「青森県」とは?

関連ニュース

【軍事】日本、F35A戦闘機を20機以上追加購入へ★2 - 02月21日(水)21:15  newsplus

[東京 21日 ロイター] - 日本政府は、米国から最新鋭のステルス戦闘機「F35A」を20機以上追加購入する方向で調整に入った。 調達費が割高になる国内での最終組み立てを取りやめ、完成機を輸入することも検討している。これとは別に、 垂直に離着陸可能な「F35B」の購入も米国側と協議している。 日米の複数の関係者が明らかにした。今年末にまとめる5カ年の中期防衛力整備計画に盛り込む。 日本は航空自衛隊の「F4」戦闘機の後継として、F35Aを42機調達することを決定済み。今年1月末、青森県の三沢基地...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森米軍のタンク投棄】 小野寺防衛大臣 自衛隊派遣し部品回収や燃料の拡散防止へ - 02月21日(水)20:11  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180221/k10011337641000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_025 2月21日 17時00分 小野寺防衛大臣は記者団に対し、20日、青森県で在日アメリカ軍の戦闘機が離陸直後にエンジントラブルを起こし、湖に燃料タンクを投棄したことを受けて、部品の回収や燃料の拡散防止などに当たるため現地に自衛隊を派遣したことを明らかにしました。 青森県の在日アメリカ軍三沢基地に所属するF16戦闘機が、20日、離陸後まもなくエンジンから出火するトラブルを起こし、燃料タンク2つを近くの小...
»続きを読む
カテゴリー:

飛行停止と原状回復要請=油回収で自衛隊災害派遣-米軍機タンク投棄で・青森 - 02月21日(水)18:58 

 米軍三沢基地(青森県三沢市)のF16戦闘機が小川原湖(同県東北町)に燃料タンクを投棄した問題で、同町は21日、同基地に安全が確認されるまでF16の飛行を停止するよう申し入れたことを明らかにした。県は、湖の早期原状回復を求め、海上自衛隊大湊地方総監部(同県むつ市)に燃料油の回収を行う災害派遣を要請。防衛省は隊員を派遣した。 小野寺五典防衛相は21日、「漁業関係者の皆さまが休漁を余儀なくされていることを重く受け止めている。損害については誠意をもって対応したい」と述べた。 町によると、蛯名鉱治町長が20日に三沢基地のスコット・ジョーブ司令官に飛行停止を申し入れたという。 【時事通信社】
カテゴリー:

F16戦闘機、湖上に燃料タンク投棄で飛行停止要請 - 02月21日(水)17:59 

青森県三沢市の米軍三沢基地に所属するF16戦闘機が、2018年2月20日、離陸直後にエンジン火災を起こし、飛行場北側にある小川原湖(東北町)へ燃料タンク2基を投棄した。タンクとみられる物体はシジミ漁船から200~400メートルの距離に落下し、漁協は燃料の油が回収されるまでは湖での漁を見合わせることを決めた。蛯名鉱治東北町長は、原因が究明まではF16戦闘機の飛行を停止するよう米軍側に申し入れた。
カテゴリー:

米軍のタンク投棄 自衛隊派遣し部品回収や燃料の拡散防止へ - 02月21日(水)17:00 

小野寺防衛大臣は記者団に対し、20日、青森県で在日アメリカ軍の戦闘機が離陸直後にエンジントラブルを起こし、湖に燃料タンクを投棄したことを受けて、部品の回収や燃料の拡散防止などに当たるため現地に自衛隊を派遣したことを明らかにしました。
カテゴリー:

タンク投棄 自衛隊が油の状況など現地調査 2/21 21:05更新 - 02月21日(水)21:05 

米軍三沢基地のF16戦闘機が青森県東北町の湖に燃料タンクを投棄したことを受けて21日、災害派遣が決まった海上自衛隊の部隊が油の状況などの現地調査に入った。
カテゴリー:

米軍機タンク投棄:海自が油漏れ調査 青森に派遣 - 02月21日(水)19:29 

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が20日に補助燃料タンク2個を小川原湖(同県東北町)に投棄した問題で、海上自衛隊大湊地方隊は21日、青森県の災害派遣要請に基づき隊員5人と水中処分艇(ボート)1隻などを小川原湖に派遣し、タンクから漏れた油の状況などの調査を始めた。
カテゴリー:

シジミ漁 きょうから全面禁止 - 02月21日(水)18:05 

シジミ漁 きょうから全面禁止:アメリカ軍の戦闘機から、燃料タンクが投棄された青森県の湖では、名物のシジミ漁などが21日からストップ。...
カテゴリー:

米軍F-16戦闘機まるで増槽ミサイルを投下したかのような騒ぎよう。コスモタイガーか - 02月21日(水)17:47  news

「冗談じゃない!」漁師怒り/小川原湖へ米軍機タンク投棄/船まで100メートル、「竜巻かと思った」Web東奥 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6272936  「冗談じゃない」「これからの漁に響く」。米軍三沢基地所属のF16戦闘機が20日、燃料タンクを投棄した青森県東北町の小川原湖。 湖では当時約100隻が出てシジミ漁の真っ最中だった。タンクが落下したとみられる付近では約5隻が操業。 一番近い漁業者は約100~200メートルの距離にいたという。漁協に第1報を入れた同町の漁業山田正彦さん(52)は報道陣に憤りをあらわにした...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍機タンク投棄 油など回収に自衛隊派遣 2/21 16:52更新 - 02月21日(水)16:52 

アメリカ軍三沢基地のF16戦闘機が燃料タンクを投棄した青森県内の湖は、21日から全面禁漁となった。一方、青森県の要請を受け防衛省は、油やタンクの回収に自衛隊を派遣することを決めた。
カテゴリー:

もっと見る

「青森県」の画像

もっと見る

「青森県」の動画

Wikipedia

青森県(あおもりけん)は、日本本州最北端に位置する県である。県庁所在地は青森市。県の人口は全国31位、面積は全国8位である。令制国の陸奥国(むつのくに、りくおうのくに)で構成される。

概要

青森県は、東北地方北部に位置する本州北端の県である。県庁所在地は青森市。県の人口は約130万人で、日本の総人口の約1%を占め、県面積は9,644km2で、国土の約2.5%を占める。県内の市町村数は40で、うち市は10、郡は8、22の町と8の村がある。県人口の52%は青森市八戸市弘前市に居住する。

岩手県秋田県が隣接し、津軽海峡を渡った北に北海道が位置する。東に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる