「電話会談」とは?

関連ニュース

トランプ大統領 外交スタート 各地で反発のデモも - 01月22日(日)14:32 

アメリカのトランプ大統領は、就任から一夜明けた21日、隣国の首脳と電話会談し、外交活動をスタートさせましたが、国内ではトランプ大統領に反発する大規模なデモが各地で行われ、新政権への不満や不安が鮮明となっています。
in English
カテゴリー:

トランプ大統領 カナダ・メキシコ首脳と初の電話会談 - 01月22日(日)11:09 

アメリカのトランプ大統領は就任から一夜明けた21日、再交渉を行う考えを示しているNAFTA=北米自由貿易協定の加盟国のカナダとメキシコの首脳とそれぞれ電話で会談したほか、今月下旬にイギリスのメイ首相と初めてとなる外国首脳との直接会談を行うことになりました。
in English
カテゴリー:

米加首脳が電話会談=経済関係の重要性確認 - 01月22日(日)07:13 

 【ニューヨーク時事】カナダのトルドー首相は21日、トランプ米大統領と電話会談し、トランプ氏の大統領就任に祝意を伝えるとともに、両国間の貿易など経済関係の重要性について確認した。 カナダ首相府の声明によると、トルドー首相は会談で「米国の35州の最大輸出先がカナダであり、両国経済が深い関係にある」ことに言及。その上で、両首脳は「相互の利益となるさまざまな事項」について協議したという。 トランプ新政権は20日、カナダ、メキシコと結んでいる北米自由貿易協定(NAFTA)について再交渉を要求。両国が応じなければ離脱する意向も示している。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

【外交】安倍首相、2月上旬にトランプ大統領と初の首脳会談へ - 01月21日(土)23:11 

政府は19日、安倍晋三首相とトランプ次期米大統領による初の首脳会談について、 2月上旬にワシントンのホワイトハウスで行う方向でトランプ氏側と最終調整に入った。 これまでトランプ氏就任直後の1月27日を目指してきたが、先方の受け入れ態勢が整わないことから先送りを決めた。 複数の日本政府関係者が明らかにした。  首相は首脳会談で、中国の海洋進出などにより厳しさを増すアジア太平洋地域の安全保障環境を踏まえ、 日米安保体制が地域の平和と繁栄に重要との認識を伝達。 トランプ氏が20日の就任初日の離脱を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【宗教】安倍・トランプ会談は韓国系新興宗教の手配だった 新潮45報じる★2 - 01月20日(金)16:14 

昨年11月18日(日本時間)に実現した安倍首相とトランプ次期大統領の会談。 その会談について、トランプ当選を予想していなかった政権サイドが統一教会(家庭連合)のルートを使って会談に漕ぎつけていたことを本日発売の新潮45が伝えている。 当該記事は『安倍・トランプ会談を実現させた「カルト宗教人脈」』 執筆者はジャーナリストの時任健作氏、カルト取材の先駆者だ。 副題として「ルートがなかったはずのトランプ氏と当選直後に会談できたのは、霊感商法や合同結婚式で知られる韓国系新興宗教のおかげだった」と記し、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

北朝鮮核問題で協調=米韓高官が電話会談 - 01月22日(日)11:29 

 【ソウル時事】韓国大統領府の金寛鎮国家安保室長は22日、フリン米大統領補佐官(国家安全保障担当)と電話で会談し、北朝鮮核問題など主要懸案で緊密に協調していくことで一致した。韓国大統領府が発言内容を公表した。トランプ政権発足後、米韓高官の電話協議は初めて。 フリン補佐官は「新政権の下で米韓同盟関係は発展していくだろう」と期待を表明。金室長も「北朝鮮核問題の深刻性や切迫性に関する共通の認識を基に、両国間で緊密に連携していこう」と応じた。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

【外交】安倍首相、2月上旬にトランプ大統領と初の首脳会談へ★2 - 01月22日(日)10:36 

政府は19日、安倍晋三首相とトランプ次期米大統領による初の首脳会談について、 2月上旬にワシントンのホワイトハウスで行う方向でトランプ氏側と最終調整に入った。 これまでトランプ氏就任直後の1月27日を目指してきたが、先方の受け入れ態勢が整わないことから先送りを決めた。 複数の日本政府関係者が明らかにした。  首相は首脳会談で、中国の海洋進出などにより厳しさを増すアジア太平洋地域の安全保障環境を踏まえ、 日米安保体制が地域の平和と繁栄に重要との認識を伝達。 トランプ氏が20日の就任初日の離脱を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

メキシコ大統領、トランプ氏と電話会談=関係強化は「戦略的優先事項」 - 01月22日(日)07:04 

 【サンパウロ時事】メキシコ大統領府は21日、ペニャニエト大統領がトランプ米新大統領と電話会談したと発表した。ペニャニエト氏は、20日就任したトランプ大統領に祝意を伝えるとともに、良好な2国間関係を築くことが「われわれの戦略的優先事項だ」と強調。互いの主権を尊重しつつ、関係強化を続けていく考えを示した。 メキシコのビデガライ外相とグアハルド経済相は25、26両日、ワシントンを訪問し、トランプ政権高官と会談する。ハイレベル協議は継続的に行われ、貿易や移民、安全保障など多岐にわたるテーマが話し合われる。 大統領府によると、両大統領は、新たな対話の枠組みができることは「両国関係に良い結果をもたらす」との認識で一致。近く首脳会談を行うことも確認した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

【宗教】安倍・トランプ会談は韓国系新興宗教の手配だった 新潮45報じる★3 - 01月21日(土)09:10 

昨年11月18日(日本時間)に実現した安倍首相とトランプ次期大統領の会談。 その会談について、トランプ当選を予想していなかった政権サイドが統一教会(家庭連合)のルートを使って会談に漕ぎつけていたことを本日発売の新潮45が伝えている。 当該記事は『安倍・トランプ会談を実現させた「カルト宗教人脈」』 執筆者はジャーナリストの時任健作氏、カルト取材の先駆者だ。 副題として「ルートがなかったはずのトランプ氏と当選直後に会談できたのは、霊感商法や合同結婚式で知られる韓国系新興宗教のおかげだった」と記し、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

最後の電話会談は独首相=緊密な連携確認-米大統領 - 01月20日(金)13:12 

 【ワシントン時事】オバマ米大統領は19日、ドイツのメルケル首相と電話で会談した。ミシェル大統領夫人とメルケル氏の夫ヨアヒム・ザウアー氏が会話に加わり、個人的な友人関係に謝意を伝えた。オバマ氏と外国首脳の電話会談はこれが最後になる見通し。ホワイトハウスが発表した。 米独首脳は、両国間および米欧間の緊密な連携が、大西洋の揺るぎない結び付きやルールに基づく国際秩序などに不可欠であることを確認した。欧州を軽視するトランプ次期大統領の発言を念頭に置いたものとみられる。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

もっと見る

「電話会談」の画像

もっと見る

「電話会談」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる