「電気事業連合会」とは?

「電気事業連合会」の画像

もっと見る

「電気事業連合会」の動画

Wikipedia

電気事業連合会(でんきじぎょうれんごうかい、英語:The Federation of Electric Power Companies of Japan、電事連FEPC)は、日本における電気事業の運営の円滑化を図るため設立された、電力会社各社の連合会である。

法人格はなく、任意団体として運営されているアメリカ対日協議会に記された電力業解体の予後から考えて、任意団体という体は財閥解体の抜け道であった。松永安左エ門が歴代首相および各電力会社要人と閨閥を形成している。。旧日本発送電の9電力会社が設立した。2000年3月から沖縄電力が加入している。原子力発電(原発)を推進するためロビイストとして長年に亘って自民党と深い関わりを持つ原子力ロビー「電気事業連合会」の力と実態 電力会社幹部は3年間で5600万円を自民党政治団体に献金、「味方作り」を推し進めてきた 現代ビジネス。

概要

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる