「電光掲示板」とは?

関連ニュース

スタン・ハンセンのおヒゲと『世界最強タッグ』とメリークリスマス――フミ斎藤のプロレス読本#152[馬場さんワールド編7] - 12月12日(火)08:31 

 199X年  ハンセンはバカボンのパパである、なんていっちゃうといささか日本語が不十分ということになる。  でも、スタン・ハンセンというプロレスラーのビジュアル的な認知度はほんとうに『天才バカボン』のバカボンのパパのそれと同じくらいのランクといっていい。  テキサスのカウボーイだから、やっぱりテンガロンハットをかぶって、ブルロープを振りまわしながら観客のまえに現れる。  黒の革ベストの背中にはドクロと骨のロゴが描かれていて、ウエスタンブーツのデザインを基調とした黒のリングシューズには“TEXAS”の文字が縫い込まれている。  リングコスチュームを脱いでしまうと、身につけているものは黒のデカパン一丁になる。アゴがふたつに割れていて、口元はいつもへの字に曲がっている。  大きな鼻の下には栗色のふさふさの口ヒゲをたくわえていて、そのヒゲのふさふさぐあいがじっさいの年齢よりもよけいにハンセンをオジサン顔にしている。  右手の人さし指と小指を立てて“ウィーッYouth!”と叫ぶとテキサス・ロングホーン(テキサス種の長角牛、テキサス人)を意味するサイン・ランゲージになる。  日本武道館のリングに立ったハンセンは、“ウィーッ”の雄叫びと同時に、かぶってきた白のテンガロンハットを観客席に投げ込んだ。  ストロー地のテンガロンハットは、つばのところがブーメランのようにくるくると回...more
カテゴリー:

稲垣「新しいことを開拓していくと、嫌なことを言う人がいる」 - 12月07日(木)17:05 

12月6日放送のラジオ番組「編集長 稲垣吾郎」(文化放送)で、稲垣吾郎がリスナーから寄せられたお便りで、一風変わった交通標語を紹介。“新しいこと”に挑戦することの大切さを語った。 【写真】稲垣が“新しいこと”に挑戦した72時間テレビでは、芸人さながらの罰ゲーム“吊り天井固め”で恥ずかしいポーズも披露/(C)AbemaTV 熊本県警の交通標語にインパクトがあるという内容のお便りが寄せられ、稲垣は「こんなこと勝手にやっちゃっていいんでしょうかね」と笑いながら標語を紹介した。 熊本県内の電光掲示板には「黄色信号いかない、待つの」といった、お笑い芸人(ブルゾンちえみの「探さない、待つの」)のギャグに似せた交通標語が流れるという。 他にもピコ太郎やサンシャイン池崎らのギャグに似せた標語も紹介した。 これには「やらないよりはやったほうがいいですよね」と稲垣。 続けて、 「やっぱり新しいことを開拓していくっていうのは、新しいことをやっていくってことはこういう風にね、僕みたいに嫌なことを言う人が出てきますからね。それに負けずに」 とコメントし、ユニークな形で思いを伝える手法に、「いい発想、いい企画」だと評した。 「編集長 稲垣吾郎」は毎週水曜よる9時半から放送。また12月17日(日)午後3時からは、「編集長 稲垣吾郎スペシャル」でラジオ生放送に挑戦する。(ザテレビジョン・文=柚月裕実) 【関連記...more
カテゴリー:

みっちり、こってり、たっぷりの全日本プロレスにおなかいっぱい――フミ斎藤のプロレス読本#151[馬場さんワールド編6] - 12月11日(月)08:31 

 199X年  サッカーのワールドカップじゃないけれど、そこにいる人びとは“ファン”ではなくて“サポーター”である。  サポーターだから、試合はひとりでも観にいくし、友だちといっしょだったら思いっきり声を出して打てば響く応援ができる。  金曜の夜の6時半は、社会人にとってはそわそわしながらちょっと早めに仕事を切りあげなければ“開演”にまにあわない微妙な時間帯だ。  この日、日本武道館に足を運んだ1万5300人のサポーターのほとんどは、ちょうど6週間まえの金曜の夜は東京ドームの観客席に座っていたのだろう。  あのときはゴールデンウィークの初日で、いまは6月のまんなか。全日本プロレスには全日本プロレスのカレンダーがある。  お客さんは、ぼちぼちやって来る。電光掲示板は“世界ジュニアヘビー級選手権試合”というオレンジ色の文字を映し出していた。“世界”の上には――外国のプロレス組織を指す――英語の頭文字がついていない。  このリングでは、ジュニアヘビー級のタイトルマッチが第2試合にレイアウトされている。試合の途中でアリーナに入ってくる観客は、お行儀よく静かに席につく。  舞台演出らしい舞台演出は、ほんとうにアリーナ東側と北側の電光掲示板だけだ。場内が一瞬、暗転になったかと思ったら、横断幕スタイルの電光掲示板に“満員御礼”のごあいさつが浮かびあがった。  再び照明がともると...more
カテゴリー:

「電光掲示板」の画像

もっと見る

「電光掲示板」の動画

Wikipedia

電光掲示板(でんこうけいじばん)は、発光ダイオード(LED)や液晶電球などを用いて情報を発信するための掲示板。発光体を格子状(マトリクス状)に配置し、その明滅により文字や絵を表現するものが主流であるが、商業用の廉価なものの中には、一部の発光体を省き、あらかじめ決められた文字のみを表示可能なものもある。

方式 電球方式

発光体に電球を使用したものであり、電光掲示板としては最も古いものである。

電球を格子状(マトリクス状)に配置した大型のものが、文字ニュースや天気予報、時刻の表示用としてビルの外壁などに取り付けられているほか、屋内用途としてはガラスやプラスチック板に文字を書いておき、後ろから電球の光を透過させることで表示を行う、いわゆる行燈型のものが病院の院内薬局の待合室などで多用されていた。

輝度が高く大型であることから屋外での利用に向いている。電球の寿命による抜け(暗点)が生じやすいため、定期的なメンテナンスが必要であるほか、消費電力が大きい、多色化が難しいなどの問題をもつ。このため主に使われたものとしては黒地に白、ないしは黄色の単色電球が使われていた。代表的なものには後楽園球場や、大阪マルビル(屋上の電光ニュース盤...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる