「雑所得」とは?

関連ニュース

仮想通貨の確定申告、注意点とは? - 01月12日(金)09:53 

国税庁が12月1日に公表した「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」によって、仮想通貨の売却などによる利益は原則として雑所得に区分され、所得税の確定申告が必要となることが明確にされた。
カテゴリー:

【仮想通貨】ビットコインへの「税金」は、これだけかかる 譲渡益に対しては最高税率45%の所得税 - 01月10日(水)02:16  bizplus

http://toyokeizai.net/articles/-/203531?display=b 2018年01月08日 土居 丈朗 : 慶應義塾大学 経済学部教授 ビットコインが史上最高値を記録して終えた2017年は、「仮想通貨元年」とも呼ばれる年となった。2018年の元旦には、朝日新聞の朝刊1面でさっそくビットコインが取り上げられ、今年もその値動きから目が離せない。今やビットコイン取引の4割ほどが円建てとなっているという。 史上最高値をビットコインが記録しつつも相場が乱高下した2017年12月に、国税庁は「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」を公表。仮想通...
»続きを読む
カテゴリー:

仮想通貨の税金計算をサポート、取引履歴から売買損益を算出できる「G-tax」ベータ版公開 - 01月06日(土)12:00 

2017年の1年間で、ビットコインを始めとした仮想通貨の知名度は急上昇した。 以前から注目していた層や投資家はもちろん、大手取引所のテレビCMやマスメディアで取り上げられる機会が増えたこともあり、一般層にも広がってきている。VCやエンジェル投資家に2017年の振り返りと2018年のトレンド予想をしてもらっても、やはり仮想通貨に注目している投資家が多かった。 仮想通貨の取引を始める人が増える一方で大きな課題となりそうなのが、税金の問題だ。法整備が追いついていないことに加え、対応できる税理士も多くないのが現状。確定申告でどうしていいかわからず困っている人もいるだろう(仮想通貨の売却や使用により生じた利益は原則として雑所得に区分されるため、年間で20万円以上の所得を得た場合には確定申告が必要)。 この問題の解決に取り組むのがAerial Partnersだ。同社は1月6日、仮想通貨の売買損益を計算できる新サービス「G-tax」のベータ版をリリースした。まずは500人限定でユーザー登録を受け付け、順次拡大していく予定だという。 少数の取引所で売買だけを行う「ライト層」向けの利益計算サービス G-taxは対応する取引所の取引履歴をアップロードすることで、仮想通貨の売買による利益金額を自動で計算するサービスだ。 現時点でZaifやbitFlyer、coincheckなど10の取引所に対応。...more
カテゴリー:

クラウド会計の「freee」、ビットコインなどの仮想通貨の儲けを申告できる機能を追加 - 01月11日(木)18:05 

イメージ freee株式会社は、同社のクラウド会計サービス「freee」において、個人の所得税確定申告機能で、仮想通貨による利益(雑所得)の申告への対応を予定していると発表した。対応予定時期は2月上旬。 ビットコインやリップル、イーサリアムなどの仮想通貨の取引が活発になり、日本でも多くのユーザーや企業や市場に参入している。その中で、利益は「雑所得」に分類されるために、売却益には税金がかかり、申告する必要があり、「freee」はそれに対応するというもの。今回の発表は、まずは対応することについての発表に留まり、詳細は後日明らかにするとしている。 発表資料URL:https://www.freee.co.jp/blog/release-20180111.html2018/01/11 ■関連記事 またApple製品にパスのバグ、macOS 10.13.2で適当なパスワードでロック解除 (2018.1.11) 佐賀のPRはやっぱりダジャレから、今度はストⅡの「サガット」にクローズアップ (2018.1.11) キングジムから、書類を入れたまま文字を書き込めるクリア―ファイル「カキコ」発売 (2018.1.11)
カテゴリー:

仮想通貨の取引で得た利益の税金はどうすればいい? - 01月09日(火)08:44 

「仮想通貨の取引で得た利益は、会社であれば法人税、個人なら所得税と住民税が課税されます。所得税にもいくつか種類がありますが、雑所得かつ総合課税(他の所得と合算して課税する方法)が原則」そう語るのは、自身も仮想通貨を所有し、関連セミナーも行う八木橋税理士。
カテゴリー:

ビットコインバブルついに崩壊か。市場関係者に動揺広がる - 12月20日(水)12:51  news

年末に向かって株価が上昇していく――。「掉尾の一振」という相場格言だ。  今年の相場も残すところ2週間足らず。ところが、掉尾の一振を期待する声は高まってこない。むしろ、「下落が心配……」の弱気発言が多いのだ。 「先週末(15日)まで日経平均は4日続落し、400円近く下落しました。 少し前までは年内に2万3000円を固めるとの見方が有力でしたが、今は2万2000円を死守できるかどうかに変化しています」(市場関係者)  悪材料の筆頭はビットコインだという。 株式相場と直接関係はないが、「株に向かう...
»続きを読む
カテゴリー:

「雑所得」の画像

もっと見る

「雑所得」の動画

Wikipedia

雑所得(ざつしょとく)とは、所得税における課税所得の区分の一つであって、利子所得配当所得不動産所得事業所得給与所得退職所得山林所得譲渡所得および一時所得のいずれにも該当しない所得をいう(所得税法35条)。

雑所得の例
  • 年金恩給などの公的年金等(遺族年金や障害年金は非課税)
  • 非営業用貸金の利子
  • 著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金など
  • アフィリエイトの収入や...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる