「陸上自衛隊部隊」とは?

関連ニュース

南スーダン派遣隊員「戦争だった。全滅すると思った」 16年の大規模戦闘時、陸自PKOに武器携行命令 - 04月24日(火)22:16  news

【東京新聞 TOKYO Web】 南スーダンで二〇一六年七月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが分かった。 派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。 PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など五原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  派遣隊員によ...
»続きを読む
カテゴリー:

【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言★2 - 04月23日(月)12:51  newsplus

 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2...
»続きを読む
カテゴリー:

【日報問題】「戦争だった。全滅すると思った」陸自PKOで武器携行命令 南スーダン、大規模戦闘時 - 04月23日(月)08:49  seijinewsplus

陸自PKOで武器携行命令 南スーダン、大規模戦闘時 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

<社説>日報に「戦闘拡大」 特措法違反は明らかだ - 04月18日(水)06:01 

 2004~06年にイラクに派遣された陸上自衛隊部隊の日報は「存在しない」と虚偽の説明をしていた防衛省が日報を公表した。  「戦闘が拡大」「ボンという発射音とともに飛翔音を確認」「公共施設で爆発」など陸自が活動したサマワの状況は、活動を「非戦闘地域」に限定したイラク復興支援特別措置法に明らかに反す...
カテゴリー:

防衛省がイラク日報を公表、「戦闘」と複数記述 - 04月16日(月)18:42 

[東京 16日 ロイター] - 防衛省は16日、2004年から06年にイラクへ派遣した陸上自衛隊部隊の日報を公表した。隊員の活動はイラク復興支援特別措置法に基づき「非戦闘地域」に限られていたが、日報には「戦闘」という文言が複数あることが明らかになった。
カテゴリー:

【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言★3 - 04月23日(月)15:26  newsplus

 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2...
»続きを読む
カテゴリー:

【黒塗り日報】陸自PKOで武器携行命令 派遣された隊員「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言 - 04月23日(月)09:44  newsplus

 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明していたが、参加の根拠が崩れていた可能性が強まった。派遣隊員や防衛省幹部が明らかにした。  南スーダンPKOで武器携行命令が明らかになるのは2...
»続きを読む
カテゴリー:

【自衛隊日報】PKOで武器携行命令 南スーダン 日報で「戦闘」時期 参加5原則逸脱か - 04月23日(月)04:01  newsplus

https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/182518?rct= 04/23 02:15 南スーダンで2016年7月、政府軍と反政府勢力の大規模戦闘が起きた際、国連平和維持活動(PKO)に派遣中の陸上自衛隊部隊が、通常武器を持たない隊員も含め全員に武器携行命令を出したことが22日、分かった。当時は第7師団(千歳)を主力とする10次隊が活動しており、派遣隊員は当時を「戦争だった。部隊が全滅すると思った」と証言。PKO参加には「紛争当事者間の停戦合意」など5原則を満たすことが条件で、政府は当時「武力紛争ではない」と説明...
»続きを読む
カテゴリー:

自衛隊のイラク日報が文学的だと話題 RPG世界で拾い集める日記のような面白さ - 04月17日(火)18:00 

防衛省は、2004年から2006年にかけてイラクに派遣されていた陸上自衛隊部隊が作成した活動報告書を公開した。現在、『朝日新聞デジタル』で読むことができるようになっている。 約1万5000ページもある日報の大部分は部隊の構成人員や装備の現況を示す表組みといった事務的な報告なのだが、その中に「バグダッド日誌」「バスラ日誌」と題されたページがあり、これが読み物として面白いと話題をよんでいる。一部を抜粋して紹介してみよう(※●●は黒塗りされた個所)。 常日頃、英軍の人達がテレビを見て、一喜一憂しているクリケットについて、英軍の人に聞いたりインターネットで調べたりした内容を紹介したい。クリケットはイギリスで発祥した野球に似たスポーツで、サッカーに継いで2番目に競技人口が多いスポーツである。 夕方のこと、日本コンテナに米軍兵士(女性)が尋ねてきた。流暢な日本語で「日本語が書いてあるので来ました」とうれしそうに話す。日系人か日本勤務のある米兵かと思い「日本語が上手ですね」というと「当然です。日本人ですから」との答え。これにはこちらの方が驚いた。彼女は、愛知県出身の純粋な日本人だが、様々な事情で今は米国籍を有する米軍人として、1カ月ほど前にイラクに来たという。残り11カ月バグダット勤務をするそうだ。彼女も招待して、「紅白歌合戦」を見ながら、「年越しそば」を食べて新年を迎えた。日本にいる時には...more
カテゴリー:

防衛省、イラク日報を公表 初の「戦地」派遣記録 - 04月16日(月)17:46 

防衛省は16日、イラク復興支援特別措置法に基づき2004~06年に派遣された陸上自衛隊部隊の日報を公表した。これま...
カテゴリー:

もっと見る

「陸上自衛隊部隊」の画像

もっと見る

「陸上自衛隊部隊」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる