「電話会談」とは?

関連ニュース

「信じられない混迷」の船出=次々と公約着手、失態続発-トランプ米政権発足1カ月 - 02月19日(日)15:11 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領が就任して、20日で1カ月。公約実行に次々と着手し、本人は「よく整備された機械のように動いている」と自賛するが、深刻な混乱や失態も続発。政権は「信じられない混迷」(ニューヨーク・タイムズ紙)の中で船出している。 「われわれが極めて短期間に成し遂げたことを皆さんも見ただろう。ホワイトハウスはとても順調だ」。18日、フロリダ州での集会で演説したトランプ氏は、大勢の聴衆を前に胸を張った。 トランプ氏は就任早々、大統領権限を駆使して環太平洋連携協定(TPP)離脱や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉、医療保険制度改革法(オバマケア)見直しなどを矢継ぎ早に指示した。 しかし、イスラム圏7カ国国民の入国を一時禁止する1月27日の大統領令は、空港で多数が身柄を一時拘束されるなど大混乱を招き、連邦地裁が一時差し止めを命じた。ロイター通信によれば、政府は21日にも、入国禁止の対象者を明確にするなど手直しを加えた上で、改めて大統領令を出す。 混乱に拍車を掛けているのが、相次ぐ側近の失態だ。フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)は、就任前に駐米ロシア大使と対ロ制裁について話し合っていたことが問題視され辞任。コンウェー大統領顧問は、トランプ氏の長女が手掛けるファッションブランドの商品購入をテレビで呼び掛け、政府倫理局が懲戒処分を勧告した。 労働長官候補が指名を辞退する...more
in English
カテゴリー:

ハシゴを外された台湾。なぜトランプは一つの中国を認めたのか? - 02月19日(日)12:00 

先日掲載の記事「日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑」でもお伝えしたように、トランプ大統領は日米首脳会談の直前に、突如として「一つの中国」を認める発言をしました。この大きな「方向転換」を、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、どのように見ているのでしょうか。そして今後の日米、日中、米中関係は? WSJは、トランプが「一つの中国」を認めたことをどう見る? 皆さんご存知のように、トランプは、「一つの中国」の原則を認めました。ウォール・ストリート・ジャーナル2月13日付の反応を見てみましょう。 米国と中国、足並みそろえた方向転換 ウォール・ストリート・ジャーナル 2/13(月)8:42配信   【ワシントン】中国の習近平国家主席との9日夜の電話会談に先立って、ドナルド・トランプ米大統領は「米中関係の礎」を破棄するとの脅しを撤回することを決めた。アジア政策継続に向けた動きの一環だった。   トランプ氏は台湾を外交的に認めないという長年の米中合意を破棄する可能性を示唆していたが、米政府高官によると、電話会談が始まってから5分もしないうちにこの問題は解消された。習氏が「(台湾を中国の一部とみなす)『一つの中国』政策を支持してほしい」と述べると、トランプ氏は「要請に応じて支持する」と応じたという。 習近平「『一つの中国』政策を支持してほしい」、ト...more
in English
カテゴリー:

米中外相、初会談=対北朝鮮で協力確認 - 02月17日(金)19:12 

 【ボン時事】ティラーソン米国務長官は17日、20カ国・地域(G20)外相会合の開催地ドイツ西部ボンで、中国の王毅外相と会談した。トランプ政権下で米中の外相会談は初めて。中国本土と台湾は不可分とする「一つの中国」原則をめぐってぎくしゃくした関係を改善し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮問題に協力して対処していく姿勢を確認するとみられる。 トランプ大統領は昨年11月の当選後に台湾の蔡英文総統と電話会談するなど、「台湾カード」で中国を揺さぶる姿勢を見せたが、就任後は一転。習近平国家主席との電話会談で「一つの中国」原則を確認したことで、関係構築に道筋ができた。両外相は首脳会談の早期実現を目指すとみられる。 12日にトランプ政権発足後初めて弾道ミサイルを発射した北朝鮮への対応も焦点の一つだ。ティラーソン氏は、対北朝鮮制裁を定めた国連安保理決議の完全な履行を中国に求めるとみられる。北朝鮮をめぐって協力できるかが、米中関係の今後を占うことになる。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

米情報機関との関係修復を=ロシア大統領呼び掛け - 02月16日(木)22:37 

 【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は16日、連邦保安局(FSB)の会合で、「米国や他の北大西洋条約機構(NATO)加盟国の情報機関との対話回復は共通の利益となる」と強調し、テロとの戦いに向けて米情報機関との関係修復を呼び掛けた。 プーチン大統領とトランプ米大統領は1月の電話会談で、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討での協力を確認している。プーチン大統領は「テロ対策では、すべての関係国や国際組織が協力しなければならないのは明らかだ」と指摘。「簡単な情報交換でも(テロ対策の)効率は非常に高まる」と語り、情報機関の連携の必要性を訴えた。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

麻生財務相、米・ムニューチン財務長官と初の電話会談 - 02月16日(木)15:02 

 財務省は、アメリカ・トランプ政権のムニューチン財務長官と麻生財務大臣が、電話会談したと発表しました。
in English
カテゴリー:

トランプ政権は「短命」に終わる。フリン氏スピード辞任が示す予兆 - 02月19日(日)13:54 

トランプ大統領の側近中の側近であった、マイケル・フリン大統領補佐官が政権発足3週間でまさかの「スピード辞任」を発表。大統領当選に貢献し、先日の安倍首相との日米首脳会談にも同席するほど信頼されていたフリン氏が、なぜスピード辞任することになったのでしょうか? メルマガ「浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』」の著者で国際政治経済学者の浜田和幸さんは、この更迭騒動は「ヒラリー陣営の思惑通り」と分析、そしてこの一件から「トランプ政権は短命に終わる」ことを予測しています。 フリン補佐官の辞任はトランプ政権崩壊の予兆か? アメリカでは国家安全保障担当の大統領補佐官のフリン氏がスピード辞任したね。 閣僚級の補佐官が新政権の発足後3週間で辞任に追い込まれたのは前代未聞のこと。 ぶっちゃけ、補佐官に就任する前に駐米ロシア大使と何やら内密の話をしていたのに、その事実を隠していたことがバレてしまったのが理由というけど、本当かね。 だってホワイトハウスも「政権移行期間中に各国大使と電話会談するのはよくあることで、違法性は全くない」とフリン氏をかばっていたはず。 先日の安倍総理とトランプ大統領の首脳会談にも同席していたフリン氏。 日本政府との交渉窓口も務めており、当選直後のトランプ氏をニューヨークのトランプタワーに訪ねた安倍総理にも付き添っていたね。 それほどトランプ氏の信頼を得ていた人物さ。 逆に言え...more
in English
カテゴリー:

米財務長官、中国副首相らと初の電話対談 対話重視示す - 02月18日(土)18:54 

 ムニューチン米財務長官は17日、中国の汪洋(ワンヤン)副首相らと初めての電話会談をした。話し合いによる米中関係の強化に意欲を見せる一方、「より均衡の取れた2国の経済関係」の重要性を強調し、対中貿易赤…
in English
カテゴリー:

【作家】室井佑月氏 「アホみたいな根拠と思うのは、あたしだけ?」 トランプ大統領にすり寄ろうとする安倍首相に不安 - 02月17日(金)17:54 

室井氏「ひゃっ。米国人の雇用を生み出すため、米国のインフラ事業にあたしたちの虎の子の年金資産を突っ込むってか」 (※写真はイメージ)  日米首脳会談を果たした安倍晋三首相。これからの日米関係に大きな注目が集まるが、作家の室井佑月氏はトランプ大統領にすり寄ろうとする安倍首相に不安を募らせる。 *  *  *  2月3日の「朝日新聞デジタル」に、こんな記事が載っていた。 「首相『米の雇用70万人創出』 日米首脳会談で提案へ」  へ? 首相ってうちの国の首相? 米国のトランプさんは大統領だものな。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【外交】安倍首相「絶対に口外できない話ばかりだった」極秘交渉…議題は中国、北朝鮮、韓国、米中電話会談 - 02月16日(木)18:03 

「経済・通商問題の軋轢をできるだけ回避し、トランプ氏との個人的信頼関係を構築する」  安倍首相はこうした明確な目標を立ててワシントンに乗り込み、所期の目的をほぼ達成した。 今回の首脳会談だが、日程上、不可思議な点がある。肝心の首脳会談が40分しか設定されておらず、 すぐに共同記者会見が行われ、共同声明も発表された。主要部分が、初日の開始から1時間半程度で終了したのだ。  実は、本当に重要な「真の首脳会談」はフロリダでひそかに設定されていたことが、関係者取材で明らかになった。  ゴルフ中は、他...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

麻生財務相、米財務長官と初の電話会談 2/16 13:07更新 - 02月16日(木)13:07 

麻生財務相がアメリカのムニューチン財務長官と初めての電話会談を行った。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「電話会談」の画像

もっと見る

「電話会談」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる