「電磁パルス」とは?

関連ニュース

北朝鮮にも有効!? 自衛隊の「ハイパー新兵器構想」を検証 - 09月26日(火)06:00 

北朝鮮の核ミサイル危機が緊迫するなか、防衛省が8月末に提出した来年度予算の概算要求額は過去最高の5兆2551億円。特に注目されているのが、まだ実現化に至っていない最新鋭兵器に関する研究予算だ。 「こんなわけのわからないものにカネをつぎ込むなんて…」との批判も聞こえてくるが、実際のところ、その実力や実現可能性はどの程度なのか? ■「高速滑空弾」で北ミサイルを叩く? 9月3日に通算6度目の核実験を強行した後、朝鮮中央通信は「わが国は『電磁パルス(EMP)攻撃能力を得た』と報じた。以来、日米など各国でEMP爆弾に関する報道が相次いでいるが、これはどんな兵器なのか? 軍事評論家の菊池征男(まさお)氏が解説する。 「ミサイルで運ばれた核弾頭が高度100kmから400kmの上空で爆発すると、広範囲にわたって強力な電磁波(電磁パルス)が発生します。そして、地表に達した電磁パルスは大電流となって電子機器や送電線をショートさせ、無力化してしまうのです。都市機能を一瞬でブラックアウトさせるEMP攻撃が実行されれば、間違いなく社会はパニックになるでしょう」 実は、EMP攻撃は何も北朝鮮の専売特許ではなく、自衛隊も新たに研究予算を計上している。ただし、...more
カテゴリー:

【北朝鮮危機】北の「水爆」発言 米、人的被害あれば報復軍事攻撃に傾斜へ - 09月22日(金)19:30  newsplus

産経ニュース、2017.9.22 19:08更新 http://www.sankei.com/world/news/170922/wor1709220043-n1.html 【ニューヨーク=黒瀬悦成】トランプ米政権は、北朝鮮が「太平洋上での水爆実験」に踏み切る事態となれば、態度を一層硬化させるのは確実だ。核爆発により大気中に放出された放射性物資が米国に被害を与える事態が引き起こされた場合、トランプ政権は報復軍事攻撃の選択肢に一気に傾斜する可能性が高い。  米国防総省および情報機関は、北朝鮮外相による「水爆実験」発言を受け、北朝鮮国内での弾道ミサイル発射の兆候について...
»続きを読む
カテゴリー:

「電磁パルス」がなんなのか正直よく分からないニュー速民の数 → - 09月19日(火)16:56  news

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13507 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「エイリアン:コヴェナント」リドリーはシリーズを私物化するジャイアンか、それともオリジネイターか - 09月18日(月)10:00 

巨匠の乱暴狼藉か、それともサーガの新たな可能性を示した傑作か。『エイリアン:コヴェナント』はリドリー・スコットによるハチャメチャなやりたい放題と初代『エイリアン』へのリスペクトが混在した不思議な映画だった。とりあえず『プロメテウス』は見てから映画館へ!人類の外惑星移住計画を担い、コールドスリープ状態の男女2000人を乗せて宇宙を移動していたコヴェナント号。人類が寝ている間、船の維持管理を任されているのはアンドロイドのウォルターだった。しかし強力な電磁パルスによって太陽光パネルが破損し、やむなく人間のクルー10数名がコールドスリープから起こされることになる。パネルの復旧作業中、どこからか発信されているジョン・デンバーの『カントリー・ロード』を受信するクルーたち。発信源を辿ると、そこはすべての環境が人類の生存に適した奇跡的な惑星だった。副官であるダニエルズは反対するも、船長のジェイコブはそれを押し切ってこの謎の星に上陸しようとする。探査のため降下したクルーたちが見たのは、小麦がしげる野原や、大型の物体が落下したと思える森。そして惑星の空中に漂う謎の粒子を吸い込んでしまったクルーが、急激な体調不良を訴え始める。体調不良の手当のために降下船の治療室に運び込まれたクルー。その背中を突き破って出てきたのは、凶暴で素早い謎の生物だった! 大混乱に陥り、誤った発砲で降下船を爆破してしまうクルーたち...more
カテゴリー:

ミサイルより怖い。日本全土が混乱に陥る北朝鮮「サイバー攻撃」 - 09月15日(金)18:54 

9月15日朝、北朝鮮の西岸から発射されたミサイルは襟裳岬の東およそ2,200kmの太平洋上に着水。一時的とは言え交通機関に乱れが生じ、菅官房長官が会見を開くなど騒然となりました。しかし、無料メルマガ『マスコミでは言えないこと』の著者でITジャーナリストの宮脇睦(みやわき・あつし)さんは、「もっとも警戒すべきはサイバー攻撃」と断言。実際に日本がサイバー攻撃を受けた場合どのような状況に陥るのか、専門家の視点からわかりやすく解説しています。 もっとも現実的な攻撃がサイバー攻撃 北朝鮮のリスクをいたずらに煽るつもりはありませんが、適切に怖れておくべきでしょう。それは私の本職であるITに絡む「サイバー攻撃」です。最近になって少しずつ、話がでてきていますが、もっとも現実的に警戒すべき北朝鮮による攻撃です。 まず、先週号でも触れた「電磁パルス攻撃」について補足しておきます。北朝鮮による水爆実験の成功とともに、北朝鮮の機関紙「労働新聞」が報じて注目を集める「電磁パルス攻撃」とは、高高度で原水爆を爆破し、ざっくりといえば地上の電気回線を過電流にして破壊するものです。 理屈的には落雷による過電流と同じような状態ですが、雷サージ対応の電源タップを使用していても防ぐことができないのは、これも語弊を怖れずにいえば、電子レンジが物理的接触なく、食べ物を温めるような仕組み。物理的な接点は必要がないという意味です...more
カテゴリー:

先手を打った米国。「ソウルを火の海にしない」北朝鮮打撃法とは - 09月25日(月)04:30 

国連総会でのトランプ大統領の演説を「宣戦布告」とし、太平洋上での水爆実験を仄めかす北朝鮮。ますます緊張感が高まる朝鮮半島情勢ですが、軍事衝突となってしまった場合、かつて北が「ソウルを火の海にする」と言い放った通り、韓国が甚大な被害を受けることは不可避と目されています。ところが先日、米マティス長官は、ソウルが危険にさらされない軍事的選択肢の存在を示唆。軍事アナリストの小川和久さんは自身が主宰するメルマガ『NEWSを疑え!』の中で、既に進行中であるというその軍事的手段について詳述しています。 「ソウルは火の海」にならない? マティス国防長官の発言(18日)が憶測を呼んでいます。 米国防長官「ソウル危険ない」軍事的手段検討 対北朝鮮   マティス米国防長官は18日、核・ミサイル開発で挑発を続ける北朝鮮への対応について、「多くの軍事的選択肢がある」と語った。「選択肢」には、北朝鮮による報復攻撃で韓国の首都ソウルが危険にさらされない方法も含まれていることを強調した。   国防総省内で記者団に語った。米軍が武力行使に踏み切れば、ソウルは約50キロ離れた南北軍事境界線沿いに配備された北朝鮮の長距離砲による攻撃で深刻な被害が出ると想定されている。このため実際に北朝鮮への先制攻撃を行うのは難しいとされてきた。マティス氏の発言は、そうした制約を減らすため、ソウルの被害を最小限に抑える軍事的手段を検討し...more
カテゴリー:

【EMP攻撃】Jアラートが鳴ったら、パソコンのコンセント抜き、部屋の中心部に移動して感電を避ける。蛍光灯の破裂から頭を守る★2 - 09月19日(火)19:55  newsplus

北朝鮮・朝鮮労働党の機関紙である労働新聞は9月上旬、次のように電磁パルス(EMP)攻撃を示唆した。 「我々の水素爆弾は巨大な殺傷破壊力を発揮するだけでなく、戦略的目的によって高空で爆発させ、広範囲の地域について強力な電磁パルス攻撃まで加えることのできる、多機能化された熱核弾頭を備えている」 電磁パルス攻撃とは、まず核弾頭を搭載した弾道ミサイルを発射し、高度30~400キロの上空で核爆発を起こす。そして、その際に生じる強力な電波、電磁パルスが地上の電子機器に内蔵されるIC(集積回路)などを損壊するもの。人体は...
»続きを読む
カテゴリー:

【電磁パルス攻撃】Jアラートが鳴ったら、パソコンのコンセント抜き、部屋の中心部に移動して感電を避ける。蛍光灯の破裂から頭を守る - 09月19日(火)16:36  newsplus

北朝鮮・朝鮮労働党の機関紙である労働新聞は9月上旬、次のように電磁パルス(EMP)攻撃を示唆した。 「我々の水素爆弾は巨大な殺傷破壊力を発揮するだけでなく、戦略的目的によって高空で爆発させ、広範囲の地域について強力な電磁パルス攻撃まで加えることのできる、多機能化された熱核弾頭を備えている」 電磁パルス攻撃とは、まず核弾頭を搭載した弾道ミサイルを発射し、高度30~400キロの上空で核爆発を起こす。そして、その際に生じる強力な電波、電磁パルスが地上の電子機器に内蔵されるIC(集積回路)などを損壊するもの。人体は...
»続きを読む
カテゴリー:

緊急検証! 北朝鮮ミサイルが日本上空通過 9/16 1:59更新 - 09月16日(土)01:59 

15日午前7時前、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射、北海道の上空を通過して太平洋に落下。さらに日本が警戒しているのが「電磁パルス攻撃」。当たり前の日常が消えたとき何ができるのか。専門家を招いて緊急検証する。
カテゴリー:

自衛隊の電磁波攻撃対策は本当に「ない」のか 海上自衛隊は対策済み、実は古くから議論 | 安全保障 | 東洋経済オンライン - 09月15日(金)06:00 

北朝鮮が9月3日に行った6回目の核実験以降、日本で「電磁パルス攻撃」という言葉が注目されるようになっ…
カテゴリー:

もっと見る

「電磁パルス」の画像

もっと見る

「電磁パルス」の動画

Wikipedia

電磁パルス(でんじパルス、)は、高高度核爆発などによって発生するパルス状の電磁波のことである。EMPと略す。

赤外線熱線)も電磁波の一種であるが、電磁パルスやEMPという用語は、電波に限り言うことが多い。

概要

核爆発の場合、強烈なガンマ線が高層大気と相互作用し、広域にわたってコンプトン効果を発現させ、地磁気の影響で地球の中心に向かう電磁波の流れを発生させる。低高度の核爆発では電磁パルスの発生が限定されるが、高高度核爆発であれば広範囲に電磁パルスが発生し、その被害も広範囲に及ぶ。

電磁パルスは、ケーブル・アンテナ類に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる