「電話会談」とは?

関連ニュース

落合信彦氏が予測 レーガンを真似たトランプの行く末 - 03月27日(月)07:00 

 2月中旬に行われた日米首脳会談で、安倍首相はトランプ大統領の別荘を訪問。27ホールを一緒にラウンドし、何度も食事をともにするなど信頼関係構築に努め、メディアもそれを好意的に報じた。しかし作家の落合信彦氏は、安倍首相のこういった態度に否定的だ。その理由を落合氏はこう説明する。  * * *  そもそも安倍はなぜ、あんな男に媚びへつらうのか。外交方針にまったく一貫性がなく、言っていることがコロコロ変わるトランプのご機嫌をうかがう必要などない。相手にしないほうがいい。  トランプは当選直後、台湾総統の蔡英文と異例の電話会談をした。1979年の米台断交以来初めてのことで、中国が主張する「1つの中国」についても「なぜ縛られなければいけないのか」と語っていた。これは少なからず習近平を動揺させたはずだ。  それからわずか2か月あまり。今度は習近平と電話会談し、「1つの中国については尊重する」と明言したのだ。習近平は大いに喜び、双方が自国訪問を招待した。この一例だけを見ても、トランプがまったく人間的に信用できない男であるのは明白だ。そんな人物と「信頼関係を築いた」と真剣に語る安倍は、愚かにもほどがある。  トランプは1月下旬、オーストラリア首相のターンブルとも電話会談を行った。テーマはオーストラリア国内の難民をアメリカが受け入れるというオバマ政権時代の合意についてで、トランプは「爆弾テロ犯を輸出...more
in English
カテゴリー:

日英首脳、電話会談 テロ根絶に連携、認識一致 - 03月24日(金)22:28 

 ロンドン中心部でテロ事件が起きたことを受け、安倍晋三首相は24日夜、英国のメイ首相と電話会談を行った。安倍首相は犠牲者への哀悼の意と、負傷者へのお見舞いを伝え、「困難な時に日本は英国国民と共にある」…
in English
カテゴリー:

ロンドンテロ、各国が声明 トランプ氏も弔意 - 03月23日(木)11:52 

 ロンドンで22日に起きた殺傷事件を受け、各国からは暴力に屈せず、連帯を呼びかける声明が相次いだ。 メイ英首相は22日、トランプ米大統領と電話会談した。ホワイトハウスによると、トランプ氏は犠牲者への弔…
in English
カテゴリー:

米大統領、英首相と電話会談 協力を約束 3/23 7:13更新 - 03月23日(木)07:13 

英・ロンドンで起きたテロ事件を受け、米・トランプ大統領は22日、英・メイ首相と電話で会談。トランプ大統領は、哀悼の意と警官の対応に対する称賛を伝えた。その上で、テロに対する裁きを下すため、英国政府に対し、完全な協力と支援を約束したという。
in English
カテゴリー:

トランプ米大統領、ベネズエラの経済危機に懸念表明=チリ大統領 - 03月21日(火)14:15 

[サンティアゴ 20日 ロイター] - チリのバチェレ大統領は20日、トランプ米大統領と19日に電話会談を行ったと記者団に明らかにした。トランプ氏は、ベネズエラの政治的、人道的状況について懸念を示したという。
in English
カテゴリー:

英でのテロ受け、日英首相が電話会談 - 03月25日(土)18:51 

英でのテロ受け、日英首相が電話会談:テロ根絶に向けて、協力を深めていくことで一致した。...
in English
カテゴリー:

テロ事件受け日英首脳が電話会談、安倍首相が哀悼の意 - 03月24日(金)22:11 

 イギリス・ロンドンで起きたテロ事件を受けて、安倍総理はメイ首相と電話会談を行い、哀悼の意とお見舞いを伝えました。
in English
カテゴリー:

トランプ米大統領、メイ英首相と会談 協力と支援を約束 - 03月23日(木)11:49 

英ロンドンの中心部で22日、乗用車と刃物による殺傷事件が発生したことを受け、トランプ米大統領はマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)から報告を受けたほか、メイ英首相とも電話会談を行った。 スパイサー大統領報道官によれば、トランプ大統領は弔意を表明したほか、攻撃への対処などについて全面的な協力と支援を約束したという。 スパイサー大統領報道官も攻撃を非難したほか、英警察の素早い対応を称賛した...
in English
カテゴリー:

米国がイラッ。なぜ中国は、北朝鮮問題を解決する気が全然ないのか - 03月22日(水)04:30 

初のアジア歴訪を終えたアメリカのティラーソン国務長官。しかし、最重要課題である「北朝鮮問題」に対する中国とのあまりの「認識の違い」に愕然としたようです。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、「中国にとって北朝鮮は、南北統一の歯止めとなる存在で、しかも中国に向けて攻撃してくる可能性もないという、非常に都合の良い存在である」との見方を示しています。 中国は、北朝鮮問題を解決する気が全然ないという現実 アメリカのティラーソン国務長官が、日本、韓国、中国を訪問しました。最重要課題は、「北朝鮮問題」です。 やる気満々だったティラーソンさんですが、北京へ行き、「中国には、北朝鮮問題を解決する意欲がゼロ」であることを、思い知ることになりました。 ティラーソン「軍事行動」に言及 3月17日、ティラーソンさんはソウルにいました。そして、「忍耐の時代は終わった」とし、「軍事行動の可能性」に言及します。 米国務長官、北朝鮮対応で軍事行動も「選択肢」 CNN.co.jp 3/18(土)13:40配信   ソウル(CNN)東アジアを歴訪中のティラーソン米国務長官は17日、韓国の首都ソウルで尹炳世(ユンビョンセ)外相との共同記者会見を行い、挑発行為があれば北朝鮮に対する軍事行動も検討するとの方針を明らかにした。米政府が採用していた「戦略的忍耐」の政策は終わったと言明した。 ところが...more
in English
カテゴリー:

米とブラジル両大統領が電話会談、経済で連携一致 - 03月19日(日)17:48 

 トランプ米大統領は18日、ブラジルのテメル大統領と電話会談し、両国の経済発展を促進するため、連携していくことで一致した。ホワイトハウスが発表した。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「電話会談」の画像

もっと見る

「電話会談」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる