「霧島連山」とは?

関連ニュース

新燃岳は「マグマが関与した噴火」 予知連 10/19 21:38更新 - 10月19日(木)21:38 

鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳の噴火を受け、臨時の火山噴火予知連絡会が鹿児島で開かれ、「マグマが関与した噴火」という見解を示した。今後、マグマが供給されれば大きな噴火が起きる恐れもあるとしている。
カテゴリー:

【鹿児島】「大規模噴火の可能性も」=新燃岳、予知連が見解 - 10月19日(木)21:23  newsplus

 活発な活動が続く霧島連山・新燃岳(宮崎・鹿児島両県境)について、火山噴火予知連絡会は19日、「多量のマグマが新燃岳直下に供給されれば、規模の大きな噴火が発生する可能性もある」との見解をまとめた。    予知連は同日、鹿児島市で拡大幹事会を開催。傾斜変動を伴う火山性微動が9日に発生したことなどを踏まえ、「新燃岳の北西数キロの地下深くにあると考えられるマグマだまりの収縮という解釈もできる」と指摘した。  会長の石原和弘京都大名誉教授は終了後に記者会見し、「噴火があった2011年と同程度くらい、地下にマ...
»続きを読む
カテゴリー:

新燃岳:噴火活動が継続、規模大の可能性も…予知連絡会 - 10月19日(木)20:17 

 11日に6年ぶりに噴火した宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)について、火山学者らの火山噴火予知連絡会は19日、鹿児島市で拡大幹事会を開き、「当面は火山灰を噴出する噴火活動が継続すると考えられる」との見解をまとめた。
カテゴリー:

新燃岳「今後、規模大きな噴火の可能性も」 - 10月19日(木)17:54 

霧島連山の新燃岳について火山噴火予知連絡会は19日、臨時の会合を開き、今回の噴火は火口直下まで上がってきたマグマが関与しているとしたうえで「今後、多量のマグマが新燃岳の直下に供給されれば規模の大きな噴火が発生する可能性もある」という見解をまとめました。
カテゴリー:

新燃岳 「水蒸気噴火」から「マグマ噴火」に移行か - 10月18日(水)19:56 

今月11日に噴火が始まった霧島連山の新燃岳の火山活動について、専門家は、火山灰の中に新しいマグマからできた物質が含まれる割合が高まっていることから、マグマそのものが火口から噴出する「マグマ噴火」に移行している可能性があると指摘しています。
カテゴリー:

新燃岳、噴火は当面続く見通し 気象庁 - 10月19日(木)21:27 

 気象庁の火山噴火予知連絡会(会長・石原和弘京都大名誉教授)は19日、宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(1421メートル)について、火山灰を噴出するこれまでのような噴火活動が当面続くとの見解をまとめ…
カテゴリー:

「大規模噴火の可能性も」=新燃岳、予知連が見解-鹿児島 - 10月19日(木)21:17 

 活発な活動が続く霧島連山・新燃岳(宮崎・鹿児島両県境)について、火山噴火予知連絡会は19日、「多量のマグマが新燃岳直下に供給されれば、規模の大きな噴火が発生する可能性もある」との見解をまとめた。 予知連は同日、鹿児島市で拡大幹事会を開催。傾斜変動を伴う火山性微動が9日に発生したことなどを踏まえ、「新燃岳の北西数キロの地下深くにあると考えられるマグマだまりの収縮という解釈もできる」と指摘した。 会長の石原和弘京都大名誉教授は終了後に記者会見し、「噴火があった2011年と同程度くらい、地下にマグマがたまっている」と説明した。 新燃岳は今月11日、11年9月7日以来約6年ぶりに噴火した。噴火は17日未明にいったん止まったが、気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持している。 【時事通信社】
カテゴリー:

安倍「やれ」 火山「はい」台風「はい」 - 10月19日(木)18:13  news

新燃岳「今後、規模大きな噴火の可能性も」 10月19日 17時54分 今月11日、平成23年以来となる噴火が起きた鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳について、 火山噴火予知連絡会は19日午後、鹿児島市内で臨時の会合を開き、活動状況や今後の見通しを分析しました。 その結果、地殻変動のデータによると、新燃岳北西の地下深くにあるマグマだまりから、新燃岳にマグマが移動したと解釈できることや、 マグマに由来する火山ガスの1日当たりの放出量が一時的に1万トンを超えたことなどから、今回の噴火は「マグマが関与し...
»続きを読む
カテゴリー:

【火山】新燃岳 「水蒸気噴火」から「マグマ噴火」に移行か 鹿児島/宮崎 - 10月19日(木)00:19  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_030 今月11日に噴火が始まった霧島連山の新燃岳の火山活動について、専門家は、火山灰の中に新しいマグマからできた物質が含まれる割合が高まっていることから、マグマそのものが火口から噴出する「マグマ噴火」に移行している可能性があると指摘しています。 東京大学地震研究所の中田節也教授のグループは、新燃岳が噴火した今月11日と今月15日の火山灰の成分を比較しました。 その結果、今月11日の火山灰には、新...
»続きを読む
カテゴリー:

新燃岳、依然活発=噴火止まるも警戒維持-気象庁 - 10月17日(火)17:21 

 気象庁は17日、宮崎・鹿児島両県境の霧島連山・新燃岳の噴火が、同日未明にいったん止まったものの、活発な火山活動が続いていると発表した。再び噴火する可能性もあり、噴火警戒レベル3(入山規制)を維持し、火口周辺約3キロで、大きな噴石や火砕流への警戒を呼び掛けた。 同庁によると、新燃岳付近では16日に324回、17日は午後3時までに22回の地震が観測され、火山性微動も断続的に続いた。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「霧島連山」の画像

もっと見る

「霧島連山」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT霧島山...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる