「需給状況」とは?

関連ニュース

来週の相場で注目すべき3つのポイント:米政策運営、英EU離脱手続き、年度末最終週 - 03月25日(土)21:00 

■株式相場見通し 予想レンジ:上限19350-下限18850円 来週は、期末要因で機関投資家が動きづらい需給状況のほか、国内外の政治リスクがくすぶるなか、不安定な相場展開が続きそうである。
in English
カテゴリー:

個人の需給状況は良好、出遅れ感のある中小型株へ/後場の投資戦略 - 03月22日(水)12:21 

個人の需給状況は良好、出遅れ感のある中小型株へ/後場の投資戦略
in English
カテゴリー:

中小型株に資金が向かいやすい需給状況か【クロージング】 - 03月21日(火)16:36 

21日の日経平均は続落。65.71円安の19455.88円(出来高概算15億9000万株)で取引を終えた。
in English
カテゴリー:

後場に注目すべき3つのポイント~個人の需給状況は良好、出遅れ感のある中小型株へ - 03月22日(水)12:24 

22日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。
in English
カテゴリー:

日経平均は大幅続落、個人の需給状況は良好、出遅れ感のある中小型株へ/ランチタイムコメント - 03月22日(水)12:20 

日経平均は大幅に続落。390.51円安の19065.37円(出来高概算11億株)で前場の取引を終えた。
in English
カテゴリー:

太陽光、電気供給量増加 九電、受け入れ上限目前 - 03月21日(火)10:15 

■発電停止要請も視野 太陽光発電事業者の電気供給量が増え、九州電力の受け入れ可能量を超える時期が迫っている。上限までの余裕は1月末時点で135万キロワット分あるが、400万キロワット以上の施設が今後発電を始められる状況にある。電気を安定して送るためには需給バランスを一定に保つ必要があり、九電は事業者への発電停止要請も視野に、暖房などの電気需要が減る4月以降の需給状況を注視している。 九電は、...
in English
カテゴリー:

「需給状況」の画像

もっと見る

「需給状況」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる