「離職率」とは?

関連ニュース

サイボウズ社長「夫婦同姓は精神的ストレスだけではなくて、経済合理性から見ても日本の損失」 - 01月17日(水)13:56  news

「日本の損失だ」夫婦別姓問題で国を提訴!サイボウズ社長を驚かせた弁護士の"ロジック"とは 9日、東京地裁に現れたサイボウズの青野慶久社長。「名前が変わるという精神的ストレスだけではなくて、 経済合理性から見ても日本の損失になっていると訴えたい」「通称使用で困っている方々、別姓にした方々の旧姓に法的な根拠を与えてほしい。 それだけでたくさんの人が救われる」として、国を提訴したのだ。  2001年、結婚を機に妻の姓にした青野氏。男性が女性の姓に変えるケースは全体の4%ほどだというが、「世の中...
»続きを読む
カテゴリー:

働き方改革で各人事も注目、福利厚生の実力 - 01月12日(金)13:20 

 給料やボーナスなどの金銭報酬とは別に、企業が従業員のモチベーションアップのために支給する福利厚生。バブル崩壊以降、削減傾向にあったこのサービスが、今、人材を確保するための人事政策の鍵として企業から熱い注目を集めている。2017年オリコン日本顧客満足度調査福利厚生サービス第1位を獲得したリロクラブの代表取締役社長・河野豪氏に、ニーズが増えているというサービスの現状と今後の展望について聞いた。 【就職・転職】企業による“応募者のSNSチェック”はアリorナシ? ■バブル期を超える人手不足解消に向けて企業が導入  福利厚生とは、企業が従業員の生活の向上を支援するために実施するもので、法律で義務付けられている社会保険料や年金などの“法定福利”と、企業が独自で設けている“法定外福利”の大きく分けて2種類がある。後者は任意のため、実施するかしないかは、各社の判断に委ねられるが、政府が力を入れる「働き方改革」により、やりがいや充実感を持ちながら働き、プライベートな時間も健康で豊かに生活できる“ワーク・ライフ・バランス”が重要視されている今、力を注ぐ企業が増加している。同時に、企業の補助によって利用できる福利厚生メニューを、旅行や宿泊から、飲食、医療、慶弔、資格取得、ベビーシッター、介護関連に至るまで幅広く揃え、運用から管理までを代行する福利厚生アウトソーシング会社の人気も高まっているよう...more
カテゴリー:

サイゼリヤ、アルバイトを大量採用しすぎて業績悪化 「離職率がまだ高い」 - 01月11日(木)05:24  news

サイゼリヤ最終減益 9~11月期、人手不足で「過剰採用」  円安と過剰採用が打撃――。サイゼリヤが10日発表した2017年9~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比14%減の16億円に落ち込んだ。 低価格メニューが人気の主力イタリア料理店は客単価の上昇や新規出店の効果で堅調に推移したが、円安に伴う食材輸入価格の上昇や アルバイトの過剰採用による労務費の増加が利益を圧迫した。堀埜一成社長は「離職率がまだ高い。労務費の管理が今1番の課題だ」と話した。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25503850Q8A110C10000...
»続きを読む
カテゴリー:

働き方改革に役立つヒントが満載!アスクル事業やOfficeHackを手掛ける山崎文栄堂が働き方改革セミナーを開催 - 01月09日(火)09:00 

アスクル事業やOfficeHack(http://www.officehack.net/)を運営を手掛ける株式会社山崎文栄堂(所在地:東京都目黒区)は、働き方改革セミナーを東京都目黒区にて行います。 残業時間80時間、離職率51%から残業時間18時間、離職率8%に変化した実際の事例をお伝えしています。 また、実際に社員が働いているオフィス見学会も実施し、書類整理・在庫管理・仕事の管理・ITの仕組みなどオフィス改善に繋がるヒントを紹介します。
カテゴリー:

【働き方】鶴巻温泉の老舗旅館 週3日休館でも売り上げ倍、社員の平均年収4割増 目をつけたのは… - 12月29日(金)06:47  newsplus

老舗旅館、週3日休館でも売り上げ倍 目をつけたのは… 朝日新聞:2017年12月29日05時01分 http://www.asahi.com/articles/ASKDV6HXWKDVULZU00Z.html 【動画】神奈川県秦野市の老舗旅館は、ITを使って働き方が変わった=小玉重隆撮影 ※上記URLからご覧下さい  週3日、休館。それでも、売り上げは倍、社員の平均年収も4割増――。  そんな夢物語を実現した旅館がある。神奈川県秦野市の鶴巻温泉にある「陣屋」。来年で創業100年を迎える老舗だ。  話は2009年にさかのぼる。先代が急逝し、長男で大手自動車会社の技...
»続きを読む
カテゴリー:

女でも男でもない「女性部下」マネジメント方法。 - 01月17日(水)06:00 

「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性管理職がいます。リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんの共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)では、女性部下に対してどう接するべきかのアドバイスを送っています。ステレオタイプなジェンダー観が実際にあることも認めたうえで、女性部下とのコミュニケーションに悩む男性に向けて。女性は男性よりも感情をオープンにできる男性管理職にとって、女性部下というのは扱いが難しい存在です。例えば、女性の部下を持った男性管理職が最初に戸惑うのは、いったいどこまで厳しく指導して良いものか……ということです。相手が男性部下であれば、遠慮なく厳しく鍛えることができますが、女性に対して「同じことはできない」という方が多いでしょう。女性はか弱い存在であり、守るべきものであると男性は教えられてきましたから、たとえ部下とはいえ、厳しく指導しづらいのです。男性としてたくましく、優しければ優しい管理職ほど、この傾向が強くなります。実際に私たち(著者)は研修を通して、さまざまな男性管理職から女性部下に関する悩みを聞いてきましたが、その一つに「女性はすぐ感情...more
カテゴリー:

保育士が語るボランティア労働の実態「子供でなく、親を喜ばせるためサービスが負担に」 - 01月12日(金)08:53 

政府は「自分らしく働く」というスローガンのもと「働き方改革」を推進している。しかし実際の労働現場では、さらなるブラック化が進行中。消費者が求める「便利さ」の陰で、多くの人々が過酷な労働に苦しんでいた! ◆残業代ナシ、家に持ち帰りボランティア労働の日々  保育園に入れない待機児童が社会問題化している。その背景にあるのは、ブラックな労働環境による保育士の人員不足だ。  保育士からの労働相談を受けている介護保育ユニオンの池田一慶氏は「学生の頃から一生懸命勉強して、希望する仕事につけた保育士さんたちが、ブラックな労働環境のために『子供に対して笑えなくなった』と言うのは、心が痛みます」と語る。 ◆「親を喜ばせる」ためのサービスが大きな負担に  保育士の仕事がブラック化してしまう原因の一つとして、子供たちへの過剰サービスがあるという。 「現在の保育園は頻繁に催しがあり、飾りつけや小道具などを作る手作業が非常に多いのです。私が相談を受けたケースでも、保育士さんたちは、うちわやら鯉のぼりやら、さまざまなものを作っていましたが、一つのクラスに20人くらいの子供がいますので、製作には結構な時間を取られます。勤務時間中にはできないので、結局残業するか、自宅に持ち帰ってやるしかないのです。あるベテランの保育士さんは『むしろ親を喜ばせるためのサービス。子供のためにはなっていない』と断言していまし...more
カテゴリー:

高卒者3年以内離職率 全国との差は縮小傾向に 福島労働局 - 01月10日(水)05:06 

 福島労働局は、平成26年3月に卒業した新規高卒者の卒業後3年以内の離職状況を取りまとめた。就職後3年目までの離職率は東日本大震災後、全国平均を上回っていたが、近年は縮小に転じている。 22年高卒者の3年以内離職率は震災の影響で50.7%と高かったものの、以降は44.0%(23年)、44.8%(24年)、42.7%(25年)、42.5%(26年)と推移している。一方で全国は22年以降39.2%、3……[続きを読む]
カテゴリー:

【働き方】残業の「負の連鎖」、いかに断ち切るか=青野慶久氏 「すべては経営者の力量」 - 01月02日(火)09:53  bizplus

https://jp.reuters.com/article/japan-workstyle-idJPKBN1EF0TS 2018年1月1日 / 01:58 / 1時間前更新 青野慶久 サイボウズ社長 [東京 1日] - 働き方改革の実現は、「経営者の力量ひとつ」で決まると、サイボウズの青野慶久社長は強調する。改革を実行しようとしない中間管理職がいた場合、「思い切って人を変える勇気」を持たなければ、変革は浸透しない。取引先との関係でも、残業が必要になるような依頼は「断って構わない」と経営者が言明することで、残業の「負の連鎖」を断ち切れると言う。経営者が腹を括って多様な働き...
»続きを読む
カテゴリー:

「離職率」の画像

もっと見る

「離職率」の動画

Wikipedia

離職率(りしょくりつ)は、ある時点で仕事に就いていた労働者のうち、一定の期間(たとえば、ひと月、ないし、1年なり3年)のうちに、どれくらいがその仕事を離れたかを比率として表わす指標。この値が極端に高ければ、労働者がその仕事に定着しにくく、入れ替わっていくことが常態化していることが含意され、逆に極端に低ければ、労働者がその仕事に定着し、転職や産業間の労働力移動が行なわれにくくなっていることが示唆される。離職率の定義、ないし、計算方法は、これを求める目的や、得られる統計の状態によって多様なものとなるため、異なる目的で、異なる主体が公表する離職率の値は、単純に比較することはできない。

離職率と同じ現象を、逆に、どれくらいの労働者がその仕事に残っているかという観点で捉える場合は定着率という表現が用いられる。

企業における離職率

ひとつの企業に注目する場合の離職率は、ある時点でその企業に雇用されている労働者のうち、一定期間の間に雇用関係を解消し、職を離れた者の比率、と捉えられる自主的な退職か解雇か、また、離職後に他の仕事に再就職したか否かは考慮されない。。起算日(期首など)から、一定期間(例えば、1年間)の離職者数を、起算日における在職者数で叙するのが一般的な方法であるが、新入社員について3年間程度の期間で離職率を求めたり、中途入社した者について、それぞれの入職の時点を起算日として計算することもよくある。また、分母についても、期中に入職してすぐに離職する者の存在を考慮して、期首雇用者数に期中入職者数を加算する方法や、期首と期末の雇用者数の平均値を用いる方法もある。

企業への就職希望者は、その企業の労働環境を判断する材料のひとつとして離職率を考慮する...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる