「陰陽座」とは?

関連ニュース

color-code、6カ月連続配信のラスト曲配信開始! LINE LIVE配信決定&番組終了後に新MV解禁! - 06月21日(水)20:00 

日本のクイーンオブポップを目指す3人組ガールズダンスボーカルユニット、color-codeが2017年連続配信シングルのラストとなる「this city / unknown in you」を本日リリース! そして、そのを記念して、配信日でもである6月21日(水)の20:30から『color-code【this city Release記念LINE LIVE】』の生配信が急遽決定した。さらに、LINE LIVE配信終了直後より「this city」のMVが公開されることも明らかになった。 6カ月連続配信のファイナルを飾る「this city」は、彼女たちのポテンシャルとこれからに向けた覚悟を遺憾なく見せつけるようなナンバー。それと対照的に「unknown in you」は歌声のバイタリティの高さを実感させられる、どこか懐かしさも感じるナンバーとなっている。 color-code は2014年にさいたまスーパーアリーナで開催された『東京ガールズコレクション』のステージで衝撃的なデビューを飾り、多数のメディアに出演。2016年には初のヨーロッパツアーを大成功に収め、今年2月にはスペインのイベントにゲスト出演するなど、要注目の次世代J-POPアーティストだ。 2017年はアーティストとしての新たな一歩を踏み出すべく、6カ月にわたる連続配信リリースを敢行! 1月の「桜雨」は今までのナン...more
カテゴリー:

SHES、ファンと作り上げたカラフルなMVが完成! - 06月21日(水)18:00 

SHE'Sが6月21日にリリースした約5ヵ月ぶりとなる新作『Awakening』より、「Beautiful Day」のMVを公開! このMVはオフィシャルHPでエキストラを募集し、抽選で選ばれた70名のファンと一緒に作った映像となっている。 “四季”と“喜怒哀楽”をテーマに、それぞれを色になぞらえた歌詞となっている「Beautiful Day」。それを受けて、参加者たちは事前にアナウンスされた赤、青、緑、黄色の衣装を身に纏って出演しており、全編を通してとてもカラフルで軽やかな作品に仕上がった。 井上竜馬(Vo&Key)はセルフライナーノーツで、“四季があること、喜怒哀楽があること。ダメな日もあれば、何だか踊りだしたくなる日があること。外に出れば雨が降っていたり、止んで虹がかかっていたり。美味しいご飯を食べたり、大好きな音楽があったり、君が傍にいてくれたり。繰り返すこの世界の中で見えてくるものも、出逢える人も数えきれない程きっといて、いつ人生が変わったっておかしくない。つまずきながらでも、まだ見ぬ明日へ行け。色付きながら動く世界と共に美しい日々を見ていきたいのです”と楽曲のイメージを語っている。 MV監督は、[Alexandros]ほか数々のMVを手掛ける新鋭女性クリエイター、かとうみさと(A4A.inc)が「Over You」に引き続いて務めた。SHE'Sのメンバーと同世代で...more
カテゴリー:

【陰陽座】陰陽座、台湾にてファンと共に魂を燃やす圧巻のライブ完遂 - 06月21日(水)14:04 

妖怪ヘヴィメタルバンド、陰陽座が、6月18日(日)、台湾・台北市のLegacy Taipeiにて、単独ライブ<麗しの島に頻伽舞う也>を開催した。 ◆陰陽座 関連画像...
カテゴリー:

陰陽座 Blu-ray/DVD『絶巓鸞舞』発売記念リレーコラム第二回目:招鬼 - 06月14日(水)18:00 

■ツアーの大きなトピックは新たなギターの導入“妖怪ヘヴィメタル”という惹句を掲げ、人間のあらゆる感情を映す“妖怪”を題材とし、道なき道を切り開く信念を“ヘヴィメタル”の名の下に貫く、陰陽座。最新アルバム『迦陵頻伽(かりょうびんが)』を引っ提げた2本のツアーを終えたばかりの彼らが、メンバーそれぞれ同ツアーの感想であり、ツアーに欠かせないアイテムについて語ってくれるリレーコラム『頻伽の魂合いを認めるが如し(びんがのたまあいをしたためるがごとし)』。その第二回は招鬼(Gu)が登場!陰陽座13枚目のアルバム『迦陵頻伽』、そしてそれを引っさげた2つのツアー『絶巓の迦陵頻伽』『頻伽の聲に応ずるが如し』をギタリストの視点から振り返ってみて、大きなトピックになるものといえば、やはり新たなギターの導入ということになるでしょう。 アルバム『迦陵頻伽』からは新たに全弦1音半下げチューニングでの楽曲と7弦ギターを用いた楽曲が登場しました。まず1音半下げチューニング。レコーディングではまだしも、そのチューニングに適した弦のゲージ(太さ)と、それによるテンションというものがあり、ライヴで最高のパフォーマンスをするためには従来のチューニングで使用しているギターを併用するわけにはいかないので、新たに専用として用意する必要が出てくるわけです。現在Gibson Custom Shop製のLes Paul Custo...more
カテゴリー:

陰陽座、圧巻のライヴで 台湾のファンの魂が完全に重なり合う - 06月21日(水)19:00 

“妖怪ヘヴィメタルバンド”の陰陽座が、6月18日(日)に台湾・台北市のLegacy Taipeiで単独ライヴ「麗しの島に頻伽舞う也」を開催した。 台湾の陰陽座ファンからの熱い支持を一身に受けて実現した、約2年ぶり3度目となるワンマンライヴ。4月末日から5月いっぱいにかけて、最新アルバム『迦陵頻伽』を引っさげての全国ツアー「頻伽の聲に応ずるが如し」で日本の陰陽座ファンの魂を一つに重ね合わせてきた陰陽座が、そのパワーを身体中に溜め切った状態で今回の台湾公演の日を迎えた。 当日は生憎の雨模様だったにも関わらず、地上に唯一の伝説の鳥“迦陵頻伽”が台湾に舞い降りるその瞬間を目撃するため、開演時間が近付くにつれてLegacy Taipeiには瞳を熱く燃やした台湾のファンが続々と集結! 陰陽座の面々の登場を待ちわびる想いが視覚化しそうなほどの“気”の流れがステージに注がれる。 会場のBGMが客電とともにフェードアウトすると、魂の雄叫びが客席から一気に湧き上がる。その声に導かれるように陰陽座のメンバーがステージに立ち、神秘的な様相の照明演出の中で響き始めるアルバムタイトル曲「迦陵頻伽」。ヴォーカル・黒猫の神々しささえ漂う低音からの歌声に、美しい歌声を持つ半人半鳥の“迦陵頻伽”誕生の瞬間を目撃して固唾を呑んだかのように会場が静まる。しかし、すぐに羽を広げるように高音へ昇りゆく黒猫の歌声と共に、...more
カテゴリー:

陰陽座 Blu-ray/DVD『絶巓鸞舞』発売記念リレーコラム第三回目:狩姦 - 06月21日(水)18:00 

■楽しみながら挑むことができた様々な挑戦最新アルバム『迦陵頻伽(かりょうびんが)』を引っ提げた2本のツアーを終えたばかりの陰陽座が、メンバーそれぞれ同ツアーの感想であり、ツアーに欠かせないアイテムについて語ってくれるリレーコラム『頻伽の魂合いを認めるが如し(びんがのたまあいをしたためるがごとし)』。前回の招鬼とツイン・リード・ギターを担う狩姦(Gu)が第三回に登場!渾身のアルバム『迦陵頻伽』を引っ提げてのツアーも無事終わり、各地の皆さんと一緒に熱く楽しい最高の時間を過ごすことができて本当に幸せでした!   会場に来てくださった皆さんはお気付きだと思いますが、今まで以上に楽器の持ち替えが多かったと思います。それもそのはず、今回の作品から、7弦ギター、1音半下げチューニング、そしてギター以外ではワーミーペダルと、新しく導入されたものが多く、楽曲的にもギタリストとして今までにないぐらいのやり甲斐を感じることができました。前作までは、レギュラーと1音下げの2種類のチューニングを使用していましたが、今回からは全部で4種類のチューニングが使われることになったので、レコーディングに向けてそれぞれのチューニングに慣れることから始まりました。チューニングが変わると弾き心地も変わってくるのですが、各チューニングごとに同じくらいのテンションになるように弦のゲージ(太さ)を変えているので、1音半下げチュー...more
カテゴリー:

【陰陽座】陰陽座、圧倒的なスケール感とコンセプトでホールに感動をもたらしたライブ映像作品『絶巓鸞舞』 - 06月15日(木)17:00 

陰陽座が2016年11月にリリースした最新アルバム『迦陵頻伽(かりょうびんが)』は、彼らの無尽蔵とも思えるポテンシャルを改めて実感させるアルバムだった。...
カテゴリー:

『金字塔』は天才・中村一義ならではの不滅の神品 - 06月14日(水)18:00 

今年は結成20周年やデビュー20周年の有名アーティストが多いようで、当コラムでは今までもそんな節目を迎えたバンドやミュージシャンの名盤を紹介してきたし、これからも紹介していく予定だが、この人も今年デビュー20周年。先月、セルフカバーによるベストアルバム『最高築』、ライヴDVD『ERA最高築 〜エドガワQ 2017〜』を同時リリースしたばかりの中村一義である。“10年に1人の天才”と評されるに相応しい、彼のアーティストとしてのセンスが詰まったデビュー作『金字塔』を取り上げる。■10年に1人の天才“○年に1人の天才”や“○年に1人の逸材”という言い方がある。最近では将棋の藤井聡太四段によく用いられているように思う。50年に1度だとか、100年に1度だとか言われているようで、50年はともかく、100年となると客観的な比較材料が乏しいのではそれはどうなんだと思ったりするが、まぁ、ご存知の通り、そのくらいずば抜けた才能の持ち主ということである。この形容はアイドルやスポーツの世界で使われることが多いようで、軽く調べて見たら、これがなかなか面白い。10年に1人の逸材といった捉え方をされているのは、元モーニング娘。の後藤真希、SKE48の松井珠理奈らで、確かに後藤と松井とはデビューが10年ほど離れているので妙に納得。dropのメンバー、滝口ひかりは2000年に1人のアイドルと言われているそうで、今...more
カテゴリー:

「陰陽座」の画像

もっと見る

「陰陽座」の動画

Wikipedia

陰陽座(おんみょうざ)は、日本ヘヴィメタルバンド。「妖怪ヘヴィメタル」をキャッチフレーズとし、公式ファンクラブは「式神倶楽部」(会員を式神と呼ぶ)。

和服平安装束のような衣装を着用し、人間のあらゆる感情を映す妖怪を題材としている。そのコンセプトやルックスから所謂「色物」と扱われることもあり、また2000年代の「ネオ・ヴィジュアル系」ブームや海外におけるジャパニメーションブームとの関連を語られることもあるが、音楽性は端正かつ叙情的な王道のヘヴィメタルを志向しており、男女ツインヴォーカルによる表現の振れ幅の広さは特筆に値する。特に女性ボーカル黒猫の美声には定評があり、陰陽座が誇る希代の歌姫と称されている。

“鎮魂歌”を「レクイエム」(「文車に燃ゆ恋文」)、“”を「カルマ」(「式を駆る者」)と歌った楽曲などが存在してはいるものの、基本的には歌詞から日本語以外の言語を極力排除し、古語漢語を多用する。言葉の響きと漢字の意味の両立にこだわった独特の詞風を遵守しているが、その題材は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる