「霊感商法」とは?

関連ニュース

【宗教】統一教会が分裂、逮捕者も 桜田淳子の役どころ - 03月23日(木)06:33 

ご本人がいくらその影を拭おうとしても、そう、世間の目は決して違わないよぉ~! 来月、都内で“復活コンサート”を開く桜田淳子(58)。 新興宗教へ入信後、鳴りを潜める彼女の周囲がいつになく騒がしい。 信奉する教団で骨肉の分裂劇が幕を開けたのである。  *** 激しく赤色灯を回転させたパトカーが向かった先は、都内有数の高級住宅街である渋谷区松濤だった。 幾人もの制服姿の警官が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の本部へ乗り込んでいく。 この建物で不退去罪に問われた信者2名が、渋谷署員に逮捕されたのは2月1...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】統一教会が分裂、逮捕者も 桜田淳子の役どころ - 03月21日(火)07:14 

 ご本人がいくらその影を拭おうとしても、そう、世間の目は決して違わないよぉ~! 来月、都内で“復活コンサート”を開く桜田淳子(58)。新興宗教へ入信後、鳴りを潜める彼女の周囲がいつになく騒がしい。信奉する教団で骨肉の分裂劇が幕を開けたのである。  ***  激しく赤色灯を回転させたパトカーが向かった先は、都内有数の高級住宅街である渋谷区松濤だった。  幾人もの制服姿の警官が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の本部へ乗り込んでいく。この建物で不退去罪に問われた信者2名が、渋谷署員に逮捕されたのは2月1...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】「もう出てこないでほしい」 桜田淳子復活に「夜回り先生」 - 02月03日(金)18:35 

芸能活動を休止中の桜田淳子さん(58)が、2017年4月に開かれる舞台「スクリーン・ミュージックの宴」で、1夜限りの復活を果たす見通しになった。桜田さんがステージに立つのは、13年11月26日の40周年公演以来3年4か月ぶり。 この「1夜復活」を報じたスポーツ紙は「貴重な姿」と肯定的だが、様々な「異論」も出ている。 桜田さんは近年でもベスト盤が多く発売されている(写真は2015年発売の「桜田淳子 ベスト ヒット」) ■「高校時代は山口百恵派と決闘」 桜田さんの「1夜限りのステージ」は2月1日、日刊スポーツが報じた。同...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

統一教会が内部分裂  教祖肯定派と否定派が対立。逮捕者も。 - 03月21日(火)13:32 

ご本人がいくらその影を拭おうとしても、そう、世間の目は決して違わないよぉ~!  来月、都内で“復活コンサート”を開く桜田淳子(58)。新興宗教へ入信後、鳴りを潜める彼女の周囲がいつになく騒がしい。信奉する教団で骨肉の分裂劇が幕を開けたのである。  ***  激しく赤色灯を回転させたパトカーが向かった先は、都内有数の高級住宅街である渋谷区松濤だった。  幾人もの制服姿の警官が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の本部へ乗り込んでいく。この建物で不退去罪に問われた信者2名が、渋谷署員に逮捕されたの...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

統一教会が分裂、逮捕者も 桜田淳子の役どころ - 03月21日(火)05:59 

 ご本人がいくらその影を拭おうとしても、そう、世間の目は決して違わないよぉ~! 来月、都内で“復活コンサート”を開く桜田淳子(58)。新興宗教へ入信後、鳴りを潜める彼女の周囲がいつになく騒がしい。信奉する教団で骨肉の分裂劇が幕を開けたのである。  ***  激しく赤色灯を回転させたパトカーが向かった先は、都内有数の高級住宅街である渋谷区松濤だった。  幾人もの制服姿の警官が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の本部へ乗り込んでいく。この建物で不退去罪に問われた信者2名が、渋谷署員に逮捕されたのは2月12日のことだ。  桜田淳子が参加した合同結婚式をはじめ、数多の霊感商法や強引な勧誘トラブルで世を騒がせてきた統一教会。2012年に教祖である文鮮明が死去した後、ここ最近になって警察を巻き込む騒動が頻発しているというから穏やかではない。  統一教会問題に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏によれば、 「今回の逮捕劇は、教団を継いだ文鮮明の未亡人・韓鶴子氏の教義に対して、“四男・七男派”信者が抗議する中で起こったこと。後継者を巡るいざこざです」  宗教問題が専門の北海道大学大学院文学研究科・櫻井義秀教授が言う。 「文鮮明の後継者として認められた男子は3人います。三男は全国大学連合原理研究会という学生組織、四男は韓国を主とした事業組織、七男は宗教組織というような棲み分けがあったのですが、父親の...more
in English
カテゴリー:

「霊感商法」の画像

もっと見る

「霊感商法」の動画

Wikipedia

霊感商法(れいかんしょうほう)とは悪徳商法の一種。霊感があるかのように振舞って、先祖の因縁や霊の祟り、悪いカルマがあるなどの話を用いて、法外な値段で商品を売ったり、不当に高額な金銭などを取る商法である。その中でも、祈祷料、除霊料、供養料などの名目で法外なお金を払わせるが、商品の販売はしないものを特に霊視商法ということがある。

地鎮祭の費用、先祖供養の祈祷料など、いわゆる伝統的なものとして社会通念上認められているものについては除外されることが多い。

概要

霊感商法では人の不幸を巧妙に聞き出し、霊能者を装った売り手が、その不幸を先祖のたたりなどの因縁話で説明する。そして、「この商品を買えば祖先のたたりは消滅する。」と効能を訴えたり、「このままだともっと悪いことが起きる」などと不安を煽り、相手の弱みにつけこんで法外な値段で商品を売りつける。扱われる商品としては主に多宝塔美術品を初め、印鑑数珠...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる