「電子商取引」とは?

関連ニュース

アングル:アリババとテンセントが投資合戦、小売り事業拡大で - 02月20日(火)17:31 

[上海 19日 ロイター] - 中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループ・ホールディングと騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が、小売り関連事業の拡大を目指し投資合戦を繰り広げている。
カテゴリー:

【EC】楽天などネット通販大手3社 百貨店の売上高抜く - 02月18日(日)00:41  bizplus

電子商取引の普及が国内小売業の構図を変えている。楽天、ヤフー、アマゾンジャパンの国内ネット通販大手3社の販売額が2017年に初めて百貨店を抜いたことが分かった。ネット通販は衣服や日用品の取り扱いを強化したりすることでより消費者に身近な存在になる一方、百貨店は伸び悩んでいる。ネット通販の拡大は続いており、小売り最大であるスーパーの背中も見えてきた。  ネット通販3社の販売額は、楽天とヤフーのそれぞれ… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27056780X10C18A2SHA000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

しまむら、いよいよネット通販に参入 Amazonや楽天などに出店へ - 02月13日(火)17:42  news

しまむらは「アマゾン」など大手の電子商取引(EC)サイトに出店し、ネット通販事業で一気に巻き返しを図る。 現在、楽天やゾゾタウン、ヤフーという大手ECサイト各社と交渉を始めている。ECサイト側は、しまむらが“出店”すれば、 アパレル販売で強力な集客装置となる。ネットのアパレル販売も市場拡大が予想される。リアルでシェアを持つしまむらの ネット通販参入でボーダーレス(無境界)の競争も激化する。 しまむらは現在、アマゾン・ジャパンをはじめヤフーや楽天、ゾゾタウンを運営するスタートトゥデイなどと出店交...
»続きを読む
カテゴリー:

【しまむら】いよいよネット通販に参入。大手ECに出店 - 02月12日(月)11:33  newsplus

 しまむらは「アマゾン」など大手の電子商取引(EC)サイトに出店し、ネット通販事業で一気に巻き返しを図る。現在、楽天やゾゾタウン、ヤフーという大手ECサイト各社と交渉を始めている。ECサイト側は、しまむらが“出店”すれば、アパレル販売で強力な集客装置となる。ネットのアパレル販売も市場拡大が予想される。リアルでシェアを持つしまむらのネット通販参入でボーダーレス(無境界)の競争も激化する。  しまむらは現在、アマゾン・ジャパンをはじめヤフーや楽天、ゾゾタウンを運営するスタートトゥデイなどと出店交渉を...
»続きを読む
カテゴリー:

印フリップカートに出資へ 米ウォルマート、最大20%で協議 - 02月10日(土)05:00 

小売り世界最大手の米ウォルマートは、インドの電子商取引(EC)最大手フリップカート・オンライン・サービシズの株式最大20%を数十億ドルで取得することで協議してい…
カテゴリー:

そのサイト、シニアにも使いやすいですか?ペンシルが「シニア対応サイト診断サービス」を提供開始、シニア自身が使いやすさを診断しシニアユーザーの離脱を防止 - 02月20日(火)10:00 

研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開する株式会社ペンシル(所在地:福岡市中央区、代表取締役社長COO:倉橋美佳、以下:ペンシル)は、EC(電子商取引)サイトなどが高齢者にとって使いやすいかなどをシニアスタッフ自身が診断し、改善点をレポートする「シニア対応サイト診断サービス」を開始いたしました。
カテゴリー:

2017年度の「ECO実績」を発表 - 02月15日(木)15:10 

[株式会社インフォマート] 「BtoBプラットフォーム」の「ECO実績」概要  当社が提供している「BtoBプラットフォーム」は、電子商取引の利便性により利用企業が増加し、利用企業数175,399社、480,727事業所となりました。(2017年12月末現...
カテゴリー:

【企業】 楽天の17年12月期、純利益が前の期の2.9倍の1105億円 - 02月13日(火)16:02  newsplus

楽天が13日発表した2017年12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前の期の2.9倍の1105億円だった。 クレジットカードなどの金融部門が伸びた。投資先である海外の「ライドシェア(相乗り)」サービスの好調に伴い計上した評価益も寄与した。 売上高にあたる売上収益は21%増の9444億円だった。グローバルの流通総額は12兆9000億円と21%増加。 「楽天市場」を含む電子商取引(EC)事業の流通総額は1割超伸びた。 クレジットカード「楽天カード」の会員数が増え、カードのショッピング取扱額は2割強伸びた。 営業利益...
»続きを読む
カテゴリー:

NTT社長、楽天との協業解消に言及 携帯電話事業参入ならドコモのライバル?! - 02月10日(土)06:13 

 NTTの鵜浦博夫社長は9日、楽天が携帯電話事業に参入する方針を示していることをめぐり、「詳細は分からないので一方的なコメントは控えるべきだ」と前置きした上で、EC(電子商取引)分野などで「別のパートナーを考える必要があるのではないか」と語り、グループとして楽天との協業関係を解消する可能性に言及した。
カテゴリー:

NTT社長、楽天との協業解消に言及 携帯電話事業参入ならドコモのライバル?! 「別のパートナーを考える必要も」  - 02月09日(金)18:25 

 NTTの鵜浦博夫社長は9日、楽天が携帯電話事業に参入する方針を示していることをめぐり、電子商取引(EC)分野などで「別のパートナーを考える必要があるのではないか」と話した。NTTはすでに楽天市場向けにサービスを提供するなどしている。鵜浦氏は「詳細はわからないので一方的なコメントは控えるべきだ」とも述べているが、グループとして楽天との協業関係を解消する可能性に言及したかたちだ。
カテゴリー:

もっと見る

「電子商取引」の画像

もっと見る

「電子商取引」の動画

Wikipedia

電子商取引(でんししょうとりひき、)とは、コンピュータネットワーク上での電子的な情報通信によって商品やサービスを売買したり分配したりすること。略称は「eコマース」(イーコマース)「イートレード」など。消費者側からは「ネットショッピング」とも呼ばれている。

この記事では特に、インターネットを通じての企業と消費者との商品売買(通信販売の一形態)について記述する。商取引を行うためのウェブサイトについては、ここでも説明の途中で若干は触れるが、別記事が立てられているので詳しくは「ECサイト」や「電子商店街」複数の業者が同一のドメインで運営するものの記事を参照のこと。

概要

「eコマース」や「電子商取引」と呼ばれているのは、インターネットや特定顧客用の専用線といったコンピュータネットワーク...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる