「陰陽座」とは?

関連ニュース

Jin-Machine、ニューシングルはすべての売れたい人たちに捧げる!? - 10月13日(金)21:00 

自称“日本一面白いヴィジュアル系バンド”のJin-Machineが12月13日にシングル「売れたくて」をリリースすることを発表した。今作はTYPE-A、B、Cの3タイプで展開されJin-Machineの“今”が詰まった選曲となっている。 すべての“売れたい”人たちに捧げるリード曲「売れたくて」は、作詞をfeaturing16が担当。アーティストが歌の中であからさまに表現することの少ない“売れたくて~”というワードをサビで連呼するなど、Jin-Machineにしかなし得ないストレートな表現とコミカルな歌詞が特徴の楽曲となっている。サウンド面ではメロコアをベースにしながらも、“プログレッシヴ・コミック・ロック”を提唱し続けるJin-Machineらしく、遊び心をふんだんに詰め込んだ奇想天外な展開となっている。今作は“売れたい”というテーマもあいまって、年末年始にかけて開催される様々な宴会で定番カラオケソングになること間違いなし! J-ROCK好きのリスナーはもちろん、売れたいお笑い芸人、さらには“売りたい”営業マンも、この曲で歌って踊れば大盛り上がりになること必至! また、カップリングにはJin-Machineのミサ(※ライブの呼称)での定番曲となっている「マグロに賭けた男たち」を収録。客席をマグロのぬいぐるみが飛び交い、ライブ会場が荒波の漁場と化したような圧巻のパフォーマンスは、...more
カテゴリー:

【アニメ】TVアニメ「バジリスク~桜花忍法帖~」の詳細が明らかに! OPとEDは陰陽座と水樹奈々に決定! - 10月13日(金)13:02  mnewsplus

せがわまさきがキャラクター原案を務めるテレビアニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」の詳細が明らかになった。 「バジリスク~桜花忍法帖~」は、山田正紀の小説「桜花忍法帖 バジリスク新章」を原作としたアニメ。前作「バジリスク~甲賀忍法帖~」から10年後を舞台に、甲賀五宝連を束ねる少年・甲賀八郎と、伊賀五花撰を率いる少女・伊賀響を軸に、忍たちの新たな戦いが描かれる。 甲賀八郎役は畠中祐、伊賀響役は水瀬いのりに決定。そのほか草薙一馬役に桐本拓哉、緋文字火送役に山口りゅう、七斗鯨飲役にチョー、遊佐天信役に藤...
»続きを読む
カテゴリー:

「バジリスク~桜花忍法帖~」に畠中祐&水瀬いのり、OPとEDは陰陽座と水樹奈々 - 10月13日(金)12:00 

せがわまさきがキャラクター原案を務めるテレビアニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」の詳細が明らかになった。
カテゴリー:

【アニメ】TVアニメ「バジリスク~桜花忍法帖~」の詳細が明らかに!OPとEDは陰陽座と水樹奈々に決定! - 10月13日(金)13:03  news

せがわまさきがキャラクター原案を務めるテレビアニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」の詳細が明らかになった。 「バジリスク~桜花忍法帖~」は、山田正紀の小説「桜花忍法帖 バジリスク新章」を原作としたアニメ。前作「バジリスク~甲賀忍法帖~」から10年後を舞台に、甲賀五宝連を束ねる少年・甲賀八郎と、伊賀五花撰を率いる少女・伊賀響を軸に、忍たちの新たな戦いが描かれる。 甲賀八郎役は畠中祐、伊賀響役は水瀬いのりに決定。そのほか草薙一馬役に桐本拓哉、緋文字火送役に山口りゅう、七斗鯨飲役にチョー、遊佐天信役に...
»続きを読む
カテゴリー:

【アニメ】TVアニメ「バジリスク~桜花忍法帖~」の詳細が明らかに! OPとEDは陰陽座と水樹奈々に決定! - 10月13日(金)12:56  moeplus

せがわまさきがキャラクター原案を務めるテレビアニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」の詳細が明らかになった。 「バジリスク~桜花忍法帖~」は、山田正紀の小説「桜花忍法帖 バジリスク新章」を原作としたアニメ。前作「バジリスク~甲賀忍法帖~」から10年後を舞台に、甲賀五宝連を束ねる少年・甲賀八郎と、伊賀五花撰を率いる少女・伊賀響を軸に、忍たちの新たな戦いが描かれる。 甲賀八郎役は畠中祐、伊賀響役は水瀬いのりに決定。そのほか草薙一馬役に桐本拓哉、緋文字火送役に山口りゅう、七斗鯨飲役にチョー、遊佐天信役に藤...
»続きを読む
カテゴリー:

「陰陽座」の画像

もっと見る

「陰陽座」の動画

Wikipedia

陰陽座(おんみょうざ)は、日本ヘヴィメタルバンド。「妖怪ヘヴィメタル」をキャッチフレーズとし、公式ファンクラブは「式神倶楽部」(会員を式神と呼ぶ)。

和服平安装束のような衣装を着用し、人間のあらゆる感情を映す妖怪を題材としている。そのコンセプトやルックスから所謂「色物」と扱われることもあり、また2000年代の「ネオ・ヴィジュアル系」ブームや海外におけるジャパニメーションブームとの関連を語られることもあるが、音楽性は端正かつ叙情的な王道のヘヴィメタルを志向しており、男女ツインヴォーカルによる表現の振れ幅の広さは特筆に値する。特に女性ボーカル黒猫の美声には定評があり、陰陽座が誇る希代の歌姫と称されている。

“鎮魂歌”を「レクイエム」(「文車に燃ゆ恋文」)、“”を「カルマ」(「式を駆る者」)と歌った楽曲などが存在してはいるものの、基本的には歌詞から日本語以外の言語を極力排除し、古語漢語を多用する。言葉の響きと漢字の意味の両立にこだわった独特の詞風を遵守しているが、その題材は...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる