「電光掲示板」とは?

関連ニュース

なかなか着かない、届かない仏の列車と郵便 完璧サービスの日本へ羨望も - 08月16日(水)10:47 

 一長一短、という表現がまさにぴったりだ。たとえば海外と日本の郵便、宅配事情は、振り子の両端と言っていいほど異なっている。日本では、細かい時間指定などのサービスが行き届いている半面、せっかく指定した時間に受け取り人が不在だったり、宅配物の急増で現場で働く人の過重労働が問題になっていたりする。フランスでは逆で、なかなか着かない郵便物や予定通りに進まない手続きに、顧客側がイラついている。郵便や小包の紛失も日常茶飯だ。“時間指定まではできなくてもしっかり届く”程度の、日仏振り子の真ん中あたりがちょうどよさそうだが、中庸というのは何につけても難しいことのようだ。 1時間遅れを表示する駅の電光掲示板 【写真】関連情報を含む記事はこちら  どんな分野でも、サービスに関しては日本が最高、という点については、海外在住日本人の多くが同意する。フランスに限らず、どこの国に行ってもさまざまな場面で祖国の正確さと完璧な仕事ぶりを再認識するのは、旅行者も同じだろう。目下、夏休みで移動の多い季節だが、フランスでは先月末から今月初めにかけて、パリ・モンパルナス駅の信号設備が故障して、日本の新幹線にあたる高速鉄道(TGV)の発着ができなくなり、6万人以上の乗客が被害をこうむった。厳しい批判を浴びて態勢を立て直したその1週間後、再度モンパルナス駅でパンタグラフが故障、TGVに大幅な遅れが出た。他にもパリからフランス...more
カテゴリー:

【サッカー】<セルジオ越後> V・ファーレンの“観客水増し”はなぜ起きたのか? - 07月30日(日)00:10  mnewsplus

【セルジオ越後】V・ファーレンの“観客水増し”はなぜ起きたのか? 水増しの数によって制裁金の額が変わるのも、いかがなものか。  J2のV・ファーレン長崎が、観客動員の数を水増ししていたことが明るみになったね。    Jリーグによれば、2015シーズンの開幕から、今季の6節までのホームゲーム全46試合中45試合において、入場者数を少なく見積もって約20,000人を上乗せしていたという。    運営関連のスタッフや、入場券を持たない無料観客等もカウントしていたらしく、Jリーグは制裁金300万円と、けん責処分を科した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【8/1はカフェオーレの日】道頓堀で巨大カフェオレ蛇口(無料) グリコが1日から3日間限定で 大阪ミナミ - 08月01日(火)09:58  newsplus

江崎グリコが3日間限定で設置する「巨大カフェオーレ蛇口」のイメージ図 江崎グリコは31日、大阪・道頓堀のグリコの電光掲示板前で、蛇口から同社のコーヒー入り乳飲料「カフェオーレ」が出てくる「巨大カフェオーレ蛇口」を設置すると発表した。 8月1日から3日までの限定。3日間で約3千人分を無料で振る舞うという。 巨大蛇口はカフェオーレの容器を模した高さ2メートルの円すい形。冷蔵庫を内蔵しており、蛇口を回すと冷えたカフェオーレが出てくるという。道頓堀の遊歩道「とんぼりリバーウォーク」に設置される。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

馬鹿チョン、軍艦島の広報映像に日本人鉱夫の写真を使っていた事を認める - 07月26日(水)13:29  news

今月3日から一週間、米国ニューヨーク(NY)のタイムズスクエア屋外電光掲示板を通じて上映された「軍艦島(正式名・端島)の真実」という15秒の長さの広報映像で、一部の写真が間違って使われたことが確認されて問題となっている。 日本極右勢力が国際社会で強制徴用そのものを否定するための根拠として悪用する可能性があるとの懸念も出ている。 すでに日本では韓国側が「印象操作」を通じて「フェイクニュース(偽ニュース)」を量産しているという主張が広がっている状況だ。 該当の写真は、炭鉱の中で横になって採炭作業...
»続きを読む
カテゴリー:

「電光掲示板」の画像

もっと見る

「電光掲示板」の動画

Wikipedia

電光掲示板(でんこうけいじばん)は、発光ダイオード(LED)や液晶電球などを用いて情報を発信するための掲示板。発光体を格子状(マトリクス状)に配置し、その明滅により文字や絵を表現するものが主流であるが、商業用の廉価なものの中には、一部の発光体を省き、あらかじめ決められた文字のみを表示可能なものもある。

方式 電球方式

発光体に電球を使用したものであり、電光掲示板としては最も古いものである。

電球を格子状(マトリクス状)に配置した大型のものが、文字ニュースや天気予報、時刻の表示用としてビルの外壁などに取り付けられているほか、屋内用途としてはガラスやプラスチック板に文字を書いておき、後ろから電球の光を透過させることで表示を行う、いわゆる行燈型のものが病院の院内薬局の待合室などで多用されていた。

輝度が高く大型であることから屋外での利用に向いている。電球の寿命による抜け(暗点)が生じやすいため、定期的なメンテナンスが必要であるほか、消費電力が大きい、多色化が難しいなどの問題をもつ。このため主に使われたものとしては黒地に白、ないしは黄色の単色電球が使われていた。代表的なものには後楽園球場や、大阪マルビル(屋上の電光ニュース盤...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる