男さん(73)による講演会を秋田県由利本荘市のホテルアイリスで開催した。演題は「戦国武将に学ぶリ…
カテゴリー:

「静岡大」の画像

もっと見る

「静岡大」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる