「電話会談」とは?

関連ニュース

北朝鮮拘束の国民 韓国外相「送還に努力」=カナダと電話協議 - 08月17日(木)14:58 

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は17日、カナダのフリーランド外相と電話会談し、朝鮮半島情勢や北朝鮮に拘束されている韓国人らの問題について意見を交わした。外交部が伝えた。  電話会談は
カテゴリー:

韓米国防相が電話会談 マティス氏「対北で経済・外交圧力優先」 - 08月16日(水)23:13 

【ソウル聯合ニュース】韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は16日夜、マティス米国防長官と電話会談し、北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対する韓米同盟の対応力強化と緊密な連携の維持、韓米同盟の相互補完的発展について協議した。国防部が伝えた。  マティス長官は、朝鮮半島の非核化に向け米国は北朝鮮への外交的、経済的圧力を優先すると強調した。また、「いかなる措置を取るにしても事前に宋長官と緊密に協議する」とした。  両長官は、北朝鮮が7月に大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の「火星14」を2回発射したことについて
カテゴリー:

中露外相電話会談“武力行使を容認しない” 8/16 8:37更新 - 08月16日(水)08:37 

緊迫化する北朝鮮情勢をめぐって、ロシアのラブロフ外相と中国の王毅外相が15日、電話会談を行い、武力行使を容認しないことで一致し、関係各国に自制を呼びかけた。
カテゴリー:

武力行使容認せず=北朝鮮情勢で中ロ - 08月15日(火)23:41 

 【モスクワ時事】ロシア外務省によると、ラブロフ外相と中国の王毅外相は15日、電話会談し、米国と北朝鮮の応酬で緊張が高まる北朝鮮情勢について「武力行使は容認できない」とする立場で一致した。 両外相は軍事的挑発や威嚇は受け入れられないという認識を共有し、米朝に自制を要求。外交的手段による問題解決が不可欠との方針で一致し、国連安保理などでの連携を確認した。 【時事通信社】
カテゴリー:

ミサイル発射阻止へ連携=日米首脳 - 08月15日(火)13:23 

トランプ米大統領との電話会談終了後、内容を説明する安倍晋三首相(中央)。北朝鮮が米領グアム島周辺に向け弾道ミサイルを発射する計画を公表したことを受け、発射阻止へ緊密に連携していくことで一致した=15日
カテゴリー:

中国共産党は、体制を正当化するために「外部の敵」を捏造している - 08月17日(木)04:30 

以前掲載の記事「中国は、30年遅れて日本と同じ道を歩んでいる。次は暗黒の20年」で、中国は国家ライフサイクルにより、2020年代から「暗黒の時代」に突入するとした無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』。今回、著者で国際関係研究者の北野幸伯さんは、習近平率いる中国の未来を考察しつつ、彼の国が暗黒時代に入り国民に中国共産党の正統性を主張し続けるのが難しくなったとき、政権が主張し始めるであろう「安全国家」という考え方についても紹介しています。 中国共産党、次の「正統性」は、「○○国家」 日本人は、概して習近平さんが嫌いです。わかります。なんといっても、「日本に沖縄の領有権はない!」と宣言している国のトップですから。 そうなのですが、それと、「彼が有能かどうか?」という話は別です。2015、2016年、習さんは、かなり追いつめられていました。「AIIIB事件」でオバマが、中国の影響力の強さを知った。それで、中国バッシングを始めたからです。中国経済もボロボロになってしまった。 しかし、2017年、習近平は反撃に出ました。1月、ダボス会議で、「グローバリズム絶対支持宣言」をした。さらに、「核兵器のない世界をつくる!」宣言。「パリ協定絶対支持!」宣言。彼は、グローバリストたちと和解し、中国経済も少し良くなってきた。 最近、世界が心配しているのは、「朝鮮戦争」です。習近平は12日、トランプと電話...more
カテゴリー:

【総理はのうのうと夏休み】北朝鮮危機を煽りつつ…安倍首相は別荘でのんびり夏休み - 08月16日(水)18:57  seijinewsplus

北朝鮮危機を煽りつつ…安倍首相は別荘でのんびり夏休み 2017.08.16 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/211567  迎撃ミサイル「PAC3」の配備にトランプ米大統領との電話会談。北朝鮮危機を煽って国民を不安にさせるばかりの安倍首相だが、その一方で自分は15日から夏休みに入った。山梨県の河口湖に近い別荘で、のんびり過ごしている。  今年の安倍首相の夏休みは当初、24日までの10日間の予定だったが、非常事態下なのに長すぎるという批判を警戒して、急遽18日までに短縮した。  安倍首相が別荘...
»続きを読む
カテゴリー:

米朝、互いに不快となる言動に「ブレーキ」を=中国の王毅外相 - 08月16日(水)00:50 

[北京 15日 ロイター] - 中国の王毅外相は15日、ロシアのラブロフ外相と電話会談を行い、米国と北朝鮮は互いに不快となる言動に「ブレーキをかける」ことが急務との考えを示した。中国外務省が明らかにした。
カテゴリー:

トランプ米大統領、2プラス2設置でインドと合意=北朝鮮「危害なら軍事解決」 - 08月15日(火)22:51 

 【ニューデリー時事】トランプ米大統領は14日(米東部時間)、インドのモディ首相と電話会談し、インド・太平洋地域の平和と安定維持のための外務・防衛の閣僚級会合(2プラス2)設置で合意した。ホワイトハウスが15日に発表した。海洋進出を強める中国を念頭に、さらなる連携強化を図る。 インド紙インディアン・エクスプレスによると、両首脳は北朝鮮の核・ミサイル開発問題についても意見交換した。モディ首相は北朝鮮の脅威に対し、世界が一致結束して対応できていると表明。これに対し、トランプ氏は「北朝鮮が米国の市民に危害を加えるなら軍事的解決に訴える」と述べた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【緊急】 安倍首相とトランプ大統領が電話会談 北朝鮮ミサイル問題 - 08月15日(火)12:44  newsplus

北朝鮮が先にグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を検討していると発表する中、安倍総理大臣はアメリカのトランプ大統領と電話で会談し、 ミサイルの発射を強行させないことが重要だという認識で一致しました。そして、両首脳は対話のための対話では意味がないとして、 国際社会で一致して圧力を強めていくことなどを確認しました。 安倍総理大臣は北朝鮮が先にグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を検討していると発表する中、 15日午前10時半ごろから、およそ30分間、アメリカのトランプ大統領と電話で会談...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「電話会談」の画像

もっと見る

「電話会談」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる