「陶磁器」とは?

関連ニュース

今年も「有田陶磁器まつり」開催 - 11月18日(土)15:00 

日本磁器発祥の地・佐賀県有田町では、11月22日(水)~26日(日)の期間、「第13回秋の有田陶磁器まつり」を開催する。 期間中の11月25日(土)・26日(日)は、有田を代表する窯元による夢の響演企画「炎の響演~薪窯(まきがま)めぐり~」を開催。町内5つの窯元で、普段見ることができない伝統の薪窯焚きが特別公開される。 昔ながらの薪窯での窯焚きは、現在行われているようなガス窯での窯焚きと違い、温度...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

アルク・ジャパン、ニッコーと業務提携 - 11月09日(木)17:00 

[アルク・ジャパン株式会社] 2017年11月9日 アルク・ジャパン、ニッコーと業務提携 フランス ガラス製食器メーカーの日本支社「アルク・ジャパン」と 日本を代表する陶磁器製 食器メーカー「ニッコー」が業務提携 アルク・ジャパン株式会...
カテゴリー:

300年の歴史を名品でたどる『フランス宮廷の磁器 セーヴル』展 - 11月11日(土)15:49 

11月22日(水)より、東京・六本木のサントリー美術館にて、フランスが世界に誇る磁器・セーヴルの歴史をたどる展覧会『フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年』が開催される。 セーヴルの歴史は、フランス国王ルイ15世(1710~1774)の時代にまで遡る。1740年、パリ東端のヴァンセンヌに誕生した磁器製作所が、ルイ15世の庇護を受けてセーヴルに移転し、王立磁器製作所に発展。宮廷お抱えの芸術家が生み出す優雅なデザインと卓越した技は瞬く間に内外で人気を博し、現代に至るまで最高級の磁器として君臨している。2010年には、国立セーヴル磁器製作所と国立陶磁器美術館が統合され、「セーヴル陶磁都市」という新たな組織が誕生。した 同展は、セーヴル陶磁都市が所蔵する名品により、セーヴル磁器の軌跡をたどるものだ。会場は、東洋やマイセンへの憧れから脱却した「18世紀のセーヴル」、装飾過剰かとも思われる「19世紀のセーヴル」、洗練が進んだ「20世紀のセーヴル」、さらに自由な挑戦を続ける「現代のセーヴル」という4つのテーマの展示が登場。300年にもわたる最高級品の歴史を、華やかな名品で振り返る。 『フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年』は、2017年11月22日(水)~2018年1月28日(日)まで、サントリー美術館(港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階 東京メトロ・都営地下鉄「六...more
カテゴリー:

「陶磁器」の画像

もっと見る

「陶磁器」の動画

Wikipedia

陶磁器(とうじき、)は、セラミックの一種で、土を練り固め焼いて作ったものの総称。やきもの。

陶磁器に使われる粘土には、加熱することでアルミニウムカルシウムなど他の物質と化合しガラス化する珪酸を主成分とする石英などが含まれる。成形後に加熱することで、土粒子の間に溶けて流体となったガラスが入り込み、冷めると固体化し土粒子同士をくっつける。古陶磁の科学の著者内藤匡は、この過程をおこしに喩えている。おおまかに言えば、陶器と磁器の違いはこのガラスになる成分と量の違いである竹内順一 監修やきもの 見方・見分け方百科主婦と生活社、1996年。ISBN 439160597X、p.170。

分類

陶磁器は釉薬の有無および焼成温度で以下のように大別される。

土器

縄文土器

素焼きのやきもの。を使わず、粘土を野焼きの状態で700~900℃の温度で焼いたもの。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる